藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、fプロジェクトをより一層のご支援を賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

日本最大の規模でお送りする、
パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークの4都市コレクションのトレンド解説
藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 4都市コレクション

2012-13年秋冬コレクションセミナーの日程
3月28日(水)東京メルパルクホール
3月29日(木)大阪テイジンホール
3月30日(金)名古屋デザインホール
4月4日(水)新宿明治安田生命ホール 昼の部・夜の部

※詳細は1月下旬にご案内いたします

マーケットの1年先のファッショントレンドを予測する
FTF ファッション トレンド フォーキャスト セミナー

コレクショントレンドを日本の市場に落とし込む最強のMDプランニング
マンスリーMD セミナー

以上も、例年通り開催予定となっております。
詳細はメルマガとDMにてお知らせ致します。

f-fiori-cafe Blog

大好評の藤岡篤子のブログでは、
コレクション現地での速報、展示会レポートなどのホットな情報を即座アップしています!

中でも好評の今週の一皿は、今年もお楽しみに!


2012年も、fプロジェクトをどうぞ宜しくお願いいたします。

CATEGORY : BLOG

人気急上昇 ジルサンダーnavy

ジルサンダーと言えば、アーティスティックな印象があり
ピカソなど文字通りアートからのインスピレーションが多く
ちょっと敷居が高いと思っている方も多いかと思います。

でも、ファーストラインのエクステンションブランドとして
一年前に発表された「Navy」ラインは上品で若々しく、清潔感に溢れ
ジル・サンダーの匂いを残しながら、買いやすい価格に設定されていて
最近人気急上昇です!

ファッションナイトアウトの時もブティックで開催された
navyのミニショーには若い人達が雨にもかかわらず詰めかけていて
ぎりぎりに着いた私は、写真を撮るどころか
殆ど見えない所に立って見るしかできませんでした。

すご~く売れたそうです!
代表的なアイテムとしてはシャツドレスなどトラッドベースの
ベーシックにデザインの手を加えたモノ。

ウエストがドローストリングになったり、ヘムにテープ使いが施されていたりと
シンプルですが、とても品が良くある意味通好みのカジュアルです。

ドレスの提案は多くランニングドレスにオーガンジーのステッチで素材レイヤーにしたり

2012春夏の展示会では、実は、結構出ているサマーツィードルーレックスヤーンを入れた
丸襟のちょっとブルジョア風のおすましドレスもカジュアルな雰囲気で。


今回はファーストラインが「ザ シャツ」なので、navyでもシャツバリエーションは豊富です
衿のあるモノもティーシャツもデザインが加えられ、立派な外出着になっています。



スカートは膝丈で、箱ひだピッチの大きいひだスカートなど、基本的で
着やすいデザインが主流なのですが、腕の見せどころは素材のチョイス!!

形は基本形に近い着やすいデザインなのですが、
素材がとても新しいのです。

私が気になったのはのような質感のゴールド
スカートやルーレックス入りのひだスカートです。

もちろんコレクションでも登場したオーガンジーのチェックの重ね
ジオメトリックなブロッキングスカートも旬な感じでGOOD!

CATEGORY : BLOG

サイクルウエア登場のグッチ

ハードデコ」という鮮明なメッセージを打ち出したグッチ。

展示会では小物、雑貨とともに着やすくフリーダ好みの
お嬢さま風のMDラインがずらりと並んでいて
コレクションとは異なる興味深い展示会です。

今季は深いグリーンが基調色に用いられていました。

ここで目を惹いたのは会場の真ん中にどんと置かれたグッチカラーの自転車

今年はグッチ90週年フィアットとコラボした(内装と外装)車を出していますが
なんと自転車までが!!

赤とグリーンのWEBカラーがアクセントになってカッコ良い~!
自転車のためのヘルメットグローブまで全てグッチカラーで揃います。

自転車大好きな私は、興味津々ですが、カッコ良すぎて
意外に乗るのは難しいかも、、、。

もう一つ可愛かったのがキッズです。

最近は、どこの展示会でもキッズに力を入れていますが
グッチの子供服は靴からドレスまで揃っていて
「おしゃま」と言うより、素直にグッチのDNAを子供服で表現しているところが
とってもチャーミング
お友達に子供が生まれたら絶対プレゼントしたい物がたくさん!

美味しいグッチチョコは展示会の定番でこれはどれかいただかなくちゃ!
バレンタインに行列ができるそう。

CATEGORY : BLOG

フェンディはマセラッティとコラボ

イタリアの贅沢ブランドを象徴するフェンディと
マセラッティが組んだセレリアラインがメンズに登場しました。

会場には乗った気分を味わえるDVDも流れサウンドも楽しめます。

どちらも超高級なのでローマで開かれた発表会は気分が上がったそうです(プレス談)

それはそうですね、一つ手にしただけでも気分が上がるのに
二つ一緒って、ス、凄すぎなコラボです。
メンズだけにボストンバッグや写真立て、サングラスなど雑貨が中心のコラボレーションでした。


でも今季のフェンディは、レディスのバッグがとっても可愛いんですよ!
カラフルでジオメトリック
一つ持てば今季のコーディネートは完成するほどのインパクトです。



お洋服はため息が出るほどのファーが春夏らしく
他の素材とアレンジされてでています。

駆け足の展示会はまだまだ続きます

CATEGORY : BLOG

ジルサンダー12SS 現代のメンズウェアとは

こんにちは!
アシスタントのuccieです。

先日、JILSANDER 12SSシーズンの展示会に連れて行っていただきました。
ほぼ初めての展示会だったということもあり、緊張しておりましたが
個人的に大好きなJILSANDERということもあり、終始興奮気味でした!

今シーズンのテーマは
全ての時代のジェネレーションから成る現代のジェネレーション
戦後の十年毎の全ての断片が、切り取られ不均衡につなぎ合わせられている。とのこと

ルックではハイウエストのパンツ、タックショーツやボックスシルエットなどが印象的でしたが…

やはり一番印象的だったのはスネークスキンの数々!

ヴィヴィットカラーでのデイバッグや、ボディバッグはインパクト大。
オレンジのバッグはメッシュと組み合わせてスタイリッシュな印象

ゴムソールのシューズもパイソン仕様。ルックでも見られたアーミーブーツ
こちらは落ち着いたカラーでの独特の光沢がたまりません。

パイソン柄のプリントTシャツはモノトーンカラー、サラッとした素材で着やすい印象。
パンツインもいいですが、裾を出しボックスシルエットでも是非着たいです!

続いて印象的だったのはニットではないでしょうか?
立体的で、編み目やカラーが目に焼き付いたアイテムだったと思います。
ルックだけではわからない細部を見ることが出来、とても感動しました。

外側を覆うことで生まれる表面感を再定義した、うねりのあるカラーフィルター。
手の込んだテクスチャーは、細部のこだわりを感じます。

70年代を意識した大き目の衿のシャツと、半袖トップスのレイヤードは是非注目したいです。

たっぷりとしたシルエットのナイロントップスは幾何学柄の刺繍
ブルーとイエローの方を是非欲しいです。こんなトップス他にはないですし!

クロッシェ編みのセーターとレイヤードしたPVC素材の透明なコート
ラフシモンズの素材使いにはいつもワクワクしますが、今回のテクノ素材も素晴らしかったです。

こちらのバッグもワンポイントのスネークスキン。

12SSのジルサンダーでは、ややマンネリ化していたメンズウェアの中でも
明らかな”新しさ”というものを感じました。

時代を振り返るというのも大事ですが、それを組み合わせるというアプローチは
とても力強くて、服そのものを見ておもしろいと感じることが出来ました!
要するに早く着たいです。ハイ 

展示会では細部を見ることが出来、本当に勉強になりました。
また機会を頂けるよう頑張っていこうと思います。

CATEGORY : BLOG

フレンチブルジョア イブサンローラン

ウエスティンホテルのスィートで行われた展示会は
パリでサンローランのコレクションが開催されるロスチャイルド家の
ゲストハウスを思わせる豪華だけど居心地の良いしつらえになっています。
入ってまず目に入るのが、今季の代表作の数々です。


パリの展示会も拝見したのですが,きゅっと絞られたアイテムで見ると
素材やディテールがよく見えてまたゆっくり見てしまいます。

今季はサンローランらしいネーミングの「マラケッシュシルク」と
HABUTAE」が多く使われています。

張りのあるマラケッシュシルクのブラウスは肩にタックを入れただけで
スポーティなのにエレガントなブラウスに変化し、すっごく可愛い!

ベスト風のブラウスもペプラムが張り出していて新しいシルエットです。
まさにクチュールの仕事スピリッツが息づいています。

そんなクラッシックな素材をトップに使いながら、
アンティークレースのパターンを使用したジャカードのスカートは
なんと100%ナイロン!!

このコントラストもクラッシックコードを用いながら
モダンに意表を突くステファノ・ピラーティならではのアイディアです。

HABUTAEのスカートがこれです。

日本語の「羽二重」が世界共通語になっているなんて
日本のシルク素材の素晴らしさを世界が認識しているという事ですね。
こういう言葉を聞くと嬉しくなります。

マキシ丈のキュロットになっていてセピアがかったローデングリーンの
素敵な草花柄はまるでアラベスク模様のようにエキゾチック!

今季を代表する装飾的なメタルベルトが合わされ、大人の優雅さがでています。

人気のバッグはミューズ・トゥーからカバス・ベル・ド・ジュール
クラッチロックまで、
ピンクをはじめとする華やかな春色で揃っています。
シグネチャーライン勢揃い!


パリをはじめとしてヨーロッパ、アメリカ各国で
定番的に人気のシューズコレクションが「パーマネント・シューズ・コレクション
として日本でも展開されることになりました。

履きやすそうで、女らしいデザインについふらふらっとウイッシュリストに、、。
ゴールドのYSLマークが入ったピンクのスニーカーはニューフェイス



試食を重ねたという渾身の特製スィーツを味合う時間が無くて残念~!
なにしろ閉展間際に走り込みましたから。
でもシャンパンは飲みながら、お話はしっかり聞きました。

お土産のオピウムレッドの中身は
私が大好きな蜂蜜でした。
毎日食べています。

旅行に行くと必ずその土地の蜂蜜を買ってくるほど蜂蜜が
好きなので嬉しい~!


CATEGORY : BLOG

素肌に注ぐ夜明けの光り オー ド クロエ

香水好きの私のお気に入りは、このところずっと2008年に発表された「クロエ」です。

その次の香りも発表されましたが
クラッシックなガラスボトルも最初の物が好きで愛用していたのですが
待望の新しい香りが発表されました。

アニスグリーンのボックスに入った、
ガラスのボトルに結ばれたアイコンリボンもグリーン
爽やかな草原を裸足で歩くような感じです。
リリースも全てアニスグリーンで統一されています。


香りを表現するのは難しいのですが

自由で自然でキラキラと輝くような女らしさ。
清々しくも露のように軽やかなシプレーローズと、
デリケートなシトラスのハーモニーは、夏に味合う甘美なレモネードを思わせます。
展示会のイメージはピクニック

ぴったりです

展示会場のエントランスではシャボン玉が飛んでいて、会場に入ると
シャボン玉を思わせるガラスのボールが空間を飾っていて
UP,UP&Awayという感じが伝わってきます。

会場の隅々までピクニック気分。モデルさんもリラックスして
デッキチェアにゆったり

お花いっぱいに飾られた会場にはお洒落なピクニックグッズがいっぱいです。



お腹もそろそろ減ってきたので、ここではスィーツからお野菜のカナッペ
ミニハンバーガーまでしっかり頂きました。

ナチュラルな盛りつけがアウトドアの雰囲気を演出していて
次から次に手が出る感じ、、。

久しぶりに食べたハンバーガー美味しかった。
アップルパイまで行きたかったけれど
それは無理でした。



お土産は巨大なモロッコ籠!多分最大級の大きさです。
ピクニック用品が全部入るぐらい!

アニスグリーンのリボンが結ばれ、中には
オー ド クロエが入っていました。
両方とも嬉しい!夏に出番が多くなりそう。

CATEGORY : BLOG

今週の一皿

代官山で行われたクロエの香水の発表会のあと、
すぐ隣にある蔦屋T-SITEのレストラン「アイビープレース」に行きました。

そんなにお腹は減っていないけれど
ちょっとくつろいでから帰りたい気分でしたし、
新しいレストランにも行ってみたかったから。

私たちが席についた後にも大きな籠を持った女性達が
ぞろぞろ立ち寄っていたので、お店の人は
「荷物重いですね~」と言いながら(言われました)、きっと内心何事だろうと
思われていたのでは?

お腹も減っていないし、シャンパンを飲み続けていたので
お薦めのビールはいただかず(ブリュワリーがあるのです)、
スパークリングウォーターで

まず「カラマーリ」のフライ。

ミラノコレクションの主会場が移る前ですが、会場の側にあった。
トラットリア「エミリオの店」(正確かどうかわかりませんが私達はそう呼んでいました)の
カラマーリが美味しくて、ランチの時全員カラマーリを注文していたので
みんな笑ってしまったのを思い出しました。

美味しかったです!

お野菜も欲しかったのでシェーブル(山羊のチーズ)とビーツのサラダ
全員シェーブル好きだったので、今度来るときは2皿頼まなくちゃ!

メインはこれ!シーフードのスモークです
ツナにサーモン、ホタテ、、、。

お薦めの品だけに絶品のお味でした。

赤ワインが欲しくなりましたが、これ以上はもう飲めない状態だったので
お楽しみは次回に取っておくことにして、代官山で解散しました。


CATEGORY : BLOG

ギンガムのバラエティとカラフルボーダー

ショールームに一歩入ると、
ぎっしりとラックに架けられたマーク・Jの世界が広がります。

テーブルの上には美味しそうなスィーツやフルーツ
思わずつまみたくなりますが、ガマン、ガマン!飲み物だけ!



2012春夏はチェックが消えたブランドと
変化させながら継続しているブランドとが、はっきり分かれていますが
マーク・Jは継続派

オーガンジーやコットン、それも透けるプリントを3枚も重ねて3D効果
狙う使い方など、永遠の定番ギンガムを新しいアプローチで提案しています。

まずオーガンジーのギンガムは、ジル サンダーなどでも多く使われていましたが
重ねて目の錯覚を誘う2枚重ね3枚重ねのテクニックで
ドレスやビスチエで提案されています。


ギンガムをバイヤスにプリントし、ジオメトリックに変化させた使い方で

ローウエストにギャザーを入れたチュニック(ミニドレスにも)や
定番トレンチコートもカラーギンガムで新しい表情に甦っています。

今シーズンはギンガムがグレー落ち着いたブルーフォレストグリーン
白赤、白紺などと違いカジュアルではないカラーと合わせることで、
大人っぽく変身しています。


もう一つ魅力的だったのがレースと輝き素材

どちらも今季のスター級の素材ですが
煌めき感、ゴージャス感にテクノタッチを加えたレースや光沢は
単なる古いゴージャスさとは一線を画した若々しさがあり、
花火のような大きいモチーフ使いがとてもモダンです。


オーガンジーのビスチエにもヘムがゴージャスレースであったり
セロハンテープをオーガンジーで挟み込んだキラキラ素材
のビスチエ、ハンドテクニックなのにハイテクという
不思議な、でも新しいゴージャス感が新鮮です。

ボーダーはマーク・Jは大好きなモチーフ
必ずコレクションには出なくてもクルーズなどには登場していますが
今季もボーダー豊作です!!

トロピカルなカラーボーダーからトリコロールのバリエーションまで
マークならではのキュートな配色でティーシャツから
ジャージーのマキシスカート、
ドレスまで、様々なアイテムに落とし込まれています。

私は同行したMさんにマキシスカートを強く薦められ
目下思案中です。真夏に着るとリラックスしつつお洒落で良い感じになりそう!

同時にマークならではのポップ感は小さなハート柄やモノトーンの小花柄の
ティーシャツやドレスなど着やすく、可愛いアイテムにも登場します。
ハート柄のティーシャツ凄く可愛い!!ウイッシュリストに入れました。


カーキも消えそうで消えないストリートの定番カラーです。
ジャケットなどに提案され、さすが若者のマークバイです。

バッグにもギンガムチェックがたくさん

服と同じく落ち着いたカラー使いが、定番のギンガムのイメージを
がらりと大人っぽく変化させています


定番のレザーバッグはピーチピンクベージュのバリエーションで
甘くガーリッシュな雰囲気で。
グラフティ感覚のポップな柄行きも今年らしい明るさでいっぱいです。

お土産は嬉しい来年のダイヤリー

早速来年の予定をもう入れています。
カバー付きで、使いやすいレイアウトになっており
本当に嬉しい!!

アロマキャンドルも、ちょうど良いサイズですぐ使えそう