藤岡篤子BLOG
CATEGORY : uccieのつぶやき

GUCCIは幸せのマウンテンスタイル uccieのつぶやき

ミラノコレクションも終了し、あっという間にパリへ!
もちろんミラノをまとめる上で、忘れてはいけないのはGUCCI

GUCCIのデザイナーといえば、フリーダ・ジャンニーニですが
3月に出産してから初のショー、心境の変化があったのか気になるところ!
コレクションは幸せを感じる、ニューGUCCIを感じさせるものでした!

ファーストルックはTシャツとパンツのTシャツセットアップ、そしてリュックと
ジャケットスタイル中心の例年とは一味違った開幕!

さらにフラワーマウンテンスタイルの融合は、新しいアウトドアを感じさせます
ボタニカル柄でのTシャツセットアップはダークカラーが新鮮です。


Tシャツセットアップは東京のストリートでもよく見かけます。注目中!

もちろんシャープなジャケットスタイルも花柄!
グッチのイメージを崩さないダークカラーでシックな雰囲気に

終盤ではより明るめの花柄も登場!ゆったり目のチュニックの相性はバッチリです
首元にもドット、花柄のスカーフを合わせて、ここでも柄×柄が登場してます。

ちょっと予想のしなかった登場はアノラックパーカー
本格的なマウンテンスタイルはパープルやカーキ、グレーと暗めのトーン
ただアノラックには花柄は採用されず…折角いい柄だったのでちょっと残念

アノラックのディテールアップ、ギミックがガチです、シルエットも寒暖に対応出来るようゆったり
フードや袖にもアジャスターもついてます。こういうディテールはメンズにはたまりません

ジャケットとも合わせていた、切り替えパンツはこちらも本格的なマウンテンパンツ
膝の伸縮加工に内膝や裾の補強… あれ、これGUCCIの別ラインでしたっけ?
アウトドアスタイルに対する意気込みが表れてますが、ちょっと難しいアイテム、本格的すぎて

アノラックにマウンテンパンツと来たら、もちろんバックパック
…と、見せかけてレザーのリュック風のトートバッグを背負っていました。

ただ、背負った時に畳めるディテールがあり、フォルムが凄くいい!
リュックにも出来るバッグってよくあるんですけど、いざ背負ったりするとラインが四角で…
このデザインで生まれる、レザーのくたり感がたまりません

シューズはPRADAに続いて、なんとこちらも全ルックでスニーカー!革靴好きは無念。。
オールレザーで同カラーのレースはフォーマルでも問題なし!

フリーダが出産後の初ショーは、なにか新境地を感じました!予想外のアウトドア
レディスもアウトドア…ということはなさそうですが、新たな一面に着たいです

CATEGORY : uccieのつぶやき

RAF SIMONSのメンズワンピース uccieのつぶやき

メンズコレクションはパリに舞台を移し、いよいよ佳境
トレンドもある程度の方向性が固まってきつつも、パリのどんでん返しの可能性が!

パリの最初はChristian DiorのウィメンズデザイナーのRAF SIMONSから

前シーズンも後ろ身頃にスカートディテールのチェスターコートなど、
近年のラフはクロスジェンダーを感じさせます、特に春夏はその傾向が強いです

今シーズンは近年チャレンジしていたクロスジェンダーの集大成とも言えるシーズンでした。

ファーストルックは膝上まである、ポロワンピ…そう!完全にワンピースです
パンツも合わせず、男らしくワンピ一枚で勝負。ワンピですが

素材はラフが得意とするジャージー素材で、体に沿った綺麗なシルエットが際立ちます
メンズの骨格に仕立てられたワンピースは新鮮なフォルム
ベルトでウエストマークする着こなしなどは、レディスのトレンドでもよく見られます

前立てはワンピ丈に合わしてかなり長め、腰上ぐらいまでありそうです
ビッグサイズのポロシャツと見れば…チャレンジ可能!?

ポイントなのは大きめのメタルボタン!強めのカラーと合わせることで
フェミニンになり過ぎず、洗練された雰囲気に!

ロングのポロシャツはバリエーションも豊富!
こちらはビッグトップスで、かなりの裾広がりのシルエットはチュニックのようです

まあ、パンツを合わせるだけでかなりの安心感あります

ビッグサイズのポロシャツには、シャツのレイヤードを提案してます
トレンドのシャツ×シャツはここでも登場、ボーダー×チェックの柄重ねもトレンド!?

個人的にはラフといえば、黒のジャケット!そのジャケットに変化が

定番は極細ラペルにウエストをシェイプした、シャープなシルエットが主流でしたが、
14SSではラペルは大きく、カットラインは丸めのフォルムでよりフェミニンに!
ウエストの位置も高く、レディス感を盛り込んでます。

ジャケットにもメタルボタン、裾広がりでゆったりシルエットのラフは新鮮!
ミニスカートロングタンクトップと合わせると、より一層フェミニンです

ラフシモンズの定番といえば、もう一つ!ポッププリント!もちろん揃ってます!
…何から紹介したらいいのやら、今回はかなり飛ばしている模様

まず、飛んでます
足ピーン腕ピーンと美しいフォームでダイビングのプリント
ドットに車にメッセージプリントと1枚で色々おいしい仕様となっております

バックのプリントもやっぱりダイブ…ラフもダイブしたい心境なんでしょうか
ドリンクのボトルプリントも大胆にレイアウト、インパクトあります

一番爆笑…グッときたのは、謎のナイロン押しSUPER NYRON!のメッセージ
俺、超ナイロンなんだぜぇ~と見せびらかしたい…

果たしてSUPER NYRON とはなんなのでしょうか…素材好きのラフだけに謎は深まるばかり
アーティストのコラボか調べたのですが、情報は見つからず…続報待ち

シューズはグラデーションのローファーと、
近未来感のロボットのようなブーツ、スニーカーの2分化

スニーカーは5年ぐらい前から同じ型なので、既視感があったりもします。
アディダスとのコラボも同じ形なんですよね~…もう少し捻りが欲しい!ベロクロ復活に期待!

 

uccie的にはコートがイチオシ、チェスターコート!毎年外れ無し!
このルックが少しスクール感もあって、一番ラフらしい気がします

ショルダー、いわゆるヨーク部分切り替えのコートもかなりのAライン
ロング丈のインナーとスリムパンツでのスタイリング

今回のラフシモンズにはかなりのチャレンジのはず…
でも、なぜか凄くラフらしさが出ていたコレクションだと、個人的に思いました!

レディスを強く意識させるアイテムが多いなかでも、あれ?これ着れるかも?と思わせるのは今までのメンズの体の構造を把握した、カットワークが生きているからだと思います。
ロンドンでもジェンダーレスの服が登場しまくりですが、ラフは完成形!

実は、ディオールのクリエイティブディレクター就任してから、自身のRAF SIMONSでは
フェミニンなコレクションを発表することが多くなりました。
ディオール就任がラフにとって、色々と影響を受けているようです。

CATEGORY : uccieのつぶやき

PRADA14SS Mensは哀愁漂うトロピカル uccieのつぶやき

ミラノメンズコレクションもついに開幕、もちろん注目はPRADA
メンズでも「ニュートレンド」を生み出すので、LIVEを正座で待機してました!

ファーストルックに14SSのPRADAのポイントが詰まってます!
今シーズンは トロピカル !!

最初からネイビーブルーとブラウンと、春夏なのに暗めのカラー
ダブルでのジャケットスタイル、パンツも太めのストレートラインの着こなし
そして何より注目、インのシャツのド派手なトロピカルプリント

本当に春夏なんだろうか!?ロンドンのハッピーカラーから一転
全ルック通して陰を感じるダークな雰囲気です。
特にジャケットとパンツはブラウン、ボルドー、ベージュパープルとまさに秋冬のような配色!

ですがインのシャツも含め、主張の強い配色が秋冬とは一味違います!
クラシックなのに、補色対比に近いコントラスト配色多し

続いて登場したのはハワイアンプリント!…でも静かな夕日
アロハやハワイアンのような「陽気」なイメージではなく、哀愁が漂う感じがかっこいい…

ブルゾンはプリントの切り替えでドロップショルダーにしていて
袖を捲る着こなしと相まって、不思議なバランス!

 

着こなしで注目したいのは レイヤードと タックイン

まずレイヤードは、柄×柄、半袖×長袖、短い丈×長い丈…
と、トップスで可能なことを徹底的にやり尽してます!

アウター類は全て袖をロールアップ、ジャケットも全てロールアップ

半袖と長袖の組み合せは柄同士もあり、中々大胆な合わせ方!
1960年代~70年代のトレンドですが、ミウッチャさんの青春時代のイメージ!?
半袖ニットは丈もかなーりショートで、難易度が高そう

自分の世代ではちょっと子供っぽい服装のイメージで少し敬遠…(笑)

続いてタックイン!
なんと、レイヤードしたトップスをまとめてドーン!という感じでタックインです。
タックインでの太いパンツは80年代調!?

実はフロントだけのようで、たるみ具合で表情が変わるのが新しい感じです!
ストライプのイージーベルトもポイントになってかわいい

アイテムで気になったのはオーバーサイズのジャケットと
シャツだけど、リブを使用したシャツブルゾン型

パンツも含めたゆったりとしたシルエットは、ちょっとワルっぽい印象

裾リブのシャツは柄の主張が激しいので、ショート丈になってすっきり!
全体的にカラーが好きすぎて、どれを着ようか迷います…

シューズはスニーカーのみ!
12AWに登場したレインカバーっぽいディテールが一体化

でも毎シーズンのシューズと比べると少し物足りない…(笑)

ソックスを合わせたレディスは13秋冬に続き、地下足袋系が出ています

レディースも10ルック程登場、結構多め
基本的な柄は同じですが、ビジューなどの装飾はレディスならでは

そういえば13SSメンズでも、同じテーマでレディスが大挙登場!!
ところが、プレタ本番では「和」が登場。なんというミウッチャマジック(?)
今回もまんまと楽しく騙されたいです。

13SSメンズで登場↓             13SSレディスコレクション↓

 → 

CATEGORY : uccieのつぶやき

保護中:

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

CATEGORY : uccieのつぶやき

Burberry Prorsumの2014春夏は「作家と画家」 uccieのつぶやき

こんにちは、uccieです!

絶賛気温上昇中のこのごろ、非常にバテております…
台風接近という噂ですが、海の向こうヨーロッパでは
2014年春夏のメンズコレクションがスタート!

2013年の夏にもなっていないというのに…なんという仕打ち…!
セールを前に物欲が抑えられるのでしょうか!?

まずは、今シーズンからロンドンコレクションで開催されることになった
Burberry Prorsum から!

ファーストルックからカラーパレットが鮮やか!
トーンを揃えた色使い、やや肩の落ち気味のアウターが新しい!

襟立てたディテールが特徴のアウターは注目のスウェット素材を使用
やや厚手の素材もパステルカラーで春らしい素材

今回のテーマは「作家と画家
作家アラン·ベネットと画家デイヴィッド·ホックニーに関連付けているようで
特にロンドン出身のデイヴィッド·ホックニーの作品と服装の雰囲気を強く感じますね

DAVID HOCKNEYの作品
カラーのイメージもここからでしょうか?

DAVID HOCKNEY

ホックニー本人の写真にそっくりな半袖7部スウェットニットが登場
レディスでは大注目のスウェットですが、メンズも負けておりません!
インナーにはシャツです。カラータイとの合わせは参考にしたい!


気になったのはシャツオンシャツの着こなし
アウターのシャツは細めなのがポイント!?


パーカーは今シーズンもよく見られましたが、こちらもインナーにシャツが熱い
14年春夏では袖の長さやフードの開き具合や大きさと色んなバリエーションが楽しみです。

春夏といえば柄が楽しいシーズンですが、Burberry Prorsumでは
得意のボーダー、ホックニーも着用したドット、大きめのドットがポップで印象に残ります。
そして先シーズンも登場した、小花

花柄はレディスの勢い同様メンズも継続でしょうか!?気になるところ

柄と柄の組み合せは同系色でまとめるのがポイント
ドット柄サングラスは可愛い!

移り変わりが早いメンズのバックですが、さらにコンパクトなものが戦線に参入!?
なんとカラーレザーの日本の巾着袱紗が登場!?巾着は10万円越えとか…

もはや、この大きさだと何を入れることができるんだあああ!
女子もミニバッグが多く見られますが、メンズでも手ぶら路線でしょうか!?

コレクションの最後に登場したのは色とりどりのレインウェアやブルゾン!
これ今欲しい!この時期欲しい!毎度のことながら、また1年お預けです!

ちなみに全ルック黒のクロップドパンツカラーローファーで統一でした。

マルチカラーローファーは注目!ゴムソールでカジュアル

レインウェア戦隊登場!

メンズコレクションを華やかにスタートさせたと言えるBurberry Prorsumのコレクション
今回からのロンドンに合わせ、ロンドン出身のアーティストをリスペクトしたコレクションは
クリストファー·ベイリーのロンドンへの尊重が感じられました!

CATEGORY : uccieのつぶやき

ヒマラヤとチャップマン兄弟とルイヴィトン uccieのつぶやき

ルイヴィトンAW13-14メンズコレクションは「ヒマラヤ」がテーマ
キーテーマが旅であるように、今回はヒマラヤの雪山を強くイメージしたようです。

キムジョーンズに民族イメージは鉄板ですね、間違いないです

まずヒマラヤということで、ブータンの民族柄など見られます。
特にストライプ、ざっくりポンチョは色味が絶妙!

マフラーはより一層、民族調のストライプ
LVマークのアクセントがシックな感じで、うるさすぎません

ファーストルックではユキヒョウのレオパード柄のきれいなコートでしたが、
それよりもこっちのユキヒョウ(?)が頭から離れませんでした。

目力が凄いこいつです!こいつ!

小物でも目力が半端ないです
あとスカーフの色目凄くいいですね、こういうグレーに近いネイビー×ボルドーは注目してます

このキモかわいいイラストシリーズはロンドン出身のアーティスト
チャップマンブラザーズとのコラボ!ややグロテスクなテーマでも知られていますね。

ポケットからひょっこり現れてかわいいですね!噛まれそう

さらにアップで…か、かわいいです
またアクセサリーはメンズでもパール、カフスなどは取り入れやすく華やかな印象に

こちらがチャップマンブラザーズイラスト原絵
これを見ると、ワッペンになりややソフトになってますね、よかった

続いて終盤に出てきた動植物柄も、チャップマンブラザーズとのコラボ
刺繍のバスローブはインパクトと共に光沢具合がすごーく好きです。

こちらも中々グロテスクかわいい感じです…

地の色がダークな雰囲気がいいですね。スウェットやシャツなどのアイテムあれば欲しい!
ダーク地に多色な柄は個人的に凄くトレンド
派手柄セットアップにも注目です

シューズやバッグの小物もこの柄!
レースのないシューズ類は来シーズン多く出てきそう

レディースコレクションの最後に登場した、マークジェイコブスが着ていたド派手パジャマ
チャップマンブラザーズだったようです。うーん似合う

 

毎シーズン登場するリュックは冬らしさを感じるムートン
最近は大きめバッグから、リュックを含め小ぶりなバッグがキテマス

 

もちろんトラベルグッズ類も充実
男女問わずルイヴィトンで「」をするのは夢ですね!

CATEGORY : uccieのつぶやき

Uccieのつぶやき 13-14年秋冬メンズ2!やっぱりエディはかっこいい!

引き続きもう一本 Uccieが13AWメンズをつぶやきます
さらに個人的見解でガンガンいきますね!

男たるものスーツですが!ダブルもそろそろいいですよね!

マルジェラのファーストルックはネイビーのセミダブルスーツ
かっちりしたダブルではなく、Vゾーン深めの遊び心あるものがいいです!
シャツを選ぶのも楽しいと妄想が進みます…

リラックス?パジャマ?チェックのセットアップが新しいです!

ドリスランバンで偶然かチェックのパジャマ風セットアップが登場
柄シャツのチラっと具合のドリスにグッときます

襟はド派手なカラーアクセント!

ウールフォーマルなコートやジャケットにビビットカラーのコントラストがかっこいい
特にCARVENの襟は でかい!

チャレンジしたいスタイリングはトラサルディカラーバランス

今乗りに乗ってるウミット・ベナンのトラサルディは個人的ベストコレクション!
小物、インナーなどを駆使し、トーン揃えたカラーコーディネートは絶妙!
特にこのスヌードが効いてるんですよ~

靴は間違いなくプラダチロリアンシューズ

な、なんだこのソールは!?と印象的だったのはプラダのこのシューズ
チロリアンであってるかな?ややシャープめなフォルムが綺麗です
…また完売ラッシュですよ

シューズでもう一つ注目はハイテクスニーカー

ランバンとラフシモンズがお得意のハイテクスニーカーは今回もよさそう!
フォルムや素材などの複雑なギミックが魅力的

ちなみにラフシモンズはアディダスとのコラボも!これも注目!

最期にサンローランです!やっぱりエディはエディのまま!?

メンズではファーストコレクションとなったエディ・スリマンサンローラン
もちろん第一印象は、エディだ!Dior Hommeだ…!でした

左:Saint Laurent  13-14AW 右:Dior Homme 05-06AW “glam”

左:Saint Laurent  13-14AW 右:Dior Homme 07SS “we look good together”

左:Saint Laurent  13-14AW 右:Dior Homme 07-08AW “80’s new wave”

ちょっとイジワルな感じで比較してみましたが…実際どれもかっこいいんですよね(笑)
アーカイブ眺めていても、全ルック「あ~あったな~」と覚えてるものばかりでした。

で、こう比較してみてわかるんですが、Saint Laurentの方がやっぱり今っぽさを感じます
どのルック見てもエディ色強いんですが、それでもSaint Laurentは新鮮です
…まあちょっと大きな変化というかYSLらしさも見たかったりもしますが(笑)

ちなみに一番好きなDior Hommeのシーズンはフォーマル一色だった
06-07AW “these grey days” ですね、改めて見て大好きです。

エディの服好きなんですけどね…着れないっすよね、細すぎて…

CATEGORY : uccieのつぶやき

Uccieのつぶやき 13-14年秋冬メンズ!やっぱりコートがナンバーワン!?

寒い…寒すぎる…
でも寒いシーズンといったらラーメ13-14年秋冬コレクションです!
一足先にメンズコレクションが発表されました!

超!が付くほど個人的趣味ですが、気になったものをピックアップ!

1.チェックコート

間違いなく着たいのはコート!今年の寒さもあって今から大注目
その中でもチェック!男たるもの無地ではダメです。チェックこそ紳士です!(?)

その中でもPRADAのギンガムチェックはキてます。完全にモテ線だろこれ…

2.ガウン風、ラップコート

ちょっと変わったコートがいい!そんなアナタはラップコート・ガウンを着るチャンス
リラックスとラグジュアリーな雰囲気が漂います。
実はプレフォールにもちらほら出てきたので…レディースコレクションにも登場の可能性大!?

3.起毛ウールとボルドーカラー

絶対に外せないのは起毛ウール!これはレディースでも絶対!間違いなく!本当に来ます!
今回メンズではデザインに大きな変化がなく、素材の差で個性を出していたので、要注目
ですが、いつものようなダークカラーではなくボルドーに挑戦

4.差し色に使いたい!ターコイズシーグリーン

無地じゃない!ボルドーだ!…と豪語してますが、やっぱりダークカラーは外せない秋冬
だったら差し色に使いたいのはこの綺麗なターコイズシーグリーン
やや光沢のあるニット、逆にくすんだカラーのパンツなど色味の変化も楽しめそうです

5.首元は遊びのきいたギミック+暖かみ

毎年寒いシーズンになってマフラーを買ってないことに後悔するuccieですが…
このマルジェラの交差してるマフラーは必ず買います。
いつも巻き方やフィット感に悩むんで、サッと使えて暖かい。そこに魅力感じてます。

もう1個首元の小物はジルサンダー!大き目の付け襟
首元覆っていて防寒も万全!暖かくてちょっと変わった首元の小物に注目です。

6.Moncler Gamme Bleuの素材切り替えダウン

凄く贔屓目に見てしまったのはMoncler Gamme Bleu
特に異素材切り替えのダウンは抜群に気になりました!
切り替えの分量が絶妙です。一目惚れだったので悪いとこ見当たりません(笑)

やはり欲しいものをあげるとキリがありませんね…
ファッショントレンドは春夏の立ち上がり前に本当に酷なことをしてくれます!
またシーズンまでお預けですが、着こなしを妄想しつつ待ちたいと思います。

さて、レディースはどんなコレクションとなるのか、この時期は楽しみでしょうがないですね!

CATEGORY : uccieのつぶやき

Links×FEEDが世界中にごちそうを届ける

こんにちは、uccieです!
もう今年も終わってしまいます、色々やり残したことがあるような…
残りの数週間もしっかり過ごしたいと思います!

さて、最近ファッション業界では「チャリティ」という言葉を毎日のように見る気がします。
よく耳にするのはGUCCIですね。

この「GGフラッグ コレクション」は世界各国の国旗の色に彩られた創設者グッチオ・グッチの
イニシャル「GG」をデザイン。各国限定でその国の国旗のカラーで展開されるレアなもの!
大胆なプリントが印象的ですが、アイテム自体に意味合いを持たせた物が多くなってきました。

震災の時もチャリティーネックレスを制作するなど、凄く意欲的!

最近だとラグジュアリーブランドのコラボチャリティーなんかも出てますね!
LOEWE x Starbucks Reserve®ではコーヒーを飲んで支援出来るという気持ちのいいもの

「ロエベ」らしい柔らかなナパレザーの手触りと、スペインらしいカラーバリエーションで作った
6色のスリーブは凄くかわいいです。終了してから知ったので、残念…

あとはマルタン・マルジェラファンの自分としては「AIDS-T」は紹介したいところ
毎シーズン異なるカラーで展開され「THERE IS MORE ACTION TO BE DONE TO FIGHT AIDS THAN TO WEAR THIS T-SHIRT BUT IT’S A GOOD START (エイズと闘うためにすべき活動はもっとあるがこのT-シャツを着ることは良い始まりだ)」というプリントが施されています

1994年から継続して毎シーズン発売されていて、最近では日本語、フランス語、中国語も発表

他にもラグジュアリーブランドだけではなく、身近なファッションアイテムや
ショップ全体で行うチャリティーなども多々見られます。

そんなチャリティの盛んな近年ですが、Links of Londonでもチャリティ商品が発売されました、Links of Londonはロンドンのウィット、スピリットとハートをとらえた人気のジュエリーブランド!

そのLinks of Londonは、FEEDとのコラボレーションして
FEED for Links of London Collection」商品を発表しました!

FEEDとは世界の食糧支援のために良質な商品を作り出すことを
使命とする社会事業。「世界中にごちそうを届けるための『いいモノ』作り」
言う志で世界中に支援しているとのこと

そしてコラボ商品はこちら


シルバーとゴールドのモチーフがかわいい、6色のコードは色にそれぞれの意味があり

FEED logo (ブラックxメタリックシルバー) 10,500 円
学校給⾷50 ⾷
Silver Leaf(グリーン) 10,500 円
自然災害による被災地の学校給⾷50 ⾷ 
Silver Heart(ピンクxメタリックピンク) 10,500 円
HIV 感染者、エイズ患者の多い地域の学校給⾷50 ⾷
Gold Heart(レッドxメタリックゴールド)  55,650 円
HIV 感染者、エイズ患者の多い地域の学校給⾷250 ⾷
Water drop(ブルーxピューター) 10,500 円
⼦どもひとりが必要な飲料⽔500 ⽇分
Dove(グレイxメタリックシルバー) 10,500 円
戦争・紛争地域の学校給⾷50 ⾷

詳細はこちらから↓
www.linksoflondon.jp


それぞれのブレスレットには、売上⾦の⼀部でどれくらいの⽀援が可能か
数字で刻まれていて、常に身に着けることによって社会貢献に参加している
ということをいつも認識出来るそうです。

自分の一番関心のあるブレスレットによって、日々から地域や現状に強い興味を
持つことが出来ると思います。
他に同じ色をもつ、すなわち同じ志の人を見つけたらさらに嬉しい気持ちに!

また今回のコレクションの日本初売に際し、
FEED のローレン ブッシュ ローレンが初来日しました!

ローレンは元モデルで、FEEDの共同設⽴者であり、CEO で、
ブッシュ元大統領の姪であります。
ローレンにはブッシュ一族がもつノブレス・オブリージュの心理を強く感じ
今後の活動にも注目するばかりです!

普段から社会的貢献を意識しても、中々継続するのが難しいです。
ブレスレットを身に着けることによって、忘れずに認識出来ることは素晴らしいと思います。

最後にLinksで気になったアイテムですが…

このテニスモチーフのカフリンクスがめちゃくちゃかわいかったです!

 


 

 

 

10 / 12« TOP...89101112