藤岡篤子BLOG

2019春夏も主役は魅力的なアイテムに!

2019春夏の売れ筋のホットアイテムは
売り場やアイテム別に分けてご提案しようとプランニング中です。
作業中ですが一部をご紹介いたします。

この春夏とてもよく売れたのはアウターではトレンチコートが筆頭
ベーシックですが日本人にはよく似合うし、TPOの応用範囲も広く
来年にも継続必至アイテムです。

どのように進化するか?

注意すべきは衿幅などのディテール変化と素材のはぎ合わせなど全体のバランスは
そのままにパッチワーク使いやプリントなどが登場して着ているところです。

またインナーのコーディネートも大きく変化し、着こなし力が問われるシーズンです。
カジュアルにもストリート系にも来こなせるアイテムに進化するトレンチにまだまだ注目。

1

衿幅は広くなりエポーレットは型ではなく袖につき、前身頃と後ろ身頃のカラーが異なります。
ウエストにもゴムが入り、一枚でも着られるコートドレス風にもなるツーウェイタイプ
もう一つのポイントはコーディネートの新鮮さ。

2 2a

コートの下にはほぼマキシのワンピースドレス、
透ける素材の下にはワイドパンツという着こなし。

 

トラッドアイテムのバランスをいじることなく、ディテールを変え、
ストリートの粋な感じもありながら
大人のエレガンスも同時に感じるコーディネートで提案するのがキモ!

同じアイテムでノースリーブのベスト、ワンピース、ジャンパースカートと
三通りに着られるトレンチアイテムも引き続き提案されています。

3

 

下にパフスリーブのブラウスを合わせ、甘辛のコーディネートがトラッドを
生き生きと新鮮に見せます。

4

同じコンセプトでミニスカートも登場しています。
ポケットの玉縁が効いています。

5

コーディネートはこういう風に!ぶっかりニットをアシンメトリーに合わせたシンプルな着こなし。

6

シンプルなのに、複雑系に新鮮に見えるのはトップスとスカートのそれぞれが
アシンメトリーヘムであり、大きなペンダントなどアクセサリーが
着こなしのアクセントになっているから!

 

そのほか
トップスはまだまだ肩や背中を露出するデザインは増加
特にワンショルダーは大躍進中!

ワンショルダーをストラップで留めるデザインが激増中

7
7a 7b

ボトムスはパンツ、スカートともに継続ながら、デザインは大きく変化して
もっと動きのある、ボリュームのあるタイプが増えて来そうです。

 

スカートは2極化
膝丈またはマキシ  極端に言えばそのくらい
揺れるヘムラインをギャザーで作るかアシンメトリーなバイヤスで作るか?

8 8a 8b 8c

と挙げて行けば、きりがないのでこの辺りでやめますが
実際の売り場での商品、その動向、追加アイテムがなんなのか、
売れている要因はどこにあるのか
売り場同行の詳細は是非、当日の画像にてご確認くださいませ

PastedGraphic-1 PastedGraphic-2

それでは初めての挑戦!!素敵な日本のファッションをもっと良い景色にするために
頑張って分析と提案をしてまいります。

その他の記事も御覧ください