藤岡篤子BLOG
CATEGORY : London

jazzkatzeの冒険

デザイナー周布歩美さんから手描きのお手紙つきの

招待状が来ていたのでびっくり!

初めてのロンドン進出にかける意気込みが伝わってきます。

レディガガもここの服に興味津津という噂が飛んだことがありましたが

本当に着たんでしょうか?どなたかご覧になりましたか?

東京で見ると、アバンギャルドに見えたりしましたが、

今回はロンドンで見るせいか、とっても大人しく可愛く見えました。

テーマは「バラ」80年代のイタリアの作家ウンベルト・エーコ

作品「バラの名前」からのインスピレーションだそうです。

オープ二ンングから、モノトーンのバラのプリント

さまざまなアイテムに使われました。

146.jpg

1 (2)10.jpg

1 (4)3.jpg

1 (5).jpg
カラーもずっとモノトーンに少し赤のタッチが入ったり。

ネイビーのひざ丈ニットドレスなどスロー二ーな感じが

入ったのもロンドンだからでしょうか?

227.jpg
スロー二ーとは、スローンストリートにタウンハウスを持ち

スローンストリートでお買い物をする

ロンドン中産階級貴族の子女のことです。

若くてお金持ち,ラップドレスやひざ丈のキルトスカートなど

コンサバなお洒落を好むのが特徴。

ケイト・ミドルトンさんはそう呼ばれています。

ウイリアム王子の母親ダイアナ元妃は80年代

スローンレンジャー(同様の意味ですが、直訳するとスローンスクエア

あたりをよく歩いている人って感じでしょうか?)と

呼ばれていました。

スローンスクエアやストリートという

ロンドンで一番高級でスノッブな場所がホットとされているのは

30年前と同じです 。

CATEGORY : London

ミニマリズムに変身?アンソフィ・バック

先シーズンまで破れかぶれのロンドンらしいセクシーパンクで

コアなファンを持っていたアンソフィ・バックが大変身!

328.jpg

3 (2)10.jpg

3 (3)5.jpg

驚くほど静かでミニマルな大人のクチュールを提案しました

直線シルエットにゴールドメタルのアクセント、

ほとんどがマキシタイトでした。

とてもきれいだったけれど、変身が激しすぎて驚くばかり

CATEGORY : London

ロンドンコレクションは佳境に入りました

今日はヴィヴィアン・ウエストウッドレッドレーベル
コンノートルームで行われ、やはりロンドンではハイライトです。
ほかのショーでは見られないほど
多くのカメラマンが中にも会場の外にも。
特に車が付くたびにカメラマンが取り囲むので、
普通の人でも、車を横付けするとパパラッチに囲まれるはめに!

P92002191.jpg

恥ずかしいうえに、
がっかりされると
悪いことでもしているようで
申し訳なく感じるのは考えすぎですか?

ヴィヴィアンのショーはピンクウインドペンのスーツや
ワイシャツにタイトスカートという
ボンシックというかスローンンレンジャー風
リアルな服が多く登場しました。

テントストライプや大きなギンガムなど、
クラッシックスケールアップした柄も
ハイライトでした。

まずは盛り上がったフィナーレです。

 P92002162.jpg

ロンドンにしかいないファッショニスタ2人。
カメラマンのフラッシュを浴びていました。

17.jpg

会場の外ではビタミンウォーターの広報車が派手に宣伝しています。

P92002291.jpg

前回からロンドンファッションウィークのトートバッグ
マルベリーがデザインしていて、
アリスのうさぎのようでとっても可愛い!
前回はもうなくなっていてもらえず、
(前回はヒョウ柄でそれも欲しかった!)
今回は、しっかり事務局の方にもらってもらいました。

P92002301.jpg

おまけにホテルでもプレゼントが!
疲れた足に室内履きのバレーシューズ
ピンクの箱に入って届けられました。

74.jpg

ちょっと大きいいけれど
二つ折りにできて旅行に便利です。
ミラノでもパリでも使えそう!!

お天気はいまいちですがうれしい気分です 。

CATEGORY : London

ロンドンコレクション最終日

ロンドンは毎日天気予報に黄色に黒で大きくICE&SNOWとでます
だけど次第に雨になって雪にはまだ降られていません

今日はロンドンコレクション最終日、テントではメンズだけのショーが開催され実質的には、昨日でレディスは終了です

最後を飾るにふさわしい素晴らしいコレクションはBURBERY PROSUMです。テート美術館のすぐそばに大きなテントを張り、お天気だったらどんなに気持ちが良いだろうかと思う緑に囲まれた立地です

BURBERY PROSUMのショーはロンドンで最も大掛かりのショーでした。
結構な雨が降っているにもかかわらず、セレブリティを待つカメラマンのために入口にテントが作られ、そこにすし詰めになったカメラマンたちが一斉にシャッターを切る光景は迫力がありました。

Photo023.jpg
テントの前では濡れながらカメラマン達は
良いボジションをキープするために必死です。

中に入ると、豪雨や雷のBGMが鳴り響く中、壁面いっぱいに映し出されたバーバリーチェックの上に雨が降っています。もちろん映像ですけれど、当日のお天気を見越した演出でしょうか!

Photo025.jpg
壁紙は雨。

Photo029.jpg

コレクションアイテムを着こなした
「ゴシップガール」や「ザ・ヒルズ」の
出演者たち。
今シーズンはあちこちのショーで
見かけました。

←ドレ-プとプリ-ツの代表作がベリ-ショ-トに似合っている。

フロントローには犬を連れた人の姿が!
犬人気は高く
スナップされまくっていました↓

Photo031.jpg
会場で一番人気のわんちゃん

コレクションはとってもジューシーなベリーカラーとカーキ、オリーブ、オークルなど森の豊かさを感じさせる秋の色とローデン、シープスキンなどボリューム素材が使われ、トラッドなトレンチやピーコートをリフレッシュさせています。
そこに繊細なレースを加えて、クリストファー・ベイリーらしい洗練のコントラストを見せていました。

Photo040.jpg
カーキ、オリーブなどがユニフォーム感覚のデザインで。

ショーの開始と同時に、壁面のモニターにはディテールの
大写しがでて、すべてを一瞬で見ることができます。

Photo0411.jpg
モデルが登場すると同時に細部からアクセサリーまで映しだされます。

CATEGORY : London

ロンドンファッションウィーク

昼は五度ですが、風がないのでテントの外でみんなのんびりショーの始まりを待っています。

Photo006.jpg

CATEGORY : London

ロンドン中か黙祷を捧げたAマッキーンの死

NYコレクションの前日飛び込んできたショッキングなニュースはマッキ-ンの死でした。TIMESでは一面のトッブニュース、中面では4ページの大特集が組まれています。

他の新聞も同じです。、BFC(ブリテッシュ ファッション カウンシル)コレクション事務局の中にはAQへの追悼コーナーがあり、たくさんの人がメッセーカードを書き、花束を捧げていました。

Photo008.jpg

私もささやかですが、心を込めてメッセージをおいてきました。

Photo010.jpg

CATEGORY : London

アレキサンダーマッキーン スカーフ

オールドボンドストリートにあるアレキサンダーマッキーンのブティックは入る人が絶えず、店内は大混雑。試着室は順番待ち、スカーフは買いやすいし、アイコンのスカル柄が飛ぶように売れていました。

Photo0121.jpg

私もこの時期にいるのは運命と思って2枚買いました。思ったよりずっと高かったけれど、天才の死を悼むにはふさわしい出費だと思いました。

遺作となったプラトス アトランティスから1枚、スカルを1枚です。もう作らないとお店の人も言っていたので貴重な思いでの品になりそうです。

Photo016.jpg

8 / 8« TOP...45678