藤岡篤子BLOG

ボルドーとWool、最高の秋 uccieのつぶやき

ドーモ、uccieです

連日に渡って来シーズンの2014春夏を紹介してましたが、
13-14AWがすぐそこまで来てました。暑さで忘れていました。
まだアウター類の試着はためらってしまいます…

でもそろそろ、着たいものを決めないと売り切れてしまうので、まとめます!

uccieが今年の冬にズバり着たい!と思っているのが…ボルドーです!
色を着たいけど、激しい色は冬にはちょっと…と思う人にはうってつけの秋冬の定番色

一番は色の深みが一層出るウールが最高です
ツヤツヤ光沢のウールカシミヤが色出しにはピッタリ
インナーのスーツは品のある光沢がさすがのカシミヤ

画像はMaison Martin Margiela
クローゼットがほぼマルジェラで埋まっているuccieが、真っ先に食いついたルックです

ボルドーの他にガーネット、ワインレッドと赤系の同系色を大胆にスタイリングしていますが、
今年の秋冬では同系色のウールを重ねて、テクスチャーによる発色のハーモニーを楽しむ
着こなしがイチオシ

Pコートは革ボタンもボルドー色に後染め加工という凝り方!黒だとここまでグッと来てない
ちなみ…試着しました。自分には大きすぎて、モデルのようには着こなせませんでした…
というわけで、uccieは購入を断念…

どうしてもボルドーのアウターが欲しかったので、セミチェスターコートを購入します
このチェスターですが、ゴージが低くラペルが短めなところがいいポイント!

ちょっと気になるのは、スウェットらしき袖がストールのように伸びています
まさかプロデューサー巻きの派生なんでしょうか?
扇風を巻き起こしてるプロデューサー巻きは、秋冬でどうなるのか気になるところ

 

ボルドーはウール!と豪語してますが、ウールだけじゃないんです!
王道である、ウール×ボルドーを紹介しましたが、全く別の印象になる素材も登場してます。

Trussardi のキルティングとウールの切り替えのハンティングジャケット

それぞれの素材のボルドーの色合いがマッチしてますが
キルティングの光沢感とボルドーも相性ばっちりですね

パンツとバッグはブラウンを合わせて、同系色でのスタイリング!
グレーのスヌードがワンポイントになっていて、グッとまとまります

 

ニットアイテムはより可愛く、ポップなアイテムで
アウターではボルドーが難しいかな…と思うなら絶対にメランジボルドーのニットです

Louis Vuittonの帽子とグローブは、かわいさウケのナンバーワン!小物でもボルドー
この無造作ニット帽のシルエットが凄くいいです。少しとぼけた感じのモデルと合ってます



バッグの濃いめのターコイズがポイントになっています

レザーでブルー系カラーと全く異なったアイテムも意外と馴染みます。

ボルドーのジャケットにはブルーのパンツも提案もおもしろいです
PRADARAF SIMONS はそれぞれの濃淡の違うパンツを合わせています。

PRADAはシンプルスタイリングですが、ターコイズのパンツがボルドーを効かせています
このカラーコントラストは要注目

ただ、ニットのネックラインやパンツ丈など、PRADAの着こなしは参考にしたいところ

ラフシモンズですが、このテープは一体なんでしょうね?
ですが、ボルドーとロイヤル系のブルーと合わせています。
そういえばテープもブルーですが、なにか?

ボルドーの今年らしい着こなしはブルー系のボトムとの組み合わせで決定

Uccie的には絶対にウールのアウターが一押しです!
落ち着いた印象と合わせるカラーも意外と豊富で、秋冬が楽しくなる色です

その他の記事も御覧ください