藤岡篤子BLOG

ラグジュアリーと自然の融合 Ermenegildo Zegnaの2018-19秋冬

こんにちは、uccieです。

今回はイタリアメンズを代表する、ラグジュアリーブランドの
Ermenegildo Zegnaの2018-19秋冬をご紹介!

2016年にアレッサンドロ・サルトリが就任してから
上品なファブリックを用いた、フォーマルと機能性を融合させ
魅力的なワードローブを生み出しています。

1

まずは、ランウェイで発表された「Ermenegildo Zegna Couture」

シングルとダブルの中間として提案された「ワン 1/2ブレスデット」は
柔軟なコーデュロイ、洗練されたカラーリングでのスタイリング

ルック
2 (1)

太く立体的で、手触りや表情の変化は他では見られないなコーデュロイ2 (2)

ランウェイでは雪の中を歩いたように、アウトドアや自然もテーマの一つ
足元にはマウンテンブーツ、またブランド全体を通してパンツには
アジャスターで調整出来るテーパード

ラグジュアリーな素材と機能性がマッチ

3 (1) 3 (2)

ショールックで気になったのは、ダブルノットのタイ

ルック2

このダブルノットに合わせて首回りが大きく作られていて
インナーとのレイヤードも楽しめる仕様に

4

ニット類も豊富その中でも、テーマの一つ、「オアジゼニア(ゼニアのオアシス)」を
イメージしたジャカードニットは、自然のトーンを用いた色彩が魅力

6 (1) 6 (2)

「オアジゼニア」
※ゼニアのウール工場上方に広がるビエラアルプスの山麓にある、
約100平方キロメートルの敷地面積を持つ自然保護地区

HKaABXK0 wfaCBTox
そして今回より、ゼニアクチュールの手工芸のシンボル「XXX」が
ロゴとして幅広く使用されていて、新たなアイコンとなりそうです。

刺繍のキャップや
5 (1)

ビッグなグラフィティ

5 (2)

そしてレザーの襟元にも刻印され、ワンポイントアクセントになっています。

5 (3)

続いて、Z ZEGNA(ジー ゼニア)ラインでも、オアジ・ゼニア自然公園から
より機能性溢れる、マウンテニアリング、トレッキングなスタイルが登場

オアジ・ゼニア自然公園をオマージュした、カラーパレットが目を引きます。
非常に軽いダウンや、ボリューミーなニットで展開
8

特にニットはTECHMERINO(テックメリノ)を用いた、着心地、防寒と共に抜群

ちなみにuccieのイチオシはイエローとグリーンのカラーブロッキング、
そしてフードが付いた、厚手のこのケーブルニット!

日本の暖かい冬なら、ベストを合わせるだけでもOKな暖かさ

9 (2)

テックメリノのロゴもポップな印象でかわいい

 

9 (1)

レディスでも見られた目指し帽は遊び心満載の一品
ただ実用的かは…ちょっと…とのことでした(笑)
でも軽くて暖かくて、真冬のアウトドアに最適でしょう!

 

 

 

 

9 (3)

見る物全てが上質かつ、機能性、ストーリーがあって、
実際に触れるのがとても楽しいコレクションでした。

ラグジュアリー、フォーマル、スポーツ、アウトドアに自然が
融合したゼニア、今後も見逃せません。

 

 

その他の記事も御覧ください