SEMINAR

FTF(ファッション トレンド フォーキャスト)セミナー

1年先のトレンドを詳細に予測して解説するセミナー。イラストと写真資料による具体的なスタイリング提案から、テーマ別カラーマップを駆使して一目でわかるトレンドカラー予測、小物雑貨のトレンド予測で構成されています。ファッション分野にとどまらず、開発に時間を要する商品の業界にも人気のセミナーです。

春夏コレクションのセミナー : 10月末~11月初旬開催
秋冬コレクションのセミナー : 3月末~4月初旬開催

Information


2017年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

ロマンティックな流れが、装飾性へと発展、過剰気味の配色、モチーフ使いがポップな女らしさへ.また、相反する流れも台頭し、アンコンストラクトの直線を意識したシルエットなどナチュラルから進展する簡潔さへの希求も。


2016-17年 秋冬FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

「2016-17年秋冬FTFファッショントレンドフォーキャストセミナー」
日程変更のお詫びとお願いにつきまして

2016-17 年秋冬 スタイリングテーマ

リラックス感を残しつつメンズの装飾感と伝統を折衷させた新たな女らしさのバランスが
キーポイント。
これからのファッションの基本となる新たな視点の「エレガンス」を構築する
シーズンとなる。
暖かみのあるカラーと素材が創り出す、オーセンティックな秋冬の世界観とジェラートのようなクールカラーとハイテク加工で創り出すニューエイジのレディスウエアとの大きな2極化の傾向が見られる。
特にシルエットや素材、カラーなどに2極化が顕著だが、ニットの増加、ハンドクラフト、資材用の素材の服地への転用など、テキスタイルの世界の面白さが、ファッションを進化させて行くパワーとなる。


2016年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

リラックスした気分が底流として流れるなかで、エスニックの装飾感や、カラフルな配色が
彩り豊かなディテールとなって、シンプルなボリュームを個性的に浮き彫りにして行く。
微細なディテールが全体の印象をがらりと変え、明るく陽気なリズム感が大切な要素だ。
基本アイテムの着やすさと細部の装飾とのバランスが、新たなファッションの在り方として注目されるだろう。

ベーシックなシンプルさにも、プリントや刺繍等のハンドクラフトが、組み入れられ
トラッド VS エスニックなどの違和感に満ちた要素の組合せが新鮮だ。
プリントや、オパール、刺繍、エンボス、カットアウトなどのクラフトとテキスチャー感のある素材が、シンプルなアイテムを引き立てる。
ナチュラルをホットにしたビジュアルと、斬新なテクスチャー効果こそ「ノームコア」の「平凡」を打ち破る2016春夏トレンドのコアになって行く。


2015-16 年 秋冬 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

快適で美しく、かつ機能性に満ちたモード感を求める季節。

リラックスやナチュラルの概念を内包しながら「シンプル」と言う
原点へ限りない可能性を広げてゆく方向だ。

伝統の英国素材がフェミニンに復活、モダンなハイテク素材などが
コクーンフォルムへと変化し、女らしい柔らかさを表現する。

直線の中にドレープやラッフル、アシンメトリーが収まり、質感に富んだマテリアルが、
新たなラグジュアリーのステージへと導く。

シンプルは、エレクトリックでもあり、優しさもある絶妙なエッジを効かせ、
小さなドラマに満ちた静かなバランスを見せてゆく。


2015年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

エフォートレスのリラックスした流れから一転し、デコレーションやアートが刺激となって、ファッションにパワフルで高揚した気分が戻ってくる。
内省的なシンプルさの追求から、外へと向かうポジティブなエネルギーが放出される季節となった。自然と人工、ボリューム感とコンパクト、洗練と野性など相反する要素が包括され、思いもかけないテキスチャーやシルエットが生み出される。
自由奔放なビジュアル効果こそ2015春夏トレンドのコアだ。
繊細な優しい女らしさは、底流として継続するが、コントラスト配色、大胆なプリント、挑戦的なモチーフ使いは発展し、リアルクローズに風穴を開ける重要なキーポイントとなる。


2014-15年 秋冬FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

静けさと落ち着きが戻ってきた。「中間のない」極端な装飾やエッジの効いた「配色」が同時に登場し、2014/15 年秋冬は、深みのあるコントラストがトレンドとなる。穏やかさへの希求は、常にオンラインである状態から離れて、「個」の思考やライフスタイルを新めて実感するパーソナルでスピリチュアルなくつろぎ感のクローズアップにつながって行く。
これまでの「エフォートレス」をさらに繊細で個性的に掘り下げた心地よさが目指すところだ。一方では、アートやフォークロアから強くインスピレーションされた装飾の流れが、モダン、クラフト、スぺーシーへと枝分かれして、様々な装飾表現を切り開いて行く。


2014年 春夏FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

2014年 春夏FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

抑制されたミニマリズムが続いた後、ファッションはマキシマリズムへと方向を変えた。
単純化されたデザインから、最大限の美の表現を求めて、2014 年春夏から本格的な「装飾」の解放が始まって行く。
賑やかなマルチカルチャー、封印されていたゴージャス感も解放された。
同時にリラックスしたクリーンな着こなしはリアルクローズとして定着。
「エフォートレス」の考え方は、さらにリッチ感と女らしさ、春夏らしいセクシーさを交えながら、進展して行く。
ファッションの主流は、エフォートレスを基本に、リアル感の範疇でいかにデコレーションを表現して行くかのバランスが重要になる。


2013-14年 秋冬FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

明るさを求める前向きの気分を象徴する輝き、透明感を持つブライトカラーの台頭が示すように
不透明な社会情勢の中で、確実に新たな方向へと動き出した消費者の動向。
「環境会計」など、新たな社会へのアプローチが、ブランドを再構築し、ビジネスへの切り口を開くチャンスとなっている。 環境や途上国への関心もファッションをサポートする、重要な要素になってきた。

2013年秋冬は、不安定感から脱却と未来への期待が交差する中で、リアルで堅実な服とスピリチュアルな要素のあるファンタジックなダークカラーが作り出すミニマルのバランスがトレンドを決定する要素となる。装飾全盛であった2012秋冬からのブリッジ的(過度期)な役割とも言える。ミニマルな軽やかさをどう表現して行くか、デザイン主導の時代がやってくる。


2013年春夏 FTF ファッショントレンドフォーキャストセミナー

柔らかく、暖かみのある、日常的な幸せ感が身近に感じられるシーズン。
クラッシックは、若々しいコンサバティブで甦り、ベーシックは退屈にならない様々な創意工夫が凝らされる。
春らしいガーデンの色彩豊かな、華やかなパステルとクールなミネラルカラーが品の良いニュートラル感を演出。
きれいで健康的、リラックス感漂う 2013年春夏のキーワードは透明感、暖かさ、ナチュラル感

トレンドカラーのパレット付き。
豊富なヴィジュアル資料で最新情報を満載して解説いたします。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。