藤岡篤子BLOG
CATEGORY : Milan

2020春夏はカラートレンドも” 自然”、”オーガニック”がキーワード ~明日から開催のトレンドセミナー編集部から、一足お先にトレンド情報をご紹介。

fプロジェクト運営事務局です。

セミナースタートを明日に控えた編集チームから、
トレンド情報を一足お先にご紹介!

「自然」 「サステナビリティ」に関心が集まった今シーズン、
カラートレンドもオーガニック、ナチュラルがキーワードに。

FENDI(フェンディ)は
アーシーなニュートラルカラーのトーナル配色を、
質感MIXで魅せています!

続きは明日東京会場からスタートの、トレンドセミナーで!

img1028のコピー

CATEGORY : Milan

進化した60-70年代ムードは2020 SSも継続!トレンドセミナーを間近に控えた編集チームの話題をちらり

セミナー間近の編集チームの話題を一部ご紹介!

60-70年代のレトロなテイストに、
ややサイケデリックな味付で遊んだグッチのコレクション。

赤くライトアップされた会場が白く変わるとベルトコンベアー風のランウェイが登場。

ビッグ・サングラスにヒュージなチェーンの組み合せなど、
編集チームは小物づかいにも注目しています!

セミナーではトレンドやセレブリティの情報も含めて
たくさんお伝えしますのでお楽しみに。

img4のコピー

CATEGORY : Milan

ミラコレ最終日!オシャレプロの最先端な着こなしから、著名人が集結したGUCCI コレクション会場の様子までSNAP

ciao、藤岡篤子です。現在、開催中の2020年SS ミラノ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

いよいよハードなミラノコレクションの最終日になりました。
今回は、ミラコレ編の最終回ということで、トレンドを熟知した
ファッションプロたちの着こなしに加え、またもや再会できたディーナ妃の
スナップ、そしてGUCCI(グッチ)ラヴァーの著名人が終結した、
豪華すぎるコレクション会場の様子もチラ見せしちゃいます!

img_ab3dcf513f7a6a36591bc7ba36abbd0c166063

錚々たる顔ぶれを現場でキャッチした、その詳細をPrecious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね。

CATEGORY : Milan

今年買うなら「ジャケット」!? ちょっとしたことで上級者になれる、ファッショニスタたちの「小技」をチェック

ciao、藤岡篤子です。現在、開催中の2020年SS ミラノ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

これまで夏日が続いてきましたが、ようやく秋めいた気候に。
今回は、季節が移り変わる今こそ役立つ「ジャケットスタイル」を
クローズアップします。

「PLAN C(プラン C)」のクリエイティブディレクターを務める
カロリーナ・カスティリオーニさんが披露した“配色テクニック”や、
“シャツ選び”で差をつけたmiumiu(ミュウ ミュウ)のディレクターの着こなし
などなど・・・この秋役立つスタイルを、チェックしていきましょう。

img_70f01898a0d2a4b8fbd547172a63292a2010667

詳しくは、Precious.jpでレポートしていますので、チェックしてくださいね。

CATEGORY : Milan

ミラコレ速報!ファッションプロが愛用するのは、やっぱり「ドレス」!美女5人の着こなしをクローズアップ

ciao、藤岡篤子です。現在、開催中の2020年SS ミラノ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

朝夕は肌寒いほど寒いのに、日中の暑さときたら、もう炎暑です。
特にこの秋(というより、体感的には夏!?)は、道行く人もコレクション会場でも、
ドレスに身を包んだ女性だらけ。

本日は、私たちの日常でも参考になりそうな、おしゃれな5人をクローズアップします!

img_1139e0dd4764f0349067c0f925101f58379153

詳しくは、Precious.jpでレポートしていますので、
チェックしてくださいね。

CATEGORY : Milan

コレクション中に役立つのは、1枚でオシャレに見せることができるドレス!あの名物編集長も愛用しているとか・・・?

ciao、藤岡篤子です。
現在、開催中の2020年SS ミラノ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

本日は、1枚で素敵に見せることができる「ドレススタイル」をクローズアップ。
ロンドン、ミラノ、パリとコレクションサーキットに出ると、だいたいどの国でも同じジャーナリストが取材に来ているのですが、みなさんとても素敵に「ドレス」を着こなしているんですよ。

もちろん、あの名物編集長も!

img_0cf080d51d416e173df9f17b6b476b6f218941

詳しくは、Precious.jpレポートしていますので、
チェックしてくださいね。

CATEGORY : Milan

ミラコレ真っ最中!DAY2は「Tシャツ×デザインパンツ」を個性的に着こなした美女をキャッチ

ciao、藤岡篤子です。

現在、開催中の2020年SS ミラノ コレクションを巡りながら、
会場で見つけたオシャレさんたちを日々スナップしています!

本日は、ミラノの「ブルガリホテル」で、ブルガリのバッグの展示会からスタート。

ここでは、「Tシャツ×デザインパンツ」でトレンドにアップデートしたおしゃれなマダムたちを
キャッチしました。子供っぽくならない絶妙なバランス感は、流石ですよね。

img_f1f72c64d86b2da2536072b0811fce9c270311

詳しくは、Precious.jpでレポートしていますので、是非ご覧ください。

CATEGORY : Milan

2018-19秋冬トレンド ダウンはビッグボリュームはグラフィカル ※3/21更新

こんにちはfプロジェクトです。
2018-19秋冬のトレンドをこちらで少しずつ更新していきます。

現地取材中の藤岡篤子からの最新情報も可能な限り更新予定です。
fプロジェクトの公式Facebookページ
藤岡篤子のインスタグラム
なども、是非チェックしてみてください!

【受付中:2018-19年秋冬トレンドセミナー】
いよいよ開催まで残り1週間となりました!お申込はお早目に
https://f-fiori-cafe.com/?p=20381

 

3/21 ダウンはビッグボリュームはグラフィカル
いよいよトレンドも大詰めです。
来週に迫った、2018-19年秋冬トレンドセミナーにも是非お越し下さい

今シーズン見逃せないのは、ダウンやキルティング!

8つのラインを発表した「モンクレール ジーニアス」も見逃せないニュースの一つでした。Moncler-Genius_Atmosphere_16MONCLER_201819aw_press_set-up (3)

メンズとしては「Moncler Fragment Hiroshi Fujiwara」は見逃せない!
ストリートテイストに何より大胆なロゴが魅力的

MONCLER_fragment_201819press (21) MONCLER_fragment_201819press (2)

ボリュームがあり、レインボーやパステルなどのグラフィカルなダウンが登場
レインボーが印象的なバーバリーのダウンもビッグボリューム

Burberry_SW081

パステルなグラフィックはエミリオ・プッチ

EMILIO_PUCCI_B_SW244EMILIO_PUCCI_B_SW075

キルティングの小物やブラトップなど、パディッド素材が勢揃い

EMILIO_PUCCI_B_SW063

スポーツ、アスレジャーが台頭する中、ダウン素材には要注目!

 

3/2
ミラノまでをまとめると、カラフルとロゴが満載!
前回はブラックとビジューでシックな雰囲気でまとめましたが、
やはり今シーズンは色がキーかも?

カラフルな切り替えしと、ロゴのレイアウトがポイントに
Dolce & Gabbana 201819aw press (64) Dolce & Gabbana 201819aw press Detail (74)

フラワー、ビジュー、コミックプリント、レインボーと様々な組み合わせが

MARY KATRANTZOU_SW001 CLP (85) N21_D_SW014MSGM_clp_SW041 Burberry_D_SW003

ロゴ使いはビッグロゴストールなども登場

MSGM_clp_SW056House_of_Holland_SW (42)

 

2/22
ロンドンではバーバリーのレインボーで華やかなショーが印象的でした!→先日のバーバリー
花柄にグラフィックなどが多く登場した明るい印象のロンドンですが、
今回は敢えて、ブラックを使い、ビジューが印象的なChristopher Kaneなどに着目

カラフルなビジュー刺繍をちりばめたニットドレスや
ファスナー部分、ブーツやグローブにも装飾されていました。

Kane_SW059 Kane clp RF18 0188Kane clp RF18 0163 Kane clp RF18 0160

襟元やカットしたディテールに沿って装飾されていたPreenや

PREEN_SW030PREEN_SW050

レースと合わせたSimone Rochaなど、ブラック×ビジューが多く登場していました。

Simone_Rocha_SW0004

CATEGORY : Milan

手工芸のグラマラス! PRADA

プラダがある日は朝からドキドキです。
絶対に遅刻しないように、展示会のスケジュールも
詰め込みすぎないように調整します

小さなエントランスに招待客が詰めかけ、厳重なチェックで
入場するのに時間がかかり、、。

というか、もうその前にプラダ本社があるエリアでは、
車が大渋滞して(プラダ渋滞、、)遅刻しそうになり
いったい何回車を降りて走り込んだことか。

 

だからきちんと(はあはあせずに)静かな心で
コレクションを見るためにも、朝から時間のコントロールして臨みます。

ちょっと大袈裟ですが、でもそんな感じです。

会場に着くと、そこには正面に大きなPRADAのロゴ。
これは毎シーズン同じですが、ロゴのマテリアルがショーの内容と
いつもリンクしていて興味深くチェック!

1
1-02

ここで撮影ポイントにもなっていて、立ち止まる人多数。
今回は、会場の装飾にも使われたロバート・マクギニスの
イラストのコラージュでできています。

ガーリーでノスタルジック!可愛いです

会場の壁面には同じイラストの大小が張られ、まるで10代の少女の部屋に迷い込んだよう。

02 02-02 02-03 02-04

こんなノスタルジックなポスターは50年〜60年代調ですね。
ロバート・マクギニスのタッチを生かしたPRADAのポスターになっています。

03 03-01 03-03

ベッドやソファーは小花柄やふわふわ、もこもこの素材が使われ、
本当の部屋に紛れ込んだような親密さが漂います。

03-04 03-07

そこに席番号が置かれ、ベッドやソファーの上に腰掛けショースタートです。

03-0603-05

ハイライトは手編み感、手刺し感満載のビーズ刺繍や、バルキーニット
色も暖かく、秋冬らしい温もりに溢れています。

04-05 04-01 04-02 04-03

展示会も同じ場所で開催されます。
ゆっくり手にとって、素材も見て、お話も伺います。

06-0306 06-01 06-02

ちなみに私はこのビーズ刺繍のニットにノックダウン!!
今年の秋はきっとこのカーディガンを着ていることと、、思います。

07

1 / 812345...LAST »