藤岡篤子BLOG
CATEGORY : PARIS

パリコレ最終日は…やっぱり最強なシャネルのコレクションが開催!

ciao、藤岡篤子です。

現在、開催中の2020年SS パリ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

パリコレ最終日は、待ちに待った
CHANEL(シャネル)のコレクションが開催されました。

毎回会場になるGrand Palais(グラン・パレ)の周りは、パパラッチと雨傘で大混雑。
人の間をすり抜け早々に会場内に入ると…
「シャネルのアトリエから見える風景」をテーマにしたセットがお目見え!

img_b820b40d333cc8ce53042fc957c254a0225612

img_c623162851b7a658cd247f020b7d9926518655

世界中が注目した場内の様子は、Precious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね。

CATEGORY : PARIS

アイコニックなオシャレさんが集結!トム ブラウンのコレクション会場でオシャレマダムをキャッチ

ciao、藤岡篤子です。

現在、開催中の2020年SS パリ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

パリコレ5日目は、
いつも驚きにあふれているTHOM BROWNE(トム ブラウン)の
コレクションをレポート。

舞台はフランスの国立高等美術学校、
エコール・デ・ボザール(École nationale supérieure des Beaux-Arts, ENSBA)の講堂。

会場のインテリアもトラッドにまとめられた、その完璧な演出の中で
際立っていたのは、やっぱりトム ブラウンLOVERの皆さんの着こなしです!

img_697b304b104e4ff74ed673ea49a0d68c380907

拍手を贈りたくなるファッショニスタたちの着こなしは
Precious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね。

CATEGORY : PARIS

グレー人気が再来!? 定番色をアップデートするコツはマダムから盗め

ciao、藤岡篤子です。

現在、開催中の2020年SS パリ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

4日目の朝一は「LOEWE(ロエベ)」のコレクション。

昼間は暑く朝晩は寒いという
不安定なこの時期の気候に臨機応変に対応できるよう、
インナーには軽快なシャツドレスや
プリントのワンピースドレスを合わせるなど、ファッショニスタたちも工夫していました。

なかでも、グレーを巧みに操る
素敵マダムたちの玄人な着こなしが際立っていました!

img_a28988f94489b6b4b80b223e77857664165290img_9fe650fab0a33f4523a2b87a476797f5149747

詳しくは、Precious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね。

CATEGORY : PARIS

パリコレ3日目は、心踊るロジェ ヴィヴィエの展示会からスタート!夢のような世界観を堪能

ciao、藤岡篤子です。

現在、開催中の2020年SS パリ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

SAINT LAURENT(サンローラン)の展示会から
ROGER VIVIER(ロジェ ヴィヴィエ)の展示会と、
朝から駆け足で展示会回りがスタートしたパリコレ3日目。

毎回ゴージャスな演出にワクワクするのは、
やっぱりロジェ ヴィヴィエの展示会です。

各お部屋に別れて靴の展示がされているのですが、
お部屋事にストーリーがあり、
いろいろな職業の女性たちが、出番の準備をしているという演出になっていました。

img_0d2c6c1403a5b7d8da0c1cb345678320158982

場内では、トレンドの「オールホワイトコーデ」に身を包んだ
アンバサダーのInès de la Fressange(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)や
人気インフルエンサーをキャッチ!

img_6d20d157fe79c0f205175f694c6f2f64184468

img_4294bacbd1dee3466f9a240344cc6088223542

詳しくは、Precious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね。

CATEGORY : PARIS

新進気鋭のデザイナーが率いるGUY LAROCHE(ギ ラロッシュ)の会場に、オシャレさんが集結!パリコレ2日目に見つけたファッショニスタをSNAP

パリコレ2日目は、
HERMÈS(エルメス)の靴の展示会や、
DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)、ROCHAS(ロシャス)など、
ラグジュアリーブランドのショーや展示会が目白押し。

中でも注目度が高かったのは、前シーズンに新進気鋭のデザイナーを据え
話題になったブランドGUY LAROCHE(ギ ラロッシュ)。

コレクション会場には、ひときわオシャレなギャラリーたちが集まっていました。

img_569e0de829fcfa8ff377b53138d20be5183960

詳しくは、Precious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね

CATEGORY : PARIS

CHANEL涙のお別れコレクション

CHANELのコレクションは朝10時半スタートに長年決まっています。入場するのに
時間がかかるから、その日はちょっと緊張して30分前には会場に着くようにします。

会場が面白いので、それをじっくり見る時間も欲しいし。
今回はカールラガフェルドが亡くなった最後のコレクションだけに、
会場に入る前から、もうドキドキ。

30分以上前にグランパレに到着したというのに、もう会場前は人でいっぱい。

セキュリティ一も厳しい〜。

会場に1歩入るとそこは雪国でした。
サンモリッツやシャモニーなど、ヨーロッパ有数の高級スキーリゾートの
シャレーが立ち並んでいました。

1 1a 1b 1c 1d 1e

早く来て良かった〜。まだ着席していないステージをゆっくり探検。
席の上にはいつもの様に香水やコスメのミニバッグが置いてあります。
これも嬉しい

ショーのスタートは、1分間の黙祷で始まり、その後カールの肉声で、
CHANEL就任当初のコメントが流れました。

最初声をかけられた時は、「もうこんな古いブランドはやめた方が良いと言われた」などと、
貴重な話が聞けました。

そして、ファーストルックは、白黒のツィードのコートを着たお気に入りのモデルだった
カーラ・デルヴィーニュでスタート。

2a2

その後に白黒やブラウンのチェックシリーズが続きます。

2b 2c 2d 2e

CHANELの白黒はチェックもスタイリングも素敵

3a 3b 3c 3d 3e 3f 3h

CHANELと言えばツィードですものね。
今回は特に若々しい感じです。

4 4a 4b

その後はカラーにシフト。カラーもカラフル感満載でパステルはなしです。

5a 5b 5c 5d 5e 5f 5h 5j

復活したダウンもCHANELでは可愛く、デザインされて登場しました。
6 6a 6b

そしてまたキラキラの黒白。ビジューやイブニングがシンプルなデザインで提案されます。

7a 7b 7c 7d

そしてメインテーマ雪の世界を可愛いニットを中心に提案されます。
白の雪玉のようなドレスを着たペネロペ・クルスが一輪の花を持って登場。
カールへの献花でしょうか?可憐でした。

8 8a 8b 8c

カイヤ ガーバーなど、可愛い系モデルが着ると白がいっそう清純に感じられます。

フィナーレでは涙を抑えるモデルもいて、見る方も万感の思いが。
でも湿っぽくなく、CHANELらしいゴージャスな華やかさが漂うコレクションで、
これこそカールが望んだショーだったのではと強く感じました。

CATEGORY : PARIS

2018-19秋冬トレンド ダウンはビッグボリュームはグラフィカル ※3/21更新

こんにちはfプロジェクトです。
2018-19秋冬のトレンドをこちらで少しずつ更新していきます。

現地取材中の藤岡篤子からの最新情報も可能な限り更新予定です。
fプロジェクトの公式Facebookページ
藤岡篤子のインスタグラム
なども、是非チェックしてみてください!

【受付中:2018-19年秋冬トレンドセミナー】
いよいよ開催まで残り1週間となりました!お申込はお早目に
https://f-fiori-cafe.com/?p=20381

 

3/21 ダウンはビッグボリュームはグラフィカル
いよいよトレンドも大詰めです。
来週に迫った、2018-19年秋冬トレンドセミナーにも是非お越し下さい

今シーズン見逃せないのは、ダウンやキルティング!

8つのラインを発表した「モンクレール ジーニアス」も見逃せないニュースの一つでした。Moncler-Genius_Atmosphere_16MONCLER_201819aw_press_set-up (3)

メンズとしては「Moncler Fragment Hiroshi Fujiwara」は見逃せない!
ストリートテイストに何より大胆なロゴが魅力的

MONCLER_fragment_201819press (21) MONCLER_fragment_201819press (2)

ボリュームがあり、レインボーやパステルなどのグラフィカルなダウンが登場
レインボーが印象的なバーバリーのダウンもビッグボリューム

Burberry_SW081

パステルなグラフィックはエミリオ・プッチ

EMILIO_PUCCI_B_SW244EMILIO_PUCCI_B_SW075

キルティングの小物やブラトップなど、パディッド素材が勢揃い

EMILIO_PUCCI_B_SW063

スポーツ、アスレジャーが台頭する中、ダウン素材には要注目!

 

3/2
ミラノまでをまとめると、カラフルとロゴが満載!
前回はブラックとビジューでシックな雰囲気でまとめましたが、
やはり今シーズンは色がキーかも?

カラフルな切り替えしと、ロゴのレイアウトがポイントに
Dolce & Gabbana 201819aw press (64) Dolce & Gabbana 201819aw press Detail (74)

フラワー、ビジュー、コミックプリント、レインボーと様々な組み合わせが

MARY KATRANTZOU_SW001 CLP (85) N21_D_SW014MSGM_clp_SW041 Burberry_D_SW003

ロゴ使いはビッグロゴストールなども登場

MSGM_clp_SW056House_of_Holland_SW (42)

 

2/22
ロンドンではバーバリーのレインボーで華やかなショーが印象的でした!→先日のバーバリー
花柄にグラフィックなどが多く登場した明るい印象のロンドンですが、
今回は敢えて、ブラックを使い、ビジューが印象的なChristopher Kaneなどに着目

カラフルなビジュー刺繍をちりばめたニットドレスや
ファスナー部分、ブーツやグローブにも装飾されていました。

Kane_SW059 Kane clp RF18 0188Kane clp RF18 0163 Kane clp RF18 0160

襟元やカットしたディテールに沿って装飾されていたPreenや

PREEN_SW030PREEN_SW050

レースと合わせたSimone Rochaなど、ブラック×ビジューが多く登場していました。

Simone_Rocha_SW0004

CATEGORY : PARIS

シャネル  ベーシックと輝きの絶妙なハーモニー

いつものシャネルの会場グラン・パレに入ると、何やら癒される空気が漂い
ふうっと肩から力が抜けて行くような、、リラックス感。

会場内にはパリ中の公園からかき集められてきたような落ち葉が敷き詰められ
真ん中には樫の木、側道にはポプラの木が並んでいます。

全てこのために伐採されたのではなく、何かの目的で伐採された木を用いて
ショーに使った後は再度植樹されるそうです。

Chanel Chanel S.A. is a French, privately held company owned by Alain Wertheimer and Gérard Wertheimer, grandsons of Pierre Wertheimer, who was an early business partner of the couturière Gabrielle Bonheur Chanel. Chanel S.A. is a high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, and fashion accessories.[3] In her youth, Gabrielle Chanel gained the nickname Coco from her time as a chanteuse. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

Chanel Chanel S.A. is a French, privately held company owned by Alain Wertheimer and Gérard Wertheimer, grandsons of Pierre Wertheimer, who was an early business partner of the couturière Gabrielle Bonheur Chanel. Chanel S.A. is a high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, and fashion accessories.[3] In her youth, Gabrielle Chanel gained the nickname Coco from her time as a chanteuse. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

苔までむしていて本当の公園みたいです。

今回のシャネルのポイントは「黒」が完全復活しているところ。
黒の復活はミラノではほとんど見られず
パリの大きな特徴となっています。

様々な黒がラメやルーレックスなどをあしらい光沢を放ちながら
ステンカラーやチェスターコートなどのベーシックアイテムに用いられています。

ベーシックアイテムと輝きの絶妙なハーモニー

黒を引き立たせるためにカラフル感のあるアクセントが
効果的にコーディネートされています。

33

33A

こんなロングマフラーを巻いたり、垂らしたり、黒が若々しく映ります!

3Q

Chanel Chanel S.A. is a French, privately held company owned by Alain Wertheimer and Gérard Wertheimer, grandsons of Pierre Wertheimer, who was an early business partner of the couturière Gabrielle Bonheur Chanel. Chanel S.A. is a high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, and fashion accessories.[3] In her youth, Gabrielle Chanel gained the nickname Coco from her time as a chanteuse. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

首元のアクセントはボーブラウスの復活など、他のブランドでも見られますが
シャネルはカメリヤのスカーフプリントにのシャツに、スカーフを結んだり、
一見ボウに見せながら、よく見るとお袖の形をしたボウだったりと
ベーシックなアイテムに洗練された遊びを見せています。

4 4A

 

ネック周りは、今季はアクセサリー満載!
スーツの上からカラフルなカーディガンを巻いたり、ツィードのスヌードも
今季のシャネルルックには、なくてはならないものです。

6A6

シャネルジャケットにも、ダウン登場!
今季はボリュームのあるダウンや中綿入りのパデッド素材が多く使われていますが
シャネルのボリュームは品良く、キルティング部分はチェーンブレードで飾られています。

こんなところがシャネルファンにはたまらない芸の細かさ!!

7A

私が気になったのはレーシータイツ!
全部同じものだったのですが70年代、80年代を思わせるそういえば履いたなあ〜!

今も持ってるカモ〜と思わせるヘリンボーン柄が合わせられました。
可愛い〜

8A 8B 8

アクセサリーも満載でした!
イヤリングは大ぶりでアシンメトリーが素敵!
CCマークも小枝を加えて、パールと合わせて一捻り!
女心を鷲掴みです。

9 9A 9B 9C

バッグは最近アバンギャルドなデザインがショーには多く出ていましたが
今季はぐっと正統派が増えました。

樹木を思わせる表面効果やツィード、ふわふわのボア素材、カラフルなトートバッグなど
すぐにでも使いたくなるものばかり

10A 10B 10C 10D 10

手袋や髪飾りもカラーアクセントになるピンクが大活躍

12A12  12B

黒という基本色とアクセントカラー、光沢のコントラストが行き過ぎることなく
完璧にシックなハーモニーを見せているところがさすが、大御所のシャネル
改めてシャネルの底力を感じました。

ミラノのフェンディもすごく良かったし!!
カール・ラガフェルドは本当に天才です。

CATEGORY : PARIS

ディオール初めての女性デザイナー マリア・グラッチア・キウリ

ディオール史上初めての女性デザイナーが就任しました。
元バレンティノのデュオの一人、マリア・グラッチア・キウリです。

バレンティノには、デュオの片方であるピエロ・パウロ・ピッチョーリが残り
デザインを担当しています。

パリを代表する2大クチュールブランドに、長らくデュオを続けてきた2人が
分かれて就任するとは前代未聞の事件!

その意味でも、ファッション界にとって興味津々なコレクションでした。

 

取り急ぎ速報をお送りします

ファーストコレクションのオープニングは「ホワイト」

Christian Dior Paris Fashion Week Ready to Wear Spring Summer 2017

Christian Dior Paris Fashion Week Ready to Wear Spring Summer 2017

フェンシングの胴衣を思わせる、スポーティで清潔感のある白が前半を彩ります。
後半は繊細な手仕事のビーズ刺繍のイブニングなど、バレンティノの遺産を思わせる
クチュールのアトリエ技術を感じさせる美しさに拍手がわきました。

私も、とても繊細で華麗でクチュールブランドらしい品格にあふれ、美しいと思いましたが
モデルのドレッドのアップヘアが、あれ!1年前のバレンティノと同じ?などと
変なところに目がいってしまいました。

son_6004

何はともあれ、大成功のディオールでした
あとはバレンティノを待つのが楽しみです。

1 / 1012345...10...LAST »