藤岡篤子BLOG

2019年春夏とプレフォールのコートはハイブリッド

慌ただしい気持ちになるこの時期ですが、2019年春夏の展示会だけではなく、
なんと、2019/20秋冬のプレフォールまで展示会が開催されています。

日本のマーケットをリサーチしている人に話を聞くと
この秋冬は攻めの姿勢のコートが好調とか!

コートだからグレーやベージュのベーシックカラーで展開という常識を覆し、
コレクショントレンドブックで提案しました「Colour Dlight」のクールパステルが
すでにこの冬には登場し、寒色系のクールパステルのコートが
上質の素材につけられ人気を呼んでいます。

この秋冬の市場で見るホットアイテムのご紹介は「完全予測版」でご報告いたしますが
私は春やプレフォールの展示会で見つけたホットアイテムをご紹介したいと思います。

1月9日開催 東京:長井記念ホール
日本のマーケットを徹底分析、2019-20秋冬のトレンド完全予測セミナー
お申込はこちらから https://f-fiori-cafe.com/?p=22461

 

今トレンチコートを裏返して着るのが流行しているのはご存知ですか?
バーバリーなどのコートは裏地のチェックが程よいバランスで見えるので
まるで新しいコートを着ているようなのです。

この遊び心はすごくヒントになると思います
オーソドックスなのに、予想を超えたアバンギャルドさ
定番で着やすいのに、見たこともなかったデザイン

例えばメンズ調チェックのチェスターコートに、こんなに可愛い花柄のプリントが裏地に!

1 1a

本当に縫い目を表に出した、それこそひっくり返したようなデザインも登場です。

2

もうトレンチは少なく、ステンカラーやノーカラーが圧倒的に増加しています。
クールパステルのノーカラーコート

3

ステンカラーはカラーが大きくなっているのが特徴
全体がビッグではなく、襟の大きさでカジュアル感を演出しています

お袖の太さもポイント。そこにカラーのパイピングでアクセント

4a4

コートドレスにも着られるノーカラーコート

4.5

たっぷりチェスターはバックに深いプリーツを入れて、
すっきりしたシルエットながら動くと綺麗なボリュームが!

5 5a

たっぷりしたボリュームも肩の大きさではなく、襟幅の広さとマキシ丈で表現
素材は薄手が増えています

6

柄行きのあるコートも増加していますが、気になるのがポスト英国調のギンガムチェックです。軽快にスリット入りやパンツと合わせたアンサンブルなど

コートのイメージを打ち破る軽やかさ!!
コートは本当に単品感覚が強くなってきました

7

可愛らしいピンクのノーカラーや、ステンカラーなのにトレンチ風のアンブレラヨークがついたり、ウエストはゴムだったり、もはやベーシックのリミックスと言いましょうか

ベーシックのハイブリッド

8 8a

ニットはすべてのアイテムに増えていますが、コートには特に多くなりました。
ダブルのチェスター!くるみボタンやベルトが可愛いです。

ちょっと手をかけた感覚がクオリティ感を際立たせます。

99a

リバーシブルや、、コートにもドレスとしても着られる、ウエストで上下に分ける
セパレーツになる2wayタイプなど何通りにも楽しめる2019年のコートは
親しみやすい顔をしていながら、ベーシックの良いところドリをした
ハイブリッドが、隠し味です。

その他の記事も御覧ください