藤岡篤子BLOG

アートとフォルムと音楽と。ジルサンダー

ジル・サンダーのコレクションは、

ミラノの中心にあるスフォルツェスコ城を望む、最高のロケーションにある、

ミニマルモダンなショールームで開催されます

ショーの席に着くとあれっ!見たことある人がお隣に。

ファッションブロガーとして注目のブライアンボウイ

パイソンのコートを着て座っていました。

159.jpg

ご存知の方も多いと思いますがブライアンボウイは

フィリッピン人で、ブログを見たマーク・ジェイコブスが面白いので

電話が欲しいと連絡してきたといいます。

そしてブライアンボウイはマークジェイコブスはてっきり偽物に違いないと

思いながら連絡したら本人だったというありそうな逸話の持ち主です。

感じの良い人で「サングラス外した方がもっと素敵よ」と言うと

にっこり笑ってすぐ外してくれました。

素顔はお坊ちゃまでした。

今シーズンは彼に代表されるブロガー(自称??)が大量発生

パパラッチのようにプロに混じってスナップ写真を撮り、

プロのカメラマンに向かって「君良いカメラ持ってるね!」などと話しかける。

光景が多々繰り広げられ、プロに「仕事の邪魔!」と嘆かれていましたが

ブライアンボウイは、フロントローに座り、一眼レフで速射砲のように

全ルックを撮影していました。

今回のコレクションのテーマは「ニューダイナミックテーラリング

240.jpg

デザイナーのラフ・シモンズは一言で言うと「趣味の良いアヴァンギャルド」の人

音楽は先シーズンに引き続き、

バーナード・ハーマンのサイコのサウンドトラックが中心に。

静謐なドラマを盛り上げるようなBGMに呑み込まれそうになりながら

レトロなフード付きスキーセーターに大きなタック入りのタイトスカートや、

スキーパンツの裾ベルトを船底ブーツに通した、

スポーティでほっそりしたシルエット。

340.jpg

3 (2)17.jpg

3 (3)8.jpg

と思えばバルキーだけど、フィットしたニットなど

意表を突かれながらCOOLさに驚くばかり!

そこに、「マキシマイズド」されたビッグボリューム

ダイナミックテーラード」の登場です。

テーラードだけではなくクチュール感。

溢れるスカルプチャーなチュニックやドレスが次々に登場。

435.jpg

4 (2)14.jpg

ほぐしの技術を使ったはなプリントや、

大きさを表現する薄く中綿入り のトップスやマキシスカートも新鮮です。

532.jpg

ラフ・シモンズ日本の素材が大好きで毎回コレクションに

日本の素材が登場しています。

ひょっとしたらこのほぐしもそうかも知れませんね

シャイで知的なラフのファンは凄く多いです。

以前パリのクラブでバッタリ会ったときも恋人を静にでもしっかりガードしていて

好感度がぐっと上がったのを覚えています。

629.jpg

 

その他の記事も御覧ください