藤岡篤子BLOG

LOGOそれともLOVE? 止まらないスウェット!

2014年春夏のスウェット(トレーナーでもOK)はますます増加しています。
この秋冬もスウェットとニットのパッチワークやセーターのスウェットデザイン等を着ている人を多く見かけますが、来年の春夏はますます多くなりそう!

コレクションで見かけたスウェットベスト3

アレキサンダー・ワンのアメリカの映倫規定「PG13」を思わせる保護者の助言が必要な内容が

含まれていると喚起するティーンエイジャーには「破りたい」規則をロゴにしたスウェット
胸の部分だけがスウェット使いで、そこに文字が書いてあり、後はシアーなメッシュ。

隠されている部分が不適切なのか、単なるメッセージなのか悩むところではありますが
今季はアレキサンダー・ワンの高校時代を投影したコレクションだったので
「もう子供じゃないんだよ」と反抗するティーンエイジャーらしい皮肉なのでしょう

 「魚の乱獲反対」をスローガンはKENZO

No Fish No Nothing    とは魚がいなくなる事が、何でもないなんてありえないでしょ!
三重否定の強い言い回し
ストリート系の若者らしい表現ですね

映画のスタジオでコレクションをやり、滝が流れ噴水が水を噴き上げる
「海」を徹底的に意識した演出でした

 「性教育のテキスト」からアイディアをとったロンドンのクリストファー・ケイン
「ぼくは
ただのフローラルなんてやりたくないから」と不敵な発言

めしべの断面図をモチーフを大きく描いたメタリックで、少しグロテスク、
でも
ファンタジックな大きな花柄を描きました。

確かにただのフローラルではない!!
結果的に美しく仕上げるケインの実力やはりただ者ではありません


今季のスウェットは大きく2つの流れに分けられるようです
まず、何らかの理念を掲げた
スローガンやメッセージ

二つめは、深い意味はないけれど、「」や「ユーモア」が溢れているパターン
実際には、この「ちょっと笑える」タイプがほとんどです。

深い意味は無いにしてもビジュアルに凝っている物がほとんど!
近くで見てああ~こうなってたのね!と
驚くテクニックが使われています。

90年代のロックティーシャツのグランジ感はなく、80年代の単純なロゴ物との大きな違いはそこです
まず
可愛い、そしてシュールユーモラスと三拍子揃っているのがMSGM!

大好きなブランドだけに、いつも念入りにチェックしてしまいます。
この秋から大ヒットしているスウェットシリーズだけに、春物も欲しくなるものばかり、、。

スウェットには力が入っていて、
トレンドのカラースウェットにシュールな
蛙バーガー口紅を持つ手、花瓶とバラなどのモチーフなどが
ありますが、単純にセンターに柄を置くのではなく、全体をキャンバスのように
柄を構成してあるのが今季らしいアイディアです。

コレクションラインでも、エスニックなプリントと同時にフリンジのトリミングが装飾性たっぷりで新鮮!

スウェットドレスも登場!可愛いです
はしごレース
レースフリンジでトリミング

サイバーな花柄、薄い花柄プリントを貼り付けた物、お袖だけパイソンプリントと言うバラエティ

メッシュ素材にアップリケ!しかもプリント、しかもMの文字部分はジャングルプリント
と言う凝ったテクニック使い

バランスもクロップド丈でおへそが見える可愛いサイズ
クロップド丈はスウェットの新定番サイズと言って良いほど増えてきました


やっぱりこのくらい新しさ満載だからこそ、今季らしい新鮮さが演出出来るのでしょうね

 

カルヴェンでもクルーズはスウェットがいっぱいです
アフリカン
調のユーモラスな顔!クルーズはアフリカ出身の歌手ニーナ・シモンがテーマでしたから
アフリカントロピカルが基調です

バナナ
のモチーフはジャングルプリントのアップリケ!

ニーナ・シモンはこの人.イメージになったアフリカ上流社会の若い世代

ロックなイザベル・マランは何と「東京」にインスパイア!
来日したときの印象がテーマになっているそうです

でも凄いなと思ったのは、ほとんどデニム地の素材が
カットワーク
され、半袖トレーナーの形に仕立てられていました
カッコ良い!!

下にビスチエを着て盛夏に着るスウェットタイプです。

ディースクエアードでは、一見普通に見えるグレーのスウェットに
ラフィアの花のコサージュを付け
何とお袖の大きさを見て下さい!

キモノスリーブのような太い筒袖になって、新鮮モードバランス!!!!!


マダムな感じでは、エンボス加工を施したこんなにテキスチャーが面白いものも


最後に私が買ったもの、パリで購入したドリス・ヴァン・ノッテン

 

普通なんですが
7分袖
の何とも言えないスウィートなピンク!!
短めの丈も、今の気分にジャストな感じです。

春一番に、スポーティではなく、こんな風にスカートと合わせて
お洒落に着たいな!と計画中です

­­­

 

­­­

その他の記事も御覧ください