セミナー情報

2019年春夏は90年代VERSACEの再来!?

2018年2月1日

2018年春夏はクールなパステル全盛で、ピンクとレッドの配色など、
まさにパラダイスカラー全盛ですね。
2019年春夏は引き続きカラフル感は大切ですが
クールなパステルにホワイト&ブラックのアクセントが入ることで
強いコントラストが生まれます。
 
強さと爽快感の両立です!
ボディコンシャスも重要です
プリントにも注目いたしましょう!
これまでのジャカード、ブロケードなどの重厚な織地に変わって
2019年春夏に活躍するのはスカーフプリント!
それもちょっと派手めの配色や大胆な構図の!
その意味ではGUCCIの流れから出てきた自然な柄ゆきかもしれません
1 1a 1b 1c
まさか〜!My Archiveにあるとは、自分でも絶句です。
2019年春夏は、大人の華やかさ、グラマラスな艶やかさに注目が集まるので
ニュートラ的な柄より、90年代的なゴージャス感漂うVERSACEタイプが
スポットライトを浴びそうです。
また、グラマラスといえば、マスキュリンなジャケット、
スーツが女ぽいシルエットで大復活していますね。
いろんなブランドや百貨店がいち早くカプセルコレクションで、
ジャケット&パンツのコレクションを披露し始めていますので
この流れをいち早くキャッチして、単なる英国調とは異なる
マスキュリンへのアプローチを始めたいところです。
02
シャツとパンツのセットアップとか!
スプリングコートもトレンチを始め、気になるモチーフ使いが満載です。
エスニックもスポーツも、ぐっと大人っぽく、ストリート感覚から、エレガントに変身です。
03 04
シンプルなデザインに大胆なテキスタイルを組み込んで
2019年春夏は、90年代を少し振り返りながら
着やすく馴染みやすい、それでいてモードな感じのHigh&Realの流れを
ぜひ感じていただきたいと思います。
【受付中】2019年春夏FTFセミナー
【東京】
2月7日(水) シダックスカルチャーホールA
【大阪】
2月8日(木) ドーンセンター 視聴覚スタジオ
【名古屋】
2月9日(金) デザインセンタービル セミナールーム3※第1部のみ
お申込はこちらから!


速報!2018/19秋冬FTFファッショントレンドの流れは?

2017年9月4日

2018/19秋冬の変化はまず暖色系に大きくふれて行くこと広がりを見せる
カラーレンジにあります
ピンク、オレンジを中心にキーカラーはレッド
レッドをアクセント、あるいは主役のカラーに置くことでグッと全体が活性化します。
1c1a1  1b
レッドの効果的なアクセント使いはこれ!
1dd 1ee 1ff
来秋冬のヒロインカラーと言って良いですね!
このシーズンは,世界の多様性がカラーに投影されたかのように
暖色にグレイの濃淡などモノトーン、ナチュラルなベージュ、ブラウンもそれぞれに重要です。
2a2  2c
これらのカラフル溢れるカラーを打ち出すのは
新たな装飾美でファッションに活気を与えているミレニアル デコです
3 3a 3b 3c
今本当にこういう服ってリアルに着られるの?
という問いがあちこちで特集されています。
アメリカンヴォーグでさえ懐疑的なページを作っていますが
答えはYES!
まるでテキスタイルとディテールデザインのcollaborationと言わんばかりの
賑やかなデコスタイル
刺繍もアップリケもブロケードもそれぞれの持ち味を最高に発揮した物同士の組み合わせ。
調和やバランスより重要なのは、何よりインパクト!
4 4a 4b
この新しい波には乗ってゆくのが正解ですね。
派手なデザインだけではなく、落とし込んでゆくと様々なアイディアが広がってゆきます。
定番のポロにチュールを重ねて刺繍したり、ツィードにバルキーニットの組み合わせ、
エレガントなドレスにスタッズに変わるメタルパーツでアクセントをつけたり
これだけでグッと新鮮さ倍増です。
5a5b5c   5d 5e 5f
パールスタッズやボタンなどパールの付属も大注目です。
シャーリングなどのテクニックも改めて注目です。
6a 6d6b 6c
あとは素材の厚さ、薄さでシルエットを変化させる冬のニューアイテムにも注目です
これまで薄地で仕立てられたアイテムの素材をボリューム素材に変えてみる。
これだけで、驚くほど雰囲気が変化して新たなアイテムに!
シャツジャケット一つ取ってもこの地厚さが新たなシルエットを生み出しています。
7 7a 7d7c  7e 7f 7q厚地
ダウンやカラーブロッキング、色あせた輝き、加工されたニットやジャージーなど
新しいドッキングやデザインがたくさん登場しそうです。
エスニックも世界中をカオスにしたような様々な要素が
組み合わさり、ワイルドありながらロマンティックなムードで、
これまでのハードなワークが減少しています。
このルックが来季のワイルドなロマンティックエスニックを象徴しています。
8a
スポーツ高機能素材やシープスキンとともに、ダウンとのドッキングも外せません
9
まだまだたくさんありますが
ただいま、製作途中なのでまだ完成していません。
また、途中経過ご報告しますね!
ぜひ大きなスクリーンでご覧になってください!

2018-19年秋冬 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナーのお申込はこちらから!
ftf2018-19aw_001


シュガーフロスティングな輝き

2017年5月9日

2018年春夏の傾向を見ていると
リネンやコットンなど自然素材が相変わらず人気ですが
そこに一さじ人工の輝きをプラスすると、たちまちフレッシュでクリーンな
感覚のコーディネートに変化するのが2018年春夏のポイントです。
特に新鮮なのがシルバーの輝き!
2018年春夏のトレンドは「スポーツ&ジュエリー」といって良いほど
シルバーの輝きを始め、白っぽい輝きが注目されそうです。
これまでは光沢が出ていてもゴールド、ブロンズ、コパーなど
色味がは入っているものが主流だったのですが
今注目すべきはスぺーシーなシルバーアクセント!
紙のようなパリパリしたテクスチャーとともに
いかにも科学的な技術で創られた感覚が、これまでのエコフレンドリーを重視した
暖かみのある素材感を引き立て、ベーシックなアイテムをリフレッシュします。
1
ポロシャツもエアリーなデザインに!
一手間加えたボリュームとひらりとした空気感が素敵!
そのポロシャツにシルバーのミニタイト
カジュアルなのに、このおしゃれ感すっごくありませんか!
2a
コットンのパーカにぱりぱりシルバーのスカート
エアリーなボリューム感も新しい
2
プラダはスポーツパーカにシフォンのスカートでテイストコントラスト
2017秋冬コレクションでも、ゴールドよりシルバーにフォーカスしたものが目立ちます。
ペーパーライクから、ラインストーン使いまで
YSLからMSGM若者はシルバーを目指す!?
ドレスもフォーマルではなく、カジュアルに、、、が素敵
33a 3b3c
光沢素材は全般に注目です。
艶のあるタフタに銀の刺繍
立体的なフリルが装飾でありながらミニマルな感じも。
4
サテンのカジュアルでスポーティなボリュームにも注目です。
5
タフタ、サテン、シルバーなど本来はフォーマルな光沢をカジュアルなスポーツや
ストリート感覚に持ってくると、それだけで雰囲気が変わります。
パールスタッズの大小をトリミングしたMSGMのGジャンなどは
ジュエリー&スポーツという2018年春夏のトレンドをいち早く先取りした提案ですね!
さっすがマッシモ・ジョルジェッティ!
6a6
LVのレースブラウスにはゴールドの針状スタッズが使われていて
これはこれで、格好良い!
スタッズも形状が変わってきましたね。
7 7a
スポーツ&ジュエリー、、、響きも新鮮です。
2018年春夏にはゴージャス感のあるスポーツテーストが決め手になるようです。


2018春夏はボリュームコントロール!

2017年5月1日

2018年春夏のトレンドで最も気になるのは大胆なエアリーボリューム
人工素材が再び復活しているところ。
2017秋冬コレクションなど見てもこれまでの合繊とはひと味異なる
プラスチックフィルムなどがウールと組み合わせて登場しています。
毛皮とプラスチック素材!! 小花柄にフィルムのレイヤー!
こんな組み合わせ!これまでありませんでした。
新鮮!モダン!です
ナチュラルで女らしいアイテムと科学的に創られた素材の競演がスタートします。
1 1a 1q
こういったスタイリングがすでに提案されているのですが
2018年春夏を考えるに当たって、気になっているのは、このスタイリングです。
2
オーバーサイズ、でも短い丈のスェットとプラスチックを
デニム風に仕立てたスカートの組み合わせ。
エフォートレスなのにケミカルの魅力が引き立ちます。
ボリュームは軽快に着こなしたいもの
ボディと服の間の空気感を無造作にを演出します。
楽しく軽快にがキーワード!
長いビスチエとパンツのアシンメトリーな着こなしや
マジックテープも軽衣料にも大活躍!
3 3a
大きなフリルに包まれて歩くようなこんなドレスも極端だけど可愛い!
4
夏のエスニックテーストはマストですね
2018年の夏は思い切りカラフルに、または、アフリカンバティック
見られるダークの両極になりそうです。
ターバンやスカーフなどのヘアアクセサリーは重要です。
水玉やエスニックカラーのボーダーはカラフルに!
5 5a 5b
ナチュラルな感じだとパッチワークされたプリント(プリントをパッチワークするのではなく)
6
アニマルもたくさん出てきそう!
今年の秋は結構グロテスクなアニマルが提案されていましたが
2018年春夏は風景画のような和やかなで、それでいて超自然な雰囲気が春らしい!
7 7a 7b
まだまだ資料作戦途中ですが
今気になっているのはこんな感じでしょうか?
個人的はこんなトップスにボリュームのある
ドローストリングを施したシャツドレスを着たいと思っています。
8


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。