藤岡篤子BLOG

SURPRISEBEAUTY

コレクションはメイクアップアーティストがクリエイターと競演する夢舞台。
今シーズンも個性豊かなヘアメイクが、ショーを盛り上げた。

ナチュラルメイク全盛の今シーズン、アニメのヒロインから、月の輝きのようにクールな光沢、80年代調ポップまで個性的なメイクで話題の4メゾンをご紹介

■miumiuのアニメメイクにアイラッシュ

SB-Miu_Miu.jpg←クリックで拡大
日本の「マンガ」がインスピレーション。アニメのヒロインのように誇張されたカラフルなアイシャドウと長いつけまつげが大きな目を強調する。メイクはパット・マクグラス

■シャネルの輝きメイク

\·\醇I\遵ス\醇R潤譓・µ±潤・#173;\醇@\潤砡潤イ←クリックで拡大
「光沢」がキーワード。ヌーディな艶めく膚と同化するように、アイメークにだけわずかにゴールドが輝く。プラチナカラーが濡れたような効果を発揮。今回からビューティ部門のディレクターが変わり、ショーのメイクアップだけではなく、商品開発もファッションと連動してゆく予定

■YSLの80年代風テクノカット

YSL潤譓・80遵ャ潤イ遵「醇H遵。´\«\遵。\醇P←クリックで拡大
アシンメトリーなテクノカットと黒い唇は、80年代ポップ。YMOやハウスマヌカンを思い出させる。イメージには「トウキョウ」があり、素材にも同名が登場。

■ディオールのバービールック

\遵ャ\£\潤齒・¼\醇R潤譓・\Ð潤タ¼\遵マ潤タ¼\醇R\遵ィ\潤イ←クリックで拡大
太いアイラインに縁取られた目と眉、ふくらませた大きなヘアースタイルは、バービー人形のよう。「女らしさを忘れずに」というマーク・ボアンの言葉にインスパイアされたという。擬人化した人形メイクの日本の「あげは嬢」の「盛り」に影響しそう

その他の記事も御覧ください