藤岡篤子BLOG

花に彩られたディオール

バッグのデルボーの展示会はセーヌ川の河岸のギャラリーであります。
そこからポンデザールの橋を渡ると目の前が会場のルーブル。

パリに入ってから、お天気が良いので昼間は日焼けしそうなぐらい日差しが強く、
でも気持ちの良い日です。

橋を渡りながら、セーヌ川をパチリ。
のんびりした一瞬でした。

1

結構早めについたと思ったのに、会場の近くは、警察が交通整理に入り、あたりは騒然!
街行く人もこの週は慣れてるとは言え、何事かと立ち止まるので、ますます混雑するばかり!

入口の外には、右手にパパラッチ、左手に素人のカメラを抱えた人たち、、野次馬?
とにかく、メゾンの人気ぶりを象徴するような騒乱状態です。

2 (1) 2 (2)

ゲートを入ると、ええーっブルーがかったお花の山が出現!
この巨大なお花の山に大きく「DIOR」と書かれたエントランスがあり、
そこを抜けて会場に入ります。

3 (1) 3 (2)

会場内でも大きなお花の山がエントランス
私たちもそこから入りますが
モデルさんも、お花に囲まれたランウエイから登場します。

3-5 (1) 3-5 (2)DIOR_SS16_set_7 ツゥ Hiroaki Fukuda for Dior
コレクションは、ラフシモンズ得意のミニマルなテーラードからロマンティックなホワイトが
たくさん登場しました。

白もピュアな白からクリームの柔らかく温かいホワイトを重ねて、
ニュアンスのあるホワイトがとても素敵でした。
後半には立体的なコサージュを重ねたロマンティックなテーラードもイブニングのように登場。

4 (1)4 (2) 4 (3)

カラフルなニットやジャカードセーターも可愛くてラフ・シモンズらしいミニマルな中に
「花」に象徴されるフェミニンな雰囲気が溢れています。

5 (1) 5 (2)

フィナーレに登場したラフはなんだか上機嫌!!
胸にハートマークを作っていたり、余裕の表情でした(見とれて写真取れませんでした、、)

客席にもディオールのドレスを着た美しい人たちがいっぱいでした。

6

その他の記事も御覧ください