藤岡篤子BLOG

ロマンティックなキャンドルに導かれてニナリッチ

夜8時からのショーはチュルリー公園に張られた特設テント。

チュルリー公園に入ると、テントまでカーペット(レッドではありませんが)

が敷かれ、アロマキャンドルがカーペットに沿って数え切れないほど

置かれ、揺れる灯りに導かれるようにテントに入ります。

もう寒くって、カメラを出して写す気にもならないパリの冷え込みです

(というわけで、こんなに感激しておいて写真なしです。すみません)

でもショーが始まると、一気にスィートクラス感のある

お嬢様系(いまどき貴重です)ニナリッチの世界が広がります。

テーマは「レディの肖像」でした。

オープニングは、ミンクのガルボハットに

ストレッチウールのジャケットにスカートのセットアップ

さすがにパリではグレーが増えます。

ミラノではほとんど見なかったコーディネートです。

1118.jpg
オープニングは黒のストレッチジャケットに、ストレッチスカート

ウエストには必ずベルトでマークです。

ガルボハットは今シーズンのマストハブ アイテム。

430.jpg
ケープ、ケープレット、ケープスリーブなどが

増加しているのも、今シーズンの特徴。

ファーの棒付きケープにひざ丈ドレスのお嬢様スタイル

527.jpg
ベージュ系は先シーズンのキャメルとは打って変わり

クールなピンキーベージュに変化しています。

そこにラメを入れて、品の良い光沢とゴージャスさを演出。

719.jpg
首元にはビジュウピンクの花びらプリントのドレス 。

ピンクはニナリッチのブランドカラーでもあります。

こんなスィートなAラインイブニング風ドレス

ベージュのレザーベルトでカジュアルに着こなしています。

足元もグレータイツに編みあげのハイヒールという

ちょっと崩した若々しいコーディネートです。

ピンクはニナリッチのシグネチャーカラーです。

ひざ丈のプリントの花弁プリントドレスはAラインにベージュの

革ベルトというカジュアルな着こなし。

812.jpg
スィートピーチベージュや上品なピンクはニナリッチの

得意とするところ!プリントドレスやニットで

光沢や濃淡使いで多く登場しました。

912.jpg
コートドレスは、今シーズンのキーアイテム

ブラウンにサテンのパイピング、大きくくられたネックに

毛皮のトリミング。ウエストには必ずベルトでマークして女らしく

クラッシックなアイテムの着こなしほどウエストマークは重要です。

1011.jpg
パープルでも、少しピンクに流れて、女っぽく甘いバーガンディ

パリでは目立ちます。バーガンディのコートに

同色の花弁を濃淡でプリントしたドレスを合わせます。

黒のタイツで、足元はすっきり。

335.jpg
フィナーレでは、黒のレースから甘いピンクやコーラルが勢ぞろいです。

イブニングにも黒いタイツって、若くてカジュアルさがあって

コンサバではないのが良いですね。

1216.jpg

これはフィナーレですが、最後に登場してきたガルボハットのモデルが

ファーストルックです。

 

その他の記事も御覧ください

    関連する記事はありません