藤岡篤子BLOG

14SSのメンズジャケットは3Bとダブル! uccieのつぶやき

こんにちは uccieです

今度は14SSメンズのアイテム、ジャケットを中心にまとめたいと思います!
日本のクールビズにはちょっと難しいですが、特徴的なアイテムがズラり

uccie的にトレンドは3つボタンのジャケット
3Bの良さはVゾーンのタイトさ、ウエストがシャープなところですが、
今シーズンは春夏らしいカラーでの同系色スタイリングに大注目!
逆にPRADAのような総柄インナーも、狭めのVゾーンなら主張は少なめ

生地はシルエットの出やすい張りのあるのウールやコットンが主流のようです

今回の3Bで最注目したいのは裾のラインと丈
LANVINとPRADAのような股上が深いものを合わせるものは、ラウンドしたカッティング
上がタイトなら、ボトムは少し緩めだと、今シーズンのバランス感となりそうです

ボタン幅はベーシックですが、3つ目のボタンはシワが少し出るぐらいの
タイト感で止まるぐらいがベスト、3つ目のボタンだけ外して、インナーを見せるのもポイント

裾のラインと丈のバランスを考え、インナーを生かす着こなしが重要となりそう!

 

続いて…こちらも増加傾向だったダブルのジャケット
黒を中心に暗めのカラーですが、PRADA、DRIESのようにダブルでも総柄インナーは増加中

ダブルではリラックス感ラグジュアリーを感じるファブリックや色使いが目立ちます
おススメはサテンのような光沢とドレープ感が生まれるものが相性良さそうです。

ボタンは数が2~6個とバリエーション豊富、よって止め位置も様々
個人的にはドリスとAmiのような、ボタン位置が少し低く、丈が長めのものをチョイスしたいです
襟やVゾーンが長くなってスッキリした印象になり、春夏らしい着こなしが出来ます

スタイリングで総じて言えるのはリラックス感
着こなしに遊び心があるのがポイントです、サンダルやクロップドパンツを合わせ
足元を軽快にしたり、袖を大胆にまくり上げシャツを見せるなど、
着る人が色々チャレンジしたくなる、14SSのダブルはそんな魅力があります。

それにしても両方でPRADAをピックアップしてしまいたが、ちょっと子悪党のような
少し古いような、力感のないジャケットスタイルはピカイチでした!

来シーズンは3Bとダブル、いつもと違うジャケットにチャレンジ!

 

今度はこちらの画像をご覧ください↓ スーツスタイルをまとめたものですが、ある共通点が…

そう、全てアンクル丈!クロップドタイプ以外の方が見ない気がする程、主流となってます
14SSではややテーパードのシルエットがトレンド、足首が強調されてかっこいい

ソックスは履いてなかったり、見えないものが完全に定番化してますね
最近ではメンズのフットカバーも店頭でよく見かけるようになりました。
←こちらは無印良品

さて、このクロップドタイプのパンツですが、クールビズに最適では…
と思いつつも、実際は日本のビジネスマンでは中々お目にかかれません!

もちろんアパレル関係だとクールビズは毎シーズン洗練されて、着こなし幅も拡大
最近ではインナーをカットソー足元はスニーカーを合わせるなど日々進化しています

もちろん環境が大きく違うのもありますが、通勤時の電車内では見ることもなく
たまにクロップドパンツのスタイルを見ても、アパレル関係の人かな? 
と思ってしまうほど、着こなしの差を感じます。

ちょっと勿体ない!そんな感じで電車で暑そうなビジネスマンを眺めたりしてます…
クールビズを実践している、ビジネスマン
はどれぐらいいるのだろうか?気になるので
近々街頭調査に出させていただきます!限られた範囲内のクールビズはどうなっているのか
中々お目にかかれない、今のクールビズをお伝え出来ればと思います。

 

最後にポロシャツにハマってるuccieがどうしてもお伝えしたい、14SSのポロシャツ

ラフのロングポロ(ワンピース)などアイテムでインパクトのあるものが多かったですが、
実はスタイリングにかなりの新しいアイデアが!

タックインはベルトなどのアクセントがポイント、トップスもスッキリした印象
レイヤード自体は多くありましたが、シャツインは難易度高そう!ネックのカラー+カラー
新しいバランスです!でも半袖+長袖+前のみタックインのプラダは着こなすのは困難?

スカーフなどの小物使いは柄のシーズンだった14SSにはピッタリはまります。
まだ夏も続くので、気に入ったスタイルはチャレンジしてはいかがでしょうか?

 

その他の記事も御覧ください