藤岡篤子BLOG
CATEGORY : 未分類

ため息が出るほど女らしい LOUIS・VUITTON

God Created woman」神は女性を作りたもう。
と言う言葉で始まるリリースは
今シーズンのヴィトン全てを言い尽くしています。

50年代女優からインスピレーションを得た
フィット&フレアの気品溢れるシルエットが中心です。
50年代のブリジット・バルドーの主演映画の音楽がBGMに流れる中
グラマラス成熟した往年のモデル達が今シーズンのLVのショーの
白眉でした。

LV_11.jpg

中でもフィナーレを飾ったのは、
90年代「ザ・ボディ」と謳われた完璧で健康的なグラマーである
エル・マクファーソン
スーパーモデルの先駆けです。アラフォーで二人の子供もいます。
大人の洗練と成熟が匂い立つようで、
若い激やせモデルちゃんにはない魅惑が漂っていました。
彼女が着たドレスも展示されていました。

胸元は複雑なコルセットやドレープで強調され、優美でグラマラス
クラッシックなデザインをモダンにに見せるのは、
LVアトリエのクラフツマンシップが生み出す
テキスタイル
の大胆さです。

LV_3_1.jpg
シンプルでクラッシックなドレスほど、手に取るとびっくりするほど
凝ったジャカードになっています。
異なる大小ジャカードが同系色でさり気なく組み合わせてあったり、
ジャカードとプリントの組み合わせで、不思議凹凸感のある素材が
部分的にアップリケしてあったりオートクチュール顔負けの素材使い。

LV_4_1.jpg

アランニットのようなセーターは50年代ハリウッドの
セーターガール」を思わせる身体にぴったり付くサイズ!
何と白いスパングルで編まれていました。
どうりでショーの時、アイボリーのニットはモールヤーンなのかな~?
輝いてるなあ~!と思っていました。

LV_5_1.jpg

レザーもたくさんでていましたが、ジャケットは薄くなめした皮の
ボンディングです。

LV_6.jpg

バッグは1930年代にトラベルアクセサリーとして作られた
スピーディ」がインスピレーションとなって
様々に再解釈されています。
モノグラムのメタリックジャカードや
フロッキーの上にスパングルの刺繍など、多用なラインナップです。
クラッシックなシングルハンドルフラップ(蓋カバー)が付いて、
ハンドバッグとして提案されているのが今シーズンの特徴です。
さり気なく、クロコダイルオーストリッチが部分使いされているのも
LVらしいこだわりです。

LV_7_11.jpg

モノグラムは今シーズンとても重要でカーフのバッグには型押しも登場
しています。

LV_8_1.jpg

大きなリボン使いのチャンキーヒールのパンプスは、
ヒールが異なる3サイズが提案され可愛いハート型のシューズキーパー
が必ず付いてくるのは、マークのアイディアだそうです。

LV_9_1.jpg

ルイ・ヴィトンのお土産はモノグラム模様の金太郎アメ!
切り口がモノグラムになっていました。

LVcandy1.jpg

CATEGORY : 未分類

「ローズ ぺーシュ」誕生の秘密

日本女性のために開発されたバラの香りのご紹介です。
幻想的な香の秘密は何とゆず

bottle.jpg

ローズ ぺーシュ」誕生の秘密

発売したのは1991年マリー・エレーヌ・ロジョンによってパリに創立された「バラの香り専門」の香水メーカー

リッツカールトンホテルで開かれた新しい香の発表会はまるで身内だけを呼んだ親密なお誕生会のようでした。

実際、新しい香水の誕生を祝って、バースディケーキがおかれ、クリエイターのマリー・エレーヌ・ロジョンがろうそくを吹き消したり、ケーキが振る舞われたりと発表会と言うより、和やかなアフタヌーンティにご招待戴いたような感じでした

CIMG8911.jpg

パルファン・ロジーヌ・パリはここに来て日本でも急激に人気が高まり
百貨店でも特別なコーナーにおかれたりしています

リッツカールトンのパーティルームもまるでブティックのように飾り付けられ
カラフルな房飾りがついたボトルはみているだけでうっとりするほど気品が漂います

CIMG8914.jpg

窓辺のディスプレイもミッドタウンのグリーンに映えるバラブーケが飾られます

CIMG8912.jpg

「ローズ ペーシュ」は日本人桃(ぺーシュ)のような柔らかな美しい膚イメージして作られた香り。

マリーの別荘のバラ園で昨年の夏一番に咲き誇った「アルフォンス・ドーデ」と「オノレ・ド・バルザック」と19世紀のフランスの偉大な作家の名前が付いたバラが基調になっています。

rose.jpg

CIMG8919.jpg甘く漂う優しいピーチの香り、繊細ピンクのバラ色は日本女性にぴったりのイメージだったそうです。

マダム マリー・エレーヌ・ロジョンは、この香りを創り出すため、調香師とともに日本を旅し、一年半の歳月をかけ誕生させました

高貴エレガントな香りの秘密は、トップノートゆずピーチの軽やかなフルーティな香りです。ミドルノートはパルファン・ロジーヌ伝統のバラジャスミンの香り、ラスト香木ホワイトムスクの少しなまめかしい香りが続きます

CIMG8915.jpg

CIMG8987.jpgそのふんわりと甘く香る香水は、ピンクのリボンがかけられた可愛いパッケージに包まれて、嬉しいお土産にいただきました

CATEGORY : 未分類

第一回「4都市コレクション速報講演会」大盛況の御礼

まずは、ご報告とお御礼です

10月27日に開催しました第一回の f プロジェクト主催「4都市コレクション速報講演会」には大勢の方に御来場いただき、お陰様で大盛況の中で終わることができました。
心より御礼申し上げます

f-proj057.jpg

オーストラリアの自然化粧品ジュリークの協賛で、皆様に天然ジャスミンを贅沢に使った新製品のボディクリームのプレゼントハンドマッサージのサービスが会場で受けられるなど心地よい香りがCCレモンホールを包み、まさに五感を刺激するファッションにふさわしい雰囲気が漂っていました

2回目は11月11日(水)東京明治安田生命ホールで、の部との部(トレンド編のみ)を開催予定です。ジュリークの協賛も続きます

2010年春夏のコレクショントレンド全身で感じ取るチャンスです

プラダルイ・ヴィトングッチドルチエ&ガバナなど人気メゾンのDVDもたっぷりご用意致しました

ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの2010春夏コレクションのトップトレンド臨場感溢れる映像で、是非ご自分の目でご確認下さい

会場でお目にかかれるのを楽しみにしています。 

f プロジェクト 藤岡篤子

4都市コレクショントレンドセミナーのお申込はこちらから

CATEGORY : 未分類

トリー・バーチ TORY BURCH 展示会

tory01.jpgビヨンセパリス・ヒルトンキャサリン・ゼタ・ジョーンズなどが愛用し、いわゆるアメリカンセレブ人気で火が付いた「トリー・バーチ」は、クリエイティブディレクターであり、ニューヨークのソーシャライツである、トリー・バーチのライフスタイルコレクション。2004年にニューヨークノリータにブティックを開店したときは、即日完売で評判となった。

tory02.jpg中でも人気はバレーシューズ等カジュアルシューズとバッグ。
ラバー製のカラフルバレーシューズトートバッグは見たことがある人も多いはず

今シーズンは、人気のバレーシューズはゴールドシルバーメタリックが加わりいっそう華やかな印象だ。トレンドのもエンジニアードブーツも編み上げのはと目と大きなゴールド尾錠のアクセントがベストバランスでニューヨークっぽい
.

.


tory03.jpg2009AWのコレクションは、トリー・バーチが大好きな1960年代~70年代にインスピレーションを得ています

両親のヴィンテージワードローブ、当時の写真や映画、インテリアデザイナーDavid Hicksの作品などが、クリエイティブに反映されている。

服はドレスが多く提案され、いかにもニューヨークのソーシャライツ好みコンサバスピリッツが漂うもの。

tory04.jpgシンプルなドレスにヴィンテージ風のグラフィックプリント、黒のティーシャツにタイトスカート、そこに黒のビーズを刺繍したネックレススパングルのショートジャケットを組み合わせたブリリアントブラックの着こなしなどリアルクローズでありながらオリジナリティトレンドスパイスを聞かせたお洒落なものばかり!

中でも人気だったのはショールーム入り口に飾られた黒のシンプルなニットドレス
首もとと袖口がマリンボーダーで重ね着風のデザイン。しかも肩にはエポーレットと言うミリタリー風のディテールが。そこには金ボタンの代わりに大きなクリアストーンが輝く。スポーティな中にゴージャスエレガントな一捻りがきいているのが何とも個性的。トレンドに敏感でありつつも、それだけを求めないスタイルコンシャスなニューヨークルックだ。

tory05.jpg

CATEGORY : 未分類

COACH展示会

一年ほど前に、ショールームが表参道のパラシオタワーから六本木ヒルズ森タワーに移った。それを忘れて表参道に行ってしまい、約束の時間に30分も遅刻してしまった。
広報の石井さんごめんなさい

coach011.jpgデイリーユース感覚が強いコーチだが、最近は展示会でも創設期の伝説のディレクター、ボニー・カシンの雰囲気を漂わせるクラッシックモダンアメリカンエレガンスの服や小物も組み合わせて見せバッグだけにはとどまらない、コーチ伝統世界観を見せている。

coach02.jpg2009AWの展示会場も、メインディスプレイは金ボタン付きのピーコートにジーンズ。まずファッションでコーチワールドを表現、スカーフにサングラス、レインブーツ、ファーブーツなどバッグ以外のアイテムも豊富に揃い、すべてショップで販売される。

それぞれのバッグには、サブリナやオードリー、サッチェル、クレアなど女性の名前が付けられているのも特徴(アメリカの台風みたいです)。

coach031.jpg今シーズンの一押しは、広報の石井さんが手持ちで説明するほど熱の入ったマギーのショルダーシリーズ。80年代風チェーンがストラップにアクセントとして付き、クロコダイルの型押しにエナメルコーティング大きなタックが中央にはいるシンプルなボリュームタイプ。この秋はバッグだけではなくスカートにもドレスにも深タックが大流行しそう!

coach04.jpg

coach051.jpgSATCのキャリーやサマンサが夢中になりそうなキラキラスパンコール使いもニューヨークっぽく洗練されている。
レオパード柄がスパンコールでできているアマンダクレアのシリーズは、ゴールドショルダーチェーンも付いていて、ツーウエイにもなるトレンド感満載

光り物は、09AWのお約束だけど、ミンクのバッグにゴールドチェーン、ボールチェーンクリスタルのフリンジだけで作られたパーティバッグは、他のブランドでは全く見なかったもの、クリスティンのバッグもよく見ると小さなスパングルがびっしり!
羽根のがま口型、サテンのショルダー、スパンコールのクラッチも充実。
デザインは持ちやすく定番だけど素材がキラキラというのが今年らしい。
大人のパワフルな可愛らしさを刺激するものばかり

coach06.jpg個人的に欲しいのはポピーのお財布。赤にシルバーのロゴがデザインされたとびっきり可愛いパースはサイズ的にはほどよい大きさ。風水的に赤い財布は金遣いが荒くなると言われたことがあって、、、身に覚えもあるし、、、迷うところです。

coach07.jpg機能的にジップを使ったケンブリッジはショルダーからクラッチまで。
クラッチが増加しているのも特徴で、色使いがワイングリーンと言うシックさ。

コーチで手袋というのは意外だけど、実はこれが優れもの。滑らかなレザーにシックな色が付けられ、裏にはカシミアニットが貼ってあるという贅沢さ。私も一つ持っていますが、これは名品と言って良いほどお薦めです。

CATEGORY : 未分類

シュールレアリズムとポートレート ~Dolce&Gabbana

09/10AWコレクションでは「シュールレアリズム(超現実)」が大きなテーマの一つだった。テーマに使ったドルチエ&ガバナを中心にクローズアップして見てみよう。

今回のシュールを象徴するのは、シュールレアリストの巨匠サルバトール・ダリとデザイナーのエルザ・スキャパレリ

厳しい現実から逃避するかのように、非現実的なアートの世界に着想し、アクセサリーから、服のプリントに至るまで、巨大なポートレートが登場するなどコレクションには「シュール」のキーワードが散りばめられた。

dolce_gabbana.jpg

キーワード——————————————————

エルザ・スキャパレリより

●ショッキングピンク
エルザといえば、ショッキングピンク。エルザの本の装丁もこの色だ。

●巨大なリボン
足元からウエストまでを何重にも包むリボン

●オブジェボタン
人参など野菜モチーフから太陽まで。エルザの代表作「バラを持つ手」の
ブローチは、ドルチエ&ガバナによってボタンに使われていた

●モンキーヘアー 漆黒のロングヘアーファー
今回アレキサンダー・マッキーンやジヴァンシーがシンボルのような使い方をしていた。

alex.jpg

lv2751.jpg●バニーカチューシャ
ルイ・ヴィトンがやってましたね!

●トロンプルイユ(だまし絵)
大きなロブスターを描いたり、コムデギャルソンは頭は鰐、足はタコという不思議なイラストを描いた

dg1135.jpg●ゴールドのフリルをシーム部分へ挟み込む

●バタフライ
エルザはアクセサリーからボタン、プリントなどに大きく起用していたがドルチエ&ガバナは、服全体のシルエットがバタフライ。
大きく立ち上がった両肩のシルエットをバタフライスリーブと呼んでいる

●手袋
親交が深かった晩年のピカソが描いたボディペインティングをそのまま手袋に仕立てたのは有名な話。ドルチエ&ガバナは、手袋のヘッドアクセサリー、スカーフなどで表現していた。

サルバトーレ・ダリより

lip.jpg●時計
作品「記憶の固執(柔らかな時計)」の溶けた時計を彷彿させる時計のアクセサリー

出典がはっきりしているだけでも、これだけのキーワードが散りばめられている

エルザ・スキャパレリ、ダリ、マン・レイ(彼の写真プリントをエルザ・スキャパレリはよく使っていた)など、特徴的なディテールはファッション的にも要チェック。

ただし、展覧会、回顧展などは開催されておらず、突然に出現してきたトレンドで
「現実と非現実の間を遊ぶ」というコム デ ギャルソンのコンセプトを思い出す

※文章内に表示されているアーティストの書籍を集めてみました。
参考にしてください。
Elsa Schiaparelli
Salvador Dal醇^
Man Ray

CATEGORY : 未分類

H&M 展示会

12月10日

この日も終日展示会、その合間を縫って来日しているエルメスのアーティスティックディレクターのピエール・アレクシー・デュマさんにお目にかかる。口をついて出てくる言葉が、まるで繭から絹糸が紡ぎ出されるよう滑らかで美しい!しばし、聞き入ってしまう。

H&M 展示会

銀座店のオープン時には汐留まで列ができたという話題のH&M.原宿店オープンに発表されたコム・デ・ギャルソンとのコラボ商品は、完売したという。
来年4月には、いよいよ渋谷店オープン。マシュー・ウイリアソンとのコラボレーションが予定されている。 さて、来年の春夏にはH&Mはどんな商品が展開されるのか?H&Mはトレンドブックをビジュアルで用意しているところも国際企業らしく万全な体制を感じる。

2009春夏のトレンドは引き続きロマンティックスタイル。ロマンティック好きは日本だけではない。
大きく三つのテーマが提案されている

1)レトロ・ロマンティック ロマンティック&シックの流れで重要なアイテムはウエストマークのワンピースとワイドスカート。70年代のサンローランをふんわり大きな袖のフェミニンブラウス、それにテーラードジャケットという組み合わせ

.

.

.

2)時代を超えたテーラリング
やぱりサンローランは偉大です!70年代のサファリルックは「グッチ」のフリーダもテーマにしていたけれど、H&Mにも登場。オーバーサイズや、制服調のディテールを生かした男性にも女性にも着られそうなデザインがいっぱい。

.

.

.

3)アート&アーキテクチャー
構築的なフォルムとバランスが、アートのインスピレーションから取られている。アウグスト・ストリンドベリやデヴィド・ホックニー(プリングルもこの画家の『プール』という作品からインスピレーションを取っていた。ファション界注目のアーティスト)等、現代アートや建築様式に触発されたカラフルなパターンやモチーフがたくさん登場。

.

.

.

.

.
お土産は、な、なんと大きい!!その日に回る展示会の資料やギフトが全部持ち運べるパイソンプリントのトラベルバッグ。しかも取り外し、それだけでも使えるポシェットまで付いていて、便利な優れもの。

当日表参道近辺にはこのバッグを提げたファッション関係者が多数目撃され、巨大なお土産もH&Mらしく話題騒然

CATEGORY : 未分類

ステディ スタディ 展示会

12月10日 ステディスタディ展示会
スタディステディは、旬のブランドばかりを集めたPR会社。いまは東京コレクションのデザイナーのものも扱っている。H&Mと同じビルにあるので、忙しいときには一堂に見ることが出来、本当に嬉しい。

今回はマルニ
CIMG6296.jpg
今回はマルニ(もう、アート作品!!コレクターズアイテムとしても逸品と言える幾何柄とカラフル感の取り合わせが素晴らしい)、エミリオ・プッチ(次シーズンからピーター・デュンダスにデザイナー交替、ちょっと大人っぽくなりそう、セクシー路線もありかな?)、クロエ(今シーズンからハンナ・マクギホン クロエのDNAを体現、可愛い)、シー・バイ・クロエなどのヨーロッパ勢に加えて、ニューヨークの「ブラックフリース」も勢揃い。

CIMG6298.jpg日本の地場産業であるメガネの産地福井県鯖江市のPRもあって、ピンブローチや指輪のメガネもお土産に。しかもミニサイズであるにかかわらず、全部職人さんの手作りだとか、メガネ枠の生産では国内の約97%、世界の約20%を生産する鯖江市。日本の産地の底力を垣間見せるこういう展示会は、もっとファッションと絡んで企画して欲しい。だって知らないことがたくさんあるから、もっと教えて!

■お土産———————-

marni.jpg
マルニ ・ 写真を拡大したピクセルプリントのエコバッグ
シー バイ クロエ ・ ポシェットとプチサイズのメガネブローチとリング

CATEGORY : 未分類

魅力的な演出がいっぱい!

  • 光りと影で彩る幻想的なショー会場
    幾何や版画など直線的でミニマルな構成のステージは、カラフルな光りと影、カクテル光線などで幻想的な世界に変わる。 ランバン「ミックス」がテーマのコレクション


フィナーレでは、カラフルなカクテル光線が交差して、光りのミックスを見せた。
泡のように柔らかい構築的なコレクションが幻想的な雰囲気に包まれた。

バレンシャガのテーマは「光りと戯れる」

モデルに強いスポットが当たるとインナーが光り出したり、レフ板のように反射したりと光を吸収するものから、包み込むもの、反射するものとひらりとまさに戯れたコレクション

.

左上/「フレンチリビエラ」をテーマにトリコロールカラーのマリンをならべたD&Gはステージにもトリコロールのネオンが輝いた。
右上/ルイ・ヴィトンは「フレンチシック」がテーマ。パリジャンとパリジェンヌの恋のストーリーを軸にしながら、ジャパネスク、アフリカ等のエキゾチズム、装飾を散りばめた。ステージにはオリエンタルなゴールドな竹林が並んだ。
下/ネオンの光りが青く深海のように輝くポールが立ったステージはクリスチャン・ディオール。「トライバル シック」がテーマだが、ステージのの演出はモダンな都会のイメージ.

..ドリス・バン・ノッテンの会場は
パレロワイヤル公園の噴水を囲んだ大きなテント。

この噴水に作られたオブジェがお気に入りで、いつかここでコレクションを開くことが夢だったという。今回はパリ市の許可もおりて、無事ダイナミックなショーが開かれた。
56ルックを56人のモデルが着るという贅沢な構成だった。
.
.
.
.
.
 
.
サンローランはグランパレの内部に鉄骨を組んで、インダストリアルな雰囲気にキモノ風の平面カットの服をシンプルに着せた。
★★★
引き続き、気になるセレブやバックステージもアップする予定です。
お楽しみに!
4 / 6« TOP...23456