藤岡篤子BLOG
CATEGORY : COLLECTION REPORT

セリーヌのアイパッドケースとボンディング

セリーヌのこの秋冬のキーワードはラグジュアリーカー(高級車)

のディテールや木目調のプリント、力強さなど、フィビー・フィロが

今シーズン表現したいことを凝縮すると「高級車」に集約されると言うことです。

コレクションには沢山のボンディング素材が登場しましたが

実は展示会で触ってびっくりするボンディングもありました。

ボンディング無しでは造れないスカルプチャーフォルム

今季のトレンドですが、ここまでボンディングの張り感に

こだわったのはセリーヌがNO1です。

例えばこのアーガイルを思わせる幾何柄のセーターです。

722.jpg

42ゲージのタイツのような薄さのタートルネックセーターをぴったりと

首にはわせるように着せたのも今回のハイライトでしたが

やっぱり触って驚いたのは,このセーターでした。

素材はカシミアで滑らかな艶のある表面。

でも何だかドロップドショルダーから袖にかけて、

ニットとは思えない張りと固さがあります。

その理由は、裏にムースでボンディングしてあるから。

ポリウレタンのフォームバックが薄くコーティングされ

着ると、カシミアのあの質感ではなくちょっと固い裏地に触れてしまいます。

担当の方も「せっかくカシミアなのにね」と苦笑していましたが

贅沢な物を大胆な切り口で再構築する、フィビーのこだわりを感じました。

もう一つの話題はアイパッドケース

814.jpg

講演会では、言葉が出てこず、iBookなどと言ってしまいましたが

アイパッドケースがいよいよ登場です。

いまや、どのブランドでもiPhoneやiPADケースはたくさん出ていますが

エキゾチックスキン使いでもないのに、ここまで高価なケースは

セリーヌがNO1です。

日本では多分39万円以上になりそうとのことでした。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

アートとフォルムと音楽と。ジルサンダー

ジル・サンダーのコレクションは、

ミラノの中心にあるスフォルツェスコ城を望む、最高のロケーションにある、

ミニマルモダンなショールームで開催されます

ショーの席に着くとあれっ!見たことある人がお隣に。

ファッションブロガーとして注目のブライアンボウイ

パイソンのコートを着て座っていました。

159.jpg

ご存知の方も多いと思いますがブライアンボウイは

フィリッピン人で、ブログを見たマーク・ジェイコブスが面白いので

電話が欲しいと連絡してきたといいます。

そしてブライアンボウイはマークジェイコブスはてっきり偽物に違いないと

思いながら連絡したら本人だったというありそうな逸話の持ち主です。

感じの良い人で「サングラス外した方がもっと素敵よ」と言うと

にっこり笑ってすぐ外してくれました。

素顔はお坊ちゃまでした。

今シーズンは彼に代表されるブロガー(自称??)が大量発生

パパラッチのようにプロに混じってスナップ写真を撮り、

プロのカメラマンに向かって「君良いカメラ持ってるね!」などと話しかける。

光景が多々繰り広げられ、プロに「仕事の邪魔!」と嘆かれていましたが

ブライアンボウイは、フロントローに座り、一眼レフで速射砲のように

全ルックを撮影していました。

今回のコレクションのテーマは「ニューダイナミックテーラリング

240.jpg

デザイナーのラフ・シモンズは一言で言うと「趣味の良いアヴァンギャルド」の人

音楽は先シーズンに引き続き、

バーナード・ハーマンのサイコのサウンドトラックが中心に。

静謐なドラマを盛り上げるようなBGMに呑み込まれそうになりながら

レトロなフード付きスキーセーターに大きなタック入りのタイトスカートや、

スキーパンツの裾ベルトを船底ブーツに通した、

スポーティでほっそりしたシルエット。

340.jpg

3 (2)17.jpg

3 (3)8.jpg

と思えばバルキーだけど、フィットしたニットなど

意表を突かれながらCOOLさに驚くばかり!

そこに、「マキシマイズド」されたビッグボリューム

ダイナミックテーラード」の登場です。

テーラードだけではなくクチュール感。

溢れるスカルプチャーなチュニックやドレスが次々に登場。

435.jpg

4 (2)14.jpg

ほぐしの技術を使ったはなプリントや、

大きさを表現する薄く中綿入り のトップスやマキシスカートも新鮮です。

532.jpg

ラフ・シモンズ日本の素材が大好きで毎回コレクションに

日本の素材が登場しています。

ひょっとしたらこのほぐしもそうかも知れませんね

シャイで知的なラフのファンは凄く多いです。

以前パリのクラブでバッタリ会ったときも恋人を静にでもしっかりガードしていて

好感度がぐっと上がったのを覚えています。

629.jpg

 

CATEGORY : COLLECTION REPORT

プラダは60年代のフューチャーと20年代

プラダには珍しく、なんと70分の遅れでスタート

後で聞いたら、直前まで服の登場順番が決まらなかったそう!

クリエイターは自分の世界の表現にとことんこだわりますから

納得できるまで決められなかったのでしょうね。

会場はいつものプラダのショールーム。

今回は2階建てランウエイが中に作られ、日本人は

2階に案内されました。

上から見ると下のステージはこんな感じです。

150.jpg

1 (2)11.jpg

グラマー×フェミニンが、公式なテーマです。

1920年代のフェミニンンさと60年代のグラマラスがミックス

されて、20年代のフラッパーを思わせるローウエストのドレス

ひらひらのロングファーオパールのように輝くビッグスパングルなどの

ドレスが次々と登場。

ファーストルックは黒のウールに大きなはめ込みのボタンです
1(1.jpg

2 (2)9.jpg
黒を基調にオレンジのフロント、パープルのジャイアントウインドペン のコートドレス。

手にはオレンジのクラッチと手袋。カラフルだけど、落ち着いています。
2 (3)7.jpg

構築的なコートドレス、頭にぴったりかぶったキャップのような帽子などは

60年代のカルダンやクレージュのようなモダンスペーシーな感じです。

60年代的なスペーシーなコートドレス
2(4.jpg

231.jpg
ウールのコートにこちらは本物のフォックス
2(5.jpg

今シーズンはボタン使いがデザインアクセンントになっています、

3 (2)13.jpg

331.jpg

靴は新しいバナナヒールの変形が登場、

バッグは腕にはめる小さなクラッチも登場しています。

詳細は次号の展示会をご紹介するメルマガをご覧ください。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

やっぱりジャケット命 シャネルの魅惑

シャネルの会場はこのところずっとグランパレ。

1900年パリ万博に建てられた鉄とガラスの壮大な建築を縦横に使って

メガトン級のコレクションを見せています。

プチトリアノンや氷山のフェイクファー、

映画の「去年マリエンバートで」のフランス式庭園

は記憶に新しいところです。

コレクションの中日。朝、会場に足を踏み入れると

墨絵のように描いた白黒のカーテンが壁面に張られ

会場いっぱいに、粗いウッドの通路が造られ,そこは炭坑の坑道??

水蒸気が立ち上り、白煙の下には石炭がごろごろ転がっています。\

1 (2)14.jpg
157.jpg
シャネルマークの大きなパネルは立っているけれど、

いったいモデルはどこから登場するの?

と、きょろきょろしていると大きなパネルがドラマティックに倒れ始め

坑道とのブリッジに。

239.jpg
2 (2)12.jpg

白煙たなびくバックステージから、モデル達が登場です。

3 (2)16.jpg

339.jpg

今季はカール・ラガーフェルドの「色に飽きた」発言を受けて

コレクションはモノトーンが中心。

だけど展示会で見るとグレーにはラベンダーメランジされていたり

カラーバリエーションは豊富です。

4 (2)13.jpg

434.jpg

今シーズンのハイライトはダブルジャケット

ジャケットの重ね着のように見えますが、実はフェイクレイヤード

中で繋がっています。

展示会でなければ分からないことがたくさんディテールに秘められていました。

5 (2)8.jpg

531.jpg

バッグやブーツもダブルで繋がり、ニットとメンズシューズが接続したブーツや

クラッチとショルダーがついているダブルバッグなども登場し

ダブルファンタジー」がたくさんありました。

628.jpg

6 (2)9.jpg

シャネルはこういうトップシークレットのアイディアを惜しみなく

展示会で披露してくれます。

コピーされるのは、本物の証し」というココ・シャネルの

精神が脈々と息づいているようです。

フィナーレも幻想的でうっとりしてしまいました。

721.jpg

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ルイ・ヴィトンは「フェティッシュ&ファッション」

パリコレクション最終日は全員大慌てでした。

19時予定のルイ・ヴィトンの予定が、急に朝10時に変更されたからです。

ヴィトンと言えば、時間通りに始まる世界で唯一のコレクション。

10時と言ったら10時にジャ~ンと始まるのです。

私はパッキングやチェックアウトをしながら、

着込めるだけ着込んでショーに飛び込みました。(荷物軽くするため)

大きな黒いテントが張られたルーブルの庭には、不気味な黒い風船がぷかり、

ぷかりと数え切れないほど浮いています。これはいったい何かの象徴?

156.jpg

とテントの入り口を見ると、

アニメで見るようなサロンエプロンを着けたメイドさん達が

羽根ばたきで、一生懸命お掃除中です。

238.jpg

LVの金バッジを胸に付けよく見るとストッキングもLVのレースタイツ!
素敵!!

338.jpg

3 (2)15.jpg

テントの中は圧巻でした

何と4基のクラッシックな籠形エレベーター(パリ風の格子戸風)に、

ドアボーイまでついて。昇降しながらモデルが登場するのです。

433.jpg

フェティッシュ」とは直訳で呪術崇拝、

心理学用語では性的倒錯も含んだ意味です。

映画「愛の嵐」のシャーロット・ランプリングのように、

軍の制帽仮面をカチューシャのように付けて、モデルさんは登場です

5 (2)7.jpg

5 (3)6.jpg

530.jpg

ベーシックなアイテムを大きなカーブ構築的に仕立て、

素材も凹凸のあるコーティングなど

シックで凝っています。

レディライクでありながら,謎めいた女性像。

マーク・ジェイコブスにとって女性は

永遠の汲めども尽きぬミステリアスな存在なのでしょうか?

この後にシャネルの展示会
(ヴィトンが夕刻という前提でぶつからないように午前に設定してあったのです。
走りました!)

ミュウミュウのコレクション、ステラ・マッカートニー。アレキサンダー・マッキーン

の展示会を駆け巡り,空港へと急ぎました。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

バビロンブティックで開催されたエルメスコレクション

サンジェルマン・デ・プレに昨年11月に開店した

バビロンブティック。

プールのあった場所を生かして地下の大きなスペースが魅力です。

白木のインテリアで大きな鳥かごのように売り場が分けられ、

商品が取りはらわれた空間でショーが行われました。

カフェお花屋さんもあってサントノーレとはまた違う

カジュアルで素敵なお店です。

154.jpg
白木で編まれたような商品ブースがショー会場です
ジェーン・バーキンもいました。

今シーズンは、デザイナー交代で

クリストフル・ルメールのお披露目のコレクション

前任者のゴルティエの服はほとんど商品化されなかったのに

対して、今回からは、ぐっとエルメスらしい上質感のある

クラッシーな服が増えました。

236.jpg
オークルブラウンのレザーにベージュのカシミアもスーツ。
スポーティでラグジュアリーなエルメスのルーツ的なアイテムです。

2 (2)11.jpg
アウトドアスポーツや狩猟のイメージもエルメスのルーツ。
ロビンフッドのようなスタイルも登場しました。

2 (3)8.jpg
クラッシーなノーカラージャケットとレザーパンツ
アクセサリーのなさが服の品各をひきたてています。
テーマはクリストフが好きなアジア20年代の雰囲気です。

大きなシルエットのキルティングコートなど、

まるでパオに住むモンゴルの人たちが

着るようなエスニックなデザインやアイテムが目立ちました。
336.jpg
ショーの前半はモンゴル風のビッグなシルエットの
コートやキルティング、ファーの帽子がたくさん提案されました。
3 (2)14.jpg
オークルブラウンのコートの下には

ブーツとつながったパンツ!!です。

ウエストからずっとブーツ!

展示会でも重くてしょっちゅうハンガーから落ちていました。

3 (3)7.jpg
「ノマド」(遊牧民)と翌日の新聞には大きく報じられていました。
国籍不明のノマドな感じです。

ゴルチエのときにはなかったエルメスらしいスカーフプリント

復刻版も登場。華やかさとエルメスらしさを盛り上げました。

私は大人っぽくて好きです。

431.jpg
アールデコ風のスカーフ柄が復活して使われました。
アーカイブからのスカーフ柄は久しぶりということです。

4 (2)11.jpg
アーカイブ柄は2種類です。
「アールデコ」と「ブラジル」という柄でした。

トレンドのカラフル感をスカーフ柄で表現するなんて

さすがに老舗の貫録です。

4 (3)10.jpg
こちらが「ブラジル」と呼ばれるモチーフです。

4 (4)5.jpg
こんなカラフルなものも登場しました。

4 (5)2.jpg
スカーフ柄以外にもカラーブロッキングもいくつか出て

トレンドのオレンジと黒にゴールドのジップがアクセントです。

 

展示会も早速行ってきましたが、すごい人でバッグを置く場所もないほど!

これまで商品化がストップしていた鉛筆!!まで復刻していて

可愛いカラフルなサンダルなど、文房具からホイッスルなど

エルメスらしい小物もたくさん出ていました。

いつもはビデオを見て美味しいお菓子などをいただくのですが

次のショーの時間もあって大慌ての展示会になりました。

クリストフル・ルメールは次のコレクションも楽しみです。

528.jpg
エルメスの鉛筆も復活しました。
スカーフ柄で可愛い!

5 (2)6.jpg
エルメスらしいピュアフォルカとレザーを合わせて、ホースヘアーの

タッセルを付けた小物バッグ。担当の人に「何に使うのですか?」と

聞いたら「何でしょうね!」と一緒に不思議がっていました。

 

CATEGORY : COLLECTION REPORT

モデルも感涙 胸を打つディオールの演出

blank_page
ロダン美術館の周りは、ニュースメディアとパパラッチ、

自称ブロガーの素人カメラマンが重なり合うように

ごった返し、中継車まで出ていました。
普段は閑静なロダン美術館前には、カメラマンが密集し

開門できない状態でした。
いつもは見かけない報道カメラマンンも たくさん。
ニュース番組の中継車も横付けです。
ショー会場には早く入りました。

鏡張りにシャンデリアが映えてガリアーノ好みのゴージャスさが漂っていました。

リムジンが付くたびにパパラッチに囲まれ、車も渋滞

こんな騒動の中で、果たしてショーは開かれるのか?

いったいどういう演出になるのか、ディオールのショーはいつも2部構成でした。

コレクションショーが第一部だとすれば、

第二部はガリアーノのワンマンショー、いろんなコスチュームプレイで

登場し、彼の頭上には金粉まで舞う始末でした。

その熱狂がディオールらしさでもあったのですが

当然解雇された彼が登場するわけもなくかといってそのままショーを始めるには、

あまりにも社会問題になりすぎています。

さすがにいつものセレブリティの顔触れも、アルノーさんご夫妻も顔を見せず

来場したのは、広報を務める息子のアンントワンと娘のデルフィーヌだけ。

粛々とした雰囲気のなかで、まず登場したのは

最高敬遠責任者のシドニー・トレダノ氏。
声明は見事でした。

ガリアーノの名前は一言も出さず(ここはポイントです)

今回の不祥事をわび、ディオールは、これまでの歴史の積み重ねの上で

成り立っており、これからも伝統と技術の素晴らしさを生かしながら

ブランドを継続してゆくことを宣言しました。

つまり、ガリアーノより、ディオールを選択したことを明言したわけです

事件が明るみに出て以来、素早く、停職、解任の処置をとり、

コレクションの冒頭にトップが出てきて、謝罪。

ブランドの素晴らしさと継続をそのままアピールするなど

LVMHの危機管理能力の辣腕ぶりを改めて感じさせました。

そしてその率直な態度にみんなは盛大な拍手!

ディオールも被害者というサイドに立ったわけです、

ショーはいつもより体数が多い62ルック。若々しくカジュアルで軽快でした。

ミニにマキシだけのマントなど、コーディネートも新鮮でした。

そしてフィナーレには、予想したとおり

白衣を着たアトリエの人たちが50人ぐらい登場

会場が割れんばかりの拍手に包まれました。
感動的でした。

会場を後にするモデルたちも涙でマスカラが落ちている人たちもいました。

英国調のチェックや赤、グリーンなどトレンド感は満載でした。
ミニスカートにマキシ丈のケープが 新鮮でした。
カラフルで一気に若返ったディールにメディアも好意的で

翌日の新聞は表紙から中面までディールばかり。

ディオールも、事件を予測していなかったせいか

百貨店のボンマルシェでは、ディオールのアーカイブ展覧会、

ヘラルドトリビューン紙では、カバー広告まで用意していました。

表紙の中面もディオールばかり。
 

英国の新聞ヘラルドトリビューンは ディオールアディクト

のラッピンング広告を会場で配っていました。

LVMHは巨大な広告費をディオールにかけています。

今回は時計の新作発表も予定されているそう。

ショー終了後も、人種差別への抗議の小さなデモ隊とのもみ合いや

「KING IS GONE」と書いたプラカードを持った

ゲイの人 話かけると以外と普通の人でした。

ガリアーノを神と崇めていたらしい

英国のデイリーメールの記者から「あなたは間違っている」

と言われたら、へらへら笑っていました。

英国大衆紙の記者もインタビューするなど

終わっても騒然としていましたが。
それを横目で見ながら、次のショーへ急ぎました。

もう次のデザイナーも発表されました。

多分ワンポイントリリーフですね 。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ドリス ヴァン ノッテンはパリの市庁舎が舞台

先シーズンに引き続き、パリ市庁舎(ホテル ドゥ ウ゛ィル)

の奥にあるとっておきの豪華な広間でコレクションを開きました。

天井のフレスコ画や、ゴージャスなシャンデリアに圧倒される

空間の中で、ドリスの、カラフルでデイリーなお洋服が絵画のように

映えました。

153.jpg

1 (2)13.jpg
パリ市庁舎の大広間。ミラノのパラッツォとはまた異なる大空間です。
235.jpg

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ロマンティックなキャンドルに導かれてニナリッチ

夜8時からのショーはチュルリー公園に張られた特設テント。

チュルリー公園に入ると、テントまでカーペット(レッドではありませんが)

が敷かれ、アロマキャンドルがカーペットに沿って数え切れないほど

置かれ、揺れる灯りに導かれるようにテントに入ります。

もう寒くって、カメラを出して写す気にもならないパリの冷え込みです

(というわけで、こんなに感激しておいて写真なしです。すみません)

でもショーが始まると、一気にスィートクラス感のある

お嬢様系(いまどき貴重です)ニナリッチの世界が広がります。

テーマは「レディの肖像」でした。

オープニングは、ミンクのガルボハットに

ストレッチウールのジャケットにスカートのセットアップ

さすがにパリではグレーが増えます。

ミラノではほとんど見なかったコーディネートです。

1118.jpg
オープニングは黒のストレッチジャケットに、ストレッチスカート

ウエストには必ずベルトでマークです。

ガルボハットは今シーズンのマストハブ アイテム。

430.jpg
ケープ、ケープレット、ケープスリーブなどが

増加しているのも、今シーズンの特徴。

ファーの棒付きケープにひざ丈ドレスのお嬢様スタイル

527.jpg
ベージュ系は先シーズンのキャメルとは打って変わり

クールなピンキーベージュに変化しています。

そこにラメを入れて、品の良い光沢とゴージャスさを演出。

719.jpg
首元にはビジュウピンクの花びらプリントのドレス 。

ピンクはニナリッチのブランドカラーでもあります。

こんなスィートなAラインイブニング風ドレス

ベージュのレザーベルトでカジュアルに着こなしています。

足元もグレータイツに編みあげのハイヒールという

ちょっと崩した若々しいコーディネートです。

ピンクはニナリッチのシグネチャーカラーです。

ひざ丈のプリントの花弁プリントドレスはAラインにベージュの

革ベルトというカジュアルな着こなし。

812.jpg
スィートピーチベージュや上品なピンクはニナリッチの

得意とするところ!プリントドレスやニットで

光沢や濃淡使いで多く登場しました。

912.jpg
コートドレスは、今シーズンのキーアイテム

ブラウンにサテンのパイピング、大きくくられたネックに

毛皮のトリミング。ウエストには必ずベルトでマークして女らしく

クラッシックなアイテムの着こなしほどウエストマークは重要です。

1011.jpg
パープルでも、少しピンクに流れて、女っぽく甘いバーガンディ

パリでは目立ちます。バーガンディのコートに

同色の花弁を濃淡でプリントしたドレスを合わせます。

黒のタイツで、足元はすっきり。

335.jpg
フィナーレでは、黒のレースから甘いピンクやコーラルが勢ぞろいです。

イブニングにも黒いタイツって、若くてカジュアルさがあって

コンサバではないのが良いですね。

1216.jpg

これはフィナーレですが、最後に登場してきたガルボハットのモデルが

ファーストルックです。

 

20 / 31« TOP...10...1819202122...30...LAST »