藤岡篤子BLOG

Ann Demeulemeesterの辞任と思い出 uccieのつぶやき

こんにちはuccieです。今回は完全に思い出を語らせていただきます!すんません!

先日アントワープ・シックスの1人、Ann Demeulemeester(アン・ドゥムルメステール)が
自身のブランドを2014-15秋冬コレクションを最後に辞任することが発表されました。

高3ぐらいの時をピークにもの凄く好きで、毎日のように着てました。
uccieは好きなブランドがかなり偏っているんですが、好んで着用していたブランドの
デザイナーがはっきりと引退を表明したのは初めての経験で…

結構ショック受けてます…特にANNのような独特な世界観があって、
毎シーズンブレのないデザインが見れないと思うと、素直に悲しいです。
(マルジェラはデザインチームもかなり好きだったのもあってか、あまりショックは受けず)

高2になったばかりのシーズンに初めて購入したはずです。
当時は同世代か、少し上の専門学生とかに人気が出ていましたが、
理由は「CHOKi CHOKi」などに掲載された読者モデルが着用していたなど…

特に美容学生が多く着用してましたが、ANNのデザインはモノトーンカラー中心で、
着丈が長く細めでわかりやすいモード、というのもあってよく着られてましたね。
(Rick Owens とかRAF SIMONSもそうでした)

まあ、正直なところ自分もかっこいいと思った人と服を片っ端から調べていたら
その中にもANNが含まれていたという感じです。

ただブランドの元々ファンはどうなんでしょう?嫌悪感持った方も多かったんでしょうか?
ちょっと気になります。人気アイテムに至っては即完売で、挙句の果てには転売で価格が高騰…専門学生の謎の金銭力もあって異常な状態でしたね。

ANNだと特に凄かったのは通称「息子T」シリーズ
アン自身の息子をプリントするという大胆なプリント

画像は拾いものですが、一番人気のあったブラックの裾がアシンメトリーのタイプ
プロパーだと3万円前後ですが、着用済みの中古で4万~5万円ぐらいで売られていました!
まあ、自分も凄く欲しかったんですが、某オークションでもあっという間に高値がついていて…

最終的にやっぱりどうしても忘れられず、知人からタンクトップを譲っていただきました。
手に入れてからも無茶苦茶着ていたので、ボロッボロです(笑)

他のブランドだとラフのベロクロスニーカーや、リックのスニーカーも人気爆発してました
今思えば、とても異様な雰囲気でした(笑)

息子プリントからANNのプリントアイテムにどっぷりハマっていき、
Tシャツもまだ手頃だったので毎シーズン購入してました

私物でかなり古いものですが、紹介したいと思います。というかさせてください
天使プリントはメンズ単独ショーがまだなかった05AW

影絵は一番好きな07AWシーズンのもの


個人的に07AWはANNらしさが一番詰まってるので大好きなシーズンです
ウールの黒の重ね着の素材感やドレープ感、黒と白のバランスに影絵の美しさ、
メンズのキャスケットは現物が高額だったので似たものを探し回ったりもしました

掲載されてる雑誌のスタイリングや物撮りを片っ端からスクラップした記憶があります(笑)

奮発して買ったブラックのチェスターはANNで言えば定番で、外せないアイテムですね。
シーズンによってダブルだったり、パイピングだと必ず登場していました。
当時はネイビーも買えばよかったと後悔するほどのお気に入り
…ですが、今は着てません…ごめんなさい。ロン毛時代の方が似合ってたんや…

ちなみに初めてTシャツ、カットソー以外で買ったのは06SS
初のメンズオンリーのショーでテンション上がりまくって、予算オーバーしまくりでした。
ルックでもあるように黒の大きなパイピングのベストはリバーシブルを真っ先に買った記憶が
ピンクやブルーを使ったことも驚きなシーズンでしたが、このベストはピンクのドット
メンズの新しい1歩ということもあって、新たな一面が見れたシーズンでした
ちなみに当時は高校3年生…ベストに〇万と大奮発しました(泣)

そしてもう一つ外せないのはレザーの「汚れ」加工スニーカーです。
これは知ってる方も多いんじゃないでしょうか?
これも履きすぎて、メンテをしたのですがもとの汚れを通り越してエグい感じになってますが…

今でこそハイブランドもスニーカーを発表することが多くなっていますが、自分が思う
一番モードで一番かっこいいスニーカーはこれです!
まだ出してるならもう1足ほしい…

完全に思い出話になってしまいましたが、少しでもANNの服の良さが伝われば嬉しいところ

そして改めてANNのコレクションを見直してみましたが、トレンドに左右されない
自分の着たいものを作るという一貫性のあるデザインは、色々参考になります。

左上から14SS→10AW→07SS→06AW→04SS→01AWのファーストルック
ここまでブレがないのは凄いです。

次回のラストシーズンも自身の思いを貫き通したコレクションになるはず!
ちょっと寂しいですが、今から楽しみに待つことにします!

最後にマークジェイコブスを始め、最近デザイナー辞任、移動が激しいので一言
ファンなら服は「迷ったら買え」です。これ絶対

その他の記事も御覧ください