藤岡篤子BLOG
CATEGORY : uccieのつぶやき

16-17AWは変幻自在な輝き素材に注目! uccieのつぶやき

こんにちは、uccieです!

現地の速報レポに代わりまして、今回はuccieがお届け
非常に厳しいスケジュールに加え、パリは雨雪の嵐とのこと…

さて、既にパリも中盤の201617AWコレクション!
取り上げたいことは山ほどありますが、新鮮なトレンドになりそうなのは
「輝き素材」!

ロンドンのバーバリーではグリットな輝きの新しいトレンチ、
スパンコールのトップス、スリットの入ったドレスは鮮やかなピンクベージュと
様々なカラー、光沢感が登場

1 (3)1 (1)

1 (2) Burberry Womenswear February 2016 Collection - Look 48

ハイテクな素材でのリキッド感の強い光沢
秋冬では意外な登場

JIL SANDER Cividini is an Italian fashion house known for producing luxury cashmere knitwear, founded in 1988 by the idea of Piero Cividini and his wife Miriam Cividini.FW16 LONDON FASHION WEEK

透け感+光沢やニットとのMIX素材など、バリエーション豊富

4 (2)

FW16 NEW YORK FASHION WEEK

秋冬らしい光沢はベルベット、べロアで

DRIES VAN NOTEN Paris Fashion Week Fall Winter 20162 (6)

スパンコールタイプは少な目ながらも、存在感あるルックが多くなっています。

2 (4)

PREEN London Fashion Week Ready to Wear Fall Winter 16/17

全体を通して見ても、非常に目立つの光沢素材
表現方法は様々ですが、トレンド間違いない雰囲気です

 

CATEGORY : uccieのつぶやき

16-17AWのブリティッシュは+抜け感 ~uccieのつぶやき~

こんにちはuccieです。

引き続き16-17AWのメンズ

今回メンズを摂関したミリタリーや古着を思わせる「ボロ感」
WWDなどが注目している「スポンテニアス」など、新たなメンズトレンドが多く登場しつつも
ロンドンから挙げていたチェック柄、ブリティッシュムードも欠かせないトレンド!

ただ、その今期のブリティッシュはどこか抜けていて、良く言えば遊び心に溢れたスタイルが多数

タータンなどの定番のチェックのアウターに合わせるのは、シャツではなくニットやジャージ
足元もスニーカーなど、いわゆる「カッチリ」とした着こなしは少な目
シルエットも緩く、少し野暮ったさ、ダサいかも?と思わせるような雰囲気がポイント

_ARC0015 _BOT0387 _PRI0006 _RAF0273 _AG17210_1251252

 

もはや定番となったスポーツブルゾンでもチェックでグッとブリット感が

_MON0742_ARC0801

これは偶然でしょうが、変わった帽子を合わせるスタイルもいくつか登場
コミカルでユーモラスのあるブリティッシュMIXにも大注目

_GUC0809 _JUN0833 andrea-pompilio-menswear-fall-2016-lookbook-10 _DIO0998bally-mens-15

ブリティッシュは英国の伝統的なスタイルで、今回挙げたものをブリティッシュと呼んでいいかは
怪しいところですが、ブリティッシュなムードを取り入れた「ブリット感」には注目したいところです!

 

藤岡篤子のセミナーの受付を開始しております!
メルマガでも随時情報を配信させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
セミナー詳細・お申込みはこちらから

【藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー2016-17秋冬4都市コレクション】

■東京会場
3/29(火) ①13:00?16:30
会場 : よみうりホール 千代田区有楽町 1-11-1 読売会館7階

4/4(月) ②13:00? 16:30(1回目)
③17:00?20:30 (2回目)
④17:00?19:00 (Part1のみ)
同じ内容を1日2回開催します。④はトレンドブックが付きません。
会場 : 新宿明治安田生命ホール新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F

■大阪会場
3/30(水) ⑤13:00?16:30
会場 : サンケイホールブリーゼ大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F

■名古屋会場
3/31(木) ⑥12:45?16:00会場 : デザインホール
名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク・デザインセンタービル 3F

【REAL CLOTHES HOT TREND 2016-17年秋冬 コレクショントレンドセミナー 第2弾】

4/18(月)
13:30?16:45 [13:00 受付開始]

ダイヤモンド社石山記念ホール
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル9階

【2017年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー】
■東京会場

5/16(月)
長井記念ホール
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15 日本薬学会長井記念館B2F

■大阪会場

5/17(火)
エル・おおさか 1023号室
〒540-0031
大阪市中央区北浜東3-14

CATEGORY : uccieのつぶやき

パリも古着レトロに赤、スタジャン ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

少し間が開いてしまいましたが、パリメンズ!
ミラノでレトロ感は前回でも取り上げてみましたが
パリでもその傾向あり!

着古したような色褪せ、パッチワークに毛羽立ち
ボロボロの裾やダメージなど、古着モチーフがたっぷり

オーバーサイズアウターやレイヤードスタイルがポイント?

1 (1) 11 (3)

1 (5)

こちらもロンドン、ミラノから注目してきたレッドカラー
パリでもブラックと合わせています。
少しボルドー寄り、素材も表情豊かなのがパリ流レッドカラー

2 (1) 2 (2) 2 (3)

スタジャンも継続ですが、ブランドカラーが随所に表れています
ルイヴィトンからはファー素材で登場するなど、パターンや装飾でグッとハイエンドな印象に

4 (2)4 (1)  4

現在のメンズのアウターはチェスターコートが第1線ですが、
ビッグサイズなダウンコートと
サイズ感で印象が大きく変わるダッフルコートを推したいと思います。

5 (1) 5 (4)5 (2) 5 (3)

ミラノから古着、レトロ、ヴィンテージが登場していますが、
NYも終わり次第、どこからその傾向があったのか調べてみたいと思います。
やはりミケーレのグッチの影響でしょうか??
藤岡篤子のセミナーの受付を開始しております!
メルマガでも随時情報を配信させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
セミナー詳細・お申込みはこちらから

【藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー2016-17秋冬4都市コレクション】

■東京会場
3/29(火) ①13:00?16:30
会場 : よみうりホール 千代田区有楽町 1-11-1 読売会館7階

4/4(月) ②13:00? 16:30(1回目)
③17:00?20:30 (2回目)
④17:00?19:00 (Part1のみ)
同じ内容を1日2回開催します。④はトレンドブックが付きません。
会場 : 新宿明治安田生命ホール新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F

■大阪会場
3/30(水) ⑤13:00?16:30
会場 : サンケイホールブリーゼ大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F

■名古屋会場
3/31(木) ⑥12:45?16:00会場 : デザインホール
名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク・デザインセンタービル 3F

【REAL CLOTHES HOT TREND 2016-17年秋冬 コレクショントレンドセミナー 第2弾】

4/18(月)
13:30?16:45 [13:00 受付開始]

ダイヤモンド社石山記念ホール
〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル9階

【2017年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー】
■東京会場

5/16(月)
長井記念ホール
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15 日本薬学会長井記念館B2F

■大阪会場

5/17(火)
エル・おおさか 1023号室
〒540-0031
大阪市中央区北浜東3-14

 

CATEGORY : uccieのつぶやき

NEWヴィンテージ!ミラノメンズ ~uccieのつぶやき

こんにちは、uccieです

2016-17awメンズコレクションは無事にパリまで終了
少し遅れてしまいましたが、前回のロンドンに続いてミラノ!

ミラノで気になったのはヴィンテージ感覚
年代を重ねたような素材感や色味が多く取り入れられています。

その中でもグッチは外せません
古着独特のダサいような、野暮ったいような、そんな風合いを表現しつつも
得意の装飾や刺繍、定番のボウブラウスなどを合わせると洗練されたスタイリングに

1 (7)_GUC0253_GUC0271

ミケーレ流のロマンティックな雰囲気は継続ですが
シンプルなスーツや無地のアイテムなど、少しずつマスキュリン寄りに?

_GUC04531 (6)

個人的に古着と言えばネルシャツ、提案していたのはN21
毛羽立ち感や色味がたまらないヴィンテージ感
シワ加工のサテン素材を合わせたり、クロップドパンツのすっきりとしたスタイリングは
ヴィンテージMIXのお手本になりそう

1 (2) 1 (3) 1 (1)

フェンディはリラックス感重視
会場では目覚まし時計が鳴り響いて、それがショー開始の合図だったようですが
着古したようなガウンやジャケットを慌てて着たようなスタイリング、そしてスリッパ
個人的にはゆったりとした、このコーデュロイパンツが気になります!

1 (4) 1 (5)

あと、やっぱり注目しておきたいのはロンドンから引き続きチェック柄
コートでの登場が多く、色合いも様々!パリを含めたチェック特集がしたいですね…
チェック×チェックも引き続き登場し、着用率が例年より高い!

3 (3)3 (5)3 (1)

CATEGORY : uccieのつぶやき

ロンドンはチェック!味付けはレッド! uccieのつぶやき

こんにちは、uccieです

前回に引き続きロンドンメンズ!

ロンドンコレクションの柄はやはりチェックがキー
プリングルはチェックもMIXスタイリング

4 (1) 4 (2)

バーバリーはビッグなコートにビッグなチェック

5 (1) 5 (2)

コーチのチェックはインナーや部分使いなど主張は控えめ

66 (2)

レディスでもトレンドを予感させる、スタジャン、MA1といったリブブルゾン
バーバリーはバリエーション広く展開し、主役のアウターの一つ!

7 (2)  7 (3) 7 (4)7 (1)

最後は注目のカラーとなりそうなレッド
ブラックに対しての差し色が一番映えます
小物、インナー、襟の部分使いなど

8 (1) 8 (4) 8 (3)

アウターとジャージ共にレッドを使用したレイヤード
スポーツアウターをこれぐらい強い色の方がおススメ

8 (2)

見所の多いロンドンでしたが、既に中盤のミラノ…
次回はこの2大メゾンを中心にお届けします!

_GUC0071 _GUC0473 _MON0396 _MON0581

CATEGORY : uccieのつぶやき

メンズ2016-17AW開幕!ロンドンのニューMIXスタイル uccieのつぶやき

こんにちは、uccieです

年も明けて間もなく、早速の2016-17AWコレクションの開幕
スタートはロンドン!ロンドンと言えばやはり…Burberry
Pringle of Scotland Coach も交えつつ、最もフレッシュなロンドンをまとめてみました!

キーとなりそうなのは “MIX

インナーをジャージという新しいアイテムでまとめたバーバリーは、
クラシカル、スポーツ、ミリタリーといった、様々なテーマをMIX!

ジャージはブラウン、グリーン、ボルドー、レッドなどの秋冬カラーのバリエーション
得意のチェックコート、ミリタリーウェアを合わせた、新鮮なMIXスタイルが登場しました!

1 (2)1 (3)1 (1) 1 (4)

コーチは象徴的なブラックレザーをあらゆるスタイリングで展開
スーツのアウターに、ビッグファーコートのインナーに
シングル、ダブルのライダースは王道のチェックシャツ

ライダースと言えばコーチ!」と呼ばれる日も近い!?

2 (4)2 (2)2 (1)  Coach2016awmens (12)

Pringle of ScotlandはマテリアルMIX
大胆な素材切り替えのされた、スポーツコートやベスト
ファー、ウール、キルティング、レザー…と機能的にも視覚的にも楽しめるアイテムが揃います

3 (1) 3 (4)

中でも気になるのはヘビーな素材を使用したロングベスト
少し野暮ったさが残る雰囲気が、妙に好きです

3 (2) 3 (3)

個人的にバーバリーは凄くヒット
ジャージの使い方は非常に新鮮で、一気に定番アイテムとなり得る存在に!?
ミラノ、パリもuccie目線ではございますが、注目していきたいと思います。

CATEGORY : uccieのつぶやき

グッドガールの再来!?Prefallパート③ uccieのつぶやき

こんにちはuccieです
今回も引き続きPrefall 2016の3段目

ここにきてイチオシになりそうなブランド
Markus Lupferがお嬢様かわいい!

レトロで上品、少しあどけなさがある雰囲気で、いわゆるグッドガールスタイル
Prefallで推していたチェックもモスグリーンにピンクと新鮮なカラーに
同カラーでの花柄を合わせるなど、甘すぎないバランス感がグッド

markus-lupfer-pre-falll-15-15markus-lupfer-pre-falll-15-10

ポンチョもブルゾンもツボを押さえた素材感

markus-lupfer-pre-falll-15-09markus-lupfer-pre-falll-15-19

個人的に気になるのは、レザーやスエードなどハードな素材に
ポップなアップリケが気になります。さりげないクラフト感がたまりません

 

markus-lupfer-pre-falll-15-02

お嬢様感ならば、Rochasも良い雰囲気
グリーンやボルドーのレトロ感ある配色や
今や定番になりつつある、ボウブラウス

特に起毛で存在感のある、7分丈チェックパンツにヒールブーツが良いバランス感。

11-rochas15-rochas

やっぱり推したい、モスグリーン
ファーも明るく、肩の張らない着こなしで、ニットレイヤードも見逃せません

 

09-rochas04-rochas

16SSでは大ヒット感のあったCoachも、ブランドイメージが固まって来た感じがあります。
スポーツ感をミックスしつつ、上品な雰囲気もキープ

マルチカラーのラインがポイントなスタジャン、引き続きスタジャンタイプはトレンド模様です
トーン・オン・トーン・チェックにリバティ風小花柄はCoach得意のパターン

coach-pre-fall-2016-lookbook-21coach-pre-fall-2016-lookbook-16

欠かせないファーはマルチカラー、無造作に肩からかけて
ウエスタンシャツドレスの素材感、クラフト感が個人的にはたまりません…!

 

coach-pre-fall-2016-lookbook-01

そして、最後まで推したいモスグリーン!ここまで多いとトレンド待ったなし!?

coach-pre-fall-2016-lookbook-19

CATEGORY : uccieのつぶやき

要チェック!なPrefall-その2 uccieのつぶやき

こんにちは、uccieです
前回に引き続きPrefall

今回はAlexander wamg,Preen,Bottega veneta そしてGucciなど3都市の主要メゾンから
いってみましょう!

タイトル通り、チェックは色々なアプローチで登場しそうです。要チェック!?

今回もミケーレワールド満載のグッチはガーリーなチェック×チェック

1

アレクサンダーワンはバレンシアガを経て洗練された印象です
プレシーズンは大体ブラックのスポーツテイストでしたが
グリーンのブロックチェックにピンクのスタジャン
部分使いのライダースと、グッとフェミニンな雰囲気が増しました

 

 

 

2 (1) 2 (2)

パターンミックスといえばプリーン、復活した際にもチェックが印象的でした
モノトーンなブロックチェックは変形スカートでアトランダムに
マドラスチェックはブルーベースのカラーが注目でしょうか

3 (1) 3 (2)

続いては少しエッジの効いた、ハイネック&ロングレイヤード
ショート丈からロング丈と自由なレイヤードスタイル
共通点はハイネックとひざ下丈とカラーアクセント

4 (1) 4 (2)4

カラーの雰囲気もつかめてきましたが、自称グリーン好きのuccieとしては
シックからガーリーまでマッチするモスグリーンを推したいところ
起毛、ファー、光沢ウールなどの質感様々な素材で登場中!

5 (2) 5 (3) 5

さてさて、やはり今回注目だったのはGucci
なんと勢いのまま78ルックをPrefallで登場
最初にお伝えした通り、ミケーレワールドは継続
今回はより、色柄輝き、パッチワークと変化もつけてきています

ちなみに以前ご紹介した、モデルのペイトンナイトも起用されて
少しニヤリとしたuccieでした。

6 (1)gucci-pre-fall-2016-lookbook-15 6 (2) 6 (3)

CATEGORY : uccieのつぶやき

早くも気になるPrefall2016速報 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

寒い寒いと言っていたら、いつの間にやらPrefall2016が開幕
先日までの2016SSで埋まった脳を切り替えつつ、
2016SSからの流れを踏まえながら、可愛い物をピックアップ!

現在はChanel,Burberry,Fendi,See by chloeなどが発表されています

早速ですが、やはり秋冬に欠かせないチェック
特にモノトーンのブロックチェックはコート、シャツにも登場
最も定番的なチェックですが、使いかた、アレンジに期待がかかります

see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-25
シー バイ クロエのこのコートはファーや黒のブラウスとの合わせが
可愛いらしく、ダブル調のジップ使いで新しい感じがします

_A2X0016 04-mm6-prefall-2016

ここ数シーズンはシアー感のある素材がトレンドですが、
ブラックのシアー素材ドレスが目立っています
切り替えに柄で表情を変えるのがポイントでしょうか!?

19-fendi-pre-fall-2016
see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-20burberry-prorsum-pre-fall-2016-025

uccie的にグッと来たのがデニムセットアップ
ちょっと男らしい着こなしにポージング、ポケットに手を突っ込むのが流儀

金ボタンや赤ステッチにベーシックとは少し異なるアレンジが効いています

burberry-prorsum-pre-fall-2016-015 see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-30

フェミニンな流れだと、このラッフルビッグスリーブ
フリルなどで非常にあま~い着こなし、カラーもあま~く

04-fendi-pre-fall-2016 see-by-chloe-pre-fall-2016-lookbook-06

いやいや、甘さよりスポーツだ!という方には
トリコロールなライン使いを推したいです、16SSにも登場したジャージトップスは
果たしてトレンドとなり得るのでしょうか…

burberry-prorsum-pre-fall-2016-001

本日はここまで!現状ブランドも少ないので、非常にぼんやりとした流れですが
マニッシュ、フェミニン、スポーツとどれも期待大!

uccie目線ではございますが、prefall速報をしていきたいと思います!

4 / 14« TOP...23456...10...LAST »