藤岡篤子BLOG
CATEGORY : COLLECTION REPORT

CHANEL ブラッセリー ガブリエル

シャネルの招待状が着いたとき、予感はしていました。
ギャルソンのイラストに、「シャネルがブラッスリーガブリエルにご招待します」
と書いてありましたから!

どうなるんだろう?わくわく期待が高まります

いつものグランパレに足を踏み入れると、赤いテントが張られた
「ブラッスリーガブリエル」が開店していました。

外にはカフェテーブルが並べられ、テントにはシャネルマーク
エプロン姿のギャルソンが出迎えてくれます

フロントローのセレブリティ席には赤いソファにテーブルセッティング。

中央に作られたバーカウンターにはシャンペンからカフェから
カフェメニューがずらり!
卯で卵にクロワッサン、パン ォショコラにオレンジジュース
朝ご飯がしっかりいただけます

メニューブックのようにさり気なく、プレスリリースが店内に置かれています

白いお皿にCCマークが描かれるお洒落なスピリッツ♡

こんなに立派なマホガニー仕上げのカウンターを背景に
記念写真を撮る人が続出 気持判ります〜!

全長240メートルのグランパレの床がこんなにカフェのような
モザイク模様に敷き詰められ
その細かい心配りに、ため息が出ます。

ショーの前というのに思いっきりくつろぐ人も多く
本物のカフェにいるような心地よさ。

ちなみに私はカフェクレームをいただきました
豆をひいて、キチンとエスプレッソマシンで入れてくれ
本当に美味しかったです!
ファッションウィーク中ずっとやっていれば良いのに(心の声)

そしてショースタート!

今季のシャネルは、バランスが軽快で、膝上丈を中心に
ツィードからブラウスにスカート、コートの組合せと

いう王道コーディネートが何とも若々しく新鮮!

ショーの後半はモデルさんもカフェに立ち寄り、お喋りに興じます。

モデルさんが和んでいるとそっとカールが一人で登場し
そっと消えました。

なので、恒例のモデルパレードはなく、モデルはカフェに残されて
観客の激写の的になってしまいました。

もちろん私も激写!

アイシャドーがきいています

最後にカールが自ら撮影した今季の代表的なルックを御紹介します

CATEGORY : COLLECTION REPORT

リアルな未来は、最高にクール LOEWE

デビューショーの時から、ステージとなったモダン建築の
ユネスコが今回も会場でした。

樹木に囲まれた名建築として有名なユネスコは、朝の澄んだ空気の中で、
冴え冴えと聳え立ています。

朝9時半からのショーは、まだ肌寒く、会場にはそれぞれのお席にLOEWEの毛布が置かれていて、コンクリートのシートの冷たさが身に染みる時間には本当に嬉しい心遣いでした。

身体をくるむ人あり、ひざ掛けにする人あり、私は椅子にひいて見ました。
もちろん「お持ち帰りください」、、、嬉しいけれどもうスーツケースがいっぱい!どうしよう、、。


コレクションは前回に引き続き大人っぽい粋な感覚のフューチャリズム。
今回のテーマは「リアルさのあるフューチャリズム」
未来的な感覚は、冷たい輝き素材で表現されました。

ラメやエナメル加工、リキッド感のあるコーティングなど
光沢素材が、ナチュラル素材に合わされ、異素材のコントラストのある
組み合わせが圧倒的に増加しています.

アイテムで目についたのがパンツスタイル。
ストレートワイドのゆったりのストレートラインです。

今年はレギンスタイプかこのストレートワイドが圧倒的の多くなっています。

今季は膝丈ドレスにパンツを合わせるチュニックドレスの着こなしが増加。
こんなにたっぷりとした、ジャージーのティアードドレスにもパンツ。
またゆったりしたシルエットが多いのは、ニットのプリーツ非常に増えているから。



ニットが横ニットからジャージーまでとても多くて一見布帛のようですが
展示会で見るとニットでびっくり!

このボーダーは、ロングベストから、ジャケットまで
様々なアイテムに用いられました

ミニスカートも一部登場しましたがこれもフューチャリスティックな幾何学柄。
60年代風のベルトが必ず合わせられます

キーホルダーやバッグなど小物も大充実
「サイエンスウーマン」のキーワードも出ていましたが
秋冬なのに、こんなにスィートなドラジェカラーの新作小物がいっぱいです。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

マンマ万歳!ドルチェ&ガッバーナ

いつも会場が素敵なお花で飾られたり、樹木が生い茂ったり、
会場に足を踏み入れた時から、胸がわくわくする
ドルチェ&ガッバーナのコレクション。

今回は幕が開いたら飛び切りの趣向が凝らされていました。
何と赤ちゃんや幼い子供を連れたマンマがずらりずらりと並んでいます。

モデルさんも赤ちゃんを抱っこしたりと
ハッピームードが会場内に溢れます。

イタリアの人気女優も妊娠6ヶ月で登場。大きな拍手が!

お母さんへ捧げる、またドルチェ&ガッバーナが愛する
真紅のバラの花が3Dの刺繍からプリントのアップリケまで、
クチュールのテクニックで施されました。

白赤、黒赤、ターコイズに赤 くっきり、はっきり可愛らしい配色。
バックもコントラストカラーでカラフル感満載!

大きな花束を入れたトートバッグがゴージャスなドレスやクロコダイルに、
カジュアルさを添えます。

いつもティアラが登場するドルチェ&ガッバーナですが
今回はジュエリーのヘッドセット

迫力がすごい!ファーのイヤーマフやキラキラの
クリスタル使いまで、バリエーション豊か。
日本には、購入されるお客様がいらっしゃるそうです。
クラブなんかでつけていると、パーティクイーンになれそうですね

コレクションのテーマ「マンマ万歳」は、家族の中心であり、
母であり妻であるマンマに象徴される、家族愛が基本になっています。
今回のプリントは、それを映し出すように
何度ステファノやドメニコが子供時代に描いた絵
ドメニコの姉ドラが子供時代に描いた絵、
弟の子供達などが描いた絵などが、モチーフになっています。

柄は全部で4種類。


これがそれぞれ大きくプリントされて、
タウンドレスからイブニングまで用いられました。
ほんわか可愛いムードが漂います

招待状も、プリントと同じく4種類ありました。

会場ではそれぞれのスカーフを全員にプレゼント。
幸せムード漂うショーを見ながら
観客席もニコニコしていたコレクションでした。

ちなみに私は、ドメニ・ドルチェが子供時代に描いた柄のスカーフでした。

大切にしま~す ♡

CATEGORY : COLLECTION REPORT

PRADA砂糖菓子のように甘く女らしく!

プラダのコレクションの魅力は、会場設定から始まっています。

今回は、「宮殿のようなイメージで奥行を出したかった」という事で、天井高も、
間口も、奥に行くに従って少しずつ小さくなるという、遠近法を使った造り。
それぞれの部屋は、砂糖菓子のようなドラジェカラーで作られています。

そこに、ガレージのようなメタルが張られ、宮殿とは言いながら、
未来都市的な雰囲気の中で、コレクションが開かれました。

今回のテーマは「女性の甘さ、女らしさを表現しながら、
フェイクとリアルを対比させる」というもの。

女らしさへのこだわりは、わかりやすく
例えば、二の腕の遥か上まで長いグローブのコーディネート。

カラーも服と同じドラジェカラーで、トータルカラーやカマイユ配色で、
上品な雰囲気です

リボン、刺繍、3Dアップリケなどクラフトワークも多く、フェミニティの表現は、
決して難解ではなく、わかりやすいクラッシックな技法が多く使われています。

プリントは「モレキュールプリント」
粒子のような不思議な粒々感が立体的に散りばめられます。

女らしさも、40年代から50年代のレトロな雰囲気がベースになっているので
ブローチや髪飾りなど古典的な女性の装飾品が多く登場しました。

シルエットは構築的なスリムシルエットで、
ダブルジャージーのネオプレーンを中心に張りのあるシャープなライン。
特にパンツは「レギンス」のような細身が特徴です。

レザーも今回は特に多いのですが
カラフルなオーストリッチが、ドラジェカラーから
ピーコックグリーンやレッドまで登場。

アイテムもバッグや靴などの小物、雑貨だけではなく、
ジャンパースカートやコートまで幅広く登場しました。

いつも感動的なプラダのコレクションですが、会場や音楽も含めて、
完成度の高い素晴らしいパフォーマンスを堪能しました。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

BURBBERYはボヘミアンガール

バーバリープローサムは、いつもケンジントンパークに
特設テントを立てて、ロンドンコレクションで最も
ダイナミックなショーを見せます。

今回はいつものウイメンズコレクションの場所ではなく
メンズで使う広々と芝生が広がる、公園らしい場所でのコレクションでした。

いつものことですが、キャメロン首相夫人のサマンサや
ケイト・モスを始め、ロンドン中のセレブリティが大集合!
客席の景色も美しい!

私が大ファンのジェレミー・ヒックスもフロントローの常連です。

コレクションのテーマは「パッチワーク、パターン。ペイント」
英国伝統のダーラムキルトのペーズリーやフラワーモチーフから
インスパイアされた、クラフト感覚にあふれたボヘミアン調のミディ丈ドレスを
中心に登場。ミディ丈のドレス!新鮮ですね。

ブランドアイコンであるトレンチコートにも
カラフルなモチーフが融合しました

特筆すべきは、一年前に登場して話題を呼んだポンチョスタイル。
今回は、スェードやブランケットに長いフリンジをつけて、ボヘミアンテーストに
生まれ変わりました

ショーの間にバックでソウルフルに歌っていたのは
英国のシンガーソングライターのクレア・マグワイヤ。
キャロル。キングやアニマルズ、ビートルズなど60年代の
名曲をカバーして、ちょっと泣き節が入り、いかにもクリストファー好み!!

フィナーレには雪のようにシルバー箔がキラキラ降り注ぎ、
いつもの事ではありますが、ちょっとうるうる、、?

CATEGORY : COLLECTION REPORT

大人っぽい英国式パンツルック

マーガレット・ハウエルは、白いシャツスタイルが得意の
英国式スタイルを代表するブランドですが
この秋冬には、いつものガーリッシュな感じではなく
ぐっと大人っぽいパンツスタイルを提案しています。

ウインターバミューダやワイドストレート、くるぶしが見える丈など
クラッシックでありながら、微妙に丈や幅が違い、
素材もメンズウーステッドからツィードまで定番に見えながら
全く新しいパンツがシンプルなコーディネートで登場しています。

膝丈のバミューダタイプ

バミューダタイプはスーツも増加

丈が色々のストレートタイプ

ティパードも出ています
今季のニットの一押しのフェアアイル柄セーターと合わせて!

スカートはミディ丈から膝丈。
タイトのラップスタイルやプリーツなどデザインは定番ですが
コートとのバランスが八分の七丈という
新しいバランスで、着こなすとコンサバティブの
品の良さが際立ちます。

カラーもオリーブからブラウン、トープ、ベージュ、
チョコレートにホワイトをプラス!

クラッシックで落ち着きのあるニュートラルな色調に
清潔なリズム感が生まれます

CATEGORY : COLLECTION REPORT

カーキとネイビー@MARKUS

人参がトレンドなのでしょうか?

街中でもカップルが生の人参をポリポリ食べている人たちを見かけましたし、
オーガニックなお店では人参は定番です。

マーカス・ルプファーのプレゼンテーションでは
エントランスで先ず人参とジンジャーのジュースとともに
見た目にも美しい大量の人参がお出迎え。

会場には天井から人参が吊るされ、奥に入ってゆくと
人参とともに様々なお花やプラントが吊るされています

人参がこんなに美しいとは?!
飾り方次第ですね。

そしてカプセルには、ウサギも!

テーマは「秘密の花園」でした。

ちょうど一年前にはデジタルな花柄を提案していたマーカスですが
今シーズンは、ネイビーとカーキのバイカラーの
シンプルで大きな花柄を提案しています。

パンツやパーカドレス、ジャンパースカートなど
定番ですが、アイテムも広がっています
ニットはアランニットが大流行の気配!

ニットキャップには大きなクリスタルが刺繍され
大きなポンポンをちょっと斜めにしてかぶると
新鮮なかぶり方です

ネイビーとライトグレーの花柄も出ています
重ね着になってきてますね!

長袖の上に半袖!70年代風の重ねです
クラッシックにならないのは、スカートがメタリック
足元がスニーカーだから!

スニーカーが変わらず主流です。
デザインはシンプルですが、カラフル!

ソックスの重ね履きとサンダルの組み合わせなど
足元は、スポーティに若干重めにが基本です。

同じモチーフでワインとライトグレーの配色も!

ジャンパースカートから、スタジャン
アイテムは定番、ネイビーと合わせる配色で黒の単調さから抜けています。

ウサギを抱いたモデルのデイジーのサングラス
60年代風で、両家の子女風のコーディネートを
はずす小物になっています

ネイビーのジャンパースカートには大きなクリスタル刺繍
シンプルな定番デザインには、アクセサリーや後加工で
新鮮に見せる工夫が!

この後もたくさんのショーがありますが 
やっぱりタートルネックセーターが、とても多く、裏方だけど
今シーズンの主役アイテムになりそうです。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

Dior-2015秋冬コレクション in Tokyo

東京の両国国技館で開催されたDiorの2015秋冬コレクション
案内を見たときに最初は、2014秋冬の間違いではないかと思いました!

でもこれはDiorでも初めての試みで、しかも世界初の2015秋のコレクション
正確に言うとプレフォールのコレクションが世界に先駆けて
お披露目されるされるということでした。

世界中から2000人あまりの人を招待し、
アフターパーティまで入れると招待客2500人というスケールの大きさです。

そのほとんどがDiorの上顧客で約1500名 
ジャーナリストも、世界中から招待された100名あまり(日本含む)、
フランスを始め中国のブロガーまで招待されていました。

当日も翌日も大きくDiorとロゴが入ったタクシーが東京を走り回っていました
両国国技館の回りは、車を降りたときからただならぬ興奮に包まれていました。

中に入ると、招待客の撮影大会で、なかなか会場へは進めません

フランスからは女優のオードレー、トゥトゥを始めルーシー・ドラ・ファレーズなどセレブリティ御一行、日本からは、私がちょうど通りかかったときは
水原希子ちゃんがポーズを決めていました

ディオール社長のシドニー・トレダノ氏とオードレー・トゥトゥ

水原希子ちゃん 赤いドレスが可愛かった!!
さすがDiorカメラマンの数が違います

少し早めに会場に入ったら、国技館の土俵の上は、
大きなチェックの陰影がライティングされた広大なステージに変身。

天井からは、さらさらと雪が降っています
ひょっとしてチェックは、来年の秋のキーモチーフ??かなと
想像したり、待ち時間も楽しめました

この雪結構な量が降っていて、黒のドレスを着ていった私は
ショーが終わる頃には、ヘアもドレスにも、粉雪が降り積もっていました。

そして30分遅れでいよいよショーがスタート
待ちに待ったオープニングはブラウンのコートでした。

黄色のステンカラーにレザーのブラウンのミディコート
インナーには銀色のタートルネック、足元は白いロングブーツ

モダンでフューチャリスティック、実にラフ・シモンズらしいデザインです

大きな四角いステージにモデルが重要に歩く設定だけに
見応えがあるのですが、なにしろステージが大きくて、目が追い切れない、、
圧倒的な演出です

目が四角になっちゃいそうな演出でしたが、気を取り直して、
代表作をご覧頂きましょう!

全部で63点のコレクションでしたが、コートジャンパードレス
たくさん提案されています。

特にニュールックを思わせるフィット&フレアーのジャンパードレス
コレクションのコアアイテムになっています。

コートはエナメルやコーティング、シルバーなど近未来的な輝き
レザーや毛皮に施され、シンプルなデザインを特別な物に見せています

フィナーレはこのグリーンのジップアップ、プルオーバーコートでした!

コートドレスは予想通りウインドペンなどシンプルなチェック
フィット&フレアーのミニで提案

ショーの中でちらほら気になっていたのが、このノルディック柄
ラメが入って輝きニットでドレスやセーターでスポーティに登場

フィナーレも大きな会場を対角線にウォーキングするという、
大きいステージの魅力を存分に生かした演出!見応えありました!!

最後にラフ・シモンズが、例のごとくチョッピリ顔出し!

スターリング・ルビーとのコラボレーションのシャツを着ています
この前のコレクションでも、スターリング・ルビーとのコラボを着ていたし
最近お気に入りですね!

クローズアップ写真は、コレクション直前の緊張漂う一瞬!!に!
厳しい顔していますね!!

そしてこの後は国技館のステージからバーカウンターがせり上がり
(まるで歌舞伎のセリのよう)
ディオール印の樽酒からディオール印のに日本酒が注がれ
パーティだけ招待された方が押し寄せて、
もの凄いことに、、!

そしてVIPだけがそっと抜けだし、築地の料亭「治作」へと集合!
ここでは、提灯からスリッパまですべてDiorに塗り変わり、
もちろんB・アルノーさんをはじめ
世界中から招待されたVIPが心ゆくまで日本の味を楽しみました。

こちらは写真は禁止! あまりにもVIPが多くて、、。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

新生ロエベ J・W・アンダーソン

コレクションの当日がJ(ジョナサン)・W・アンダーソンの
30才の誕生日だったという事です。

ファッション界のアンダー30アレキサンダー・ワンだけと思っていた私は、
ちょっとビックリ!

若手だとされていたラフ・シモンズがすでに40才代後半ですものね
更に次世代が育ってきても不思議はありません

30才のアレックスや、ジョナサンからカール・ラガフェルド(81才)、
ジョルジョ・アルマーニ(80才)まで幅広い年齢層の、
それぞれが、独特の個性でキャラクターを確立しているというのが
ファッションをよりエキサイティングに、奥深い物にしていると思います。

なのに、ゴルチエのように62才でプレタポルテ引退する人もいて
ファッション業界って、本当に自由な感じがします。

さて、話題のジョナサンですが、ロンドンのシグネチャーコレクションとは
一線を画した、素晴らしく洗練された大人のコレクションを見せました。

テーマは「本当のラグジュアリーを知る女性

ショーの舞台に選ばれたのは、名建築で有名なユネスコイサム・ノグチの庭園です
安藤忠雄のメディテーションルームを背景に
朝一番の清々しい空気に包まれた開放感溢れるコレクションでした。

上質で着心地が良く、リラックスしたロエベにぴったりのコレクションは
ロエベならではのとろけるようなスェード、レザー
リネン、コットンを合わせたナチュラルな素材感が特徴でした。

まずファーストルックは、黒のコラムラインのシンプルなドレスに
胸元にひらひらのリボン飾り!と思いきや

スェードのカラーサンプルのような端切れを無造作に重ねたアクセント

バッグにも注目!スペインの扇子のようなデザインです
他にもバッグは豊作!新作がたくさん出ています。

ドローストリングのフリンジをアクセントに!
ポケットに大きく布をたたんで捻ったようなディテールでボリュームを付けたり
ニットと麻のマキシスカートを、さらりとテキスチャーコントラストで見せたり
素材を扱いなれた、30才とは思えない手練れぶりです!

最も印象的だったのはロエベらしいスェードとレザーの表裏をひらひらと
打ち寄せる波のようアシンメトリーに扱ったデザインのトップスやドレスで
かなり多く登場したので、ジョナサンのお気に入りの逸品なのではと推測しました!

シャープなスポーツグラフィックのカラーコントラストも
若々しくて素敵でした。

柔道着の帯のようなステッチの入ったベルトの大きな結び目がアクセントです。

私のお気に入りはこのティーシャツ!ボタニカルな風景画にバンビ
いたりするのですが、なんとなく可愛い!
レザーパンツに合わせるなんてスタイリッシュです。

屋外と屋内を使用したコレクションでしたので
モデルが近くから遠くまでよく見えます。

コンクリートの打ちっ放しとオーガニックな服が素敵なコントラストです。

30才の誕生日を迎えたジョナスは、ジーンズにコンバースオールスターでした
若者ですね!

10 / 35« TOP...89101112...2030...LAST »