藤岡篤子BLOG
CATEGORY : London

キャンプ場でHUNTER ORIGINAL

会場は大きな駅の側にある引き込み線の倉庫。

HUNTERは常にアウトドアの雰囲気を大切にしているので、
スポーツジム等の大きな会場を使っていますが、今季は、なんと電車が入る倉庫でした。

1-1

会場には、キャンプ場を思わせるカラフルなテントが壁いっぱいに張ってあり、それをヘビーデューティなテントを張るザイルでつないであるという、野外を思わせる設定。

2 (2)

ガールズ ミート ボーイズの感じで、男女のモデルさんが、
同じデザインでガールバージョン、ボーイバージョンで同じ服が登場します。

今回は、オペーク(乳白色の半透明)のロングパーカを
インナーに着て、上にユニフォームジャケットを着るなど、
レイヤリングの面白さが提案されています

3 (4)3 (3)

オペークのナイロン素材を柔らかにぼかしたマルチカラー使いは新しかった!1枚をワンピースドレスのように着て、長いストラップを垂らした着こなしは
なかなか迫力でした。

4 (1)4 (2)

かと思えば、カラフルなストラップをレースアップで
フリンジのように垂らして、アクセントにしたり

6 (2)

カーキからオリーブのバリエーションを濁りのない
クリーンな色で重ね、同系色の大きなリュックを背負うコーディネートなど、若々しくて、
新しさのあるカラー提案で見せてくれました

驚いたのは、はと目使いが予想以上に多く、しかもはと目そのものが大きい!
温かくない春のコート!

7 (1) hato (2)

真打は予想された通り、スカジャンのパレード!

ジャンパー丈から、ロング丈のコートサイズまでレングスはバリエーション豊か!

サテン地に刺繍からワッペンのアップリケを施した
なかなかカッコ良いスタジアムジャンパーです。

ひょっとしてパリのステラのコレクションにも
スタジャン出るのかしら?
8 (1) 8 (2)

ステラといえば、ちょうど私と同じ時間に
会場に到着!

車から降りて、しばらくスタッフとお喋りしていましたが、ミニ丈がよく似合う事!

4人のママとは思えないスリムでスタイルが良く
運動と食事制限で、うらやましい体型を維持しています

9 (1) 9 (3) 9 (2)

会場では、隣がアナ・ウインター
パパラッチのフラッシュの的でした

10

CATEGORY : London

BURBBERYはボヘミアンガール

バーバリープローサムは、いつもケンジントンパークに
特設テントを立てて、ロンドンコレクションで最も
ダイナミックなショーを見せます。

今回はいつものウイメンズコレクションの場所ではなく
メンズで使う広々と芝生が広がる、公園らしい場所でのコレクションでした。

いつものことですが、キャメロン首相夫人のサマンサや
ケイト・モスを始め、ロンドン中のセレブリティが大集合!
客席の景色も美しい!

私が大ファンのジェレミー・ヒックスもフロントローの常連です。

コレクションのテーマは「パッチワーク、パターン。ペイント」
英国伝統のダーラムキルトのペーズリーやフラワーモチーフから
インスパイアされた、クラフト感覚にあふれたボヘミアン調のミディ丈ドレスを
中心に登場。ミディ丈のドレス!新鮮ですね。

ブランドアイコンであるトレンチコートにも
カラフルなモチーフが融合しました

特筆すべきは、一年前に登場して話題を呼んだポンチョスタイル。
今回は、スェードやブランケットに長いフリンジをつけて、ボヘミアンテーストに
生まれ変わりました

ショーの間にバックでソウルフルに歌っていたのは
英国のシンガーソングライターのクレア・マグワイヤ。
キャロル。キングやアニマルズ、ビートルズなど60年代の
名曲をカバーして、ちょっと泣き節が入り、いかにもクリストファー好み!!

フィナーレには雪のようにシルバー箔がキラキラ降り注ぎ、
いつもの事ではありますが、ちょっとうるうる、、?

CATEGORY : London

大人っぽい英国式パンツルック

マーガレット・ハウエルは、白いシャツスタイルが得意の
英国式スタイルを代表するブランドですが
この秋冬には、いつものガーリッシュな感じではなく
ぐっと大人っぽいパンツスタイルを提案しています。

ウインターバミューダやワイドストレート、くるぶしが見える丈など
クラッシックでありながら、微妙に丈や幅が違い、
素材もメンズウーステッドからツィードまで定番に見えながら
全く新しいパンツがシンプルなコーディネートで登場しています。

膝丈のバミューダタイプ

バミューダタイプはスーツも増加

丈が色々のストレートタイプ

ティパードも出ています
今季のニットの一押しのフェアアイル柄セーターと合わせて!

スカートはミディ丈から膝丈。
タイトのラップスタイルやプリーツなどデザインは定番ですが
コートとのバランスが八分の七丈という
新しいバランスで、着こなすとコンサバティブの
品の良さが際立ちます。

カラーもオリーブからブラウン、トープ、ベージュ、
チョコレートにホワイトをプラス!

クラッシックで落ち着きのあるニュートラルな色調に
清潔なリズム感が生まれます

CATEGORY : London

カーキとネイビー@MARKUS

人参がトレンドなのでしょうか?

街中でもカップルが生の人参をポリポリ食べている人たちを見かけましたし、
オーガニックなお店では人参は定番です。

マーカス・ルプファーのプレゼンテーションでは
エントランスで先ず人参とジンジャーのジュースとともに
見た目にも美しい大量の人参がお出迎え。

会場には天井から人参が吊るされ、奥に入ってゆくと
人参とともに様々なお花やプラントが吊るされています

人参がこんなに美しいとは?!
飾り方次第ですね。

そしてカプセルには、ウサギも!

テーマは「秘密の花園」でした。

ちょうど一年前にはデジタルな花柄を提案していたマーカスですが
今シーズンは、ネイビーとカーキのバイカラーの
シンプルで大きな花柄を提案しています。

パンツやパーカドレス、ジャンパースカートなど
定番ですが、アイテムも広がっています
ニットはアランニットが大流行の気配!

ニットキャップには大きなクリスタルが刺繍され
大きなポンポンをちょっと斜めにしてかぶると
新鮮なかぶり方です

ネイビーとライトグレーの花柄も出ています
重ね着になってきてますね!

長袖の上に半袖!70年代風の重ねです
クラッシックにならないのは、スカートがメタリック
足元がスニーカーだから!

スニーカーが変わらず主流です。
デザインはシンプルですが、カラフル!

ソックスの重ね履きとサンダルの組み合わせなど
足元は、スポーティに若干重めにが基本です。

同じモチーフでワインとライトグレーの配色も!

ジャンパースカートから、スタジャン
アイテムは定番、ネイビーと合わせる配色で黒の単調さから抜けています。

ウサギを抱いたモデルのデイジーのサングラス
60年代風で、両家の子女風のコーディネートを
はずす小物になっています

ネイビーのジャンパースカートには大きなクリスタル刺繍
シンプルな定番デザインには、アクセサリーや後加工で
新鮮に見せる工夫が!

この後もたくさんのショーがありますが 
やっぱりタートルネックセーターが、とても多く、裏方だけど
今シーズンの主役アイテムになりそうです。

CATEGORY : London

バーバリー2015SS 鳥とミツバチ 英国の庭 

いまやロンドンコレクションの風物詩となった
ケンジントンパークに張られた大きなテント。

今回もたくさんのギャラリーとパパラッチに囲まれながら、入場します。
今回のテントは凄い!!

シースルーのビニールテントにカラフルなペインティングが施され、
中に入ると、プレスリリースもカラフルに座席ごとに
春夏だから、うんとカラフルになっているのです!

セレブリティも勢揃い!ケイト・モスから首相夫人のサマンサまで
ロンドン中のセレブがずらりと並びます。

ちょうどスコットランド独立を問う投票日を控えていたため、
夫のキャメロン首相はテレビに出ずっぱりでしたが、
サマンサはロンドンファッションを応援していました。

今回もクリストファーが支援する若手ミュージシャンが
ライブ演奏をおこないBGMになっています

ジェームズ・ベイのライブ。パフォーマンスでした。
今シーズンのテーマは「The Birds and The Bees

イングリッシュガーデンの花や虫、また40年代の本の装丁から
インスピレーションを得ています。

またメンズコレクションでも数多く披露されたデニムが利便性と耐久性に優れ、
ブランドのアイコン素材である、コットンギャバジンと通じるという
意味で多く登場しました。

デニムとスパンコール、デニムとシフォンなど、エッジの効いたコントラスト
クリストファーの手にかかると、この上もなくエレガントに!

中盤になるとプリントオンパレード!

花や虫などのアブストラクトなガーデンモチーフとともに
本の装丁からとられたタイポグラフィが大きくプリントされています。

ハードなトップスとオーガンジーなどの素材の同系色使いでも
パンチのきいた素材コントラストがファンタジックです

トレンチコートにも、タイポグラフィのプリント!
ベルトはオーガンジーを結んで、「ドラゴンフライ」のように!

イブニングドレスは、オーガンジーやシフォンの柔らかなグラデーションが
深い色調を見せ、女らしいミステリアスな雰囲気でした。

今回は足元がとてもカジュアルで、どの服にもすべてスニーカーか、
サンダルを履いています

フィナーレは、ブックカバーのタイプグラフィ蜂のプリントを施した
バーバリーのアイコン

トレンチコートのパレード

カラフルで寒色系から暖色系から様々な配色のトレンチコートは

新鮮な魅力に溢れています

CATEGORY : London

Hunter Original

先シーズンのデビューショーの衝撃が大きかったため
今回は、早くもロンドンコレクションの
見どころの一つになったハンターオリジナル!

期待の大きさを物語るように、会場の前には
ずいぶん前から、黒山の人だかりです。

場所はスポーツセンター、以前はプールがあったスペースで開催されました。

大きなスクリーンがステージを横切り、
ショーが始まると、深海、サブマリンなど
水のイメージが、次々と映し出されハイテクを駆使しながら、
幻想的なイメージが、会場を包みこみます。

ファーストルックは期待通りカーキが出ました!
アウトドアの定番としてだけではなく、トレンドカラーとしても注目の色です。

カーキの機能コットンを用いたシャツジャケットや
パーカ、ミリタリー調のコートなどべーシックなアウトドアが
とてもカジュアルで若々しく見えます

ソフトなモヘアをに甘く編んだレースのようなセーターは、
スポーツテーストでありながら、とてもガーリッシュ!

ちょっと欲しくなりました
そういえば、10月にRegent Streetに待望の路面店がオープンするそうです。
楽しみ~!

レザーのパーカやオイル加工のごつめの
パーカもカラーが素敵でした。

最後に登場した透明ビニールやカラフルな
アート柄も、これまでのアウトドアにはなかった新鮮な色使いで、

スポーツというより、お洒落着として
街でも着たくなる魅力的なアイテムでした。

ハンターを着たら、傘をささずに歩きたくなりそうです

CATEGORY : London

太陽がいっぱい!輝きのロンドン

最近めきめき人気上昇中のアンティポディウムのプレゼンテーションは、
テーマが「Women on a mission」任務遂行中の女スパイ!がテーマ。

会場はシンプルな作りですが
最近ロンドンでも、ミラノ並みとは言いませんが、
ちょっとお洒落な飲み物を用意するところが増えて
カフェに立ち寄る時間もない私達には嬉しい心遣いです。

コレクションは、ペールブルーの波のようなハレーションを地模様にした
ストライププリントをメインにして、様々アイテムが提案されていました。

やっぱりスタイリッシュだったのは、シャツスタイル!
シンプルな半袖ながら、たっぷりした分量で色っぽく
前を開けて着こなすのは、ハニートラップの演出でしょうか?
でも、足元は健康サンダル
逃げ足は速く!?

同じ素材でリゾートセットアップ!
ほっそりミディスカートのスリット入り
シンプルですが、ややハイウエストで足は見え隠れする女らしいディテールが
潜んでいます。

シャツドレスや同色のジャカードを合わせたり
配色はペールブルーの一色集中です。

可愛いかったのがこの「」などを刺繍したシュールなプリント
プレーンなサックドレスからジャケットまで
このプリントは、主役級の迫力でした。

シュールな感じはパリの得意技ですが
ロンドンの若手がこなすと、こんなにカジュアルでリアルクローズになります。

展示会の合間に主会場のサマセットハウスに行ったら
可愛いポップコーンボーイが愛想を振りまいていました。
ポップコーン柄のシャツを着て、4種類のポップコーンの
プロモーションで、お好きな味をどうぞ!
どの味も、90キロカロリー以下というダイエット志向が売りでした。

今回のコレクションツアーで、私のサポーターをしてくれている
kateちゃんと一緒にぱちり!

サマセットハウスに行ったついでに、展示会もちらり!会場のメインには、
こんなバルキーニットの小物がずらりと並んでいて可愛い!北欧系来ていますね。
ニット帽と手袋です              
        

ロンドンでも北欧系ブランド着実に増加中です
タイガーコペンハーゲン」「ベルーシュカ」もいつみても満員!

次はマーカス.ルプファーに急ぎます
マーカスのテーマは、「サンシャイン」
ビーチでキャンプしながら日光浴している女の子達

着ている服もキラキラジャカードミラーのように反射するメタリックなど、
どれをとってもキラキラ眩しいばかり!太陽光発電かと思うほど、光を放ちます!
足元も、ラメ入りのプラスティックサンダル
パステルカラーで、可愛い!クロックス??

オレンジターコイズパープル、太陽の下だからこそ
映える色ばかりです。

午前中に展示会を廻って、午後一は
いよいよ待望のHunter Originalです。
早くみた~い!!

CATEGORY : London

ロンドンのフレッシャー!プリーンとソフィア&アニヤ揃い踏み

朝9時のショーが続くと、時差で早く目が覚めるとはいえ、ちょっと辛いです。
でもプリーンは見逃せません!

若手&新人なので朝9時枠しか、割り当てられないのでしょう。
今回は秋冬ということもあって、春夏のデジタル感覚から
がらりと変わり

ハンドメイド風のプリントに毛皮のディテールで
いかにも暖かそうな服ばかり!
 

そこにゴールドのラインやデジタル感覚のアーガイル等の柄がはいるのですが 
ちょっとエスニックの香りもします

でもよく見るとスターウォーズのダースベーダーのプリントが胸元に!!
凄く大人の服に見えるのに、ちょっとしたところにユーモラスなディテールが!

翌日のバーバリー・プローサムでも手描きプリントがたくさん登場していました。
ジオメトリックにハンドメイドの暖かさを加えた、ニュートレンドの登場です。

毛皮の帽子などファーアクセントが、プリントと相まって
ちょっぴりレトロな冬の雰囲気です。

ヴィンテージショップ
にありそうな感じ!

ミディ丈など雰囲気も70年代調なのですが、背中を開けたデザインが特徴です。
シュルエットはヒップラインをリブニットでレイヤーして

ボディコンシャス
に見えるような着こなしです。

オレンジとグレーがここでもメインカラーでと登場

エントランスを出る時、スターウォーズの戦士たちが見送ってくれました
やっぱりテーマはスターウォーズ

ソフィア・ウエブスターも、ぐんぐん人気急上昇中!
今回の会場はハートブレークホテル!!

とびきり可愛くないと宿泊できそうにありません」
DJも可愛い!

ファンシーな靴が大人気ですが
ファンタジック
な装飾性が品の良いガーリッシュテーストなので、
広い年齢層の女性たちのハートをぐいと掴んでいます。

今回は小さなお部屋に区切ったブースに女の子たちが
思い思いに可愛らしく、なごんんでいたり、立ち働いていたり

セクシーな小悪魔ポーズ
を決めていたり、本当にユーモラスで
見る方もすっかりとりこまれてリラックスしてしまいます。



お花と可愛いものだけに囲まれた、まさに「ソフィアの世界
大好きな蝶々モチーフも変わらず多いです。

最後の日の朝一番のショーは
何とバッグブランドのアニヤ・ハインドマーチ

先シーズンから、バッグをショー形式で
見せているのですが、単なるバッグのショーイングではなく

アイディアがすごく洒落ていて、ユーモラス&スマートなのです!!

今回はステージがまずバーコード

インビテーションはなんとそれぞれの名前が点滅するサインボード
ブローチ
なんですよ!

もちろん皆大喜びで会場につけてきました
となると会場イメージはスーパーマーケットなのでしょうか?

大きなタッセル付きや、アニメキャラ風のユーモラスな柄!

楽しく実用的なバッグが複数もちで続々登場します

そしてベルトコンベアに乗ってモデルさんは
マネキン風のポーズをとって登場!

バッグを飽きさせず見せるために、献心の努力が惜しまれず
素晴らしいプレゼンテーションでした。

男性のダンサーまで登場し、モデルウォーキングを盛り上げます。

最後に足元から手が出てくる演出にはびっくりしましたが!

残念ながら、私の招待状が手元に届かなかったため
私のサインボードブローチは、もう一度名前いりで作っていただけるとの事

嬉しい!日本でゲットします

最後に今回はテームズ川沿いで開催されるショーが多かったのですが
アニヤ・ハインドマーチの会場はまさにシティのド真ん中、アンダーグランドも

BANK」でした。

会場の外にはタワーブリッジや開発中の高層ビルが立ち並んでいます
いろんな場所を訪れることができるのも

コレクションの醍醐味です

通りすがりのお菓子屋さんのウインドーにくぎ付け!
美味しそう!!

ロンドンでもカップケーキ大流行です

CATEGORY : London

HUNTERとガールズカジュアル マーカス&アンティポディウム

マーカス・ルプファーは、英国的なチャーミングさに焦点を当てた
品の良いコンサバの香りを漂わせつつ、ミドルクラスの英国ガールの雰囲気を伝えます

場所の設定もマンチェスターカフェやダイナーで出される、
イングリッシュブレックファースト
(このフルブレックファーストという言葉に
ちょっとワーキングクラスの
生活感が匂います)

二つ目はブライトンの海の前にある雨にぬれたカフェ、ブラックプールフェアグランドなど
カフェやダイナーのステージ設定なのですが
背景にはとても英国的な魅惑が漂います。

英国の普通の人々の暮らしを愛して撮り続けた写真家マーティン・パー
ユーモアとカラフル
さも大きなインスピレーションになっているようです。

今回もガールズが集うカフェやダイナーをイメージした
舞台で、モデルが三々五々、おしゃべりをしたり、本を読んだり

リラックス
した時間を過ごしているのが、プレゼンテーションタイム。

見る方も、リラックスした感じで、アツアツのポテトチップスのボックスを
サーブされながら、のんびりお喋りしながら、眺めつつ写真をとったりします

 

今季はウールのライトグレーが大活躍!特にバーミリオンレッドと組み合わせた
シックなトラッド配色でありながら、可愛いガーリッシュなカラフルさが

なんとも今な感じです。

ちょっと野暮ったくて、それが60年代のガーリッシュなお洒落!!
いくつかのブランドと共通しているトレンドです。

グレーはジャンパースカートや、ドレス、地模様のあるグレージャカードなど
様々なアイテムや素材で用いられ、シルエットは張りのある

ミ二のフィット&フレアー
ガールズカジュアルの定番ですが、シルエットのシャープさが

なんともモダンな今日の顔に仕上げています。

 

花柄も中サイズですが、やはりグレーがベースになり、華やかになりすぎず
落ち着いたお嬢様の雰囲気が漂います

ノーアクセサりーで靴はバックストラップの黒のローヒールというコンサバぶり!
これがなんとも、リアルながら実は最近はほとんど実生活では、見られないアンリアルで

本当に可愛い!!


ジッパー使いのコートやブルゾンジャケットが多く、トラッドなカラー、素材、
モチーフと相反するシャープさが若々しい感じです

 

アンティポディウムもプレゼンテーション
アレクサ・チャン
やスージー・バブルのような女性がイメージということですが

これもまたとびきり若い小枝のようなモデルを集合させた
ぎゅうぎゅうに詰め込んだ見せ方!

ここではグレーとオレンジが目立ちました。
コートもジャンパースカートもリブニットもみんな一緒に集合写真!

オレンジは他のブランドでもコートなどアウトフィットによく用いられています
凹凸感のあるオレンジコート
!!新鮮です


シャードゥ効果のあるモノトーンジャカードのパーカ
若々しく着ると、スポーティな感じ

ティストラップの靴先に毛皮が付いて、トラッドな靴が特別に見えます。
またふくらはぎ丈のソックスは、今年いろんなブランドが提案しています


本当は別ブログにしたかったのですが
ショーの写真が今一つちゃんと取れなかった
HUNTERのデビューコレクション!

ステラ・マッカートニーの旦那様がプロデュースしたことでも
話題になりましたが、これはなかなかセンスのよいスタイリッシュなコレクションでした。

パーカダッフルデザインのレインコート等、カラーもカーキを中心にしながら
バリエーション豊かで、ロンドンではスマッシュヒットのデビューです!

木々と川?堀?を作ったキャットワークを軽々と動くモデルたちのスピードに
私の撮影技術が付いて行かなかった、、、

カメラマンが撮った写真もありますので、これはのちほどたっぷり見て頂きます

まずは会場の雰囲気だけでも、暗闇に広がる木立、フィナーレのモデルたち、
最後になぜだか、トランプが木の葉の代わりに降ってきました

私の前にひらりと舞い降りたのは、スペードのキングでした、、、
天の啓示?なのでしょうか?何を意味するのかわかりませんが?

3 / 812345...LAST »