藤岡篤子BLOG

プレッピーに代わる主役はオリーブ少女?

ロンドンは元祖「伝統と革新」の都市ですが
今シーズンはは革新と言っても、反体制や権威へのアンチテーゼなどではなく
(ヴィヴィアンはまだやっていますが)

ひたすら可愛い街の女の子に向けた発信が多く
微笑ましく、だからといって可愛いだけではなく、ちょっと意地悪だったり

粋がっていたり(ちょいワルなスクールヒエラルキーの上にいる女の子達!!)

いたいた!こんな女の子と懐かしくなる女の子像が描かれています。 

デザインデュオソートンブルガッジィがデザインするプリーンは私のお薦め度No1のブランドです
自然史博物館で朝9時に行われたコレクションは
さすがにロンドン期待のブランドだけに、驚きと見応えがありました

場所もサイバーな感じ

今回は、ナチュラルだけではなく少しサイバーなタッチが若い層には重要なのですが
ぴったりはまったのがプリーンです。

 

人工的なセロファン素材やコーティングでビビッドな
人工甘味料のような色使いを
光りのプリズムのように見せ
カラフル感を押しつけず、それでいてスポーティなアイテムに仕上げ
軽快な感じです。

特に今季はパーカなど風をはらんで大きくふくらむアウターとスリムなインナーのコントラストが素敵!


サイバーと言えばミラノのジャストカヴァリもサイバー感が溢れていましたが
マーカス・ルプファー
は、写真のコラージュを転写プリントした、シャツとパンツのセットアップにしたり、
可愛いアイディアをサイバーな雰囲気に見せています。

これまでの「唇モチーフ刺繍」を「コピーされすぎたから」という理由で封印しています
小さな柄をよく見るとが描かれていたり、ユーモラスな可愛らしさサイバー融合です。

ロンドンと言えば思い出すのが、セリア・バートウエル
60
年代に、オージー・クラークと組んだロンドンファッションを代表するテキスタイルデザインの数々は
リバティなどとは異なる、モード系のロンドンテキスタイルを体現するものでした。

オージーは残念ながら亡くなってしまいましたが、セリアは今も現役で
日本ではユニクロのティーシャツなどにも見られます。

などと書きましたが、ここでご紹介するのはセリアではなくオーラ・カイリーです
ロンドンの女性テキスタイルデザイナーの系譜という意味でセリアの後に続く人です
オーラもユニクロとコラボしていて、ユニクロの慧眼には驚くばかりです。

オーラ・カイリーはテキスタイルも、北欧系の感じが少しはいり、ミニマルでありながら
オーガニックな個性を持つ、独特の愛らしさが、服だけではなく家具、雑貨まで世界を広げています。

そのオーラ・カイリーのコレクションの可愛らしさと言ったら、、、!!
久しぶりに、BCBGという言葉を思い出しました

ロンドンなのにフレンチブルジョア?
でもとってもリセエンヌなのです

80年代の初期から中盤にかけて雑誌「オリーブ」が毎号のように特集していた「リセエンヌ」
まさに、この行儀の良さ、育ちの良さ、ガーリッシュな愛らしさ
「プレッピー」のメンズっぽさにそろそろ飽きてきた今に
ぴったりの粋なちょっと崩した女の子らしさなので。

バッグも斜めがけ。双眼鏡入れ型の当時はやっていたサンジェルマンデプレの「サシャ」や
ラ・バガジェリー」を彷彿させるデザインです。

ベレー帽というのも、ベタですけれど何だか懐かしい!
プレッピーに代わる、新たなトレンドはアングロサクソン本家ロンドンにありと確信しました

その他の記事も御覧ください