藤岡篤子BLOG

2019-20秋冬コレクションの主役はこれ

ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリとコレクションサーキットを周り
今季のトレンドはだいたい、これで出揃ったとレポートをまとめる頃に
とんでもないどんでん返しに会う事がよくあります。

今季はパリのセリーヌがそれでした。
「デュアリティ」やロマンティックな「マスキュリンフェミニン」などが各都市に出揃い
リアルクローズがロマンティックにまとまってきたなと思っていたのですが
セリーヌの「70年代のニュートラの復活」を見て、衝撃でした。

70年代セリーヌの第一次黄金時代に出たのキャンペーンフォトを思い起させるルックの数々。トリオンフ(セリーヌのシンボル)モチーフを使ったプリントやベルト、刻印されたチェーンなど
まさに奇跡の復活です

あらゆるアイテムにトリオンフが用いられています。

1 (2)

0 (1) 0 (2) 0 (3)

創始者セリーヌ・ヴィピアナのアーカイブから探し当てた
オールド・オールド・セリーヌスタイル!

これがなんとも魅力的だったのです
メゾンのDNAが復活しました。
ネッカチーフを大きく巻いて、白のフリルブラウスに英国調チェックのキュロットスカート!

ルックとしては本当にそのままなのですが
展示会で見ると全部プリーツやボリューム、デザインが異なるキュロットだったのです。

2 (2)

キュロットに箱ヒダ、プリーツの膝下丈という、コンサバな感じが
いかにもパリシックなBCBGの上流階級トラッドを想起させます。

だけどエディ・スリマンは、単なるノスタルジーではなく、様々なテクニックで今風にアップデート
英国調のチェックの上にびっしりスパンコールをつけて
まるでコーティングしたように見せたり

3 (2)

モデルに全員ティアドロップ型のサングラスをかけさせ、
エディ好みのロックなBadgirl風に装わせています。

4 (2)

今季のキーワードの一つはゴールド
最後のイブンニングのセットアップに用いられたゴールドのスパンコールは
九人の職人によって1200時間かけて仕立てられたという。

5 (2)

なんだかこのブログはセリーヌのことばかり書いてしまいました、、。
他にもご紹介したいブランドを用意していたのですが
文字数がもうそろそろ尽きるようです。
セリーヌのショーが終わってから、みんなと話す話題はもうセリーヌばかり。
女心は鷲掴みされました。

他のブランドでキーテーマになるものは、また続きを書きますね〜
To be continue

その他の記事も御覧ください