藤岡篤子BLOG

FTF2016-17年秋冬のファッショントレンド

もうジェンダーレストかノームコアと言っているところはないと思いますが
これはもう時代の潮流として「エフォートレス」などと同じような
ライフスタイルに関わってくるキーワードで、正確に言えば
ファッション用語ではないと思います。

2016年秋冬を考える時は
これらはもうベースに流れているとして捕らえ
トレンドの要素は、逆に底流や継続とは反対にある要素から
ピックアップして行くのが新鮮かと思います。

まず、始めに考えたいのが「女らしさ」をストレートに取り込むこと

カジュアルでエフォートレスなグズグズしたシルエットの服には
もうそろそろ飽きが来ているのでは?

もう一度構築的なシルエットの美しさと、それを具現化するハリのある素材について
考えたいと思います。

フォーマル過ぎるタフタ等のドレッシー素材ではなく、
ウールやシルクジャージーにコーティングで張りを演出

ポリウレタンフォームバックをサンドイッチにした先染め柄やニットなども新鮮です。

クチュール感覚のフォルムの表現にはテクノ素材を用いるというのが、
新鮮さをだすポイントです

1

ツィードのジャケットやスーツもホットアイテムとして大推薦!

1-5

メンズ感覚も装飾的なツィード素材を中心に凹凸感のあるテキスチャー素材で
メンズアイテムを仕立てて行くのが、新鮮で馴染みやすいとお思います

ケープコートはどのテーマにも登場しますがメンズ感覚では特に重要!

2

メンズスーツに、白襟やカフス、リボン使いという清楚な感じも凄く新鮮ですね!

2-5

スポーツがカムバックするのも、注目です

若い感覚なのですが、もうストリート感覚ではなく、ヘビーデューティ感や機能性も
ありながら、ハイエンドのオシャレ感満載のタウンスポーツです。

英国のロックフェスに行く感じでしょうか?

3

70年代のオピュレントな雰囲気は、そのままワイルドウエストな感じを加えながら
マキシやペザントに変化し、フォークロア装飾を加えながら、大人っぽい
エスニックへと変化し、ここではオパール加工や刺繍、シフォンのプリーツなど

柔らかい素材使いとニット、毛皮など
テクスチャーコントラストのあるコーディネートが
大切になってきます

4

カラートレンドもこくのあるディープカラーと色味のあるニュートラルカラーが
コントラストを描き、久々に秋冬らしい豊かですが、少し色味をずらした
ニュアンスに富んだ深い色彩の陰影が、ウールならではのリッチ感を表現します。

ただいま最終資料の調整中です

どうぞ、お楽しみに!

 

 

お席の方が非常に埋まってまいりましたので、お申込はお早目に
詳細・お申込は下記ページから
2016-17年 秋冬FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー

その他の記事も御覧ください