藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

FTF2016-17年秋冬のファッショントレンド

もうジェンダーレストかノームコアと言っているところはないと思いますが
これはもう時代の潮流として「エフォートレス」などと同じような
ライフスタイルに関わってくるキーワードで、正確に言えば
ファッション用語ではないと思います。

2016年秋冬を考える時は
これらはもうベースに流れているとして捕らえ
トレンドの要素は、逆に底流や継続とは反対にある要素から
ピックアップして行くのが新鮮かと思います。

まず、始めに考えたいのが「女らしさ」をストレートに取り込むこと

カジュアルでエフォートレスなグズグズしたシルエットの服には
もうそろそろ飽きが来ているのでは?

もう一度構築的なシルエットの美しさと、それを具現化するハリのある素材について
考えたいと思います。

フォーマル過ぎるタフタ等のドレッシー素材ではなく、
ウールやシルクジャージーにコーティングで張りを演出

ポリウレタンフォームバックをサンドイッチにした先染め柄やニットなども新鮮です。

クチュール感覚のフォルムの表現にはテクノ素材を用いるというのが、
新鮮さをだすポイントです

1

ツィードのジャケットやスーツもホットアイテムとして大推薦!

1-5

メンズ感覚も装飾的なツィード素材を中心に凹凸感のあるテキスチャー素材で
メンズアイテムを仕立てて行くのが、新鮮で馴染みやすいとお思います

ケープコートはどのテーマにも登場しますがメンズ感覚では特に重要!

2

メンズスーツに、白襟やカフス、リボン使いという清楚な感じも凄く新鮮ですね!

2-5

スポーツがカムバックするのも、注目です

若い感覚なのですが、もうストリート感覚ではなく、ヘビーデューティ感や機能性も
ありながら、ハイエンドのオシャレ感満載のタウンスポーツです。

英国のロックフェスに行く感じでしょうか?

3

70年代のオピュレントな雰囲気は、そのままワイルドウエストな感じを加えながら
マキシやペザントに変化し、フォークロア装飾を加えながら、大人っぽい
エスニックへと変化し、ここではオパール加工や刺繍、シフォンのプリーツなど

柔らかい素材使いとニット、毛皮など
テクスチャーコントラストのあるコーディネートが
大切になってきます

4

カラートレンドもこくのあるディープカラーと色味のあるニュートラルカラーが
コントラストを描き、久々に秋冬らしい豊かですが、少し色味をずらした
ニュアンスに富んだ深い色彩の陰影が、ウールならではのリッチ感を表現します。

ただいま最終資料の調整中です

どうぞ、お楽しみに!

 

 

お席の方が非常に埋まってまいりましたので、お申込はお早目に
詳細・お申込は下記ページから
2016-17年 秋冬FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

CATEGORY : BLOG

キーワードはフェミニン! マキシの季節

先ず何といっても展示会でも多かったのが、このコーディネートです

プリントや装飾的なジャカードで床に付くほど長い丈のマキシドレス
スカートもソフトなシアー素材で、構築的なニットを合わせコントラストのコーディネート

ほっそりと長く、トップスにボリュームでアクセントを付けます。

1 (1) 1 (2)

フルレングスでタウンドレスを提案したのはクロエ

シフォンと言うドレッシーな素材に、細かいプリーツ、ラッフル、フリルを付けながら
甘すぎないガーリッシュでルーズなシルエットに仕上げて、
エフォートレスな気分が漂います

2 (1)Chloe show at Paris Fashion week FW 15 Ready to Wear

2 (2)Chloe show at Paris Fashion week FW 15 Ready to Wear
フロアレングスでなくても、足首丈、ミディ丈は若いブランドでは多く提案されています。
グッチではこの丈が主流でした

3 (2)Gucci Milan Fashion Week3 (1)Gucci Milan Fashion Week
プリントドレスのマキシからミディ丈が増加
大きなモチーフ使いが特徴です
小花など小柄ではなく、主張のあるモチーフでドレス!

マキシドレスが、個性的なアイテムとして秋のトレンドに打って出ている感じが伝わります。

4 (1) 4 (2) 4 (3) 4 (4)Milan Ready to Wear Fashion Week F/W 2015

ニットのフレアードレスはラルフ・ローレン
キャメルのトータルカラー使いがNYぽいですね~!
ロエヴェの総プリーツのメタリックドレスも
新鮮でした.フォークロアドレスも足首丈で、ウクライナの雰囲気を忠実に。

5 (2) 5 (3)5 (1)
マキシスカートは、ドレスの柔らかさとはうらはらに
英国調ツィードなどかっちりタイプが目に付きます

プリーツのマキシはレザー製や、カモフラージュなど強さのあるタイプも増加!
プリーツのロングはフェミニンな遊びがないとユニフォーム調に
なってしまいますから、素材がポイントですね

3 (4)3 (6)3 (3)3 (5)

ワーク感覚のチノパンに、輝きスパンコール刺繍のマキシスカート

エプロンスカートと名付けたら良いのでしょうか?
首元には大きなコサージュ飾り!
このくらいのインパクト大が今秋のマキシを象徴しているようです
ドリス・ヴァン・ノッテンの今季の代表作。

7

CATEGORY : BLOG

天国に一番近い島

それはそれは昭和の大昔「天国に一番近い島」という本が
大ベストセラーとなり、そのタイトルが今もニューカレドニアの代名詞になっています。

行ってきました!!ニューカレドニアはただいま日本で観光誘致の大キャンペーン中です。
こんな感じのプロモーションレセプションがアンダース東京で開催され

1 (1)
1 (7) 1 (6) 1 (5) 1 (4) 1 (3)

美味しい海老やマグロ等の海産物にフレンチな食材、
ニアウリ等の特産ハーブなどが紹介され、
まさに天国に一番近いような気がしてついふらふらと!

と言うのは冗談ですが

キャンペーンをやる前から、もうエアもホテルも予約していて
行く予定だったので、グッドタイミングでした。

1 (2)

ですがまさかこんなタイミングとは!?

行きのフライトでフランス語でアナウンスがあり、機内中が拍手喝采!!!

そのあと英語のアナウンス、、誰かがこのフライトを機に退職?
と考えていたら、登場したのは
ドラッグクィーン顔負けのブロンドのウィッグを付けた男性乗務員達!

2 (2)2 (3)

そう、彼のラストフライトだったのです!
それで半数の男性乗務員が、おかっぱブロンドでくねくねしながら機内サービス。
映画で見た事はあるけれど、ホントにやるんですね!
機内は笑いの渦でお祭りムードです。

その上、背中には例のキメフレーズ「I LL BE BACK」 と大書きされていて
いったい辞める気あるのか、ないのか?
謎と笑いのパフォーマンスフライトでした。

東京とのフライトがあまりないのが不便ですが、到着は深夜です。

ホテルはル・メリディアン。
首都ヌーメアには1つしかない5星ホテル。ですが遠い、、、空港から50キロでした。

ですがホテルに入ると、空腹を見越したようにオードブルやプチフールが赤ワインとともに
サーブしてあり、ほっと一息、、。

3 (1) 3 (2)

朝起きるとピーカンです
椰子の木に青い海、晴れ渡る空もうこれ以上は何もいらない、、、これが天国?!

4 (1) 4 (4) 4 (3) 4 (2)

早速ホテルのフロントマネージャーNUNSIAさんに色々教えて戴きました
黒真珠が似合うとっても素敵なマダム!親身に教えて戴きました

5

マルシェで売っているものは中国製やバリ製が多いので注意すること
本当に良い物はデューティフリー?!!で買いなさいなど
役に立つ情報満載〜!少し驚きましたけど、、。

NUNSIAさんのお薦めのお店に行きました
パシフィコ・ナチュールというオーガニックハーブのお店
ニアウリやアロエなどの地元ハーブで作ったオイルやスキンケアの専門店です。
可愛くて感じの良い販売員の女性がいて、色々教えてくれます。

5 (1)5 (2)

ここで「森の薬局」『奇跡の万能薬』と呼ばれるタマヌオイルをゲット。
乾燥肌から神経痛まで聞くと言われ、今話題の美容オイルです. 期待♡

一緒にローレル諸島で栽培されているノ二ジュースも購入
ただいまコレクションシーズンに備えて、朝に夕に愛飲中!

6 (1)6 (2)

ヌーメアは首都ですが、のんびり時間が流れて街の中心地の大きな広場もこんな感じです

7 (1) 7 (4) 7 (3) 7 (2)

パールのお店もお薦めだったのですが、あいにくsaleの直後でアイテムが少なく
断念!日本人の販売員の女性から薦めて頂いたお店で一休み。

フランス領なのにLAVAZZA?!と心の中で突っ込みながら
頂いたカフェクレームは美味しかった!
ちょうど豪華船が入港したばかりだったので、お客様はオーストラリアの
パッセンジャーの方々のようでした。

8 (1) 8 (3) 8 (2)

話は変わりますが、こんな近くで客船の入港をみたのは生まれて初めてでした。
ご覧になったことありますか?

街から港はまっすぐに見通せるのですが、巨大な船が気のせいかゆらゆら
近づいてくるような気がして、
港へいったら本当に7万トン強の「パシフィック ジュエル」がまさに接岸するところ。

9 (1) 9 (3)

客船が来たときのの歓迎行事はロコなフォークロアな歌とお踊り!

10 (1) 10 (3) 10 (2)

海と空と植物は本当に綺麗で、ブルーもグリーンも色が深い。。
東京とは全くカラーが違います。
ただただぼーっとしているのが最高です。
夕暮れも美しい!

11 (1)11 (2)1111 (3)

行動するのはカイトサーフィンをする人々だけ

12 (2)12 (3)

それを眺めているのも良し、私はこのひとの昔の本を持参して
読み直したりしていました。

12

60年代はタバコを片手にと言うのがスタイルとして存在していた時代ですよね。
憧れました!すえなかったけれど、、。

 

天国に一番近いというのは、物欲に支配されず、
ただひたすら自分のやりたいことに没頭できることなのかも知れませんね

12 (4)12 (1)

ちなみにこの島で食した物の中で一番気に言ったものはこれ!
バナナとタロイモ?(山芋みたいな食感)のグラタンでした
ほんのりスィートで、お腹もいっぱい。日本にもあれば良いのに!!

13

 

CATEGORY : BLOG

ニットキャップで秋の先取り!

もはや通年アイテムになっているとは言え、このところストリート系やメンズに追いやられ、
微妙なポジションだったニットキャップがレディスにも大復活です。

火付け役はデザイナー交代が大成功を治めたグッチ! ニットキャップ、
しかも王道の大きなポンポン付きの「正チャン帽」やベレーなどを
ガーリッシュな70年代調に合わせてコーディネートが、感涙物です。

70年代のモード写真にもベレーのコーディネートが目立ちます
凄く大人っぽいのが、現代と異なるところです。

展示会でもニットキャップの多いこと!
スポーティにボーイッシュに着こなすより、甘めのリセ風に着こなす方が今年らしいですね。

グッチは正統派の正チャン帽 赤、白、黒、グリーンで!

マックスマーラは大きなポンポンがトップだけではなく、
イヤーマフのように両方にも付いた 可愛いタイプ!

ポンポン付きは定番でもあり、大きさで可愛らしさがコントロールできるので 大人気!
バリエーションも多いです ポンポンの色違いや 太ケーブル編みやワンポイントの
アクセント付きなど。
話題になったコンバースの発表会では、正統派スポーツボーダーで登場。

ポンポン付きでは無い、こんなデザイン物やジャカードも
登場 レース付きなどもフェミニンですね!

手袋とセットの編み地のキャップも多く出ています

リボン付きやネットをかぶせてガーリッシュに!
私は、メッシュをかぶせたラフシモンズ時代のジル・サンダーの
ニット帽にチュールをかぶせたキャップを持っていて家宝にしています。

メッシュ付きのキャップは流行しているけれど これらはラフの子供達かしら?
この秋も大流行の兆しです

これまで女優帽として人気があったフェードラは減少し、変わってあまりツバが広くない
ソフト帽やテンガロンハットタイプが登場してきています。

英国調に合わせてハンティングキャップも!
エフォートレスな着こなしに、こんなキャップを合わせると キュートでガーリッシュ間違いなし!

ボーイッシュにも、ガーリッシュにもアクセントになる キャップやハットは、
この秋になくてはならない小物になりそうですね

CATEGORY : BLOG

メンズのニットもビジュアル重視で! uccieのつぶやき

こんにちはuccieです
猛暑猛暑猛暑!ですが、秋冬シーズンは続々スタート

前回のブログではレディスのニットが紹介されていますが、
メンズもフィッシャーマンといった無骨で重厚なニットではなく
シンプルベーシックなフォルムながら、カラーブロッキングで魅せる
ビジュアル重視なものが、今シーズンは押さえたいところ

カラーブロッキングでも筆頭なのはボッテガヴェネタ
アート調のカラーブロッキングは褪せ気味のカラーを用いて
尖った印象にならず、穏やか。パンツのカラーも対照的なものでバランスをとっています。

ヴァレンティノもキュビズムからインスパイアされ、構築的なジオメトリック柄
こちらも淡い配色と小物使いで、シックな面持ち

カーディガンやニットアウターはノルディック要素で
ややゆったり目シルエットで

タートルネックもブロッキングだが、少しクセの強いもの
チェスト丈で厚さを含む強い変化をつけたり
ボーダーで連続的に違った変化を使用したりと、インパクト重視

ブロッキングが難しいイメージなら、今シーズンはアニマル調
わかりやすいシルエットを活かしたシャークモチーフや
思わず押したくなる肉球、ノルディックに紛れ込んだうさぎ
Maison Kitsuneの定番のフォックスプリントなど

やや茶目っ気のあるのが今期のアニマ

CATEGORY : BLOG

ベーシックニットの7変化に注目!

ジャージーに代わって横編みニットのしっかりした中肉以上の風合いがこのところ人気ですが今年の秋は、よりバルキー傾向が強まり、ニット感が強くなっています。

これまでのドレピーなジャージーに代わって、ボリュームのあるフォルムが多くなっています。

この秋の最大の特徴は、デザインはベーシックなクルーネックセーターが多い事。
編み地もケーブルやあぜ編みなど基本編み地が中心、アランニットのアレンジも多く提案され、
つまるところ、超ベーシックデザインがこの秋の主役というわけです。

ただデザインはベーシックだけど、テクスチャー色のコントラスト、
サイズ感、ファンシーヤーン使い等で
これまでなかった魅力的なビジュアルに変化しているのがポイント。

まずケーブル、あぜ編み、リブなど超ベーシックニット地が魅力的に組み合わされる事で
新たな雰囲気へと生まれ変わり、エフォートレスでモダンな着こなしへ移行。
バルキーでも、素朴ではなく、決してフォークロアやトラッドな雰囲気ではありません。

丸襟をつけたり、マリン風のボタンをつけたり、途中でヤーン変化を付けたり、
編み地のサイズ感を変えたり、カラフルにしたり
ベーシックだからこそ
遊びの幅が広く、逆に遊んでいてもベーシックに見えるのが不思議!

次に多いのが、継続のジオメトリックの変化系カラーブロッキングです。
ジャカードなど、織り地のブロッキングはどうしても硬く見えがちですが
ニットはモンドリアン風の配色が暖色から寒色まで広がり同時に
テクスチャーもカラーによって変化するなど、より変化のある表情が特徴です。

カラーブロッキングが登場してきたタイミングでマリンボーダーを御紹介!

かねてからお伝えしているように、この秋冬のユニフォームはミリタリーではなく
マリン、オフィサールックが台頭しています。

肩にボタン付きなどディテール使いから、ボーダーのバリエーションは、
シンプルなマリンボーダーを始め、
カラフルボーダーまで巾のサイズもさまざま
何となく70年、80年代のソニア・リキエルを思い出します。

3番目はノルディックなどのフォークロアをベースにしたデザイン。

ノルディックの正統派の厚手のデザインから、
同色でもヤーン変化で柄を見せている物が主流です。

子供の頃着ていた感じがしてほっこり、大人が着ると遊びの感覚とリラックス感は半端無く、
袖を通すだけでくつろげる感じです。

続いてメランジやツィードニットのブロッキング、ファーのインレーなど
カラーもテクスチャーもとっても新鮮!
デザインは超ベーシックなのに、この可愛らしいゴージャスさは見逃せません。


シンプルなデザインにエフォートレスな緩さが加わり、新鮮なサイズ感が魅力!
マキシスカートのコーディネートも素敵!

今シーズンはニットのセットアップが増えてきたのも特徴です。
圧倒的にパンツルックが多く、
スェットとは一味異なる本格派の防寒を感じさせます。

ニットケープはこんなに主流!ストールから羽織る感覚のケープに転換です。

初秋から冬本番までニットはトレンドの主役として、様々な表情を見せそうです。

他にも気になるデザインセーターはいっぱいですが
今日はこの辺で!

CATEGORY : BLOG

2016-17年秋冬FTFセミナーの日程変更のお知らせ

「2016-17年秋冬FTFファッショントレンドフォーキャストセミナー」

日程変更のお詫びとお願い

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素より藤岡篤子blog f-fiori-cafeをご覧いただき誠にありがとうございます。

9月15日(火)東京・16日(水)大阪にてセミナーを開催する旨、お知らせしていたところですが、プルミエール・ヴィジョンの開催と重なるなどの事情により、誠に勝手ながら日程を、
一週間早めさせていただくこととなりました。

この度はセミナー参加に向け、日程を調整して頂いていた皆様には、
大変ご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。変更に伴い皆様のスケジュール再調整等、
ご迷惑をお掛けします事を深くお詫び申しあげると共に、
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

尚、ご参加をご検討中の皆さまも、今一度ご検討、いただけましたら幸いです。

 

既にお申込済みのお客様には本日より、ご連絡をさせていただきます。
すでにお持ちの受講チケットは、東京・大阪開催の同場所でのセミナーに
ご利用いただけます。

残暑厳しき折り、くれぐれもご自愛下さいませ。

 

【変更後】※大阪会場が早い日程となりますので、ご確認くださいませ

■東京会場※会場も変更となっております。

日時:平成27年9月10日(木)
開催時間:13:30-17:00(受付開始1部13:00・2部15:00)
場所:FORUM8(フォーラムエイト)515会議室
(開催場所住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル5F)

■大阪会場

日時:平成27年9月9日(水)
開催時間:13:30-17:00(受付開始1部13:10・2部15:00)
ドーンセンター5階 視聴覚スタジオ
(開催場所住所:大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター)

【変更前】

■東京会場

日時:平成27年9月15日(火)
開催時間:13:30-17:00(受付開始1部13:00・2部15:00)
場所:シダックスホールEホール
(開催場所住所:東京都渋谷区神南1-12-13 シダックスビレッジ7F)

■大阪会場

日時:平成27年9月16日(水)
開催時間:13:30-17:00(受付開始1部13:10・2部15:00)
ドーンセンター5階 特別会議室
(開催場所住所:大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター)

 

 

敬具

CATEGORY : BLOG

フェンディ 初のオートクチュールコレクション@国立博物館

先月エルメスナイトが開催されたばかりの上野の国立博物館でパリで開催された
初のオートククチュールコレクション(オートフリュール)コレクションがお披露目されました.

今回はフェンディとカール・ラガーフェルドの協業50周年
フェンディの日本上陸50周年を記念して開催されました。

最近国立博物館でのコレクションは流行っていますね!
日本最古の博物館風格があって素敵な建築です。
さすがにハイエンドのオートクチュールの発表にはぴったりの場所ですね。

こんなに雰囲気のある山門が出入り口でした。



建物の中に入ると古いだけにエアコンもあまり効かず、
椅子の上にはこんな物がおいてあって
広げるとお扇子でした!
みんなぱたぱたセルフエアコンとなっていました

センスの柄に招待状と同じ柄が描かれていて、取っても素敵!

招待状はカール・ラガフェルドの手描き
浮世絵風に描かれた江戸の女性が、「バゲット」を持っています。

デザイナーのシルビアさんも扇子を持ってパタパタ!

ショーが始まりました

パリで開催されたコレクションを再現したは全部で33点!
最後の三点はリバーシブルなので、「合計36点です」という計算になっていました

ファーストルックはフード付きのコート
首元に大きなコサージュとゴールドのメタリックパンツを合わせています。

1925年の創業以来90年の歴史を持つフェンディの
職人技とセーブルやミンクなどの贅沢な素材を使った
ハンドクラフトの数々にクラリ、、!

ローマのフェンディのアトリエで拝見したクラフトワークを思い出した一瞬でした。

続くコレクションもシルバーシープやファンタジーバードなど、ラグジュアリー素材と
最高峰の職人技が結びついた素晴らしい作品の数々、、、ため息があちこちで、、!


 
 
クチュールのルサージュ並の刺繍が施され、凄い迫力!
展示会ではリバーシブルになっているのを確認!


 

クラッシックで普遍的なファーとあえてフューチャリスティックなメタリックやPVCとの組合せが
カールらしい一捻りを感じさせます。

 

ファンタジーファーやフェザーもファーと一緒に使われて
いったいどうやって仕立てられているのか、神業のような凄さ!