藤岡篤子BLOG

華麗なシクラメンヴァイオレット HERNO 2018-19秋冬 ~uccieのつぶやき~

今年の秋冬、絶対に見逃せないダウンアイテム
その中でも注目度の高いダウンを取り扱うブランドの一つ
HERNOの秋冬物をチェックしてきました。

【HERNO 201819秋冬】
ジャクリーン・ケネディからインスパイアされた、フェミニンでミニマルな今シーズン
Aライン、ビッグシルエット、コクーンや包み込まれるようなキモノシルエットが展開

カラーの中心になるのは、ニュートラルでフェミニンな印象を受けるナチュラルカラーたち
DSC_1667

今期は特に素材バリエーションが豊富で
パッと目を引いたのは、上品な光沢のシャイニー素材
きめ細やかな加工の表情変化はとても綺麗、主役のアイテムに

DSC_1653DSC_1655

DSC_1672

ウール、モヘヤ素材のコート類も豊富なバリエーション
特にヘリンボーンやハウンドトゥースのパターン使いはブリティッシュテイストを感じます。

DSC_1644DSC_1645    DSC_1697DSC_1671

ニット類で気になったのは、フェミニンな立ち襟や編みの切り替え
ファーディテールなど細部にこだわりが

DSC_1658 DSC_1661

HERNO発祥の地となるイタリア北部レーザを象徴するという、
グリーンとシクラメンヴァイオレットがキーカラー

DSC_1675DSC_1690

最もエレガンスな印象を受けたのが、シクラメンヴァイオレットのアイテム
素材によって印象が変わるんですが、どれも秋冬の街並みにとても映えそうな
華やかな発色でした。

DSC_1676

DSC_1681
DSC_1683

インパクトがあったのは、モヘアをさいてボリューム感を出し
なんとスプレーでカラーリング!

DSC_1677DSC_1647 DSC_1678

上質でエレガンスな本質はそのままながら、
トレンドを取り入れたアイテムは、今期注目のダウンはもちろん、
ウールコートやニットも見逃せないものばかりでした!
モダンな会場にポツンとサムズアップしていた、レトロなヒーロー(?)
詳細を聞き逃し、正体がわからぬまま…彼は一体何者だったのだろう…

DSC_1743

その他の記事も御覧ください