藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

Burberry 英国Love溢れるリカルド・ティッシ  -2019-20秋冬ロンドンコレクション速報-

実力を問われるデビュー2回目のコレクションはテート・モダン美術館で開催されました。
地下に降りてゆくと、お部屋は二つに分かれ、ゴールドの間とシルバーの間に。
私はシルバーの方でした。

今回のテーマは「テンペスト」。シェークスピアとは関係なく、英国の2面性を表現したものです。
ちなみに、ゴールドは、権威的なものを表し、私たちが案内されたシルバーは自由を象徴するということでした。どおりで招待状がシルバーだったんですね。

始まると、ものすごい勢いでモデルさんがウォーキングしてきます。自由を表すシルバーの
お部屋はステージが蛇行していて、とても私の腕では写真が撮りにくく💦💦

男女とりまぜて106点というメガコレクション。
ノーティカルがもうひとつのテーマなので、冬にも関わらず、タコのプリントやPコート、
見えないけれど、コートの下には、帆船のプリントやオパール加工のシャツを着ていたり、
全くショーだけでは、見えてこないリカルドの才能にため息をつくばかり。

Burberry_FL_SW (99)

本物のファーは使わない宣言をしましたが、シープスキンは可愛いボーイブルーに
バーバリー本社の住所を書き込んだり、タイポグラフィがアクセント。
ファーはフェイクですが、ボリュームたっぷり。

Burberry_FL_SW (114) Burberry_FL_SW (14)

レディースは「ガール」「レディース」の2部に分けて展開。
最初はストリートスポーツウエアをレイヤードしたスタイリングショーの時は、
分からなかったのですが、展示会で見ると、こんなに重ねてたの?と驚くばかりのレイヤード。
ラガーシャツを上下に縫い合わせ、お袖も、よく見ると、ラガーシャツの襟になっています。
展示会で見て、初めて組合わされた単品が分かります。

Burberry_FL_SW (1)
Burberry_FL_SW (6) Burberry_FL_SW (12)

後半はレディースです。品のあるコンサバティブなマダムのファッション。
と思いきや、細かいラップスタイルのドレスやタイトスカート。
箱ひだだったり、細かいプリーツにビジューを沢山つけたり、一見コンサバティブ、よく見ると
オートクチュール的な装飾で彩られています。

Burberry_FL_SW (274)Burberry_FL_SW (150) Burberry_FL_SW (262)

【最後】
リカルド ティッシは、ロンドンのセントマーチンズで学びました。
90年代、時分の青春時代にすごしたロンドンのパンクで自由な精神と、
現存するクラス階級の権威を対称させ、ゴールドとシルバーに分けたわけです。
それにしても英国Loveがすごくて、ややビックリ。

フィナーレには、べっ甲模様で、丸くくり抜かれた黒のドレスがとても素敵でした。
ゴールドのスパンコールドレスも、スパンコールが小さいので、大袈裟さより、
アンティークな感じでリアルクローズな感じです。

Burberry_FL_SW (240)Burberry_FL_SW (223)

最後にメンズで、最も印象的だったのはこれです。007??の映画を思い出しました。
高所から飛び降りると、パラシュートが開き、大きなユニオンジャックが、大画面に広がる。
そんなことを思い出しました。

Burberry_FL_SW (28)

 

 

CATEGORY : BLOG

モリー・ゴダード可愛さの秘密 -2019-20秋冬LONDONコレクション速報-

LVMHプライズのファイナリスト、英国若手デザイナー支援の受賞など
数々の賞を総なめにしているモリー・ゴダード

今季のショーは英国連邦外務省のホールを舞台に開催されました。
これはgreat Britainキャンペーンの一環で、優れたデザイナーに与えられる特権です。
1c 1d

英国らし格調のある建物。政府機関だけに入場も厳重で、手荷物検査から、
パスカードを身につけ、写真会場以外は写真禁止でした。

最近は見なくなった高いランウェイがあったので、珍しいなと思っていたら、
これは、演出だったんですね。

2 2a 2b

ステージの周りを歩き、そのあとでステージに上がると、床に仕掛けられた送風機で、
ビッグなシルエットが軽やかに舞い上がる仕掛け。

モリーの得意なオーガンジーやシフォンの大きなふんわりドレスが、風のように揺れ動きます。

3 3b

シャルトルーズとピンクの組み合わせが新鮮です。 3c

ふんわりドレスばかりではなく、アーガイルやノルディックなニットをカラフルにまた、
ニュートラルにアレンジしたり、どれも等身大の可愛いいものばかり

4 4b 4c 4d 4e

4f 4g

圧巻のフィナーレはピンクのドレスオンパレード。
どれも風に吹かれて舞い上がり、ファンタジーがかき立てられます。
シンデレラのような夢見るドレス。
リアーナが愛用するのも、分かります。
誰でもお姫様になれそう。

5 5a 5b

インテリアの素晴らしさも手伝い、うっとりと過ごしたコレクションでした。
最後に登場したモリーが一番似合っていました。

6 6a 6b 6c

MOLLY GODDARD Steve Wood © Copyright

 

CATEGORY : BLOG

2020年春夏もダークロマンが継続?

個人的に今気になっているトレンドが二つありますが、
その中の一つがフォークロアの流れです。

エスニックなドレスやマキシスカートは夏には欠かせないものですが
定番でありながら、巧みに色調やモチーフを変化させながら
時代にあったフォークロアが提案されているのがファッションです。

2020年春夏は2019年のビーチやマリン、貝殻など、海にちなんだストーリーから
一転して、大地の豊かさ、めぐみ、自然の荒々しさ、伝統のクラフトワークなどを
駆使したものに変化して行きそうです。

モロッコやブラジル、メキシコなど、砂、土、プレーリー、土地に根付いた伝統工芸etc
この辺りが気になります。手作りの暖かさが気になります。

これまで寒色系が続いたので、拮抗するようにこのテーマでは暖色系が台頭しそうです。

とはいえ、泥臭さはなく、モダンに洗練されたフォルムに、プリントより刺繍、
スモッキング、パッチワークなど、凹凸感とハンドクラフト感が強調されるのが
ポイントになりそうです。

例えば、このシンプルですが、巧みな構築感とレースのパッチワークドレス。
「ダーク」に大地を感じさせながら、決して重さはありません。

新しいダークロマンのフォークロアをモダンに見せています。

1 1a

もう少しホットなカラーとクラフトを入れたものだと
シャーリングをカラーヤーンで配したブラックドレス

パステルのマルチカラーに同系色のシャーリング

2a 2b

シャーリングは今シーズンMUSTのディテール!
様々なパーツに用いられ、繊細なクラフトでのボリュームを演出しています。

3 3b 3c

もう一つ意外なポイントが今シーズンに出てきました。

メタリック使いです!

単純なラメやルーレックス、アルミニウム的な箔ではなく、
鎖などメタルの留め具やチェーンなどのアクセントです。

フォークロアで、メタル使いというのはこれまでありませんが
通常のキャミソールやマキシの巻きスカートをモダンに見せるのは
この金属的なタッチがあってこそ、新しく蘇ります。

スパンコールなどもプリントされたものなどが、「ゴージャス」の文脈ではなく、
カジュアルに、かといって未来的でもなく意表をつく感じ!

このデザイン手法は新しいですよね!

ブラの上にちょっとつけたり、キャミのストラップをチェーンに変えるなど
いろんなパーツに使えそうです

4 4a 4c4b

コットンやリネンのナチュラルなオフホワイトはとても気になるカラー。
秋冬でも、人気のホワイトの流れに乗って、テキスチャーの感覚を生かした
ラフな素材でクラフト感を表現

5 5a

でもやっぱり、ダークロマンの匂いを漂わせた、夏のダークの真打は久々に主役級に
飛び出してきた「ブラック」になりそうです

本来は「ホワイト」で仕立てられていたドレスやフリルが「ブラック」で、しかも
透け感やハリ感があって、とっても新鮮です!!

6 6b 6c 6d 6e

フォークロアって、とろりとよれっている感じありませんか?

今期はそうではなく、立体的でフォルムがあって、モダンでロマンチックな「ブラック」が
なんとも大人ぽいのです。

2020年春夏は、ダークカラーに要注意!!

【2020年春夏FTFセミナー お申込受付中】
2月6日(水)大阪:エルおおさか
2月7日(木)名古屋:デザインセンタービル セミナールーム3 ※第1部のみ
2月8日(金)東京:長井記念ホール

詳細・お申込はWebページにて
https://f-fiori-cafe.com/?p=22509

CATEGORY : BLOG

【セミナーのお知らせ】2月「2020春夏FTFセミナー」 3月「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 2019-20秋冬4都市コレクション」

fプロジェクト運営事務局です。
2月、3月に開催するセミナーの日程をお知らせいたします。

【2020春夏 FTFファッションフォーキャストセミナー】

2月6日(水)大阪:エルおおさか
2月7日(木)名古屋:デザインセンタービル セミナールーム3 ※第1部のみ
2月8日(金)東京:長井記念ホール

詳細・お申込はWebページにてご確認ください。
https://f-fiori-cafe.com/?p=22509

vsm201901

【藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 2019-20秋冬4都市コレクション】

3/27(水)東京 :有楽町よみうりホール ※昼、夜の2回講演
3/28(木)大阪 :エルセラーンホール
3/29(金)名古屋 :名古屋デザインホール
4/2(火)東京 : TOKYO FMホール
※一部の会場が前回から変更となっております。

詳細webページ、お申込みの受付開始は1月末を予定しております。
大変恐縮ですが、もうしばらくお待ちください。

ftfimg098

CATEGORY : BLOG

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

2019年は、混迷のファッション界に光明がさし
新たな活路が見えてくる年になると信じています。

皆様にも、素晴らしい発展の一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

藤岡篤子・fプロジェクト一同

2019flNfi!?aflN?e??TMe.ai

CATEGORY : BLOG

今冬のsold-outはスポーティコート! 「マーケットから予測する2019-20秋冬」 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

Merry Christmas!今年もあっという間にこの季節がやってきましたね。
暖冬続きの今シーズン、ようやく冬らしい寒さも訪れたようです。

今回は1月9日(水)開催の「2019-20秋冬完全予測セミナー」から鍵となる
最新のマーケット情報資料(第一部・講師:兼村るい子)を少しご紹介いたします。

この冬、店頭のコート展開に異変あり!!
Saleの時期になっても次々と新作が登場し、なおかつsold-outが続出。

注目のsold outに共通するのは、スポーティーリバーシブル感覚。

キルティングやボアのリバーシブルなど、見た目にも、
デザインや機能性が非常に重要になります。

まず、12月に入ってのSoldoutはこのダウンコート
¥49860というキャリア層には、一段高い価格設定ですが、サイズによってsoldoutです。

一見スポーティーさやリバーシブル普通のダウンコートですが、
同色、同素材のマフラーが付いていて、2wayのお得感満載!!

普通のダウンコートとは一線を画しています
袖口はドローストリングというトレンドディテール!
マフラーもリバーシブル、ベルトはロングのクリップベルトを垂らす着こなしで新しさを!

図1のコピー

最新のプレフォールコレクションでも、
ダウンにフェミニンディテールのデザインが目立ちます。

共布のダウンスカーフを結んだエレガントなダウンコート、
カラーダウンに注目!もう黒やグレーなどベースカラーではなく

黒、ブラウンなどとともに、トレンドカラーを大胆に使ったダウンコートが
消費者の購買心を掻き立てているようです。

Salvatore Ferragamo (2)

店頭では12月から梅春アイテムが展開されます。
暖冬とはいえ、冬の寒さはこれからというところで
例年この時期は、少数でインナーダウンのトレンチやフーデット
コートなどが展開されます。

こちらはこれまでのモコモコダウンとは異なり
表地はコットンポリエステル
で一見すると春のユーティリティコートですが
裏地はダウンで、バックのウエスト部分にはギャザーを寄せた女性らしさも
感じるスポーティーなアウター。

アイボリーとネイビーの2色展開
表地:綿65%、ポリエステル32%、ポリウレタン3%
裏地:ポリエステル100%/詰物:ダウン90%
フェザー10%/フード:ポリエステル100%

図2のコピー

同じ傾向はプレフォールでも見られます。
パーカーコートと合わせた2枚仕立てのツーウエイの着こなしを楽しめるもの。
インナーダウンにはウエストにリボンのドロスト

メタリックサテンなど光沢素材のシングルコートも、フェミニンな配色に、
ウエストのギャザー、裾のドロストを合わせ、新たなスポーティ感覚を打ち出しています。

さらにレースのフーディも登場し、スポーティ感覚はより一層フェミニンへ

Les copains (19)MSGM (13)Valentino (9)

ノーカラーやチェスターコートのホットアイテムもご紹介いたしますが今年から出始めた
スポーティテースト、2way、3wayコートにも注目して行きたいと思います

「2019-20秋冬完全予測セミナー」では今冬マーケット情報から
プレフォールの最新情報までをMIXし、2019-20秋冬トレンドを予測いたします。

会場でしかお伝え出来ないスペシャルな画像や情報も多々ありますので、
是非この機会にご参加ください。皆様のご参加お待ちしております。

お申込はこちらから→https://f-fiori-cafe.com/?p=22461

CATEGORY : BLOG

2019年春夏とプレフォールのコートはハイブリッド

慌ただしい気持ちになるこの時期ですが、2019年春夏の展示会だけではなく、
なんと、2019/20秋冬のプレフォールまで展示会が開催されています。

日本のマーケットをリサーチしている人に話を聞くと
この秋冬は攻めの姿勢のコートが好調とか!

コートだからグレーやベージュのベーシックカラーで展開という常識を覆し、
コレクショントレンドブックで提案しました「Colour Dlight」のクールパステルが
すでにこの冬には登場し、寒色系のクールパステルのコートが
上質の素材につけられ人気を呼んでいます。

この秋冬の市場で見るホットアイテムのご紹介は「完全予測版」でご報告いたしますが
私は春やプレフォールの展示会で見つけたホットアイテムをご紹介したいと思います。

1月9日開催 東京:長井記念ホール
日本のマーケットを徹底分析、2019-20秋冬のトレンド完全予測セミナー
お申込はこちらから https://f-fiori-cafe.com/?p=22461

 

今トレンチコートを裏返して着るのが流行しているのはご存知ですか?
バーバリーなどのコートは裏地のチェックが程よいバランスで見えるので
まるで新しいコートを着ているようなのです。

この遊び心はすごくヒントになると思います
オーソドックスなのに、予想を超えたアバンギャルドさ
定番で着やすいのに、見たこともなかったデザイン

例えばメンズ調チェックのチェスターコートに、こんなに可愛い花柄のプリントが裏地に!

1 1a

本当に縫い目を表に出した、それこそひっくり返したようなデザインも登場です。

2

もうトレンチは少なく、ステンカラーやノーカラーが圧倒的に増加しています。
クールパステルのノーカラーコート

3

ステンカラーはカラーが大きくなっているのが特徴
全体がビッグではなく、襟の大きさでカジュアル感を演出しています

お袖の太さもポイント。そこにカラーのパイピングでアクセント

4a4

コートドレスにも着られるノーカラーコート

4.5

たっぷりチェスターはバックに深いプリーツを入れて、
すっきりしたシルエットながら動くと綺麗なボリュームが!

5 5a

たっぷりしたボリュームも肩の大きさではなく、襟幅の広さとマキシ丈で表現
素材は薄手が増えています

6

柄行きのあるコートも増加していますが、気になるのがポスト英国調のギンガムチェックです。軽快にスリット入りやパンツと合わせたアンサンブルなど

コートのイメージを打ち破る軽やかさ!!
コートは本当に単品感覚が強くなってきました

7

可愛らしいピンクのノーカラーや、ステンカラーなのにトレンチ風のアンブレラヨークがついたり、ウエストはゴムだったり、もはやベーシックのリミックスと言いましょうか

ベーシックのハイブリッド

8 8a

ニットはすべてのアイテムに増えていますが、コートには特に多くなりました。
ダブルのチェスター!くるみボタンやベルトが可愛いです。

ちょっと手をかけた感覚がクオリティ感を際立たせます。

99a

リバーシブルや、、コートにもドレスとしても着られる、ウエストで上下に分ける
セパレーツになる2wayタイプなど何通りにも楽しめる2019年のコートは
親しみやすい顔をしていながら、ベーシックの良いところドリをした
ハイブリッドが、隠し味です。

CATEGORY : BLOG

一年の最後に素敵な贈り物、クリスマスカード 12/18更新

来週はいよいよクリスマス!
頭の中ではマライヤ・キャリーや山下達郎、WHAM!のクリスマスソングが
ぐるぐると渦巻き(そういう世代なんです、、、)

寒さが身にしみても、なんだか幸せな気分になります。
そしてたくさん送られてくるクリスマスカードの可愛いこと!!

今年もとびっきり可愛いものをご紹介します。

トップバッターの「CHANEL」は毎年遊び心を感じさせるギミックがあり、楽しみにしています。
(去年のXmasカード集はこちらから https://f-fiori-cafe.com/?p=20348

今年は誰もが知っている香水、「No.5」の洗練されたボトルシルエットが5つ、
それぞれに「1921」「1924」「1932」「1955」「2018」と年表らしきメッセージ付きです。

ZJrbW3YN

気になるその歴史…紐解いてみると、それはシャネルを語る上で大切な年ばかり。

1921年…最初の香水「No.5」の発売

1924年…「パルファム・シャネル」の設立、ボトルデザインが現在のものへ

1932年…ファイン ジュエリー コレクション初めてのコレクション
※空に輝く星座がモチーフで、ダイヤモンドジュエリーを発表

1955年…キルティングバッグ「2.55」の発表

なので、年度とマテリアルもそれぞれリンクされていて
「1932」のダイヤモンドをイメージした輝きに
「1955」にはステッチの入ったキルティング、まさしくキルティングバッグ2.55モチーフと

カード1枚に詰まった、輝かしいブランドヒストリー。さすがのシャネル、素敵です。

随時更新予定です、お楽しみに!

 

 

CATEGORY : BLOG

万能なチュニックニット 2019-20秋冬ホットアイテム

こんにちは、fプロジェクト運営事務局です。

来年1月9日(水)に東京:長井記念ホールにて
2019-20秋冬トレンドの完全予測セミナーを開催いたします。

日本市場の「今」の売れ筋を正確にキャッチ。
最新情報を元に、2019-20秋冬のホットアイテムを完全予測!

詳細、お申込は下記URLから
https://f-fiori-cafe.com/?p=22461

現在は当日配布する、豊富な解説画像のビジュアル資料の制作中。
少しずつですが、2019-20秋冬のホットアイテムを紹介します。

 

今回紹介するのは、2019-20秋冬のニット
本命は、ボトムを選ばない万能なチュニックニット。

ほど良い緩さを感じさせる、ロングスカートを合わせたロング×ロングの着こなし

2 (1) 5 (1)

チュニックで隠れる短いボトムスとロングブーツ
フェアアイルなどの伝統的な編みや
部分的なオープンスラッシュで甘くならない着こなしに

5 (2) 5 (3)

紹介したチュニックは全てタートルネック。
2019-20秋冬のニットはタートルネックのバリエーションがポイント。

着心地の良いシンプルなものにも、さりげない素材の切り替え
カラーブロッキングにジップを施した、スポーティなタイプ。こちらも重要です。

CHRISTOPHER KANE SW (31)6 (1)

素朴なざっくりニットに、緩さを調整するドローストリングを用いたり
シンプルなリブ編みには、大きな金ボタンをアクセントに

6 (3)6 (2)

タートルネックは大きくゆったりしたものから、タイトなものまで。
そしてジップ、ボタン、ドローストリングなどの副資材を用いて変化を付けることも重要です。

今回のニットを含め、1月9日のセミナーでは多くのホットアイテムをご紹介いたします。
2019-20秋冬の展開に必ず戦力となる内容となりますので、是非ご参加お待ちしております。
https://f-fiori-cafe.com/?p=22461

1 / 9812345...102030...LAST »