藤岡篤子BLOG

H&M 展示会

12月10日

この日も終日展示会、その合間を縫って来日しているエルメスのアーティスティックディレクターのピエール・アレクシー・デュマさんにお目にかかる。口をついて出てくる言葉が、まるで繭から絹糸が紡ぎ出されるよう滑らかで美しい!しばし、聞き入ってしまう。

H&M 展示会

銀座店のオープン時には汐留まで列ができたという話題のH&M.原宿店オープンに発表されたコム・デ・ギャルソンとのコラボ商品は、完売したという。
来年4月には、いよいよ渋谷店オープン。マシュー・ウイリアソンとのコラボレーションが予定されている。 さて、来年の春夏にはH&Mはどんな商品が展開されるのか?H&Mはトレンドブックをビジュアルで用意しているところも国際企業らしく万全な体制を感じる。

2009春夏のトレンドは引き続きロマンティックスタイル。ロマンティック好きは日本だけではない。
大きく三つのテーマが提案されている

1)レトロ・ロマンティック ロマンティック&シックの流れで重要なアイテムはウエストマークのワンピースとワイドスカート。70年代のサンローランをふんわり大きな袖のフェミニンブラウス、それにテーラードジャケットという組み合わせ

.

.

.

2)時代を超えたテーラリング
やぱりサンローランは偉大です!70年代のサファリルックは「グッチ」のフリーダもテーマにしていたけれど、H&Mにも登場。オーバーサイズや、制服調のディテールを生かした男性にも女性にも着られそうなデザインがいっぱい。

.

.

.

3)アート&アーキテクチャー
構築的なフォルムとバランスが、アートのインスピレーションから取られている。アウグスト・ストリンドベリやデヴィド・ホックニー(プリングルもこの画家の『プール』という作品からインスピレーションを取っていた。ファション界注目のアーティスト)等、現代アートや建築様式に触発されたカラフルなパターンやモチーフがたくさん登場。

.

.

.

.

.
お土産は、な、なんと大きい!!その日に回る展示会の資料やギフトが全部持ち運べるパイソンプリントのトラベルバッグ。しかも取り外し、それだけでも使えるポシェットまで付いていて、便利な優れもの。

当日表参道近辺にはこのバッグを提げたファッション関係者が多数目撃され、巨大なお土産もH&Mらしく話題騒然

その他の記事も御覧ください