藤岡篤子BLOG

「ゴープコア」ってなに? 2019-20秋冬の主役

ゴープコア」という言葉がささやかれ出したのは、2018年春夏のロンドンの
メンズコレクションでマーティン・ローズが発表したコレクションが話題を呼んだのがきっかけです。

ニューヨーク誌のWEBマガジン「The Cult」でも紹介され、
ノームコアに続き、機能性をふんだんに取り入れたアウトドアスタイル
GOAP COREのブームが来ると予測しています。

すでに日本でも、ちょっとお洒落な男性の通勤着にスーツの上にパーカやウインドブレーカーを
着て、リュックを背負い、足元はスニーカーという人を多く見かけます。

アウトドアに用いるアイテムをタウンウエアにミックスする着こなしが、
当たり前の光景になってきました。
最近はメンズのハイファッションのルイヴィトンやヴァージル・アブローなどから提案されているLuxury Street(通称ラグスト)が、メンズを席巻し、ジェンダーレスの流れに乗って、レディスにも、大きな影響を与えています。

5k

高機能素材のレインコートやファイヤーマンジャケット、ウエストポーチも、
ダウンもゴープコアの流れでレディスにも続々登場してきています。

1d

1

ファイヤーマンジャケットも大活躍

1a
1c

ダウンは高機能ながら、デザイン性の高いファッション感覚が強いものが
デザイナーからも、モンクレールなどの専業ブランドからも
バリエーション豊かなニューダウンが登場しています。

この数年立て続けに「sacai」を初め、レディスでも、「North Face」や「Patagonia」など
アウトドアブランドとのとのコラボが増加しているのも、その兆しを反映しているからでしょう

sacaiとNorthFace  フロッキープリントのフェミニンドレスに
ビッグなGORP Coreの組み合わせ!

2a

HYKEは、高機能素材を使いながら、ウルトラミニ丈のパーカをシャツドレスに合わせて

2b

さて、このゴープコアですが、メンズとは相性は抜群ですが
レディスで取り入れる時は、アウトドアのハードさを生かしたアイテムと、
フェミニンなマキシスカートやプリントのドレスなど、

コントラストを効かせたハード&ソフトのミックスが大切です。

またダウンも進化して、ウール先染めやボディフィットのジャケットや、スカートなど、アイテム、
デザインのバラエティが増加してきました。

スリップドレスにMA-1のミニダウン。丸いシルエットが可愛い

3a

ダウンにコサージュ使いでダークな装飾性
フレアースカートも薄くダウンが!

3b

60年代風ミニも、ダウンで新鮮に蘇る

3c

ベロア、サテンなどエレガント素材も多く出ていますが
ウールの伝統チェックもパッチワーク使いなど
これまでなかったクラフト感が!

3d

ツィードの華やかさとダウンのダブルジャケットで
女らしさも、プロテクト力も抜群

3e

パーカもデコなフローラルパターンで、ハードさより、女っぽさが引き立ちます

3f

またオリジナルアイテムのハード感はそのままに、バランスを変化させたレイヤードを前提にしたアイテムや雑貨、小物も増加しています

プリントなどのダウンストール可愛い!!

新鮮アイテムで欲しくなります。

4 4a

4c4e

4f4d    4j 4k

レディスは、あくまでもレイヤードを基本に

パーツアイテムでジェンダーレスな「ゴープコア」をフェミニンに取り入れるのが、
新鮮な女らしさを作るポイントになるようです。

5c
5 5a

 

来週9/4、9/6、9/7開催の【2019-20秋冬FTFセミナー】では
「ゴープコア」についても解説予定、気になる方は是非ご参加ください
http://f-fiori-cafe.com/?p=21568

その他の記事も御覧ください