藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

ブルガリ130周年記念パーティ

ルイ・ヴィトンから続けて駆けつけたブルガリのパーティは
130周年記念のイベント
@三井倶楽部!


大使のご挨拶などがあるので早めに付いたはずなのですが
三井倶楽部の周辺にはすでに黒塗りの車が連なり

さすが歴史あるジュエラーだけに、漂う雰囲気も重厚です

 

続々と登場するゲストはお庭に通され、初夏の気持ち良い夕刻を満喫します
ここでもうシャンパン片手に、お喋りが弾みます!

お久しぶりです。Kさん、Nさん、Aさんetc 素敵な着物姿もちらほら。

CEOジャン・クリストフ・ババン氏のご挨拶から始まって
トップシークレット
だったゲストがお祝いに登場!!

それにしてもババンさん足が長くてカッコ良い~!

なんと麗しいウマ・サーマンではありませんか!
すぐ側にずっといたのに、全く気が付かず、(@_@;)  あ~サイン貰えば良かったな!

目の前に白いドレスの綺麗な人がいると思って、いったいどなたなのかしらなどと
寝ぼけたことを考えていた私 
(^_^; (本当に時差で寝ぼけていたかも、、w)

バニラホワイトのマキシスーツを着て、髪の毛は緩くシニヨンにしたウマは、
映画「キル・ビル」などで見るより
ずっとエレガントで背がモデルさんのように高く、
見目美しい人でした。

ブルガリのジュエリーが良く似合い、ババンさんとは旧知の中だとか!
130周年のお祝いにはぴったりの華やかさです

 

開口一番「私の名前は日本語で『』なのよね!」と笑わせ
ユーモアたっぷりに祝辞を述べ、会場はゆっくりと暖まって行きました

会場はブルガリゆかりの映画の一場面や、ブルガリを身に付けた女優などの
写真が飾られ、ブルガリムード一色!顧客の方も含めての大パーティがスタートです

ローマンジュエラーの奥深いゴージャスさが漂います

お料理はもちろんブルガリリストランテから!総シェフのルカさんのメニューです

ドンペリニヨン2004と、毛ガニのサラダ「パンツアネッラ」からスタート
お隣はブルガリの
PRディレクターのSさん、目の前にはS学館のッシ-とY川さんで

これもまた嬉しい顔ぶれ!

リラックスしてお喋りしながら、美味しい御飯を心ゆくまで堪能します

7年熟成されたカルナローリ米のリゾット 山羊のチーズが風味抜群!

今お肉は控えているのですが、この和牛はもう絶品でした

完食!!!!!!!!!

見た目にも美味しそうで、写真を撮るのを忘れ、ついナイフを入れてしまいました、、、。

デザートはパイの額縁に入ったバナナやレモンのクレーマ、コーヒーのジェラート

食事の間中バンドが入っていて、気分はフェリーニの「甘い生活」です。
そして食事のあとは、少し涼しくなったお庭で、大スクリーンでのビューイングと
ダンスタイムが待っていました

ブルガリを象徴するジュエリーがホワイエに飾ってありましたが
あまりの人の多さに写真が撮れず、く、く、く、残念でした。

長い一日でしたが、本当に素敵!
うっとりと
ローマの華麗さにひたった一夜でした。

 

CATEGORY : BLOG

白スニーカーのススメ uccieのつぶやき

こんにちは 連日uccieです
唐突に、そして猛烈に欲しいものがあります
それは 白スニーカー

残念ながら自分はスニーカーフリークどころか秋冬はスニーカーをほぼ履きません
知識もなければ、有名作などを試したこともございません

ランニングシューズなどに関してもナイキの新作に飛びつくなど
若干「ミーハー最高!」という感じです

そんなuccieですが、まさに今更!気になってしまったのが、スタンスミス

昔は全く興味なかったんですが、スニーカーブームの熱さに
その中でもハイテクスニーカーやNBの流れにちょっと逆行したいと思っていたら
めちゃくちゃカッコよく見えてしまい…復刻という魅力もございまして

さらに追い打ちをかけるかのごとく Raf Simons ×Stan Smith が冬に出るという
正直言うと本命は間違いなくこっちですね(笑)

正直「R」に変化しただけなんですが、コラボ物は何故ここまで魅力的なのか…

ちなみにMaison Martin Margiela × Converseもまた出ているようで
得意のペンキコーティングとちょっと見飽きた感があるのですが、
チャックテイラーとジャックパーセルらしくちょっと興味が
ただ、日本での取り扱いはないそうです、トホホ

まあ、非常に好きなブランド2つがこぞって白スニーカーを提案しているなら
履くっきゃない!

でも、uccieは人生で上履き以外に真っ白なスニーカーを履いたことがございません!
なのでちょっと今回もコレクションから、参考にしたい白スニーカーをピックアップ
メンズとなってしまいますが、雰囲気だけでも

…少し探して、早速これだ…っ!と思ったのは Ami の着こなし

最近よく目にするAmiですが、モデルを含めて力の入ってない感じが好きです。
トーンの異なる全身グレーに対して白が浮かずにすんなり馴染んでます

どーしても足元が白だと、そこが浮いてしまうイメージなので
この着方は真似をしていきたいと思います。

他のルックを見ると、インナーで白を混ぜるのがポイントっぽいですね
やっぱり足元だけ白だと難しいかと

とにかく秋冬はウールを着たい派なので、Amiでイメージばっちりです

ちなみにデザイナーも履いています。モノトーンもいいですね
MJとかキム・ジョーンズ、リカルド・ティッシなんかも
白スニーカーのイメージありますね

続いてDior HommeとFendiですがこちらはジャケット、コートとの合わせ
いわゆる外し感覚ですね、やっぱりウール×白スニーカーがイチオシ

ちょっと変化をつけた感じだと、ValentinoとGivenchyのような
白ベースでカラーブロックのスニーカーも見られました

まあ、真っ白が気分なので参考程度ですが、こちらもウールのコート!
特にチェスターが気になります!

Valentinoの切り替えは質感もディテールも変化があって、新しい感じがします
ハイテクのブームが落ち着いた後は、シンプル+αなタイプが増える…でしょうか?



簡単でしたが、メンズコレクションで見る白スニーカーは
・白や明るめのトーンをどこかに使う
・やっぱりグレーなどのモノトーンがしっくり
・ウール、チェスターコートとの相性〇

という感じなので、Rのパンチングがあるスタンスミスを履いて
グレーのウールコートに明るめのニットを着ているのを
冬に都内で見かけたら、十中八九uccieです!(笑)

少しぶっちゃけた話をしてしまうと、今スニーカーブームなので
ローテク、ハイテク、何履いてもしっくり見える目になってる気がします。
なので今がチャンスと思い、色々チャレンジするのが吉ですね

 

CATEGORY : BLOG

夏も冬もストライプの予感 uccieのつぶやき

お久しぶりです uccieです

3月のトレンドセミナーから5月のFTFセミナーが無事に終わり
少し落ち着きました。

と、言いつつも藤岡さんはジミーチュウさんに会いにマレーシアへ!
正直いつお休みになっているのか…すごいタフです

…ということなので、藤岡さんに代わり先日開催致しました
「2015年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー」を
簡単に振り返りたいと思います。

表紙はこちら、パッと見ても強さを感じる女性ですね
今回は”女性らしい”という点も再考しました。
エレガント×力強さを持っている女性はやはり綺麗だと思います。

トリコロールを使用したエスニックドレス
15SSのエスニックにはジオメトリック感は欠かせません!

こちらは白地にペインティングのセットアップ
ジオメトリック同様にペインティングも重要!
タイダイ染めやアートプリントなども

一方フェミニンは幸福感のあるリラックスを意識
ビスチエドレスや花柄などがキー

パステルやナチュラルなカラーなどの春らしいフェミニンなカラーは
uccie的にも推したいです。中々メンズでは難しい色なので

トレンドの先読みは非常に難しいところですが、やはり楽しい
時期的なこともあって、15Resortコレクションの「答え合わせ」が
すぐ出来てしまうので、ドキドキですが…

FTFセミナーですが、次回の「2015-16AW」シーズンは
例年通り9月初旬を予定しております。
またメルマガ、ブログでご案内予定ですので、よろしくお願い致します。

ここからは最近uccieが気になったトレンドです
それはストライプ柄!

最近とにかく、ストライプをよく見かけます
もちろんド定番なので当然と言えば当然なんですが

14AWのトレンドでも紹介したブリジットライリーのせいか
特にアート性のないストライプ柄でもカッコよく見えてしまいます…

 

海外のスナップでもストライプはトレンドのようで
基本はやはりモノトーンです

ショー会場などでのスナップ中心かと思いますが
日本では中々見られない、全身での着こなしがかっこいい!

シンプルなストライプ中心ですが、左上のように
ちょっと変形したものがストリートでも秋冬に登場しそうです

じゃあ逆に、今後コレクションに登場しそうなアートストライプは?
と、ちょっと予想してみました。

 

まずはダニエル・ビュラン
13SSのルイヴィトンとのコラボもありました

ダニエルビュランは一定の幅での作品が中心ですが、カラーストライプが印象的

続いてフランク・ステラ
川村美術館のオブジェで覚えました!あれは本当に記憶に残ってます

アルミニウム・シリーズなどストライプが強調された色使い
カラーで考えるとエスニックなんかと相性がよさそう!?

そして最後はゲルハルト・リヒター
2012年に発表したStripは見続けると吸い込まれそう

ちょっと似てるかなと思ったのは、2013SSのDior
ラインに沿ったドレスでめちゃくちゃ綺麗です

最近のコレクションではどんどんアート色が強くなっています。
個人的には大賛成!正直同じような作品見るより断然おもしろい

着る側としては、作品を知る機会が増えるわけですし、
アート柄を着る!と言い切ってしまえば、普段着ないような色なども挑戦しやすい
…はず 似合わなくてもアートだ!という感じで(笑)

デザイナーも、ちょっとマンネリ気味の時にコラボやインスパイアなど
気分転換にいいんじゃないでしょうか!(適当すぎ?笑)

とにかく、ストライプは14秋冬のストリート、15春夏のコレクション
共に注目していきたいと思います!

 

CATEGORY : BLOG

グレーと、ニット、スウェットの行方 2015年春夏

まず、スウェットはもう出尽くした感もあったのですが
まだまだこんなドレッシーで装飾的にデザインされた方向がありました!

さすが、アレクシス・マビーユです

ミッドナイトブルーのスウェットにのチュールレースと、分厚いレースの
両極で素材のブロッキング!

ダークカラーだけのミキシングでカラーコントラストしていないところが、新鮮です

しかも、大きなリボンウエストのラブリーなスカートと合わせて
スウェットがスポーティなんて誰にも言わせない!!! そんな迫力さえ感じます

グレーはコレクションでも主流になっていましたが、
全体にライトからミディアムグレーが中心になっていました

そんな微妙なグレーをあえてグラデーションバイヤスで接ぎ合わせた
トム・ブラウンのシンプルドレス
着ると絶妙なフレアーが生まれます。

裏地のトラッドストライプがちらりと見えるのがトムらしいですね

トム・ブラウンはコレクションは、ゴシック的だったり、ホラー?な感じさえありますが
実際のMDラインは、トラッドベースにちょっと冒険を加えた、着やすくて魅力的な物が主流です

トレンチコートはラメ感のあるコーティングが施され、ベーシックさはそのままです。

旬のニットドレスもメランジ使い。シンプルなデザインながら、アシンメトリーに
スポーツストライプ
アクセントを入れたモノトーンが粋な感じです。

ニットのセットアップもさり気なく素敵でしたよ!
トム・ブラウンって、本当にコレクションと、店頭に並ぶ物が別の人物が作ったかのように違います!
あの凄いコレクションは、トムの脳内カオスを表しているのでしょうか?

コスモスのようなカラーネップセーターには、トロンプルイユの白襟やカフスがつき
ダーツまで入って、シルエットを出しています。

シンプルに見えながら、手が込んでいます

ニットはくるところまで着ましたね!
ブークレーニット
で、インバーテッドプリーツのミニスカート!
新しい
です。

スウェットもアート感覚が必要!
ニール・バレット アメリカンコミックのようなモチーフをネオプレーンに!

バスキアとコラボしたルシアン・ペラフィネのカシミアニット
アートムード台頭してきました!!

そういえばルシアン・ペラフィネは、ルイヴィトンでブレークする前に
すでに村上隆さんとコラボしていて
目を付けるのが、とても早いです!!

可愛らしくガーリーなシー バイ クロエ
トレンドの宝庫!

トレンドを先取りしながら、着やすいデザインに落とし込まれていて
本当にお洒落なリアルクローズと言えるでしょう!

今季もデニムを切り替えでフレアーにしたミニスカートや
大きなポケットが付いたブルゾンがとても可愛かったです!

スポーツ素材を使いながら
もうスポーツの範囲には入らない甘さとの境界線にある服です。

 

フレアーをバイヤスに接いだ、こんなアシンメトリーさも、この秋だけではなく
来春の感じを予感させます

やっぱりお袖は大きい!!
ベルスリーブ
やバタフライスリーブがカジュアルにも登場してきました

ブラウスにもベルスリーブ!!レースやカフスがトランペットスリーブだったり!


スウェットもレース使いや、メンズチェックをピンクにして使ったり
ボーイッシュだけど、たまらなく女の子っぽい!


アンディ・ウォーホールのファクトリーにいた
ベリーショートのイーディー・セデュイックが似合いそうです。

アート感覚やスポーツ素材をフェミニンに!
色んな要素が、次のシーズンにも繋がって行きそうですね

CATEGORY : BLOG

メゾンキツネとビューティフルピープル

自然光がはいるショールームにぴったりの
優しい自然体のお洋服が並ぶメゾンキツネ

2014/15秋冬はプリントのシャツドレスニットのバラエティが広がっていて
フレンチストリート発のトラッドベース、メゾンキツネの個性がひときわ輝いていました

レトロな、「子供の頃着てましたね!」とプレスの方が仰ったけれど
この服は70年代調!まだ生まれていないのでは?と聞き返したほど
タイムレスなシャツドレス。

黒いベルベット襟は子供服みたいで、お出かけや発表会の時着ていたような
育ちの良い服です。

メインにディスプレイしてあるのは、プリントのシャツドレス
最も基本的なデザインですが、コントラスト配色のストロングカラーととろりとした素材使いが
新しさを感じさせます

これ以外にも、ペーズリー柄や、フラップ付きなどバリエーション豊かに
シャツドレスが展開されています

プリーツスカートも!

ツィードのドレスも懐かしいような可愛らしさ!
ヒップハングラインの切り替えでプリーツ! 

これは60年代お嬢さま風のレトロですね

同じ素材で60年代に大流行した「30センチスカート」!
本当に30センチかどうかはともかく、非常に短い長方形や台形のスカート

ルイ・ヴィトン
も今シーズンはこのレングスをたくさん出していました

フラップポケットに金ボタン付きの長めのショートパンツもお揃いです

ゴールドのジッパーにもキツネの刻印! こんなところにもキツネたる刻印が! 
神は細部
に宿ります 

ボウブラウスドレスもローウエスト切り替えのプリーツスカートで
このコンサバなデザインがたまらなくチャーミング!

センスがあるから、コンサバが上品になる見本です
トップスはオーガンジーのジャカードです

実はセーターがとても好きでした
ボーダーではなくリブのブロッキング!と言うのがポイント

清潔なカジュアルさの新しいバランスですね
カーディガンも金ボタン付き

今年のキツネはニットにインターシャで登場です
もちろんこれまでのキツネのワンポイントマークは健全です

ネックが重なっているデザインや、今シーズン初めて挑戦したという
ペルーのアルパカ
の手編みニットはジグザグ模様

手持ち感があって、とっても暖かさそう!
下にヒートテックを着れば、コート無しでも大丈夫そうです

カモフラージュ柄も赤のハイライトカラーで
カーキとは決別!!

絶対来ますね!このアート感覚デザイン、2015春夏でも注目しています!

「マクドナルド見たいでしょ!」とプレスの方も仰っていましたが
ミラノのモスキーノもこれやっているし

マクドナルドは世界的なファッションアイコンになりつつあるのでしょうか?????
フライドポテトの携帯ケースも爆発的人気だし!!

ジャケットはルダンゴット風の襟だけど、ぐっとカジュアルに四角いシルエットで!
グレーと赤です

今シーズンは挑戦しました!とゴージャスポニースキンが登場
コートは100万円越えです!

レザートリミングのショートダッフルやチェスター風のウールコートは
可愛らしく品が良くて、キツネの本領発揮アイテムでした。

トレンドと言われる要素は無くても、とびきりのチャーミングささえがあれば
タイムレス
の証し。これこそ本当に個性的な魅力だと思います

ビューティフルピープルは、我が道を行きながら
トレンド満載!

どれをとってもトレンド感が溢れていますエントランスに飾られたコーディネートは、
ふわふわ
のオーバル型のコートに、ダッフル風のトグルボタン

合わせてあるのは、リブのニットパンツ

ソフトなライトグレーメランジコートは襟無しのトレンチ
これもふわふわで気持ちよさそうな感触!

優しい大人の女らしさを感じます

トップスにもスカートにもスポーツグラフィックが施されています

特に好きだったのが、タータンチェックと無地を革テープでトリミングしたセミタイトスカート
同じ手法のスウェットドレスも

配色が凄く新しいと思いました
ライトブラウンにミッドナイトブルー フォレストグリーンのトリミング!

ミッドダークなカマイユ配色 モダンな感じです。

こんなに可愛いファーミトンも一緒においてありました
今シーズンは本当にこのタイプが目に付きますね

ロンドンのソフィア・ウエブスターからパリのセリーヌ、東京のビューティフルピープル
やっぱりピンクが一番旬な感じがします

売れそうな値段でしたよ!!



CATEGORY : BLOG

今週の癒し

何を隠そう、私は大のリフレクソロジー好き!!

香港では地元の友人が紹介してくれた「足つぼマッサージ」に滞在中は到着日と出発日には必ず行って
体調を整えていました。
 

香港マンダリンホテルの英国式リフレクソロジーは、もう天国に登るようなうっとり気分にしてくれる
神業でした。ここは凄いです。大好き!


でも基本は

良く女性誌に紹介されている小綺麗なところではなく

地元の人達が健康管理に通う、本当に「効く」ところに行っています。

大阪に一見中国の方がやっているお店を見つけましたが
いつの間にか帰国され、その後色々と、捜しましたが

やっと出会いました!
 

それも表参道に!
毎日のように仕事で歩き回っているところです。

だから、空いてれば間単に行けるので嬉しいです

しかもAOビルのはす向かい靑山通りに面しているわかりやすい場所です

UNWINDと言う名前です

こじんまりした綺麗なサロンですが、
観葉植物や、お花など気配りが行き届いていて

サロンに入っただけで気持ちが良くなります

アロマスートンもさり気なく飾ってあって、大げさな感じがなく好感が持てました。

GW中にもお邪魔したのですが

やっぱり最初に出されるこのスリッパが、気持ち良いのです
こういう細部への心配りにサロンの姿勢が伺えます

イタリア製ですが、編み上げてあって、洗って再度使えるというEthicaslでありつつ
心地よい履き心地!ちなみにこコンランショップに売ってあるそうです

最初にお茶でもてなして頂くのですが
私は、施術後にいただくこのお茶が美味しくて、お代わりしてしまいます。

漢方を学んでいる先生だけに、オリジナルの
漢方茶をサーブ!
菊花茶に、しそと枸杞のブレンドが美味しい~!

施術後は、心身共にリラックスして、ぼーっとなってしまい
肝心の先生の写真を撮るのを忘れてしまいました

 

魔法の指」を持つ素敵な先生は、直接ご覧になって下さいね
リフレクソロジ
だけではなく、全身のマッサージももちろんあります

ちょっとお薦めしたくなったので、表参道近くの方はどうぞ
仕事の合間や帰りにトライしてみて下さい

CATEGORY : BLOG

今週のひと皿

長らくお弁当生活が続き
終わったかと思えば、また次のプロジェクトでお弁当&缶詰生活が続き
そのたびに反動のように何か美味しいものを食べたい!

しかもビジネスではなく、のんびりと仲良しと一緒に!

私は「食生活」が大好きなので
美味しい物や、珍しい物を戴いたとき、ケータイを忘れていない限り
100%写真を撮ります。

美味しいものダイアリーです

最近食したもので美味しかったもの
海老のお茶の葉炒め あっさり、ぷりぷり深い味わい

青菜のガーリックと松の実あえ これはレンゲではなく、
大きいお皿なんです

みっしりと詰まった盛りつけで、食べきれないぐらいありました

あっさり&ガーリック風味が絡み合って、止まらなくなりましたけど、、。

やっぱりこれでしょう!
たまに無性に食べたくなるクラゲ これは歯ごたえがしっかりした
上物のクラゲでした

あと、いろいろお肉などもとりましたが
この辺りの前菜は絶品でした。

 

東京コレクションに来日していたクリスタベル・ゲッティさんからのお土産
彼女の故郷のガーナチョコでした!(在住はロンドン。往来しているとのこと)

カカオが強いと思いきや、意外なミルク味でした

受注生産で始めたばかりのクリスタベルの服は、アシスタントが着ている、
ガーナの民族服をアレンジしたものが特徴です。

パンツが売れ筋とのこと、ご興味のある方は、ぜひコンタクトして下さい!

 

CATEGORY : BLOG

白雪姫とハート♡ レッドバレンチノ

皆さま RED VALENTINOREDはどういう意味かご存知ですか?
私はずっとブランドのシンボルカラー「赤」だと思っていました。

今回の展示会で、敏腕プレスIさんから「Romantic」「Eccentric」「Dress」の頭文字をとった
ブランド名と聞かされてびっくり!知らなかった!
 

と言うか、展示会にいた人達も全員知らなかった!
「ロマンティックでエキセントリックなドレス」なんですね!

エキセントリックでロマンティックな本領発揮の今シーズン、やっぱり
おリボンとハート
がたくさん散りばめられた可愛くも小悪魔的なお嬢さま服のオンパレードです

今シーズンは白雪姫やこびと、狼、スワンなど童話がテーマ!
だから童話にちなんだモチーフが、あちこちに潜んでいます

エントランスにディスプレイされたコートとドレスは、今シーズンの代表的なルック。
ダークなボタニカル柄の中に

よーく見ると、フクロウなど可愛い森の鳥や小動物の姿が!

雑貨も、バッグや靴のヒールが狼?キツネ(赤頭巾ちゃんだと狼ですよね?出典不明)

バッグの留め金は小人です!

指輪は白雪姫が食べたであろうリンゴ! 毒入り??可愛いな!

こんな手編み風の素朴なニットが今シーズンたくさん出ていますが
さすがレッドバレンチノ!
穴あきパンク風をこんなに可愛くレーシーニットに変身!

ジャカードのミニスカートはハート柄です

この秋はスポーツ要素は絶対に必要ですから
パーカスーツや、ウインドブレーカー、スタジャンなども登場

でも、モチーフはハートマークだったり、ベルベット製だったり

こんな
お嬢さま風こだわりで、バレンチノらしさが満載!

白雪姫シリーズは充実しています
リンゴのスェットタイプセーターなど心引かれます

ニットドレス、りんごシリーズも充実

童話シリーズでは「スワン」もありました。

これは見ようによってはシュール!!
シャツ襟、ファー襟がスワンの顔、ティーシャツには本物のフェザーが!!
スワンの首から顔を襟にするって、、、まるでアリスにでてくるスペードの女王みたい

「これいかがですか!」って薦められましたけど

どう見ても「無理だと思います!」

スワン小物も大充実

ちょっとポップな星柄のブラウスとスカート。上はソフトなボウブラウスで70年代風
マーメイドスカートは、ぐっとシャープに、シルエットコントラスト

定番になっている一見ヒョウ柄のハートモチーフは、ジャカードやニットで今季も様々なアイテムに・
やっぱりチュニックが多いですね!

レッドバレンチノらしいデニムや、ピンクのセットアップ、ピーコートも
お嬢さまルックの定番です

カジュアルだけど、レッドバレンチノらしい若さと品の良さがある
今季、私が一番好きだったルックです

 

 

 

 

 

 

CATEGORY : BLOG

どれを着る?ファーベスト?ケープ?ロングカーディガン?

セーターやカーディガンだけではなく、ドレスやスーツ、ケープ
パンツまでアイテムが広がって来ていて、ニットがこの秋は凄く魅力的

セリーヌもゆったりリラックスしたオーバーサイズのカーディガンを提案していますが
他のブランドでも展示会にお邪魔すると
シンプルでゴージャスなロングカーディガンがたくさん展示されています。


どれをとってもシンプルですが素材の上質感が伝わってくるゆったりしたエレガンスが漂います。
若い人へと言うより、キャリア、マダム層にぴったりの豊かなライフスタイルを感じさせる
レイドバック感です

カラーもトレンドのグレーより、キャメルの正統派カラーが目立ちます

ファー使いや、ボタン留めだけではなく、トグル風の留め具が付いた緩いジャケット風のアレンジも!

ロングカーディガンに続いて、御紹介するのは羽織るタイプの大判ストールケープです。

今シーズンはアクネステュディオが片袖を通して着るジャケット代わりのストールを
たくさん出していますし、バーバリープロサムは、大きなウールスカーフを
さらりと肩にかけ、ベルトで留めてベストのような着こなしを見せています。

私が一番楽しみにしているのは、ケープ!!!!
ポンチョも多いのですが、サンローランが出したケープの
行儀の良い可愛らしさが忘れられません

 サンローランは、インナーにウルトラミニのメタリックドレスを合わせ、
小悪魔的なチャーミング
さを演出していますが、本来クラッシックなデザインのケープだけに、

若く着るには超ミニか、ウルトラスリムを合わせるのが王道でしょう!

ケープは実際バリエーションが広がっていて
ニューヨークではシャツやセーターの上に短いポンチョを着て
レイヤーする着こなしも目立ちました。

ニットのポンチョ短くても、長くても可愛いでしょ!!ロングは、久しぶりの登場です

ミラノではぐっと大人のムードです。プルオーバーのニットあり、布帛とニットのコンビのポンチョ風
トッズのアレキサンドラ・ファッキネッティはユニフォーム風のケープレットです

ファーベストもさり気なくセータやティーシャツ、ジャケットの上に合わせ着こなします
もうずいぶん長く流行していますが、なんだか今頃欲しくなりました


強いグラフィック感がでてくる冬の前に、こんなロマンティックで
女らしい巻きものや、羽織もので、肌寒い初秋を楽しみたいですね!

おまけにファーミトンです
なぜだか目に付くファーミトン!

一体これは何なんでしょうか?
セリーヌも片手に付けているし、ソフィア・ウエブスターは、アームウォーマーのようなつけ方です
カラフルだからグレーが主流の今シーズンにはうってつけのアクセサリー!

また、欲しいものが一つ増えました