藤岡篤子BLOG
CATEGORY : COLLECTION REPORT

手工芸のグラマラス! PRADA

プラダがある日は朝からドキドキです。
絶対に遅刻しないように、展示会のスケジュールも
詰め込みすぎないように調整します

小さなエントランスに招待客が詰めかけ、厳重なチェックで
入場するのに時間がかかり、、。

というか、もうその前にプラダ本社があるエリアでは、
車が大渋滞して(プラダ渋滞、、)遅刻しそうになり
いったい何回車を降りて走り込んだことか。

 

だからきちんと(はあはあせずに)静かな心で
コレクションを見るためにも、朝から時間のコントロールして臨みます。

ちょっと大袈裟ですが、でもそんな感じです。

会場に着くと、そこには正面に大きなPRADAのロゴ。
これは毎シーズン同じですが、ロゴのマテリアルがショーの内容と
いつもリンクしていて興味深くチェック!

1
1-02

ここで撮影ポイントにもなっていて、立ち止まる人多数。
今回は、会場の装飾にも使われたロバート・マクギニスの
イラストのコラージュでできています。

ガーリーでノスタルジック!可愛いです

会場の壁面には同じイラストの大小が張られ、まるで10代の少女の部屋に迷い込んだよう。

02 02-02 02-03 02-04

こんなノスタルジックなポスターは50年〜60年代調ですね。
ロバート・マクギニスのタッチを生かしたPRADAのポスターになっています。

03 03-01 03-03

ベッドやソファーは小花柄やふわふわ、もこもこの素材が使われ、
本当の部屋に紛れ込んだような親密さが漂います。

03-04 03-07

そこに席番号が置かれ、ベッドやソファーの上に腰掛けショースタートです。

03-0603-05

ハイライトは手編み感、手刺し感満載のビーズ刺繍や、バルキーニット
色も暖かく、秋冬らしい温もりに溢れています。

04-05 04-01 04-02 04-03

展示会も同じ場所で開催されます。
ゆっくり手にとって、素材も見て、お話も伺います。

06-0306 06-01 06-02

ちなみに私はこのビーズ刺繍のニットにノックダウン!!
今年の秋はきっとこのカーディガンを着ていることと、、思います。

07

CATEGORY : COLLECTION REPORT

GUCCIは日本大好きアジアLOVER

2017年秋冬コレクションは、昨年完成した新社屋で開催されました。
狭くなるかと思いきや、思い切り広いスペースが用意されていて
ミラノ郊外とは言え、さすがGUCCIのスケールはスペシャル!

アレッサンドロ・ミケーレ好みのクラブのような暗い照明の中
やっと席にたどり着くと、目の前に広がるのは大きなピラミッドとガラス張りのランウエイ!

まるで水族館で泳ぐ魚を見るように、水槽の中のモデルを見る仕掛けです。

DSC02513DSC02511

暗い中で目をこらすと、GUCCI LOVERの人達がたくさん

2

ショーが始まるとこんな感じです。

目視はもちろん綺麗に見えますが、写真に撮るとステージのガラスに反射して
赤くなったり、青くなったり、、

3 3-2  3-43-53-3

というわけで早速翌日に展示会に行ってきました。

「錬金術の庭」というテーマのもと、グッチ独特な装飾感にオリエンタルな要素がミックスされ、元の形はベーシックなのに配色、装飾、様々に施された手仕事などが加わると
あっという間にファンタジーに満ちたガーリーだけど
可愛いだけじゃない不思議な世界が広がります。

展示会場の広さにも圧倒されつつ。
レディスとメンズを合わせて119点という膨大なルックス数

それがまた単品で構成されていますから、服をピースで数えると
いったい幾つになるのか、、

GUCCIの方も数え切れない、、、と言われていたほどの多さです
私が気になったのはコレクションでは
こんなスーツやカジュアルなTシャツ。

 

リアルですぐにでも着られそうな感じ!
こんなスーツ日本の女子も大好きですよね

 

「猫ブーム」は一段落しましたが、こんなほのぼのとして絵本のような
イラストは素敵〜!

4

ポーチバッグが大復活?がたくさんモチーフで登場しました。
アームバッグも腕輪のように登場。

ウエストに巻くアクセサリーです。
黒のレザーにゴールドメタルの迫力の組み合わせ

今季のアレッサンドロは「庭」がテーマだけに昆虫が気になっているみたい!
蝶々やカブトムシ?がたくさんモチーフで登場しました。

5

広い会場のあちこちにヘッドアクセサリーが飾られていましたが
やっぱりこの秋はこれ!!

プリントスカーフをヘッドバンドのように巻いたり
テニスのヘアバンドのようにあしらってみたり「GUCCIのロゴ」を
スポーティにあしらってみたり。

6

個人的に買わないな、、とは思いましたが、このクロスカルチャー的な
日傘!!大好きでした

7

ミラノのスーパースター アレッサンドロの渾身のコレクション
やっぱりゴージャス♡

 

 

 

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ミラノのバリエーション豊かなもこもこ素材 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

日本でも流行したファーを中心とした「もこもこ素材」
今シーズンのミラノでは、もこもこ素材の取り入れ方はバリエーション豊富
今回もバックステージフォトからディテールを交えつつご紹介!

カラフルなパッチワークに、ライトグリーンのベルトを合わせた
パステルスタイルはBLUGIRL

BLUGIRL_FW1718_backstage (51) BLUGIRL_FW1718_backstage (49)

カラーやカフス、帽子などのワンポイントでの使い方も多数

BLUGIRL_FW1718_backstage (58) BLUMARINE_FW1718_backstage (54) BLUMARINE_FW1718_backstage (70) BLUMARINE_FW1718_backstage (75)

MSGMはビビッドなカラーを展開、ボリューム感たっぷりなビッグサイズライダース
モノトーンのスポーツラインもアクセントに

WUNDERKINDMSGMWUNDERKIND

取り外し可能なカラーファー、無骨なブルゾンに合わせるのが今シーズン流
上品なスカーフの使い方も見逃せません

MSGM
WUNDERKIND

そして、ファーと言えばやはりFendi!
ビッグカラー、カフスで大胆に使用

WUNDERKINDWUNDERKIND

ライトブルーのファーコート、カラーやカフス、ベルトで切り替えたり
オレンジとの組み合わせが非常に鮮やか

WUNDERKINDWUNDERKIND

刈り込みでパターンを表現したラグジュアリーなファー

WUNDERKINDWUNDERKIND

最後はもこもこ感は少な目ですが、ライダースやスポーツブルゾンの部分使いは
Diesel Black Gold

Diesel Black Gold 201718aw press Backstage (58)Diesel Black Gold 201718aw press Backstage (79)

もこもこ素材をまとめると、鮮やかなカラー、カラーやカフスの部分使い、
ライダースなどのブルゾンでの使用、エレガンス、ラグジュアリー、そういったイメージに
抑えつつ取り入れることが重要なポイントかもしれません。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ヘンリー・ムーアとバーバリーの関係は?

前シーズンから使用しているMakers Houseが会場

レスタースクエア、コベンドガーデン近くの賑わう一角にさらなる人混みがあり
地図を見なくても、行けるのがバーバリーのコレクション会場 笑

警官やガードマンまで動員した。
ロンドン最大の規模のコレクションです。

会場が小さいので、本店で開催されるプレス用の
ライブストリーミングに呼ばれている人も多いとか!

会場に一歩入るとグリーンの牛?そしてヘンリー・ムーアの彫刻やポスターが所狭しと
並べられています。

1 (1)
 1 (2)

会場内は藤の椅子など、リゾート感覚の椅子が並べられ、
春夏の服のコレクションだなというのが
インテリアの雰囲気からも醸し出されています。

2 (1) 
2 (2)
ヘンリー・ムーアは財団の協力を得て、世界各地の美術館から集められ、
しばらくこの場所で展示されるそうです。

なぜヘンリー・ムーア?と思われる方も多いと思いますが

ヘンリームーアが生まれた英国ヨークシャー州のキャッスルフォードは、
昔からバーバリーの最大の縫製工場があるところ。

しかも、クリストファー自身が、ヨークシャーの生まれなので
郷土を代表する芸術家として、ずっと敬愛していたアーティストだそうです。

3 (1)
 3 (2) 
3 (3) 
 3 (5)

3 (4)
普段は、美術館でしか見られないヘンリー・ムーアが目の前に!
ちょっと興奮してしまい、ぐるぐる会場巡りをしてしまいました。


コレクションが始まると、これまでのドレス中心だったフェミニンなテイストに変わって
レイヤーで構成したフルいっぱいのブラウス、レース刺繍のシャツ、ニットなどが
組み合わされ初めてのカジュアルレイヤーと言って良いほど、衝撃的な内容でした。

4 (1) 4 (2)
 4 (3) 4 (4) 
4 (5) 4 (6)
 4 (7)  
お得意のプリントも今回は少なく、あってもブルームズベリーの
花柄などではなくヘンリー・ムーアの彫刻をプリントしたものであったり。


5 (1) 5 (2)

メンズもジャストウエストの野暮ださ系の可愛いボーイズルックです。
レース使いもレディスと同じでした。


6 (1) 6 (2) 
6 (3) 6 (4)
 6 (5)


フィナーレは、ショールックにデコラティブなケープを
書けたコーディネートで圧巻のパレード


7 (1) 7 (2) 
7 (3) 7 (4) 
7 (5)
CATEGORY : COLLECTION REPORT

招待状もアイディアいっぱい!ロンドンコレクション

最近はロンドンコレクションも朝から夜遅くまで見るべきコレクションが満載で
前はセルフリッジやオックスフォードサーカスあたり
をリサーチする時間があったのですが
もはやコレクションだけで手いっぱいの日々が続きます。

今回はなぜか時差が強く、毎日2時、3時過ぎに目がさめるので辛〜いです。

ロンドンが他の都市と違うところは、まず招待状にオリジナリティがあるところ!
前はミラノやパリもこういうの多かったなあ!と思うような凝った招待状が多く
開封するのが楽しみです。

 

初日に到着したマルベリーはレザーメーカーだけに、
英国らしいりすの刺繍を施したクラッチバッグが!

中にラベンダーカラーの招待状が入っていて、老舗のセンスが漂います。

1

コレクションにも、ニューヨーカー記者など、海外プレスの初お目見えが多く、
マルベリーへの注目は高まっています。

2 2a 2b 2c

ハウス オブ ホランドの招待状は、ウッドペッカーのTシャツ!可愛い〜!
でもLサイズ、、。

3

コレクションはガーリッシュなウエスタン風味のラブリーテースト
ウエスタンブーツのバリエーションが物欲をそそります。

3a 3b 3c

最近服にも力を入れているアニヤ・ハインドマーチ。
ステッカー人気の火付け役です。

今回はカラフルな人型が連なった招待状。
色んな人種が混じっていて、本当の世界というメッセージでしょうか?

私もYESです。

4 4a

コレクションも服がパワフルに登場しました
毛皮もアニヤだけではなく、結構目につきます。
だから動物愛護団体が余計にエキセントリックになるのでしょうか?

5 5b5a

動物愛護団体といえばロンドンファッションウィークの建物を囲んで
毎日デモストレーションをしていました

動物の悲鳴を大音量で流し、それだけでも耳を塞ぎたくなる過激さでした。
私はモッズコートに毛皮のライナー付きを着ていたため
絡まれそうな雰囲気で、早々に場を離れました。

6a 6b 6c

MM6はランウエイができるまでのバックステージの
準備の様子をそのままプレゼンテーション!

モデルのオーディション風景など、スタッフ総出で盛り上げていました。

7 7b 7c

さあ、今日はロンドンコレクションの「花」バーバリーです
招待状も、エジプトで掘り出した石版??のような神秘的な感じです。

7D

そろそろ出かけなくては、、。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ハッピーメイクで幸せオーラ シャネル

ナチュラルメイクは、ベーシックとしてまだ根強い人気ですが
そろそろピンクやレッドの春らしい幸せカラーの出番です。

ファッションでもピンクが増加し「パラダイスピンク」と呼ぶブランドも出たくらい
ハッピーオーラを振りまくカラーです。

世界全体を覆う、宗教的対立や、移民問題など、混迷し社会不安に煽られる中で
ファッションやメイクで、明るさを取り戻したいという、
ファッションの持つ強みを発揮したでもあります。

中でも、シャネルのほんのり、しっかりハッピーメイクはこの春夏の気分を象徴するもの。
洋服やキャップにも、ハッピーカラーが使われているのですが
メイクのポイントは赤いリップと2重に入ったピンクのチーク

軽やかで愛らしく、すぐにでも真似できそう。

1-1 1-2

赤いリップは大人気!

ドルチェ &ガッバーナは官能的に、バレンティノは少女っぽく!
大御所ブランドは赤い唇でワンポイント

2-1 2-32-2  2-4

一方で、幸せ感漂うナチュラルメイクも健在です。

ナチュラルメイクの代表選手はミュウミュウ。
50年代のスイムキャップをかぶって健康的な水泳選手みたいなイメージですね。

3

ディースクエアードも、服は装飾満載だったけれどメイクはこんなにナチュラル!
次からは、メンズのシーズンにレディスコレクションが統合されるので
この春夏が、見納め、、、パンチの効いたコレクションなので毎回楽しみだったのに~。

残念です(涙)

DSquared2 Milan RTW Spring Summer 2017 September 2016

唇はヌーディに目ジカラで迫力!は70年代のスージー・スーの歌舞伎メイクを思わせる
パワーメイクのルイ・ヴィトン

ソフトなロマンティックムードにガツンと放つアイビームパワーは、N゜21
どちらもつり目に描き、目力は半端じゃありません

N°216

ロマンティシズムとキラキラ感を盛りに盛って見せたのがフェンディです。
ショーもすごく良かったけれど、ヘアとメイクもキラキラとすごかった!

まずショーのオープニングを飾ったベラ・ハディッドとジジ・ハディッドの姉妹
妹の方が大人っぽい顔立ちですね
カール・ラガーフェルドのお気に入りです。

7

アイラインを長く入れ、東洋風の切れ長のつり目にデフォルメ、唇はラメリップで
キラキラ光らせ、カラフルなヘアアクセサリーでポップな感じ。
可愛いような、何だか恐いような、、今の女の子のイメージを逆彫リ?

FENDI8-2FENDI

ピンクにレッドにキラキラ!
ピンクはネガティブイメージが全くないと言われるカラーですから
取り入れるのも良いし、心の引き出しに大切にしまっておくのも良いのでは?

それでは、今年も宜しくお願いいたします。

CATEGORY : COLLECTION REPORT

2017春夏コレクショントレンドセミナーの御礼とご報告

こんにちは、uccieです!

セミナーシーズンの慌ただしい日々を過ごしている間に
いつの間にか秋が去り、本格的な冬が到来!
今年も紅葉を堪能出来ませんでした…残念

そんな季節の変わる間に、fプロジェクトが主催の2017年春夏シーズンのセミナー
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 2017春夏 4都市コレクション」
「MONTHLY MD SEMINAR 2017年春夏 コレクショントレンドセミナー 第2弾」
それぞれ2つのセミナーを無事に終了することが出来ました。

今回はトレンドセミナー当日の会場の様子を振り返らせていただきます。

トレンドセミナーでは東京、大阪、名古屋の計4会場で開催し、
お忙しい中それぞれの会場で多くの受講者様に、
ご参加いただきまして誠にありがとうございました!

dsc02255dsc02239
10月27日(木)よみうりホール

dsc02447
11月4日(金)新宿明治安田生命ホール

当日配布したトレンドブックはこちら!
表紙にはシャネルの会場に登場したカラフルなコードや
ドリスヴァンノッテンでの「氷に閉じ込められた花」を背景に
非現実的でエキゾチックやサイバーを意識したカラフル感が強調されたものとなりました!

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af2

今回もSHINDOのリボン&テープのトレンドページに、
17SSシーズンのサンプルノートをご提供していただきました!

▼SHINDO
http://www.shindo.com/jp/

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af-4

オーストリッチを中心としたアニマルレザーは今シーズンもマストで
ボッテガヴェネタではアウターやバッグ、部分使いなどバリエーション豊かでした!

▼オーストリッチ協会
http://www.ostrichsa.co.za/

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af-7

 

充実の内容だったのは講演だけではありません!
今回も会場にはご協賛社様のブースを出展していただき、
講演中以外も、非常に賑やかなものとなりました。

▼PHYT’S(フィッツ)
PHYT’Sはフランスの自然が生んだ天然素材100%のオーガニックコスメ
当日はサンプル試供品の配布や、その場で実際にお試し可能でした
PHYT’S 公式サイト

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84

dsc02137 dsc02140 dsc02195 dsc02272

▼Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)
Dr.ハウシュカ化粧品は自然由来成分のみを使用した化粧品
こちらでも、スタッフの説明を受けつつ、お試し可能となっており、常に賑わっていました。
Dr. Hauschka公式サイト

dr-1 dr-2 dr-3

▼Bemberg(ベンベルグ)
旭化成のせんい、キュプラ ベンベルグでは生地に触れていただけるサンプルを
展示していただき、さらにアンケートにお答えいただくとサランラップをプレゼント!
Bemberg公式サイト

%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%b0-1 %e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%b0-2 %e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%b0-4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%b0-3

▼福助のストッキング 満足
はいてないような、はき心地。素肌の色を美しく見せる『満足』でも
投票形式のアンケートにお答えいただくだけで、満足のお好きな色を一点プレゼント!
満足 公式ページ

dsc02125 dsc02204 dsc02309 dsc02322

▼ELLE
ELLEではトレンドセミナーの会場限定で、定期購読の特別割引キャンペーンを実施!
ELLE ONLINE

elle_coverelle

また現在、当blogの読者限定でもこの定期購読の特別割引キャンペーンを実施しております
11月一杯のお申込みとなっておりますので、是非この機会に下記詳細からお申込みください

%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e7%94%b3%e8%be%bc%e7%94%a8%e7%b4%99_f-fiori-cafe-blog%e6%a7%98%e7%94%a8

ELLE 定期購読の特別割引のご紹介

▼ARTRANCE CHURCH(アトランスチャーチ
シンデレラは御協賛頂いたELLEにも特集されている「プリンセス特集」の
ミュージアムとグッズを企画販売している「アトランスチャーチ」
ARTRANCE CHURCH 公式ページ

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac%e3%83%a9-1%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac%e3%83%a9-2

▼Cotton Labo
オーガニックコットンを使用したコットン製品を開発している
「コットンラボ」の話題の商品「水素パック」「炭酸パック」をサンプリング!
Cotton Labo 公式ページ

%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af-1%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af-4

▼TULLY’S COFFEE
今回もタリーズコーヒーのご提供もありました!
味わい深い一杯でほっと一息ついた受講者様も多かったのではないでしょうか!?

TULLY’S COFFEE 公式ページ

dsc02264dsc02262

▼WACOM
ペンタブレットメーカーのWACOMでは、実際の新製品を体験可能となっていました。
新感覚のアパレルCADシステム「
Alpha myu Touch」も実際に使用していただけるなど
非常に貴重なブースとなっていました!

WACOM 公式ページ

%e3%83%af%e3%82%b3%e3%83%a0-1%e3%83%af%e3%82%b3%e3%83%a0-2

最先端のCADシステム、Alpha myu Touch のデモムービーも下記リンクからご覧ください!

Alpha myu Touch デモムービー第1弾

 

今後もコレクショントレンドセミナーでは、ファッションとともに
ライフスタイルから実用的なツールなど、様々な品を御紹介して行きたいと思います。

【2017年秋冬コレクショントレンドセミナーの日程が決定しました!】

3/28(火) 東京  よみうりホール
3/29(水) 名古屋 デザインホール
3/30(木) 大阪  サンケイホールブリーゼ
4/4(火)  東京  新宿明治安田ホール

Webページの開設、DMの発送等の告知につきましては、日程が決定しだい配信いたします。
是非ご検討くださいませ!

 

 

CATEGORY : COLLECTION REPORT

AORを制するもの それはブラウスとシャツ!!

2017年春夏のコレクションは大きな流れは前シーズンからの
ロマンティシズムを基本にしながら、落ち着きのあるリアルクローズへと
一歩踏み出しAOR(Adult Orienred Romace)
大人主導型のロマンチシズム)へ変化しています。
そのキーアイテムがブラウスとシャツ

ブラウスはこんな風な割とシンプルなTシャツブラウスのようなものも出始めました。

1

シャツ地で作ったボウブラウスも新鮮です。

2

素材をコットンに変えるだけで、シルクとはこんなに表情が変わります。

2-5-1 2-5-2

シャツ地は今季の台風の眼といって良いほどトップスからドレス、
セットアップ、コートまでシャツ地使い!

特にブルーと白の典型的なシャツストライプ使いは「主役」級の出番の大さです。

この春はお袖のボリウムが巨大化しているので、こんなバタフライスリーブから
サイドのフリル(ストライプとボーダーをバランス良く配しています)

3

普通に見えるパフスリーブも、大きなバナナスリーブでカフスに乗っかるほどの
ボリュームがさりげなくあしらわれています。

dsc01020

さりげないTシャツもシャツ地にフリルを使うだけでこんなに新鮮!!

4

シャツ地を縦横にバイヤス使いでこんなにボリュームたっぷり!
ブラウス顔負けのフェミニンさです。

6-1 6-2

メンズシャツはオーバーサイズ使いで、裾を出して大きく着こなします。

7-1 7-27-3

でも私はやっぱりブラウス派かな!?
こんなにスィートなディテールが、満載!でもコットンレースなど印象は素朴です。

8-1 8-2 8-3 8-4

デザインブラウスは、シンプル化が進んでいます。

9-1 9-2

品が良くて大人のロマンティックブラウスにぴったり!
でも、こんなシャツ地をお見せしていながら

私が来春買うのはきとこれでは?!と心密かに決めております、、。

10

それでは、MDセミナーでボトムやドレスのお話もしたいと思います!
See You♪

11月17日(木) 2017年春夏のトレンドセミナー第2弾!
【2017年春夏マンスリーMDセミナー】受付中!

お申込みはこちらから!

11/17(木) 13:30-16:45
フォーラムエイト401会議室
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7
新大宗(しんたいそう)ビル401会議室(4階)

CATEGORY : COLLECTION REPORT

ディオール初めての女性デザイナー マリア・グラッチア・キウリ

ディオール史上初めての女性デザイナーが就任しました。
元バレンティノのデュオの一人、マリア・グラッチア・キウリです。

バレンティノには、デュオの片方であるピエロ・パウロ・ピッチョーリが残り
デザインを担当しています。

パリを代表する2大クチュールブランドに、長らくデュオを続けてきた2人が
分かれて就任するとは前代未聞の事件!

その意味でも、ファッション界にとって興味津々なコレクションでした。

 

取り急ぎ速報をお送りします

ファーストコレクションのオープニングは「ホワイト」

Christian Dior Paris Fashion Week Ready to Wear Spring Summer 2017

Christian Dior Paris Fashion Week Ready to Wear Spring Summer 2017

フェンシングの胴衣を思わせる、スポーティで清潔感のある白が前半を彩ります。
後半は繊細な手仕事のビーズ刺繍のイブニングなど、バレンティノの遺産を思わせる
クチュールのアトリエ技術を感じさせる美しさに拍手がわきました。

私も、とても繊細で華麗でクチュールブランドらしい品格にあふれ、美しいと思いましたが
モデルのドレッドのアップヘアが、あれ!1年前のバレンティノと同じ?などと
変なところに目がいってしまいました。

son_6004

何はともあれ、大成功のディオールでした
あとはバレンティノを待つのが楽しみです。

1 / 3012345...102030...LAST »