藤岡篤子BLOG
CATEGORY : uccieのつぶやき

早くも気になるPrefall2016速報 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

寒い寒いと言っていたら、いつの間にやらPrefall2016が開幕
先日までの2016SSで埋まった脳を切り替えつつ、
2016SSからの流れを踏まえながら、可愛い物をピックアップ!

現在はChanel,Burberry,Fendi,See by chloeなどが発表されています

早速ですが、やはり秋冬に欠かせないチェック
特にモノトーンのブロックチェックはコート、シャツにも登場
最も定番的なチェックですが、使いかた、アレンジに期待がかかります

see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-25
シー バイ クロエのこのコートはファーや黒のブラウスとの合わせが
可愛いらしく、ダブル調のジップ使いで新しい感じがします

_A2X0016 04-mm6-prefall-2016

ここ数シーズンはシアー感のある素材がトレンドですが、
ブラックのシアー素材ドレスが目立っています
切り替えに柄で表情を変えるのがポイントでしょうか!?

19-fendi-pre-fall-2016
see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-20burberry-prorsum-pre-fall-2016-025

uccie的にグッと来たのがデニムセットアップ
ちょっと男らしい着こなしにポージング、ポケットに手を突っ込むのが流儀

金ボタンや赤ステッチにベーシックとは少し異なるアレンジが効いています

burberry-prorsum-pre-fall-2016-015 see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-30

フェミニンな流れだと、このラッフルビッグスリーブ
フリルなどで非常にあま~い着こなし、カラーもあま~く

04-fendi-pre-fall-2016 see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-06

いやいや、甘さよりスポーツだ!という方には
トリコロールなライン使いを推したいです、16SSにも登場したジャージトップスは
果たしてトレンドとなり得るのでしょうか…

burberry-prorsum-pre-fall-2016-001

本日はここまで!現状ブランドも少ないので、非常にぼんやりとした流れですが
マニッシュ、フェミニン、スポーツとどれも期待大!

uccie目線ではございますが、prefall速報をしていきたいと思います!

CATEGORY : uccieのつぶやき

届くだけで幸せ!2016春夏インビテーション集 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

さて、今回はコレクションを語るには欠かせない
個性溢れるインビテーションを、ご紹介!

コレクションが終わってみれば、もちろんリンクしていると感じますが
ショーを前に受け取れば、たった1枚の招待状にもかかわらず
ワクワクと想像で興奮が止まらないシロモノと思われます。

uccie的にお気に入りなのはコバルトブルーが爽やかな
HUNTER ORIGINAL

1 (1) 1 (3)フィロソフィは前シーズン象徴的だった小花柄に白文字と爽やか
ピンクイエローブルーの春色のほっ、とする配色がいいですね

3 (1)

3 (2)

続いてのプラダは透明なプラスチックにイエローのコーティング材とフューチャーな雰囲気

4 (4)

封筒も白のビニール素材と、無機質な雰囲気です

4 (3)

この素材感はコレクションでのトランスペアレントのレイヤードを示唆していたようです!
今後のインビテーションは重ねてみたり、光に当てたり、スマホで撮影したりと
そんなギミックなんかも登場するのでしょうか?

4 (1) 4 (2)

マッシモ・ジョルジェッティ初のエミリオプッチのインビテーションは
ルックの一つにあったカラフルな羽根を組み込んだドレスと同じ物
5 (4)

EMILIO PUCCI The simplicity, colour, style and movement of Pucciユs clothing contributed an unsurpassed sophistication in casual dress, and it is still influential today. Known as the "Prince of Prints", Pucci designed slacks, shirts and dresses in vivid and startling colour combinations. By urging chemical companies to develop a broader range of vibrant hues, Pucci created a kaleidoscope that had not been possible before. He achieved varied effects, even within the same palette of colours, by changing the combination, scale and proportion. His wild geometrics and multi-collared flowing designs replaced the staid, tame prints that had been more typical. Milan fashion week Ready to wear Spring Summer 2016

ドルチェ&ガッバーナは冊子に日替わりのメニューまで
リトルブラックドレス
カプリパンツ
ビーチサンダル…
などなど、2016年春夏のメインディッシュのご紹介

6 (2)

冊子の中はイタリア愛溢れるイラスト週、中には舞妓の姿も

6 (3)

封筒にも切って風イラストと、ここまで楽しく可愛くていいのか!?という素晴らしいインビテ
6 (1)さて最後にご紹介したのは、今を時めくグッチのインビテーション
繊細な切り絵の招待状もさることながら、やはり目を惹くのはレースを使用した封筒

7 (2)

コレクションさながらの刺繍に、ミケーレが好きなハチのモチーフもあしらったゴージャスなもの
間違いなく永久保存されることでしょう

 

7 (3)

CATEGORY : uccieのつぶやき

ボブヘアーの新星、ペイトンナイト ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

突然ですが、16ssシーズンに登場したモデルが非常に気になります。

NYコレクションでアレキサンダー・ワンが採用し、デビューした
米ミズーリ州出身で17歳のペイトン・ナイト(peyton.knight)です

f49404b6bb0c966c706d468f26ce42e5

あれ…?こんな子いましたっけ?と思う方も多数でしょう?
このペイトン・ナイトが印象的だったのは、そうこのボブヘアーかと思います

_GUC3781

Gucciのバックステージから

どうやらアレキサンダーワンのショーの前にばっさりカットしたようで
このワンレンの重めのボブヘアーが、非常にキュートで
一気に人気と注目を集めた感があります。

ALEXANDER WANG New York Fashion Week Ready to Wear Spring Summer 2016

アレキサンダーワンでは無造作に

COACH New York Fashion Week Ready to Wear Spring Summer 2016

初のcoachのランウェイショーにも、一番の注目アイテム
ライダースと花柄ドレスのスタイリングで登場

_MSG9371MSGMのバックステージでは少しお疲れのご様子

SS16 MILAN FASHION WEEK FASHION

Gucciでは内巻きでよりガーリーに

他にもマークジェイコブス、ヴィクトリアベッカム、シャネル、バレンシアガと
多数登場していました。

日本でもボブは非常に人気で、少し幼い雰囲気も日本人にも
好まれそうで、今後かなーり注目したいと思います。

タイミングが悪かったのか、パンツルックでちょっとガニ股なところも
中々印象深かったです…(笑)

Balenciaga_16SS_main_26MSGM_SS2016_press (10)

 

 

 

 

CATEGORY : uccieのつぶやき

16ss を彩るのはハッピーレインボー~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

16-17awのFTFセミナー、2016ssのトレンドセミナーと続き
非常に慌ただしいシーズンが終了し、ようやく落ち着くことが出来ました。

セミナーへのたくさんのご出席、誠にありがとうございました!

さてさて、落ち着きを取り戻したところで改めて2016ssを振り返ってみると
真っ先にハッピーで活気に溢れたコレクションと感じました。
そのおかげか、嵐のようなシーズンを元気な気分で乗り切れた気がしました!

uccie的にそのハッピー感の象徴として推したいのは「レインボー」

今年の象徴的なコレクションと言ってもいい、chloeのパステルなレインボーは
イチオシ、バックステージではモデルもついついハッピーな気分に

他にもクロエではマキシのスリップドレスにレインボーが
エスニック色が強すぎず軽やか~でかわいいです

CHLOE Paris fashion week Ready to wear Spring Summer 2016

地上の楽園のカリブ海に旅立ったTommy Hilfigerもトロピカルなレインボー
ビーチやリゾート感の醸し出す雰囲気はまさにハッピー
色鮮やかなパッチワーク、ストライプでのレインボーは16ssのエスニックの主役

色鮮やかなコレクション!という点で外せないのはミラノのMSGM
得意のカラーブロッキングはアシンメトリーに重ねたり、グランジ感のあるフリンジで演出

4 (1)MSGM_SS2016_press (8)

ロンドンのChristopher Kaneもフリンジやケミカルなカラーでレインボー
レースシャツドレス×無造作なスプレーカラーやランダムなフリンジは自由な感覚で素敵です

DSQUARED2はネオンカラーやテープ使いにスパンコール
独特な雰囲気でのリゾート感

6 (1) 6 (2) 6 (3)

フィナーレも実に鮮やか
6 (4)最後に未来はハッピーで溢れている(?)ということでANREALAGE
フラッシュが当たると、柄が浮かび上がるというギミックのコレクション

実際の虹のように、一瞬浮かび上がった万華鏡柄のレインボー
一番この目で見てみたかったコレクションですね

7 (2)7 (1)

さて、uccieが選んだ16ssのレインボーは如何だったでしょうか?
今シーズンはより、軽やかでハッピーだったり、リゾート感だったり
無造作なフリンジやストライプなど、様々なレインボーカラーが登場しました。

来シーズンはリオ五輪ということもあり、中南米ファッションのような
ハッピー感溢れるカラー使いがトレンドになりそうなので
是非レインボーカラーを取り入れてみては如何でしょうか!?

 

 

 

 

CATEGORY : uccieのつぶやき

メンズのニットもビジュアル重視で! uccieのつぶやき

こんにちはuccieです
猛暑猛暑猛暑!ですが、秋冬シーズンは続々スタート

前回のブログではレディスのニットが紹介されていますが、
メンズもフィッシャーマンといった無骨で重厚なニットではなく
シンプルベーシックなフォルムながら、カラーブロッキングで魅せる
ビジュアル重視なものが、今シーズンは押さえたいところ

カラーブロッキングでも筆頭なのはボッテガヴェネタ
アート調のカラーブロッキングは褪せ気味のカラーを用いて
尖った印象にならず、穏やか。パンツのカラーも対照的なものでバランスをとっています。

ヴァレンティノもキュビズムからインスパイアされ、構築的なジオメトリック柄
こちらも淡い配色と小物使いで、シックな面持ち

カーディガンやニットアウターはノルディック要素で
ややゆったり目シルエットで

タートルネックもブロッキングだが、少しクセの強いもの
チェスト丈で厚さを含む強い変化をつけたり
ボーダーで連続的に違った変化を使用したりと、インパクト重視

ブロッキングが難しいイメージなら、今シーズンはアニマル調
わかりやすいシルエットを活かしたシャークモチーフや
思わず押したくなる肉球、ノルディックに紛れ込んだうさぎ
Maison Kitsuneの定番のフォックスプリントなど

やや茶目っ気のあるのが今期のアニマ

CATEGORY : uccieのつぶやき

秋冬の始まりはレディスもメンズも「ワイドパンツ」から!~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

さていよいよ秋冬の立ち上がりが近付いてまいりました。
雑誌もFashion系サイトも徐々に秋冬の記事が増え
ファッションのシーズン変わり目のを感じます。

その中でも、ワイドパンツに注目が集まっているようです。

たとえば、「25ans」などの婦人誌でも、早速取り上げられてました

 

また「Fashionsnap.com」でも英国ブランドE.TAUTZの極太パンツに注目

「極太パンツがヒット 英国E.TAUTZがショップ店員から支持 」
http://www.fashionsnap.com/news/2015-07-29/etautz-mathematics/
※Fashionsnap.comより

E.TAUTZはコレクションを見ても、カジュアルなイメージではなく
グレーのウールを使用したエレガントなもの
素材の重みを活かした、腰から腿までスッと落ちるシルエットが
今シーズンらしさを感じます。

デザイナーのワイドデニムに丈の短いニットベスト巧みな着こなし
uccieとしては見逃していたのを非常に後悔しています…非常にかっこいい

 

レディス、メンズ共にトレンドとして真っ先に注目されているワイドパンツ
折角なので2015-16AWコレクションから、レディス、メンズ両面から
ワイドパンツをチェックします。

ボッテガヴェネタは雰囲気の異なるタイプのワイドパンツを提案
レディスはグラフィカルなドットを全身に用いたスタイルで、ハイウエスト気味の
ものを採用、コートとパンツのカラーバランスが絶妙です

対してメンズでは、ゴムウエストで非常にルーズな着こなしと正反対
腰履きどころか下着が覗いていてかなりのカジュアル感
ですが、上品で鮮やかなカラーとマッチする素材感が野暮ったさを感じさせません

続いてジル・サンダー
レディスはそこまでワイドとは言えませんが、こちらもハイウエストから
スッと落ち、非常に綺麗なラインとなっています

メンズは股上深めの本命と言えそうなシルエット
タックをとり、少し絞ったウエストから膨らみ、ウールのドレープ感がたまりません

Amiはメンズコレクション内で登場したレディスのルックでワイドパンツが登場
メンズライクな着こなしは、トレンドカラーのホワイトでまとめ
スニーカーとの合わせが新鮮なルック

メンズはこちらもルーズなウエスト、
着こなしはカジュアル、素材感はエレガンス、この雰囲気がキーとなりそうです

レディスとメンズではガラッとイメージが違うコレクションが基本ですが、
ワイドパンツはここまで提案されているのです。

同デザイナーではありませんが、着こなしとして新鮮なのはスーパーハイウエスト
ステラ・マッカートニーとメンズはランバン

なかなかチャレンジな着こなしですが、ポイントはベルトと股上の深さ
uccieが春夏メンズで押していましたが、トップスインのは見逃せません

秋冬なので、お腹も暖かいので是非チャレンジ!

CATEGORY : uccieのつぶやき

バック・トゥ・ザ・フューチャーのファッション作り ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

今年は2015年…そう2015年といえば
あの映画、バックトゥ・ザ・フューチャーの30周年となります!

作中でも公開年の1985年から、1955、2015、1875年に
デロリアンという車でタイムスリップする名作

30周年ということもあり、uccieも10年振りぐらいに見返したのですが、
1955年のファッションなどの再現度、雰囲気作りに感動しました!

ちょっとお嬢様っぽいコンサバも、淡いカラーやシルエット、
それにチェックのスカートと、今年の秋冬でも登場しそうな雰囲気

2015秋冬のBlugirlが髪型といい、それに近い雰囲気でした