藤岡篤子BLOG

シャネル  ベーシックと輝きの絶妙なハーモニー

いつものシャネルの会場グラン・パレに入ると、何やら癒される空気が漂い
ふうっと肩から力が抜けて行くような、、リラックス感。

会場内にはパリ中の公園からかき集められてきたような落ち葉が敷き詰められ
真ん中には樫の木、側道にはポプラの木が並んでいます。

全てこのために伐採されたのではなく、何かの目的で伐採された木を用いて
ショーに使った後は再度植樹されるそうです。

Chanel Chanel S.A. is a French, privately held company owned by Alain Wertheimer and Gérard Wertheimer, grandsons of Pierre Wertheimer, who was an early business partner of the couturière Gabrielle Bonheur Chanel. Chanel S.A. is a high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, and fashion accessories.[3] In her youth, Gabrielle Chanel gained the nickname Coco from her time as a chanteuse. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

Chanel Chanel S.A. is a French, privately held company owned by Alain Wertheimer and Gérard Wertheimer, grandsons of Pierre Wertheimer, who was an early business partner of the couturière Gabrielle Bonheur Chanel. Chanel S.A. is a high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, and fashion accessories.[3] In her youth, Gabrielle Chanel gained the nickname Coco from her time as a chanteuse. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

苔までむしていて本当の公園みたいです。

今回のシャネルのポイントは「黒」が完全復活しているところ。
黒の復活はミラノではほとんど見られず
パリの大きな特徴となっています。

様々な黒がラメやルーレックスなどをあしらい光沢を放ちながら
ステンカラーやチェスターコートなどのベーシックアイテムに用いられています。

ベーシックアイテムと輝きの絶妙なハーモニー

黒を引き立たせるためにカラフル感のあるアクセントが
効果的にコーディネートされています。

33

33A

こんなロングマフラーを巻いたり、垂らしたり、黒が若々しく映ります!

3Q

Chanel Chanel S.A. is a French, privately held company owned by Alain Wertheimer and Gérard Wertheimer, grandsons of Pierre Wertheimer, who was an early business partner of the couturière Gabrielle Bonheur Chanel. Chanel S.A. is a high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, and fashion accessories.[3] In her youth, Gabrielle Chanel gained the nickname Coco from her time as a chanteuse. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

首元のアクセントはボーブラウスの復活など、他のブランドでも見られますが
シャネルはカメリヤのスカーフプリントにのシャツに、スカーフを結んだり、
一見ボウに見せながら、よく見るとお袖の形をしたボウだったりと
ベーシックなアイテムに洗練された遊びを見せています。

4 4A

 

ネック周りは、今季はアクセサリー満載!
スーツの上からカラフルなカーディガンを巻いたり、ツィードのスヌードも
今季のシャネルルックには、なくてはならないものです。

6A6

シャネルジャケットにも、ダウン登場!
今季はボリュームのあるダウンや中綿入りのパデッド素材が多く使われていますが
シャネルのボリュームは品良く、キルティング部分はチェーンブレードで飾られています。

こんなところがシャネルファンにはたまらない芸の細かさ!!

7A

私が気になったのはレーシータイツ!
全部同じものだったのですが70年代、80年代を思わせるそういえば履いたなあ〜!

今も持ってるカモ〜と思わせるヘリンボーン柄が合わせられました。
可愛い〜

8A 8B 8

アクセサリーも満載でした!
イヤリングは大ぶりでアシンメトリーが素敵!
CCマークも小枝を加えて、パールと合わせて一捻り!
女心を鷲掴みです。

9 9A 9B 9C

バッグは最近アバンギャルドなデザインがショーには多く出ていましたが
今季はぐっと正統派が増えました。

樹木を思わせる表面効果やツィード、ふわふわのボア素材、カラフルなトートバッグなど
すぐにでも使いたくなるものばかり

10A 10B 10C 10D 10

手袋や髪飾りもカラーアクセントになるピンクが大活躍

12A12  12B

黒という基本色とアクセントカラー、光沢のコントラストが行き過ぎることなく
完璧にシックなハーモニーを見せているところがさすが、大御所のシャネル
改めてシャネルの底力を感じました。

ミラノのフェンディもすごく良かったし!!
カール・ラガフェルドは本当に天才です。

その他の記事も御覧ください