藤岡篤子BLOG
CATEGORY : COLLECTION REPORT

バーバリー 花盛りのフロントロー

実際コレクションの時のそのブランド着用率では、No1と言って良いのが
バーバリープローサムです。

ハイドパークに張られたテントの前にはカメラマン席まで用意されていて
美しくバーバリーを着こなしたゲスト達がポーズを決めます。

スキ・ウォーターハウスとアンバー・アンダーソン

1

モードアイコン アナ・ウインター

2

ベネディクト・カンバーバッチと奥様のソフィア

3

ポピー・ジャミーが着ているコート、、すっごく素敵です!
褒めまくって撮影したら、「このコート大好きなの!」と得意顔

4

必ずしもフロントローでなくてもバーバリーの顧客がばんばん着こなして被写体になっています
アジアの比率が高くなってきたのも最近の特徴です。

55 (2)

広い年齢層に愛されているのが、国民的ブランドのバーバリーの凄いところ!!
カッコ良い! フリンジコート!
パッチワークのドレス! これ欲しかったんですよね、、。

4 (3) 4 (1) 4 (2)

キャメロン首相夫人サマンサは毎回お馴染みのゲスト
いつも赤のドレス、赤が好き?何ですよね。

座る席も、いつも同じ。(警備の問題?)

6
今季はステージ中程にオーケストラボックスが作られ、
ライブパフォーマンスが行われました。

7 (1)

コレクションのテーマは「ファンクションレガリア

「機能的」と言う意味のファンクションと王位や気品のある装いを表す
「レガリア」を組み合わせたもの

バイカーズジャケットやバックパック、等のスポーティな要素、ロイヤルネイビーに象徴される
クラシックなダッフルコート等制服の要素に、レースやサテンのイブニングに用いられる
ドレッシーなドレスを組み合わせて、テーマの「ファンクション レガリア」の
コーディネートが完成しています。

ダッフルコートのトグルボタンやロイヤルネイビーの金ボタンがファンクションをアピールします

8 (1) 8 (2)

感動のフィナーレのあとに登場したクリストファー・ベイリーは、
ライブで熱唱した英国人シンガー アリソン・モエをまず讃えます。

10 (1) 10 (2)

客席も大歓声!

始まる前はリラックスしたケイト・モスやカルラ・デルヴィーニュ、シエナ・ミラー、
スキ・ウォータハウス等きれいどころがずらりと並んだフロントは
フラッシュの嵐!

attend the Burberry Womenswear Spring/Summer 2016 show during London Fashion Week at Kensington Gardens on September 21, 2015 in London, England.

attend the Burberry Womenswear Spring/Summer 2016 show during London Fashion Week at Kensington Gardens on September 21, 2015 in London, England.

スン・リーやリュー・ウエン、ゲイ ・ランメイ等アジアの女優さんが
ずらりと並んで、これも又、アジアンビューティで圧倒!

12 (1)

A model walks the runway at the Burberry Womenswear Spring/Summer 2016 show during London Fashion Week at Kensington Gardens on September 21, 2015 in London, England.

バーバリープローサムのコレクションはショーが始まる前から、そのあとまで余韻が続く
ファッション界でも有数のメガトンクラスのコレクション。

中にいるだけでもパワーを感じます。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

LVやアンリアレイジ! デジタルエイジ登場@パリ

パリ初日に開催されたアンリアレイジのショーでは、開催前から

スマートフォンを持参するかどうかを聞かれ、持ってない人には貸与する旨が告げられ
いったいなにが起きるの??と期待に胸が膨らみました。

会場のパレ ド トーキョにはiPhoneを詰めたビニール袋を下げたスタッフが
iPhoneを配り、これまで無い緊張感が高まります

一人ずつヘッドフォンも渡され、BGMならぬサウンドトラックが
立体的な音響で響きこれも新鮮でした。

登場してきたお洋服は、生成を中心にしたモノトーン。

そこにリフレクターをパッチワーク、またはプリントして複雑な柄を出し
カメラのフラッシュに反応して、柄が浮き出るという趣向でした。

1 (1) 1 (2) 1 (3) 1 (4) 1 (5) 1 (6)

花火のような柄、メタリックシルバーから千鳥格子、万華鏡のようなパズル柄まで
モチーフが多彩で飽きさせません

サカナクションのサウンドも、雑踏や手拍子など意表を突いたサウンドが
このフューチャリスティックを更に猥雑なアナログ感を与え
カオス感がいっそう高まります。

フィナーレに登場した森永さんもサカナクションへの敬意を表し、
コラボレーションの素晴らしさを讃えていました。

2 (1) 2 (2)

ロエベの「スーパーハイテク」など進化するテクノロジーを駆使したコレクションが
若手にちらりちらりと見え始めていますが
会場毎デジタル感を演出したのが、ルイ・ヴィトン

黑いキューブ状の会場に入ると、そこはデジタルワールド!
510平米に渡り、HDスクリーンが設置され、それは32トンにもなっているとか。
2600のスクリーンンモジュールが使用され、28キロメートルのケーブルでつながれています。

何だかぴんと来ない数字ですが会場内はこんな感じです
開始前とフィナーレでは点滅せず。

3 (1) 3 (2) 3 (3)

コレクションが始まると壁面はビジュアル化し、ヘッドマスクをしてゲームをする男性の
脳内に侵入するかのようにスクリーンが点滅し、閃光が走ります

アニメ風ドレスにはぴったりはまるバーチャルな世界が次から次へと展開されます。
4 (1) 4 (2) 4 (3) 4 (4) 4 (5) 4 (6) 4 (7) 4 (8)

パリでは、デジタルではありませんが光りを意識したショー演出が目立ち
最終日のミュウミュウでは、金と銀のシワ加工された紙が会場全体の入り巡らされ
不思議な輝きの中でコレクションが披露されました。

5 (1) 5 (2)

近未来、バーチャル、シグナル、主流となった大自然を意識した草木や土をひいた会場とは
真逆の、こんなコレクションが増えてきたのも、今季を象徴する新しい流れです。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

花に彩られたディオール

バッグのデルボーの展示会はセーヌ川の河岸のギャラリーであります。
そこからポンデザールの橋を渡ると目の前が会場のルーブル。

パリに入ってから、お天気が良いので昼間は日焼けしそうなぐらい日差しが強く、
でも気持ちの良い日です。

橋を渡りながら、セーヌ川をパチリ。
のんびりした一瞬でした。

1

結構早めについたと思ったのに、会場の近くは、警察が交通整理に入り、あたりは騒然!
街行く人もこの週は慣れてるとは言え、何事かと立ち止まるので、ますます混雑するばかり!

入口の外には、右手にパパラッチ、左手に素人のカメラを抱えた人たち、、野次馬?
とにかく、メゾンの人気ぶりを象徴するような騒乱状態です。

2 (1) 2 (2)

ゲートを入ると、ええーっブルーがかったお花の山が出現!
この巨大なお花の山に大きく「DIOR」と書かれたエントランスがあり、
そこを抜けて会場に入ります。

3 (1) 3 (2)

会場内でも大きなお花の山がエントランス
私たちもそこから入りますが
モデルさんも、お花に囲まれたランウエイから登場します。

3-5 (1) 3-5 (2)DIOR_SS16_set_7 ツゥ Hiroaki Fukuda for Dior
コレクションは、ラフシモンズ得意のミニマルなテーラードからロマンティックなホワイトが
たくさん登場しました。

白もピュアな白からクリームの柔らかく温かいホワイトを重ねて、
ニュアンスのあるホワイトがとても素敵でした。
後半には立体的なコサージュを重ねたロマンティックなテーラードもイブニングのように登場。

4 (1)4 (2) 4 (3)

カラフルなニットやジャカードセーターも可愛くてラフ・シモンズらしいミニマルな中に
「花」に象徴されるフェミニンな雰囲気が溢れています。

5 (1) 5 (2)

フィナーレに登場したラフはなんだか上機嫌!!
胸にハートマークを作っていたり、余裕の表情でした(見とれて写真取れませんでした、、)

客席にもディオールのドレスを着た美しい人たちがいっぱいでした。

6

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ドルチェ&ガッバーナ 愛のイタリア

出身地のシシリアへの愛が、謳われることが多い
ドルチェ&ガッバーナですが、今回は愛国心がいっぱい!
今回のテーマはずばりこれです。

1

ITALIA IS LOVEのおおきな文字

その下には、イタリアの下町に見られる野菜や果物屋、観光土産もの屋などが、軒を連ね、ショーが始まる前には、ゲストの写真スポットになって超混雑!

2 (2)2 (1)  2 (3)

イタリアLOVEが全開になっていたショーですが、裏テーマはSELFYでした
モデルさんは登場すると自分をセルフィー、いかにも観光地にありそうな風景ですが、
これが壁面のスクリーンにオンタイムで映し出される演出。

バックステージの様子も同時に映し出されます。

3 (1) 3 (2) 3 (3) 3 (4) 3 (5) 3 (6)

どの服もイタリアを代表する観光地やシシリアの名産を取り入れた、
ドルチェ&ガッバーナらしい服。
先回の「ラ。マンマ」もそうでしたが、このくらい強いメッセージ性があるほうが、心打たれます

4 (1) 4 (2)

全部で90作という大コレクションですが
フィナーレに登場した各地の名前と特徴をプリントや刺繍したシンプルなドレスは何と60点!!
全部で150点というメガトンクラスのコレクションです!

5

フィナーレに登場したドルチェとガッバーナも
貫禄がついてきました!余裕の雰囲気ですね。

6

翌日開催された展示会でも、アクセサリーが
可愛らしく、目が釘付け!

古いライカを思い出す写真機型のバッグはご愛嬌!中にはしっかり入ります。可愛いなあ~
7 (2)
7 (1)
どれもこれもイタリアへの愛に溢れ、女性の心も
わしづかみという、LOVE,LOVEなコレクションでした

8 (1) 8 (2) 8 (3) 8 (4) 8 (5) 8 (6)

CATEGORY : COLLECTION REPORT

GUCCI 恋愛の国に生きる

台風かと思うばかりの暴風雨が吹き荒れ
土砂降りの雨の中を久しぶりに全速力で走りました。

池のような水たまりにはまりながら
グッチ渋滞で動かない車から出て
新しいショー会場である郊外の
電車の引き込み倉庫へと、全力疾走!!

靴は水浸し、、(笑)

会場に入った途端に「あと2分でスタート」
ぎりぎりで間に合いました。

引き込み線の倉庫というのに
エスニックなカーペットが敷き詰められ
同じくエキゾティズム漂う屏風が何本も建てられています。

1 (1) 1 (2) 1 (3)
ショーの後でセルフィーしたくなる気持ちよくわかります。

コレクションは、先シーズンの流れを汲みながら、70年代風のニュートラをお思わせる、
小柄の連続柄、50年代から70年代にかけて流行した
トロンプルイユ(だまし絵)のテクニックが使われています
2 (1) 2 (2) 2 (3) 2 (4)

よくみるとお襟が描いてあったり、
襟元にリボンやボウが飾られていたり
先シーズンと、コーディネートの基本は同じですが、今季の特徴は
より素材がゴージャスになっているところ!

3 (1) 3 (2) 3 (3) 3 (4)

プリントも大きな花柄、小さな花柄が
バランスよく、ベレーやスカーフと合わせられ、ガーリッシュというより、
フェミニンな雰囲気が漂います。ベレーも無地だけではなくストライプで軽快な柄物も登場。

4 (1) 4 (2) 4 (3)
しかし、ショー会場をよくみるとグッチの着用率の高いこと!
こんなにショーピースを着ているコレクション会場は久しぶりに見ました。
特に、華奢なアジアの人たちには絶大な人気でした。
来シーズンはさらに増えそうですね。

5 (2) 5

CATEGORY : COLLECTION REPORT

素敵な招待状@ミラノ

山のような積まれた招待状とボックスやパッケージ

最初に目についたのがこれ!
何のボックス??
MOSCHINOだからいつも凝っているのだけど
それにしても大きすぎる!

1

黄色と黒の危険マークのシールを恐る恐るはがすと
これ?!
かぶって来いというのかしら?
会場でどのくらいの人がかぶってくるか見てみようっと

2 (1) 2 (2)

次にNO1と書かれたラグジュアリーな香りのパッケージ!
ドルチェ&ガッバーナからです

2

何だか素敵!なにかしら?と開けてみたら
観音開きの神々しいパッケージに包まれてそびえたつのは
「ソフィア・ローレンNO1」と書かれた一本の口紅。

3 (1) 3 (2) 3 (3)

これは彼女のためにカラーだそうです、、!
私達にもおそそわけ。

イタリアを代表する大女優ですものね。

恐れ多い感じもするけれど、使いやすそうなカラーで嬉しい!
グラッチェ!

4 (1) 4 (3)

一番驚いたのはグッチ!

女の子っぽいレースと小花の刺繍に彩られたオーガンジーのピンクの封筒から出てきたのは、これまた繊細にカットワークを施された招待状。

宛名も素敵な花文字で書かれていて、とってもロマンティック!

5 (1) 5 (2) 5 (3) 5 (4)

これまでは10年以上トムの時代からフリーダの時代まで、
黒のプラスティック製のバーが招待状だったので、意表を突かれながら、
「変化」を痛切に感じました。

プラダも到着
白の光沢紙に凹凸感のある封筒

6

上部が取れるようになっていて、そこを開けると
三枚のプラスティックが入っています

それぞれのコーラルカラーが調和して一枚でも3枚合わせてもきれい!
どんなショーになるのか楽しみです

7

バリーの展示会は宛名書きも達筆でかっこよいけれど

開けると内側がスカーフプリントになっていて
なかなかクラッシックで格調がありました

8 (1) 8 (2)

今回初めてエミリオ.プッチのクリエイティブディレクターとしてデビューする
マッシモ・ジョルジェッティのプッチの招待状は
MSGMを思い起こさせるカラフルなフェザー使いです。
今回はライブ。ストリーミングをやるとか!
気合入っていますね!
待ち遠しいです♡

9

こんなことを招待状を見ながら書いていたら
もう出なければいけない時間になりました

またご報告いたしますね!CIao Ciao!!♡

CATEGORY : COLLECTION REPORT

マーカス・ルプファー@テームズ川

お天気の良いテームズ川の側の通りを入ると、そこが会場

朝の気持ちの良いフレッシュな空気を思い切り深呼吸しながら会場に入ると、
「ブレックファースト」と称してなんとテキーラとワカモレのサービス!
みんな割と平気で、ぐいぐい行っていました。
ちょっとびっくり!

1 (2)1 (1)  1 (3) 1 (4)

2階の会場では、一歩入ると床がお花で埋め尽くされ、まるで春の野原を再現したみたい。
可憐な春の草花がゆれます
2 (1) 2 (2) 2 (3)

モデルさんのお洋服も、レースとプリントのみ。
お花も小花を散らしたものと、パネル柄でデザインしたタイプなど
バリエーションは色々です。

ゆったりしたパンツや、シアーなインナーにジャンパードレスをわせたり
若々しい緩いカジュアルな可愛らしさが漂います。

3 (1) 3 (2) 3 (3)

足元もお花とフリンジでアクセント!
4 (2)4 (1)

イヤリングやチョーカーなど顔廻りのアクセサリーが
お花モチーフで増えています。
5 (2) 5 (3) 5

お天気がよくオープンエアの会場では、バルコニーで談笑する人たちも多く
モデルさんもリラックスして、気持ちよさそうにポーズを取っています。

7 (3) 7 (5)7 (4)

オープニングにふさわしい気持ちの良い朝のプレゼンテーションでした
ロンドンアイを眺めながら、次のショーにGO!

CATEGORY : COLLECTION REPORT

キャンプ場でHUNTER ORIGINAL

会場は大きな駅の側にある引き込み線の倉庫。

HUNTERは常にアウトドアの雰囲気を大切にしているので、
スポーツジム等の大きな会場を使っていますが、今季は、なんと電車が入る倉庫でした。

1-1

会場には、キャンプ場を思わせるカラフルなテントが壁いっぱいに張ってあり、それをヘビーデューティなテントを張るザイルでつないであるという、野外を思わせる設定。

2 (2)

ガールズ ミート ボーイズの感じで、男女のモデルさんが、
同じデザインでガールバージョン、ボーイバージョンで同じ服が登場します。

今回は、オペーク(乳白色の半透明)のロングパーカを
インナーに着て、上にユニフォームジャケットを着るなど、
レイヤリングの面白さが提案されています

3 (4)3 (3)

オペークのナイロン素材を柔らかにぼかしたマルチカラー使いは新しかった!1枚をワンピースドレスのように着て、長いストラップを垂らした着こなしは
なかなか迫力でした。

4 (1)4 (2)

かと思えば、カラフルなストラップをレースアップで
フリンジのように垂らして、アクセントにしたり

6 (2)

カーキからオリーブのバリエーションを濁りのない
クリーンな色で重ね、同系色の大きなリュックを背負うコーディネートなど、若々しくて、
新しさのあるカラー提案で見せてくれました

驚いたのは、はと目使いが予想以上に多く、しかもはと目そのものが大きい!
温かくない春のコート!

7 (1) hato (2)

真打は予想された通り、スカジャンのパレード!

ジャンパー丈から、ロング丈のコートサイズまでレングスはバリエーション豊か!

サテン地に刺繍からワッペンのアップリケを施した
なかなかカッコ良いスタジアムジャンパーです。

ひょっとしてパリのステラのコレクションにも
スタジャン出るのかしら?
8 (1) 8 (2)

ステラといえば、ちょうど私と同じ時間に
会場に到着!

車から降りて、しばらくスタッフとお喋りしていましたが、ミニ丈がよく似合う事!

4人のママとは思えないスリムでスタイルが良く
運動と食事制限で、うらやましい体型を維持しています

9 (1) 9 (3) 9 (2)

会場では、隣がアナ・ウインター
パパラッチのフラッシュの的でした

10

CATEGORY : COLLECTION REPORT

フェンディ 初のオートクチュールコレクション@国立博物館

先月エルメスナイトが開催されたばかりの上野の国立博物館でパリで開催された
初のオートククチュールコレクション(オートフリュール)コレクションがお披露目されました.

今回はフェンディとカール・ラガーフェルドの協業50周年
フェンディの日本上陸50周年を記念して開催されました。

最近国立博物館でのコレクションは流行っていますね!
日本最古の博物館風格があって素敵な建築です。
さすがにハイエンドのオートクチュールの発表にはぴったりの場所ですね。

こんなに雰囲気のある山門が出入り口でした。



建物の中に入ると古いだけにエアコンもあまり効かず、
椅子の上にはこんな物がおいてあって
広げるとお扇子でした!
みんなぱたぱたセルフエアコンとなっていました

センスの柄に招待状と同じ柄が描かれていて、取っても素敵!

招待状はカール・ラガフェルドの手描き
浮世絵風に描かれた江戸の女性が、「バゲット」を持っています。

デザイナーのシルビアさんも扇子を持ってパタパタ!

ショーが始まりました

パリで開催されたコレクションを再現したは全部で33点!
最後の三点はリバーシブルなので、「合計36点です」という計算になっていました

ファーストルックはフード付きのコート
首元に大きなコサージュとゴールドのメタリックパンツを合わせています。

1925年の創業以来90年の歴史を持つフェンディの
職人技とセーブルやミンクなどの贅沢な素材を使った
ハンドクラフトの数々にクラリ、、!

ローマのフェンディのアトリエで拝見したクラフトワークを思い出した一瞬でした。

続くコレクションもシルバーシープやファンタジーバードなど、ラグジュアリー素材と
最高峰の職人技が結びついた素晴らしい作品の数々、、、ため息があちこちで、、!


 
 
クチュールのルサージュ並の刺繍が施され、凄い迫力!
展示会ではリバーシブルになっているのを確認!


 

クラッシックで普遍的なファーとあえてフューチャリスティックなメタリックやPVCとの組合せが
カールらしい一捻りを感じさせます。

 

ファンタジーファーやフェザーもファーと一緒に使われて
いったいどうやって仕立てられているのか、神業のような凄さ!

目の前の席にはフェンディのチェアマン兼CEOのピエトロ・ベッカーリ氏が
榮倉奈々ちゃんやアイドルにはさまれて着席。

パーティ会場は同じ敷地の会場へ!
照明が映えて、ロマンティックな雰囲気です。

中にはDJブースが設けられ、ショーのDVDも流れ
さすがにLVMHグループだけに、饗されるシャンパンは、「ルイナール  ブラン ド ブラン」
美味しかった~!

久しぶりにお代わりとお喋りを楽しみました

でも本当に凄かったのはここから実際ショー作品が展示されてからです。

オートクチュールですから当然のことですが受注生産。
なので、今日のショーには中国、香港、韓国、ハワイなどから大口顧客が
たくさん招待されていて、ほとんどがカップルで来日という
お客様がほとんどだったのです。




パーティや展示された作品も見る方も日本語が少なく
多分中国語が多かったような気がします

ついでながらオートクチュールだけに今回のコレクションの平均上代は
8000万円以上とのことです。

身に付けていらっしゃるアクセサリー類も輝きが!!