BLOG

新生 see by Chloe

2012年5月29日

この秋から新たなクリエイティブチームに代わり新生see by Chloeに!
ディレクターはイザベル・マランのアシスタントだった人が就任(名前は不明)

ぱっと見にも、トレンドが上手に着やすいデザインに落とし込まれ
さすがイザベル・マラン仕込みとうなる仕上がりぶりです
展示スペースも以前に比べる数倍の広さ!力が入っています。

全体の雰囲気としては、see by Chloeのこれまでに較べて甘さが控えめで
イザベル・マランな感じが強いのは初コレクションのご愛敬でしょうか?

コレクションは、単品コーディネートが中心で、
特にソフトなティーブラウスのバリエーションが目立ちます。

透ける素材の重ねやギャザードレープで、分量たっぷりなフェミニンデザインと
ミニスカートやパンツとのシンプルな組み合わせが優しい雰囲気

モザイク調の写真プリントや細かい凹凸のあるワッフル素材のリラックスしたトップスは
クロエらしい甘さがあって素敵

得意のニットもたくさん登場
朱赤にゴールドの幾何柄の大小を合わせたジャカードのツインセットは、
これまでsee byにはなかったタイプ

グレーのスウェットをジャケットに仕立てたソフトなトップス
一枚あると季節の変わり目には重宝しそう!

きちんとダーツを入れて、シルエットを構築してあるところが流石です。

サイドライン使いのパンツも同素材でコーディネート

モノトーンでブロッキングしたクルーネックセーターはシンプルでクール

グレーのメランジと2種類の編み地違いのロングセーターは、
これまであまりなかったマスキュリンな感じです。

でも着るとリラックスしたシルエットで可愛くなりそう
ジップ使いの編み地違いを合わせたカーディガンはモヘア使い

 

今回は凹凸感の表現が重要なので、ノット大きなネップをいれた
ツィーディニットも魅力的です。

とろりとした7分袖セーターに、なんだかただの長方形に見えますが
ミディ丈のニットスカートです。

キルティングは予想通りというか、やっぱり多く、間違いなくこの秋冬のトレンドです。
see by では、ブルーデニムライダースコートの身頃に使われました。

ラムファー使いの衿と、お袖がジッパーで取り外しでき
ベストロングベストとしても、2ウエイに着こなせるのが特徴

2ウエイといえばこのジャケットが圧巻でした。
一見タキシードのアレンジに見えるマスキュリンなジャケットとシアー素材のマキシスカート
ウエストのミニギャザーが可愛い!

マスキュリンフェミニンの典型的なコーディネートだと思っていたら
近くで見ると、ビックリ!

ベストとジャケットが一体化したジャケットでした
もちろん別に分けて着られます。

コーディネートアイテム中心のコレクションですが
メインにディスプレイされていたのは、このドレス

ライトブラウンからカーキの落ち着いた写真プリントですが
see byのDNAはやはりドレスにあり という気がします。


チャーミングなトリックいっぱいのsacai

コーディネートと見せかけてドレスだったり、スーツに見せてコートだったり
ちょっとだまされてしまったりするところがたまらなくチャーミング

展示会場に入ると正面の打ち出し、今シーズンの自信作です
トラッド、ミリタリー、ペプラム、、見事にトレンド満載

シフォンニットレースを組み合わせたシンプルなドレスは、
ネックはカーキ、身頃は黒のニードルパンチ、ボトムはブルーのレースで
よく見ると凄いミキシングテクニックです。

金ボタン付きPコートはフラップポケットにモンゴリアンラムの衿でボリュームたっぷり
オフィサー風コートドレスはボトムふっくらのシルエットにジップ付き
バイヤスに張り出したスカート風のボリュームがアクセント

このルダンゴット、、フランス宮廷風のメンズシルエットですが
バックのフレアーはこんな感じ!

ブラウンのスウェットのリブ袖がカフスごと挟み込まれていてフレアーを形作っています
sacaiらしいユーモアと可愛らしさにおもわずくすっ!

今シーズンはニュートラを思わせるスカーフプリント使いが目立ちます。
ニットドレスのボトムに使ったり、カーディガンに合わせたように見えるオールインワンだったり

ちなみにオーダーしたのはこのドレス!ネイビーに赤が効いています
デリバリーの7月が待ち遠しい、、!

定番では一番人気のカーディガン。バイヤス布を挟み込んだ立体的なドレープが素敵!
今シーズンは、シフォンに代わって、スウェットとナイロン地のブルゾンもでました。

トレンド感と着やすさ、オシャレ感が見事にミックスした愛されキャラsacaiには
永遠のアイコンボーダーがこの秋にはシックなカラーバリエーションで
提案されていました。


Uccieのつぶやき まだ間に合う夏服!そして12AWのススメ

2012年5月21日

お久しぶりです!
今日は朝から金環日食でしたね~
ちなみにUccieは寝て…グラス買いそびれたので見てません(´;ω;`)

ネットではこんな画像が落ちてたりと大騒ぎだったので、少し後悔しております…
にしても凄い写真

 

最近ではセミナーラッシュもある中で、寒い→暑い→大雨みたいな天候でしたが
ようやく落ち着いた天候に…

基本この季節はカーディガンにシャツなんですが、25度ぐらいだと暑いんですよね…
でも20度~23度ぐらいだとシャツ1枚だと、やや冷えるというか物足りない!
微妙なところですが、共感出来る方が一人ぐらいいるはず!

そして暖かくなると夏服がガンガン展開されますが、
それを見ると、「買いそびれた!」「あれ着たいな」と急に思いつきます。
毎シーズンの話ですが、ハイ

そんなuccieがもう1着だけ買わせて!(予算的に)と思っているのが…

そうです、半袖シャツです。さらに言うと柄物。
そして開襟でアロハやボーリングのモチーフがあると最高です!

自分は肩幅が広く、身長とアンバランスで半袖シャツは敬遠してたんですが
最近では首元に衿がないと、落ち着かないという変な体質になっているので
真夏を迎える前に探したいと思ってます。

 

 

…でも、実はもう秋冬に心が向いていたり
あるブランドの秋冬物の受注会に行ったので、早く秋になれとそわそわしております。

そんな落ち着きのないuccieですが、秋冬に是非注目していただきたいのはこれ

キャメル!キャメル!!キャメル!!!
来季はキャメルの素晴らしいアウターを落ち着いたイメージをもって着たいなと思います。

ルックはエレガンスなイメージですが、適度なカジュアルダウンを意識したいですね。
ウォッシュしたデニムシャツとか無理やり合わせたい
uccieはキャメル素材のボンバーJKを予約しちゃいました。涎が出そうなぐらい楽しみです。

 
そしてもう一つ注目しているのが

モッコモコなボアやファーです。ベルベットなどの起毛素材もそそりますね
メンズのファーものって凄く難しいと思っていたので、敢えてチャレンジしたいなと

多分、襟元だけのワンポイントものに落ち着くかもしれないですが。
購入したらファーを指さして「ワイルドだろぉ~」とドヤ顔したいですね!ブーム続いてたらですが!

まだ夏前というのにuccieの心は秋冬が待ち遠しくてでウキウキ状態ですw
そう思っていたらレディースでは2013のリゾートが…ファッションに休まる日はなさそうです。

 

最後に唐突ですが、uccieのブームはラーメン屋巡り!※ラーメン画像注意

事務所近くの「麺処 くるり
濃厚な味噌スープに、たっぷりの野菜と分厚いメンマ、そしてバラ肉のこってりチャーシュー
しっかりとした太麺は特製の味噌スープによく絡み、ボリューム満点ながら食が進みます
欠点は店内は7席しかなく、最低でも30分は待ちます…プレッシャーを感じつつ麺をすすることに

続いて皆さんご存知「山頭火
塩ラーメンはあまり食べないのですが、最初に食べた塩がこの山頭火でした!
それ以来、豚骨のうまみが効きつつあっさりしたスープに、トロ肉の相性がバッチリ
自分はよく原宿での買い物途中に食べてます。

最後は地元の「どんきさろく
写真を見ていただいて分かる通り、全部乗せはおいしそうで美しい、ザ・九州らあめんです
スープは濃厚豚骨、麺は極細でいつも「ばりかた」で注文ししっかり麺にからませます
もちろん替え玉もあって、いつも2回ほど替え玉を…とにかく麺が進みます(笑)
ちなみに紅ショウガは替え玉の最後に少し入れるのがこだわり。


ご飯テロすいません…(笑)お昼ご飯、晩御飯がまだの方は是非ラーメンで!


柔らかさと活力!刺激的なロマンティシズム 2013年春夏ファッショントレンド

2012年5月11日

2013年春夏のファッショントレンドは、水彩画がにじんだような、ニュアンスのある明るさと
クリーンだけどレトロっぽい雰囲気のグラフィック感覚が大きな柱になりそうです。

22ページのトレンドブックの表紙は、復活しつつあるニュートラムードと
アニメギャル文化からインスパイアされた、デコ盛りエレガンスの
ロマンティックさをアイディアに、「ツケマ」のデカい女の子をピックアップ
幸せ感が溢れるピンクも重要なキーカラーです。

今回はページ数が増えたので、わかりやすくするためにコンテンツページを作りました。
表紙の次に各トレンドテーマの写真を入れた目次を読めば
13年春夏の傾向が手に取るようにわかります。

テーマ別に4~5枚のビジュアル資料と詳細な解説が付いています
テーマは4つに分けました

テーマ以外にも服を彩るビジュー小物の資料も付けました

もちろん小物雑貨を担当する鈴木雅子さんは、より専門的な資料と解説で、
2013年春夏のアクセサリー雑貨は完璧にトレンド制覇

これにカラートレンドチャートが、1枚付きますが
煌めきを表現するのが難しく、まだ校正中です。

ではでは、2013年春夏トレンドFTFセミナー 楽しみにしていて下さい。

詳細はこちらから↓
http://f-fiori-cafe.com/?p=3037


加賀料理 浅田ご招待締め切りが迫りました

デロンギのコーヒーで最後にほっとくつろぐ加賀料理
料亭浅田のペアチケットのご招待締め切りが来週に迫りました

このご招待はfプロジェクトのセミナー参加者とf-fiori-cafeのブログ読者の
ためだけにご用意いただいた特別メニューです

お好きな方とご家族で是非美味しい加賀料理を御堪能下さい

http://www.delonghi.co.jp/camp/demo001.html



パンナムの制服は究極のユーティリティ

2012年5月10日

まだまだトラッド絡みの清潔感品位のあるリアルクローズは
2013春夏も重要ですが、伝統的なスポーティさだけではなく
少し40年代~70年代のヴィンテージの要素が入ったフェミニンさ
加えるさじ加減が大切だと思います。

秋冬に登場したユーティリティ40年代のかっちり感の先にあるトレンドとして
資料を捜していましたが、ありました!

これです!!!

60年代黄金期のパンナム

いま世界中で大ヒット中のテレビドラマ「パンナム」からとった写真です。
私は乗ったことはありませんが、言葉に響きとしては「バービー」と同じくらい懐かしい!

正式にはパンアメリカン航空 通称Pan Am パンナム

ざっと説明しますと
1927年に設立、1991年に会社破産し、
知名度を生かすべくブランドとロゴ使用の権利を持った会社によって
一時的に復活したものの、2008年で運行停止

世界最初の超大型ジェット旅客機の導入、初の世界一周路線、ビジネスクラスの導入など
現在の航空会社のビジネスモデルにもなっていました。

先日2012年秋冬のディースクエアードの展示会に行ったときも

「これってパンナムのスチュアーデスみたいでしょ!」と
何回も単品コーディネートを説明で言われたし、さすがディースク…早いですね

何だかすご~く最近耳にするパンナム…
念のためもう一度ディースクエアードご覧いただきますね。
70年代のニュートラの基本みたいですね。

最近またリバイバルした「ハッピーフライト」のグィネス・パルトローのCAルックも
クレージュみたいにモダンだけど、制服って改めてカッコ良い!

ミリタリーやオフィサーというメンズのインスピレーションではなく
キャビンアテンダントと言うのが盲点でした

テレビドラマのパンナムは、60年代黄金期のパンナムが舞台
CAやパイロットなどが登場しますが、制服はオリジナルを忠実に再現、
コルセットやガードルまで再現されているそうです。

昨年の9月にアメリカで放送が始まったのですが
第一話で、1100万人以上の視聴者を獲得する大ヒット、107ヶ国で放送が決定し
スェーデンでは、外国ドラマの一話として史上最高の視聴率を記録したそうです。

日本では、今年の3月にBS放送「IMAJICA BS」の開局金番組としてOAされています
個人的には、ご贔屓のクリスティナ・リッチが主人公なのが嬉しい!

秋冬には、テーラードのワイドラペルに白シャツのコーディネートがでていましたが

セットアップしながら、固苦しさがなく、きちんとして清潔感もあり。
2013年春夏には、秋冬の40年代調に引き続きこんなニュートラッドの
バリエーションが出てきそうで楽しみです。

ついでに気になる50年代調
今日ロンドンのセルフリッジからサーマーフェスタ
」の案内が届きました。
こんな可愛いポスターです。

エリザベス女王の即位60周年、結婚60周年を記念した
ダイアモンドジュビリーにあわせて、1951年から1953年までの
英国ファッションを特集したフェアを開催するそうです。

5月から6月にかけたロングランのフェスタです、、、
行けなくて残念~!!


ロイヤルウエディングの気品と愛らしさ レッドヴァレンティノ

2012年5月7日

ヴァレンティノレッドは、ヴァレンティノのセカンドラインで
ファーストラインのゴージャスぶりをやや控えめにして、甘さを前面に打ち出し、
価格ラインも手頃に設定してあるラインです。

ミラノのリナシェンテなどは(他の百貨店も)平場に集積してあり
リボンやフリルなどの愛らしさもほどよく、私も良くブラウスなど買っています。

この秋冬のテーマは「ロイヤルウエディング

靑山のブティックの上にあるショールームの階段を上がると
まずメインの打ち出しが飾られています。

この秋冬のお約束、金糸入りのジャカードと、トレンドカラーである
ラストカラーのコートとドレスです。

ブラウンとラストカラーのジャカード織りは金糸が入り、張りがあって
袖と衿にはパールとカラースパングルが刺繍され
ボタンは大きなくるみボタンで、ダークロマンティシズムな感じ!



ラストカラーのコートは肩山がギャザーになった狭い肩とストレートなお袖が特徴

大きなスナップボタンがお人形の服のようで
ヘムのギャザーの切り替えはまさにバレンチノレッド特有のデザイン。

ベルベットのテープ使いが、小さいけれど可愛い!

ロイヤルウエディングのマネキンイメージはキャサリン妃?

いかにものロイヤルハットとおリボン付きのドレスにファーボレロ
マネキンの手つきも、ロイヤル系のご挨拶?

トマトレッドオールドローズマスタードが基本色

ブラウスやセーターもチュールとの切り替えや、重ね
大げさではないのですが、ラブリー感が溢れています。

大人が着られる「可愛い女」のツボを押さえています。

今回最も可愛らしかったのは、このシリーズです。

一見ヒョウ柄に見えますが、アレンジされて、実は花柄!という
アイディアが素晴らしい。レオパードフラワー!

ジャカードもプリントもあり、お土産もこの柄のポーチなので嬉しい~。

ドレスもとってもバレンチノ!レースとレオパードフラワー
カーキのトレンチコートもレースヘム、ラブリーだめ押し!


スカートはチュチュのようなチュールのギャザーミニ、
ウエストはベルベットで品良く甘めの組み合わせ

クリスマスシーズンにはベルベットのダウンコート(リボンつき!!)
タフタのダウンボレロ(両肩にリボンつき!!)をドレスの上にコーディネート

同じ時期にはローデンクロスのケープレットやニットドレス

ツィードジャケット(リボンつき!&エポーレット)ベルベットのパイピングと
くるみボタンでぐっとラブリーに!

小物もピンクがいっぱい!

ピンク同士の配色のシューズや、黒にピンクのアールデコ系配色のバッグ
レインシューズもピンクのリボンの編み上げやレースリボンのプリント付き

レースを重ねたように見えるキルティングバッグはオールドローズ、
一番気にいったのがこのカチューシャです。

つけまつげ付きの妙にリアルなマネキンにレオパードフラワーが
似合っていて、「甘い毒」に誘うレッドヴァレンティノガールを象徴しているようです。


今週の一皿

2012年4月25日

久しぶりです
西麻布の「ラ・ボンバンス

出張から帰り、スーツも開けないで向かいました。
久々にお目にかかるG社の編集長Kさんと副編集長のHさん

あいにくKさんが体調を崩し、急遽欠席
会えなかったのは残念でしたが、4月のメニューもやっぱり美味しかった。

コース料理しかないのですが、どれを食べても
クリエイティブで想像を上回る美味しさでノックアウトされてしまいます。

4月のコースのハイライトは
雲丹にハマグリのジュレをかけて有明海苔の風味みを効かせた
海草ケーキ

イベリコハムとフォアグラのボンバーガー

アワビにグリーンソース(目が釘付けで説明を殆ど聞いていない、、
何のおソースか忘れてしまった)

ホワイトアスパラガスの黄味ソース  
旬ですね!手で掴んで食べました、美味しかった~!

ホタルイカから、旬の鰺から全てを軽く燻製にしてあるシーフードの一皿

フルボディの赤ワインが好きな私は
更にこのナパのRINDOに変えて、またまた食が進みます。

最後の鯛茶漬けも、そのままいただき最後に胡麻たれだけでお茶ずけしました。

ご飯も人数分炊きたてのお釜で持ってきていただき
お代わりして食べてしまいました。

これ以外にも沢山でてきたのですがきりがないのでこの辺で!
ラボンバンスまだまだ新しいメニューが出てきます。

毎月行きたい!!

とかなんとか言いながらお喋りしていたら
最後のリキュールとしてでてきたのがこれ「調濃厚ヨーグルト酒

新潟のの蔵元が醸造しているのですが、もう本当に美味しい!
甘いお酒はNGな私ですが、これは行けました。何と3杯のおかわり

ぐっすり眠れたのは言うまでもありません


コレクショントレンドセミナーのご報告と美味しい御案内

2012年4月13日

2012-13秋冬ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリのコレクショントレンド速報のご報告です。

3月28日から一週間の間に東京、大阪、名古屋の3会場で
4回のコレクショントレンド速報を開催いたしました。

今回も多くの方に御来場いただき本当に嬉しかったです。
長い取材出張と分析作業の疲れが吹っ飛びました
本当に有難うございました。

今回は気分の上がる素敵なブルガリの「オムニアコーラル」の香りを ブーゲンビリアの
花飾りを付けた可愛いブルガリガールズが配ったり

稀少なフランキンセンスを使った英国有機スキンケア「ニールズヤード レメディース」の
フランキンセンスのフェイシャルセラム(以前から使っていますけれど、
本当に保湿効果が高くて、機内にも必ず持ち込んでいます。

サンプルを使った友人からも絶賛の声が)をサンプリングしていただいたり

赤いナプキンストローが可愛いアクセント イタリアのスパークリングウォーター
サンペレグリノ」は 泡が美味しいと女子を中心に大人気!

持ち帰る方も目立ったようです。

世界の有名老舗ブランドでも引っ張りだこの
SHINDOのリボンのサンプルブックはトレンドに合わせて、リボンをチョイスしていただきました。


豆からひく美味しいコーヒーを提供して下さったイタリアのデロンギは 「コーヒー本来の味がする」と長蛇の列が出来、どの会場でも大人気でした。

6人のバリスタと7台のマシンがフル稼働しました。

ここで皆さまに美味しいお知らせです。 デロンギより、fプロジェクトのイベントに御来場された方、 ブログの読者の方に特別な御案内があります。

デロンギのコーヒーマシンで食後の美味しいコーヒーをサーブしている
加賀料理の名店として名高い料亭浅田お食事券(2名様5組 一組さま4万円相当)を
ご提供いただきました

コレクションセミナーで配布したデロンギのパンフレットについているQRコードまたは
次のURLから入っていただき応募していただければ、かなり確率は高いと思います。

http://www.delonghi.co.jp/camp/demo001.html

靑山の閑静な料亭で城下町金沢の洗練されたお料理を味わって下さい


沢山の応募お待ちしています。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。