藤岡篤子BLOG
CATEGORY : uccieのつぶやき

軽快なアクセント!スポーツラインテクニック ~uccieのつぶやき~

こんにちは uccieです!

前回のリゾートコレクションはクリーンなワークを注目トレンドとして紹介しました!
もう1点リゾートシーズンで外せないトレンドがあります。
それはスポーツスタイル!例年では不動の人気、定番となってますね!

その中でも今回の2018リゾートでは、代表的なディテールでもあり
ワンポイントで、軽快なアクセントとなるスポーツライン使いが豊富でした

ビッグスウェットとジャージセットアップ
リブにあしらったスポーツストライプやサイドラインはベーシックなテクニックに
小物も含めピンクとレッドでまとめキュートなAlice + Olivia

2 (2)

ボディに沿ったラインにはアクセントカラー
トップスやパンツ以外にドレスにも使用され始めました

アームから背中を通した、服の動きで表情を変えそうな
新しい使い方も登場しています。

12-Milly-Resort-185 (2)

Valentinoはワイドなライン使いを中心に全体的にスポーツムード
メインカラーの鮮やかなグリーンにビーチサンダルと
リゾート×クリーン×スポーツと軽快なコレクション

4 (2)985

鮮やかなグリーンのニットはRed Valentino
トップス、シューズがスポーティで、スカートがフェミニン
このスタイリングも今シーズンの特徴となっています。

3 (1)3 (2)

STELLA McCARTNEYはアシンメトリーなシルエットを
より強調するようなユニークなテクニック
スポーツ以外にも、一部だけズルッとビッグサイズのアイテムも今シーズン多くなっています

5 (4)5 (3)

取り入れやすく、軽快なスポーツムードに様変わりするラインアクセント!
今後も重宝していきそうです!

次回は2018春夏のメンズをピックアップ、お楽しみに!

CATEGORY : uccieのつぶやき

クリーンなワークスタイル増加中!Resort18 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

今日はそろそろ出揃ったResort 2018についてです。
年々ルック数も増加して、力を入れてくるブランドが増えた印象です。

既にご紹介した、ルイ・ヴィトンは滋賀のミホ・ミュージアムで開催され
ディオールはLAの自然保護区、シャネルやプラダも早い時期にショーを開催するなど
活発でトレンド的にも見逃せないシーズンとなっています。

まだ未発表のブランドもありそうですが、まとめてみました。
急増した感があったのは、クリーンなワークスタイル

 

フラップポケットが特徴なワークシャツ、サファリシャツを中心に
歩行しやすいワイドなボトム、そしてクリーンで清潔感のあるソフトカラー、
ワークのベーシックカラーのカーキ、ベージュでまとめています

493A8677 25-see-by-chloe-resort-201806-sonia-rykiel-resort-2018

より清潔感のある、オールホワイトのワークスタイル

07-michael-kors-resort-18 12-Derek-Lam-Resort-18 14-bottega-veneta-cruise-18

トータルでクリーンな印象を維持しつつ、レースやワッペンで捻りを加えるのも素敵です。

27-Chloe-Resort-1811-dsquared-resort-18

コートも圧倒的にトレンチ率が高く、昨年からの継続ですね!
デザインは様々なところに変化をつけて若々しく。
そしてこちらも、クリーンな雰囲気を残しつつシンプルに着こなしています。

493A774822-fendi-resort-201801-altuzarra-resort-spring-201809-joseph-resort-18

前シーズンからのワーク・ユニフォームの流れがさらに浸透している感があります。
今回のResortでもフラワーや民族柄、カントリースタイルなども多く見られますが、
その中でも凛とした雰囲気のこのワークスタイルに注目したいと思います。

CATEGORY : uccieのつぶやき

欠かせないカラー、ブルーのおさらい ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

突然ですが、最近全く新しいブルーがクレヨンとして発売されるのはご存知ですか?

遡る事2009年、米オレゴン州立大学研究室のオーブンで化学物質を加熱していた際、
偶然発見されたものだそうです。

新たな青い色素が作られたのは、1802年にフランス人化学者のルイ・ジャック・テナール
がコバルトブルーを発見して以来

それがこの「YInMnブルー」※名前募集中らしいです
馴染みの深いブルーなので、既視感あるような、でも凄く新鮮なブルーのような
今まで見た事がないという点から、神秘的にも感じます。

1024px-YInMn_Blue_-_cropped

ファッションの分野において、このブルーが登場する…というのはまだ先ですが
200年の時を経て新しい色が増えるというのは、新たな可能性を感じワクワクします。

ブルーは全世界でも最も好まれる色なので、トレンドにおいて最重要なカラーの一つ
もし今後も新色が増えると、ファッション界にも影響出てきそうです!

今回発見されたYInMnブルーは暗めのブルーですが、今シーズンのブルーも
ミッドナイトやネイビーなどの大人ブルーが主流でした。
折角なので、今年のブルーを振り返りたいと思います。

今年の春夏のブルーは DEEP BLUE
コバルトやユニフォームブルー、ターコイズなどくっきりと鮮やかな青が主流で
ミッドナイトなどのダーク系は黒と合わせた同系色風の配色に注目するなど、大人なトーンに

間もなくシーズンとなる秋冬のブルーは、BLACKISH BLUE
スマートなダークブルーをブラック代わりに活用
春夏から引き続きミッドナイトが登場し、大人ムードが継続中

目を引く鮮やかなターコイズでのヘアリーアイテムはuccieイチオシ!

 

CATEGORY : uccieのつぶやき

イレギュラーストライプで新鮮に ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

現在FTFセミナーの資料を鋭意制作中
その中でも気になったのは、様々な表情を見せるストライプ
18年春夏にも欠かせないトレンドとなりそう…!

ストライプと言っても、正攻法なものではなく
服を絞ったり、膨らませたりすることによって、ストライプ自体に変化を
持たせる、前回の記事でもご紹介した「ボリュームコントロール」を用いての
ストライプが非常に大事になります。

1

シンプルなストライプも、服の変形によってグラフィカルな印象に

0a182aeed5b6a90cab6f0ab00f6e6d4e

部分的にボリュームを持たせ、シルエットに合わせた
ストライプの向きや太さを変えるテクニックも

ddd9f36096f71e596b9ecb93299cee6d

sportmax 2017ss press (10)MULBERRY 16

広がるシルエットに合わせて、幅を広げていく
より広がりを強調する視覚効果

CHLOE Chlo・is a French fashion house founded in 1952 by Gaby Aghion. Aghion later joined forces with Jacques Lenoir in 1953, formally managing the business side of the brand, allowing Aghion to purely pursue the creative growth of Chlo・ Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** CHLOE Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LGMSGM 2017ss Press (11)

スタイリングは少し変わったランバンのメンズから
ピッチの異なるストライプシャツをレイヤード、そしてタックイン!

LANVIN_2017SS_Men_s_Collection_runway_gallery-17

_LUC6503

春夏には欠かせないストライプ!マンネリにならない変化が必要です
18年春夏はシルエットやディテールなどのボリュームに合わせて
グラフィカルなストライプを提案していきましょう!

CATEGORY : uccieのつぶやき

じわりと増える、自由なスペース・ポップ ~uccieのつぶやき~

例年の秋冬よりも、グラフィックやポップなイメージが多かった
2017-18秋冬コレクション

僕はその中でも、ずばり「宇宙」を感じることが出来るような
宇宙をイメージしたものが気になりました!

今シーズン代表的なのは、テーマも「宇宙への旅」だったDOLCE & GABBANA
宇宙飛行士や惑星、ロケットをポップテイストなイラストで展開

また、デザイナーの好きなバラや、リアルな動物のイラストも交えて、
シュールで不思議な空間を描いています。

D&G 66 Dolce&Gabbana_women's fashion show FW17-18_Runway images (27)

イラスト以外にも、スパンコールや装飾などで星の輝きを
またデザイナーが宇宙飛行士になった姿はかわいらしく
キーホルダーやバッグなどに、わかりやすいアイコンとして登場

DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

インビテーションもめちゃくちゃかわいいんです!

Dolce & Gabbana2Dolce & Gabbana3

宇宙空間を漂うような、飛行士のパターンはCHANEL
よく見ると1着1着デザインが違います、じっくりと見てみたいところ
もしかしたら、CHANELの宇宙服が発売されるのも近い未来あり得るかも!?

会場にはご存知のように、大迫力の巨大なCHANELロケット!
こちらも後日発売予定でしょうか?(笑)

DSC05749

天の川を思い出させるような、銀河や流れ星を描いたのはCHLOEのラストルック
クレア・ワイト・ケラーのラストシーズン、ラストルックなので
どのような想いを乗せたイラストなのか気になるところ。

GUCCIはちょっとシュールなUFO
まるでキャトルシュミレーションの現場のような、UFOの不気味さが
ミステリアスなGUCCIの雰囲気とマッチ

その他にも宇宙船のデザイン画イラストや、銀河団のようなプリントと
デザイナーによって様々な宇宙モチーフが増えています

Kane RF17 1206

キラキラと輝く星、銀河をイメージした輝く装飾や
UFOなどのシュール、ミステリアスな雰囲気のもの
また、誰もが知っている白くて丸いフォルムの宇宙服は、どこか愛くるしさがあるものや
逆に宇宙を漂う怖さを表現することも出来るようです

宇宙のイメージはそれぞれ解釈が違うと思います。
まだまだ解明されていない点も多くあります。

それ故にデザイナーが自由に表現が出来る、今後注目したいテーマだと思います。

CATEGORY : uccieのつぶやき

キラリと光るバックステージ LONDON編 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

コレクション現地では、目の回るような過密スケジュール…

今日は代打でuccieがコレクションの様子をお届け!
バックステージならではのディテールの写真を交えながらお伝えします。

毎シーズンかわいいモデルやディテールが盛りだくさんのバックステージショット!

J.W ANDERSON London Fashion Week FW17/18 Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** J.W ANDERSON London Fashion Week FW17/18 Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

今回はロンドンコレクションから、キラリと光る装飾、素材ディテール!
ビジューやスパンコールで幻想的な雰囲気はMary Katrantzou

シューズにもびっしりとビジューの輝きが!

J.W Andersonはメタリックを部分使い
メタリックな素材の自然な重さで作られるドレープが特徴です

キルティングの光沢を、パッチワークで用いたのはPeter Pilotto
目の錯覚が起きそうな不規則な刺繍も施されています。

この刺繍ですが、Peter Pilottoの多くのルックに使われています。
ただ、これを写真で見ると錯視ですかね…非常に目にキます…(笑)

キラリと光るのはアクセサリーも!
芸術品のような不思議な形状、J.W.アンダーソンの球体ブレスレットは
どこからインスピレーションを得たのか?調べていくのが楽しみです

今回はロンドンから3ブランド!
多数のパターンや装飾を用いた、アート的なコレクションが印象的でした!

CATEGORY : uccieのつぶやき

独自の世界観、リカルドティッシのジバンシィ ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

12年間ジバンシィを率いてきたリカルドティッシが退任してしまいました!
なんと、ティッシまで…

3月のパリコレクションではクロエのクレア・ワイト・ケラーの
退任も決定していますし、近年のデザイナー事情は本当に慌ただしく感じます。

次回のパリコレクションもデザインチームでの発表となり、
先日のクチュールとメンズがラストコレクションに

そんなティッシのジバンシィには2009年春夏からのメンズデザインに
惹かれていましたし、参考にしたスタイリングも様々!

ブラック主役にしたモノトーン、ラグジュアリー×ストリートスタイルのマッチングに
一度見たら忘れらない、印象的なグラフィックアイテムの数々など
一目でティッシと分かる、独自の世界観と魅力がありました。

当時09ss春夏は斬新で非常にショッキングなかっこよさ!uccieのベストヒットでした!
ドレッシーなジャケットスタイルに、当時は目新しいハーフパンツに×レギンスもブラックで

09spring (1)

大判スカーフもこの巻き方が当時流行しました。

09spring (2)

細身のモデルだけではなく、筋骨隆々なモデルもなかなか印象的でした。
そのモデルにスカートや、スカートに見えるロングインナーを合わせるなど
今では当たり前となりつつある、ノージェンダースタイルを確立!

10AW (1)16ss

あとティッシのジバンシィを紹介する上で外せないのは、大胆なグラフィック!
首回りの★マーク、迫力のロットワイラー、レディスで登場したにも関わらず
メンズの間でも争奪戦になったバンビ…などなど

10ss11aw (1)

12aww

最後のメンズコレクションも、ジャケットスタイルにはスカート風にロングインナー
スティッチ風(?)グラフィック、★プリントと変わらないティッシ流!

_MON0016 _MON0246 _MON0376 _MON0824

パリでの発表がないのは本当に残念
噂されているヴェルサーチ就任は非常に気になるところ!
早めに新生リカルド・ティッシが見たいものです!

CATEGORY : uccieのつぶやき

パリメンズ、チェックの着こなしは千差万別~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

様々なテイストが入り乱れ、混沌としたミラノメンズコレクションを前回紹介しました。
続いてのパリメンズでとにかくお伝えしたいのは、チェックのバリエーション
秋冬の定番中の定番ですが、今回のスタイルはまさに千差万別!

最初はBalenciaga!
英国調クラブチェックのマキシに合わせるのは、ロゴ入りのレインブーツ!

1 (2)

70年代思わせるレトロなチェックコートには、トレンドのワイドパンツ
枯葉モチーフのブローチもキラリと光る
ノスタルジックな会場でのコレクションは「Off-White

1 (3)offwhite_17aw_29

バッファローチェックはDries van noten、大きな肩、袖、そして丈もマキシと
トレンドのオーバーサイズは継続中のようです。

1

全体的にメルトンやフランネルなどの、温かみのある素材が採用され
チェック柄のコートは古着のような風合いを感じられるものが多い見られます

そこに目を引くカラーを合わせたり、ハイテクなバッグを取り入れるなど
ギャップのある着こなしが凄く新しい!

後程で紹介する「シャツ出し」ルックはAMI、得意のチェスターの引き出しは今期も豊富

今期復活と思われるダッフルは、ダークなオーバーチェック
今シーズンこれまた多いフードを被り、怪しげな雰囲気はランバンのラストルック

1 (4) 1 (5)

uccieが一番気になったスタイルはValentino

チェックコート、ニット、パンツ、そして統一された細めのリボンタイと
クラシカルなアイテムと素材感から
ポップなメッセージワッペン、ほぼ全ルックに採用されたキャップ、ハイテクスニーカー

一見ミスマッチかと思われるスタイリングも、現代の一貫性のない
メンズトレンドらしさを表しているようでした。

2 (2)2 (3)

ミラノでもポップなワッペン、特にメッセージタイプが多く
このクラシックなチェックのような、敢えて馴染まない使い方がかっこいい
ハイテクスニーカーも17-18はより一層渋めのカラーで

Valentino4Valentino3

新しいスタイリングは、トップスの下にオーバーサイズのチェックシャツのレイヤード
色柄を見せつけるかのようにわざとらしく大きく、だらしくなくチェックをアピール

トップスのサイズは様々
大事なのはトップスとの同系色のカラー配色!

3 (2) 3 (1) 3 (4) 3 (5)

ブルゾンからのレイヤードも引き続きトレンド
丈の短さを生かしつつ、インナーとのスタイリングが重要になってきている

3 (3) 3

パリだけでもチェックの採用が非常に多く、特にコートやシャツの定番アイテムは外せません
スタイリングはどこかにアンバランスさを取り入れることで、見慣れたチェックにも
新鮮さを生んでいるのがポイントと感じました!

CATEGORY : uccieのつぶやき

メンズトレンドは一癖ある○○なスタイル! ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!
非常に遅くなってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします!

早速ですが、恒例の最新メンズコレクションのシーズンとなりました!
ミラノも終盤となりましたが、今シーズンは…キッチュ?ちょいダサ?
一癖も、二癖もあるメンズスタイルが登場中!

フェンディやドルチェ&ガッバーナのようなミラノのビッグメゾンでも登場し、
一気に浸透する勢いなので、今後のコレクションでも要チェック

uccieが気になったテイストやアイテム別に紹介していきます!

・レイヤードスタイル
真っ先に気になったのは色々なアイテム、テイストを重ねたレイヤードスタイル

例えば、16年のトレンドだったビッグサイズのアウターの下にアウター
さらにロングのチェックシャツ、スカーフも合わせたり

その他にも衿を何枚も重ねたり、インナーをわざと大きくしたり、アンバランス感や
ごちゃとした雰囲気が楽しいスタイル

1 (4) 2 KIM_08471 (2)

・豊富なワッペン
ポップなスタイルが多い今シーズン
それにマッチする遊び心溢れる、ワッペン使いが豊富

基本的はブルゾンに、ランダムでも均整でも、カラフルなものがトレンド!
メッセージ型、ミリタリー、スポーツ、グラフィックとなんでもOK

_FEN0503 _MON0629 KIM_0547 05-coach-menswear-fall-womenswear-pre-fall-2017

・ファーアイテムの主役はファーベスト
ファーアイテムがかなり増加中!中でもベストが主役

かわいいモコモコっとした質感に、すっきりしたシルエットに合わせたり
ゆったりとしたレイヤードスタイルに、迫力のあるムートンベストを重ねたりと
アウターの上から、気軽に合わせるスタイルは日本でも重宝しそう

55 (4)

5 (2)

・ちょいださニットな男
これちょっとダサい…?と思うニットを連発していたのはドルチェ&ガッバーナ
手書き感溢れる絵柄は、思わずニヤリとしてしまうシュール感たっぷり

_DOL0219_DOL0313  _DOL0345_DOL1226

少し間抜け顔の猛獣は3D仕様の毛並がよりシュールな感じに
仮にアウターの下から、これが現れたら絶対笑ってしまいます

_DOL1112

ドルチェ以外にも、ちょいダサニットはまだまだ登場しそうな勢い!

フェンディの大きく書かれた「YELLOW」ニットにはついツッコミを入れたくなります
首枕にニットin、メッセージの入ったスリッパとフェンディ攻めてます

_FEN0556

全体的にキッチュな印象を受ける今シーズン
メンズの正統派なカッコよさは見慣れた感じがある中で
シュールで少しハメを外したような、一癖あるこのスタイルは好印象でした!

1 / 1312345...10...LAST »