藤岡篤子BLOG

手工芸のグラマラス! PRADA

プラダがある日は朝からドキドキです。
絶対に遅刻しないように、展示会のスケジュールも
詰め込みすぎないように調整します

小さなエントランスに招待客が詰めかけ、厳重なチェックで
入場するのに時間がかかり、、。

というか、もうその前にプラダ本社があるエリアでは、
車が大渋滞して(プラダ渋滞、、)遅刻しそうになり
いったい何回車を降りて走り込んだことか。

 

だからきちんと(はあはあせずに)静かな心で
コレクションを見るためにも、朝から時間のコントロールして臨みます。

ちょっと大袈裟ですが、でもそんな感じです。

会場に着くと、そこには正面に大きなPRADAのロゴ。
これは毎シーズン同じですが、ロゴのマテリアルがショーの内容と
いつもリンクしていて興味深くチェック!

1
1-02

ここで撮影ポイントにもなっていて、立ち止まる人多数。
今回は、会場の装飾にも使われたロバート・マクギニスの
イラストのコラージュでできています。

ガーリーでノスタルジック!可愛いです

会場の壁面には同じイラストの大小が張られ、まるで10代の少女の部屋に迷い込んだよう。

02 02-02 02-03 02-04

こんなノスタルジックなポスターは50年〜60年代調ですね。
ロバート・マクギニスのタッチを生かしたPRADAのポスターになっています。

03 03-01 03-03

ベッドやソファーは小花柄やふわふわ、もこもこの素材が使われ、
本当の部屋に紛れ込んだような親密さが漂います。

03-04 03-07

そこに席番号が置かれ、ベッドやソファーの上に腰掛けショースタートです。

03-0603-05

ハイライトは手編み感、手刺し感満載のビーズ刺繍や、バルキーニット
色も暖かく、秋冬らしい温もりに溢れています。

04-05 04-01 04-02 04-03

展示会も同じ場所で開催されます。
ゆっくり手にとって、素材も見て、お話も伺います。

06-0306 06-01 06-02

ちなみに私はこのビーズ刺繍のニットにノックダウン!!
今年の秋はきっとこのカーディガンを着ていることと、、思います。

07

その他の記事も御覧ください