藤岡篤子BLOG

コレクションリポート特別編~BEAUTY & MODELS

ブルジョア風ナチュラルVS派手色グラムメイク

デヴィッド・ボウイ風のグラムメイクや
ヘアピンで押さえたサイバーデコなヘアメイクが目をひいた。
一方で、シャドウ効果を強調したナチュラル風も魅力的。

先シーズンを風靡したアップスタイルは、今シーズン後れ毛が目立つ。リラックスしたさり気ない雰囲気に。コンサバティブの復活に伴って、バレンチノのようにロイヤルファミリー系の手入れの行き届いた感が漂うナチュラルヘアも新鮮だ
models.jpg

上段左から時計回りに
グッチ ミウミウ ディオール スポルトマックス ルイ・ヴィトン ヴァレンチノ

メイクアップの現場から
舞台裏ではメイクアップアーティストやスタイリストが大活躍。
ジルサンダー(JIL SANDER)(写真右)のステージでは、
7・3に分けた前髪を気品漂うシニヨンにしたスタイルがステキ。

make.jpg

バックステージではモデルは女王様
ネイルからヘアーまで、かしずくようにメイクアップアーティスト達がモデルが囲む。ケータリングも「ラデュレ」や「コーヴァ」など一流どころのサービスでモデル達にも大好評

その他の記事も御覧ください