藤岡篤子BLOG

ヘンリー・ムーアとバーバリーの関係は?

前シーズンから使用しているMakers Houseが会場

レスタースクエア、コベンドガーデン近くの賑わう一角にさらなる人混みがあり
地図を見なくても、行けるのがバーバリーのコレクション会場 笑

警官やガードマンまで動員した。
ロンドン最大の規模のコレクションです。

会場が小さいので、本店で開催されるプレス用の
ライブストリーミングに呼ばれている人も多いとか!

会場に一歩入るとグリーンの牛?そしてヘンリー・ムーアの彫刻やポスターが所狭しと
並べられています。

1 (1)
 1 (2)

会場内は藤の椅子など、リゾート感覚の椅子が並べられ、
春夏の服のコレクションだなというのが
インテリアの雰囲気からも醸し出されています。

2 (1) 
2 (2)
ヘンリー・ムーアは財団の協力を得て、世界各地の美術館から集められ、
しばらくこの場所で展示されるそうです。

なぜヘンリー・ムーア?と思われる方も多いと思いますが

ヘンリームーアが生まれた英国ヨークシャー州のキャッスルフォードは、
昔からバーバリーの最大の縫製工場があるところ。

しかも、クリストファー自身が、ヨークシャーの生まれなので
郷土を代表する芸術家として、ずっと敬愛していたアーティストだそうです。

3 (1)
 3 (2) 
3 (3) 
 3 (5)

3 (4)
普段は、美術館でしか見られないヘンリー・ムーアが目の前に!
ちょっと興奮してしまい、ぐるぐる会場巡りをしてしまいました。


コレクションが始まると、これまでのドレス中心だったフェミニンなテイストに変わって
レイヤーで構成したフルいっぱいのブラウス、レース刺繍のシャツ、ニットなどが
組み合わされ初めてのカジュアルレイヤーと言って良いほど、衝撃的な内容でした。

4 (1) 4 (2)
 4 (3) 4 (4) 
4 (5) 4 (6)
 4 (7)  
お得意のプリントも今回は少なく、あってもブルームズベリーの
花柄などではなくヘンリー・ムーアの彫刻をプリントしたものであったり。


5 (1) 5 (2)

メンズもジャストウエストの野暮ださ系の可愛いボーイズルックです。
レース使いもレディスと同じでした。


6 (1) 6 (2) 
6 (3) 6 (4)
 6 (5)


フィナーレは、ショールックにデコラティブなケープを
書けたコーディネートで圧巻のパレード


7 (1) 7 (2) 
7 (3) 7 (4) 
7 (5)

その他の記事も御覧ください