藤岡篤子BLOG

プレタの注目素材はSatin vs Denim!? uccieのつぶやき

メンズのトレンドを再確認すると…
来月開催のプレタポルテでのトレンドヒントが掴めます!

まず登場必須なのは… サテン!
カラーが豊富、アイテムも豊富、外せない素材になりそうです。

自分が注目しているのは、明るいブルー!すごく…爽やかです
特にDior Homme のブルゾンは人気が出そう、部分使いも新鮮

アイテムはジップブルゾンタイプが主流となっています。
袖をまくったり、部分的にボリュームのあるシルエットにするなど
サテンの表情が変わりやすい、着こなしやディテールがポイントとなりそうです。


また、トレンドのショートパンツワイドスラックスにも相性がよさそう!
光沢がラグジュアリーな印象ながらも、リラックスした着こなしがいいバランスです
合わせやすいアイテムなので、登場が多くなる予感…

ドローストリングでウエストを絞るサテンパンツなど、個人的には見てみたい
こちらはベルベットと思われますが、こんなシルエットですね

Dries Van Notenのサテンは最も注目したいところ
コートから部分使いまで、リアルに落とし込んだサテンがたっぷりあります

ビビッドカラーはサテンだと、より鮮やかな発色となります。
Dolce & Gabbana の眩しいレッドは見る角度、光の当たり具合からここまで違います。

ビビッドカラーもハーフパンツやジャケットの1点使いで取り入れやすそうです。
他のアイテムをマットな素材と合わせて、よりサテンを引き立てるのがポイント
プレタでも提案されそうな、サテンアイテムとのスタイリング

 

サテンの対抗馬は デニム!
14春夏のデニムは履く のではなく…着る!です
上下で着るセットアップからカットソーまで、全身デニムのスタイリングも要注目!

CARVENはハットからハーフパンツまで同素材での着こなし
ハーフパンツを使用したカジュアルセットアップは落ち着いた色目のデニムでまとまります。
インナーも同素材の中でジップがキラりとポイントになってます

Balmainも全身デニムでのスタイリング
アイテムごとに加工の違いでの着こなしは微妙なコントラストが楽しい
Balmain 得意の細めのラインは、上下デニム独特の野暮ったさもなくかっこいい

ワンアイテムならコートの提案が多く登場しそうです
デニムの張り感を楽しめる、ストレートなシルエットのシングルコートはValentinoとKenzo
両方ともサンダルなのも外せない要素

サテンとデニム、それぞれ特徴的な素材ながら
ポピュラーなアイテムでの使用が増え、市場にも登場もしやすいものが提案されそう
プレタポルテではどんな形で使用されるか、両素材には注目は増すばかり!

…デニムといえばこんな話題も
各メディアでもピックアップされていた、広島カープの「デニム柄ユニフォーム
強めのウォッシュを完璧なプリントで再現!カープのがいい感じです。
今後もこんな変わったユニフォームが増えるかどうかは、着用時の次第!?

その他の記事も御覧ください