藤岡篤子BLOG
CATEGORY : INFORMATION

バイカーズブルゾンは、カラーと輝きでGO!

コレクションでもバイカーズブルゾン気になっていました

でも黒のレザーの定番デザインが多く、今更トレンドで取り上げる必要はないのかな
とも思っていましたが、やっぱり多い!

黒のレザーが主流ではありますが、ミラノやロンドンではカラー使い、光沢、
トランスペアレント素材使いなどニューフェイスが伸びてきました。
マダムエレガンスにぴったりの女らしいプリント使いも!

ニューヨークではラグ&ボーン、レベッカ・テイラーなど
若手に多く使われました。

もはや、スポーツの定番アイテムといった感じで
ニューヨークはちょっとハードな感じのきこなしで続いています。

ロンドンでは、マルベリーのコレクションで、ふくらはぎ丈のドレスやスカート
イブニングにオーバーサイズ小花柄のバイカーズが合わされ、
コーラル系の春色と柄でぐっとフェミニンに提案されています。

ミラノでは、ショーではあまり目に付きませんでしたが
展示会に行くとバイカーズジャケットはもう定番扱い

バラエティに富んだカラーで服とコーディネートされています。
まず、ニットのミニドレスや、セーター&スリムパンツの上に
カラーコーディネートしたバイカーズ。やや小さめにぴたっと着ています。

正統派の黒の革ジャンも少し洗いをかけた良い感じに
スタッズを打っても、あまりハードな感じではありません

厚手の白のコットンギャバジンにスタッズを打ったバイカーズ風ジャケットを
パジャマパンツの上に緩くカーディガンのように羽織った着こなし

シルバーが多いのも今シーズンの特徴ですが、デニムをブロンズにコーティングした
輝き素材も多く使われています。

春と言うより、秋っぽいカラー使いですが
マックスマーラボッテガヴェネタ等のエレガンスブランドでは、ブルゾンを
こういった草花とアニマル柄の組み合わせや、リブジャージーまで同柄をプリントして
ソフトフォーカスのような同系色配色で提案しています。

今シーズン気になるのが、タータンマドラスなどのチェック使いです。
ハリのあるオーガンジーやタフタ等エレガント素材でオーバーサイズに仕立てられています。

裏地はタータン、表地はルーレックスヤーンのジャカード
ドリスヴァンノッテン

変わり種!!と言いますか横須賀名物スカジャンエミリオ・プッチで満開!
デザイナーのピーター・デュンダス自身もスカジャン大好きで
何着も持っているそう。

アジアンインスピレーションのひとつとして、ドラゴンやタイガーの金糸刺繍が
サテンやオーガンジーのブルゾンに施されています。

刺し子風のステッチもプッチプリントだからグラフィック効果が生きて来るんですね

ぴったりフィットで着こなすか、オーバーサイズで緩く着こなすか?
セクシーモード系かの分かれ目ですね。

アジアンインスピレーションには日本の影響も大きく
アトリエに飾られていた今シーズンのインスピレーションマップには
こんな日本の入れ墨の写真が貼ってありました。
任侠ですか??

CATEGORY : INFORMATION

FTF2013/14秋冬ファッショントレンドフォーキャストの注目ポイント

ラクチンと言えばニットに勝る物はありませんが
ジャージーのゆるゆる感に飽きているいま、欲しいのは
すっきりクリーンなシルエットを構築できるハイゲージニット

だから、ニットのボディコンドレスの元祖80年代のアライヤを思わせる
メリハリシルエットを強調したドレスやスカートが最も新鮮!

もう一つはファンシーヤーン使いのラグジュアリー感のあるニット
ブークレーやループヤーンなどふんわり表情のあるミックスヤーン使いで
ソニア・ドローネのようなマルチカラーカラーでメランジします。

もうセーターやカーディガンなど単品の時代ではなく
ドレスコート大物アウターのニットがトレンドになりそう!

ラクチンでスタイリッシュなニットで2013/14秋冬はGO!

CATEGORY : INFORMATION

お祭りの前にFTFのメインイメージをチェック!

2013秋冬は、英国調やメンズ感覚がどう変化させてゆくかがポイント

固苦しいダンディルックや、常識的なダークでシックな配色ではなく メンズ感覚こそ遊んで、ベーシックやコンサバティブの新たな魅力を 発見しましょう!

イメージは、70年代のブライアン・ジョーンズ


フェミニンはミニマリズムを脱却して、クリーンなボリュームコントロールへ

2013-14年 秋冬FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー
詳細、お申込みはこちらから↓
http://f-fiori-cafe.com/?p=5484

CATEGORY : INFORMATION

柔らかさと活力!刺激的なロマンティシズム 2013年春夏ファッショントレンド

2013年春夏のファッショントレンドは、水彩画がにじんだような、ニュアンスのある明るさと
クリーンだけどレトロっぽい雰囲気のグラフィック感覚が大きな柱になりそうです。

22ページのトレンドブックの表紙は、復活しつつあるニュートラムードと
アニメギャル文化からインスパイアされた、デコ盛りエレガンスの
ロマンティックさをアイディアに、「ツケマ」のデカい女の子をピックアップ
幸せ感が溢れるピンクも重要なキーカラーです。

今回はページ数が増えたので、わかりやすくするためにコンテンツページを作りました。
表紙の次に各トレンドテーマの写真を入れた目次を読めば
13年春夏の傾向が手に取るようにわかります。

テーマ別に4~5枚のビジュアル資料と詳細な解説が付いています
テーマは4つに分けました

テーマ以外にも服を彩るビジュー小物の資料も付けました

もちろん小物雑貨を担当する鈴木雅子さんは、より専門的な資料と解説で、
2013年春夏のアクセサリー雑貨は完璧にトレンド制覇

これにカラートレンドチャートが、1枚付きますが
煌めきを表現するのが難しく、まだ校正中です。

ではでは、2013年春夏トレンドFTFセミナー 楽しみにしていて下さい。

詳細はこちらから↓
http://f-fiori-cafe.com/?p=3037

CATEGORY : INFORMATION

加賀料理 浅田ご招待締め切りが迫りました

デロンギのコーヒーで最後にほっとくつろぐ加賀料理
料亭浅田のペアチケットのご招待締め切りが来週に迫りました

このご招待はfプロジェクトのセミナー参加者とf-fiori-cafeのブログ読者の
ためだけにご用意いただいた特別メニューです

お好きな方とご家族で是非美味しい加賀料理を御堪能下さい

http://www.delonghi.co.jp/camp/demo001.html


CATEGORY : INFORMATION

パンナムの制服は究極のユーティリティ

まだまだトラッド絡みの清潔感品位のあるリアルクローズは
2013春夏も重要ですが、伝統的なスポーティさだけではなく
少し40年代~70年代のヴィンテージの要素が入ったフェミニンさ
加えるさじ加減が大切だと思います。

秋冬に登場したユーティリティ40年代のかっちり感の先にあるトレンドとして
資料を捜していましたが、ありました!

これです!!!

60年代黄金期のパンナム

いま世界中で大ヒット中のテレビドラマ「パンナム」からとった写真です。
私は乗ったことはありませんが、言葉に響きとしては「バービー」と同じくらい懐かしい!

正式にはパンアメリカン航空 通称Pan Am パンナム

ざっと説明しますと
1927年に設立、1991年に会社破産し、
知名度を生かすべくブランドとロゴ使用の権利を持った会社によって
一時的に復活したものの、2008年で運行停止

世界最初の超大型ジェット旅客機の導入、初の世界一周路線、ビジネスクラスの導入など
現在の航空会社のビジネスモデルにもなっていました。

先日2012年秋冬のディースクエアードの展示会に行ったときも

「これってパンナムのスチュアーデスみたいでしょ!」と
何回も単品コーディネートを説明で言われたし、さすがディースク…早いですね

何だかすご~く最近耳にするパンナム…
念のためもう一度ディースクエアードご覧いただきますね。
70年代のニュートラの基本みたいですね。

最近またリバイバルした「ハッピーフライト」のグィネス・パルトローのCAルックも
クレージュみたいにモダンだけど、制服って改めてカッコ良い!

ミリタリーやオフィサーというメンズのインスピレーションではなく
キャビンアテンダントと言うのが盲点でした

テレビドラマのパンナムは、60年代黄金期のパンナムが舞台
CAやパイロットなどが登場しますが、制服はオリジナルを忠実に再現、
コルセットやガードルまで再現されているそうです。

昨年の9月にアメリカで放送が始まったのですが
第一話で、1100万人以上の視聴者を獲得する大ヒット、107ヶ国で放送が決定し
スェーデンでは、外国ドラマの一話として史上最高の視聴率を記録したそうです。

日本では、今年の3月にBS放送「IMAJICA BS」の開局金番組としてOAされています
個人的には、ご贔屓のクリスティナ・リッチが主人公なのが嬉しい!

秋冬には、テーラードのワイドラペルに白シャツのコーディネートがでていましたが

セットアップしながら、固苦しさがなく、きちんとして清潔感もあり。
2013年春夏には、秋冬の40年代調に引き続きこんなニュートラッドの
バリエーションが出てきそうで楽しみです。

ついでに気になる50年代調
今日ロンドンのセルフリッジからサーマーフェスタ
」の案内が届きました。
こんな可愛いポスターです。

エリザベス女王の即位60周年、結婚60周年を記念した
ダイアモンドジュビリーにあわせて、1951年から1953年までの
英国ファッションを特集したフェアを開催するそうです。

5月から6月にかけたロングランのフェスタです、、、
行けなくて残念~!!

CATEGORY : INFORMATION

コレクショントレンドセミナーのご報告と美味しい御案内

2012-13秋冬ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリのコレクショントレンド速報のご報告です。

3月28日から一週間の間に東京、大阪、名古屋の3会場で
4回のコレクショントレンド速報を開催いたしました。

今回も多くの方に御来場いただき本当に嬉しかったです。
長い取材出張と分析作業の疲れが吹っ飛びました
本当に有難うございました。

今回は気分の上がる素敵なブルガリの「オムニアコーラル」の香りを ブーゲンビリアの
花飾りを付けた可愛いブルガリガールズが配ったり

稀少なフランキンセンスを使った英国有機スキンケア「ニールズヤード レメディース」の
フランキンセンスのフェイシャルセラム(以前から使っていますけれど、
本当に保湿効果が高くて、機内にも必ず持ち込んでいます。

サンプルを使った友人からも絶賛の声が)をサンプリングしていただいたり

赤いナプキンストローが可愛いアクセント イタリアのスパークリングウォーター
サンペレグリノ」は 泡が美味しいと女子を中心に大人気!

持ち帰る方も目立ったようです。

世界の有名老舗ブランドでも引っ張りだこの
SHINDOのリボンのサンプルブックはトレンドに合わせて、リボンをチョイスしていただきました。


豆からひく美味しいコーヒーを提供して下さったイタリアのデロンギは 「コーヒー本来の味がする」と長蛇の列が出来、どの会場でも大人気でした。

6人のバリスタと7台のマシンがフル稼働しました。

ここで皆さまに美味しいお知らせです。 デロンギより、fプロジェクトのイベントに御来場された方、 ブログの読者の方に特別な御案内があります。

デロンギのコーヒーマシンで食後の美味しいコーヒーをサーブしている
加賀料理の名店として名高い料亭浅田お食事券(2名様5組 一組さま4万円相当)を
ご提供いただきました

コレクションセミナーで配布したデロンギのパンフレットについているQRコードまたは
次のURLから入っていただき応募していただければ、かなり確率は高いと思います。

http://www.delonghi.co.jp/camp/demo001.html

靑山の閑静な料亭で城下町金沢の洗練されたお料理を味わって下さい


沢山の応募お待ちしています。

CATEGORY : INFORMATION

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、fプロジェクトをより一層のご支援を賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

日本最大の規模でお送りする、
パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークの4都市コレクションのトレンド解説
藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 4都市コレクション

2012-13年秋冬コレクションセミナーの日程
3月28日(水)東京メルパルクホール
3月29日(木)大阪テイジンホール
3月30日(金)名古屋デザインホール
4月4日(水)新宿明治安田生命ホール 昼の部・夜の部

※詳細は1月下旬にご案内いたします

マーケットの1年先のファッショントレンドを予測する
FTF ファッション トレンド フォーキャスト セミナー

コレクショントレンドを日本の市場に落とし込む最強のMDプランニング
マンスリーMD セミナー

以上も、例年通り開催予定となっております。
詳細はメルマガとDMにてお知らせ致します。

f-fiori-cafe Blog

大好評の藤岡篤子のブログでは、
コレクション現地での速報、展示会レポートなどのホットな情報を即座アップしています!

中でも好評の今週の一皿は、今年もお楽しみに!


2012年も、fプロジェクトをどうぞ宜しくお願いいたします。

CATEGORY : INFORMATION

カラフル感とモノクローム

今シーズンは柔らかで淡彩のパステルがコレクション後半になって
特にパリで多く登場しました。

そこから「純白」へと移行して行くのですが、春一番の立ち上がりは
やはりこのロマンチックウォータリーパステルです。

梅春の感じも残しながら、優しく透ける素材がからみ、
あるいはサマーツィードなどで表面効果を軽やかに出しながら、
色と透け感、輝き感が渾然一体となった素材使いがポイントです。

素材が発光するようなフィルムヤーンやルレックスを織り込んだジャカードが
シフォンなどより新鮮さがあります。

シャネルとクリストファーケインのジャガードは発光度ピカイチです。

樹脂コーティングもたくさん出ています。

シリコンコーティングやラバーコーティングも

素材全体が発光する感覚も新しいのですが
ジャカードそのものの柄行きやカラーが問われる難しい素材でもありますので
部分使いできらりと光らせるのが使いやすさでは断トツです。

例えばジップストラップの部分だけ、ポケット口等のワンポイントなどに
オパールのような輝き感をワンポイントにスポーツに輝き効果を加えると
意外性があって、タフな感じを優しく見せる効果があります。

SHINDO が提案しているテープトリミングを活用する絶好の機会です。

5 / 7« TOP...34567