藤岡篤子BLOG

やっぱりジャケット命 シャネルの魅惑

シャネルの会場はこのところずっとグランパレ。

1900年パリ万博に建てられた鉄とガラスの壮大な建築を縦横に使って

メガトン級のコレクションを見せています。

プチトリアノンや氷山のフェイクファー、

映画の「去年マリエンバートで」のフランス式庭園

は記憶に新しいところです。

コレクションの中日。朝、会場に足を踏み入れると

墨絵のように描いた白黒のカーテンが壁面に張られ

会場いっぱいに、粗いウッドの通路が造られ,そこは炭坑の坑道??

水蒸気が立ち上り、白煙の下には石炭がごろごろ転がっています。\

1 (2)14.jpg
157.jpg
シャネルマークの大きなパネルは立っているけれど、

いったいモデルはどこから登場するの?

と、きょろきょろしていると大きなパネルがドラマティックに倒れ始め

坑道とのブリッジに。

239.jpg
2 (2)12.jpg

白煙たなびくバックステージから、モデル達が登場です。

3 (2)16.jpg

339.jpg

今季はカール・ラガーフェルドの「色に飽きた」発言を受けて

コレクションはモノトーンが中心。

だけど展示会で見るとグレーにはラベンダーメランジされていたり

カラーバリエーションは豊富です。

4 (2)13.jpg

434.jpg

今シーズンのハイライトはダブルジャケット

ジャケットの重ね着のように見えますが、実はフェイクレイヤード

中で繋がっています。

展示会でなければ分からないことがたくさんディテールに秘められていました。

5 (2)8.jpg

531.jpg

バッグやブーツもダブルで繋がり、ニットとメンズシューズが接続したブーツや

クラッチとショルダーがついているダブルバッグなども登場し

ダブルファンタジー」がたくさんありました。

628.jpg

6 (2)9.jpg

シャネルはこういうトップシークレットのアイディアを惜しみなく

展示会で披露してくれます。

コピーされるのは、本物の証し」というココ・シャネルの

精神が脈々と息づいているようです。

フィナーレも幻想的でうっとりしてしまいました。

721.jpg

その他の記事も御覧ください

    関連する記事はありません