藤岡篤子BLOG
CATEGORY : uccieのつぶやき

解放感とタックイン、ストリートのシャツ ~uccieのつぶやき~

こんにちはuccieです

この夏、海外のストリートスタイルでは新たなシャツの着こなしが急増中

ボタン3~4個開けて、まるで開襟シャツのように襟元大きく見せ開放的に
ビッグサイズをタックインして、シワなどをあえて作り出したり

d0ca19ee9840251261965dafc7641a07 a7ef215b2d9ea0b8c140f8be34ef6400

直近のリゾートでもステラ・マッカートニーがビッグサイズや
半分タックインなどのスタイルが登場中

2 (2) 2 (1)

スカーフなどを合わせ、サイズ感を落ち着かせれば
大きく開いた襟元も洗練された雰囲気に

03-Max-Mara-Resort-18

実はこのスタイルはメンズでも見られました、襟元は開放的
しっかりタックインした人や、半分入れ忘れのような適当な感じの人など色々

8c392e2fcc4bbcaf55505899cda0ebef6df5fb9aea654de91f3c579a6031bad06aaaf2ff4ade88d8e8c3dfc857dab065

レディースより一足先に開催された18SSでも見られ
N゜21が白Tを合わせた爽やかなスタイルに

_N210123 _N210165

プラダは衿を立て、ハイウエストでタックインと新しいバランス

_MON0675

今回のストリートはショー会場ということもあって、少しアヴァンギャルド感ありますが、
ショーでも登場していることから、新たなスタイルとして定着するかも!?

CATEGORY : uccieのつぶやき

New&Retroなスポーツウェア ~uccieのつぶやき~

こんにちはuccieです

2018春夏メンズにはシャカシャカ系素材のスポーツウェアも
多数登場し、定番の地位を確保しつつあります

今回のレトロ、ノスタルジックのムードはこのスポーツウェアにも反映され
少し色褪せた、年期の入った風合いのものがイチオシ

バレンシアガ、フェンディ、エルメス、ヴァレンティノ

2 (1) 2 (4)2 (2)2 (3)

また、シルエットも大幅に変更
まるで風に吹かれたかのような、大きく膨らんだシルエット
何よりも大胆なアシンメトリーな着こなしは新鮮

ランバンとルイ・ヴィトン

1 (1) 1 (2)

レインウェアはコートが一番、透け感や光沢素材を用いた
こちらも裾が風で膨らんだようなシルエットが新しいです

ランバンとフェンディ

3 (1) 3 (2)

CATEGORY : uccieのつぶやき

いざ、ユートピアへ!2018春夏メンズ ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

全体的にノスタルジックな雰囲気の2018SS!

直球なハワイアンスタイルではなく幻想的、非現実的で
ユートピアを感じさせるプリントやスタイルが今期の気分

海やジャングルから宇宙までをミックスしたような世界観のプリント
レトロなカラーリングでミステリアスな雰囲気のPaul Smith

KIM_0106KIM_0469

風景柄も幻想的に、ブルーを中心の哀愁漂う雰囲気で
ムードはノスタルジック一色に

_N210326_ARC0681

解放的なハワイアンと、パンクを合わせたDSQUARED2
ストリートを合わせたMarcelo Burlonと、リゾートスタイルも新しい発想に

_MON0790

アロハのタックインも急増中
裾を余らせたり、無造作に入れたりと余裕のあるスタイリングが特徴な今シーズン
タックインは全体を見ても重要なトレンドに

_VUI0537_AG11557

CATEGORY : uccieのつぶやき

軽快なアクセント!スポーツラインテクニック ~uccieのつぶやき~

こんにちは uccieです!

前回のリゾートコレクションはクリーンなワークを注目トレンドとして紹介しました!
もう1点リゾートシーズンで外せないトレンドがあります。
それはスポーツスタイル!例年では不動の人気、定番となってますね!

その中でも今回の2018リゾートでは、代表的なディテールでもあり
ワンポイントで、軽快なアクセントとなるスポーツライン使いが豊富でした

ビッグスウェットとジャージセットアップ
リブにあしらったスポーツストライプやサイドラインはベーシックなテクニックに
小物も含めピンクとレッドでまとめキュートなAlice + Olivia

2 (2)

ボディに沿ったラインにはアクセントカラー
トップスやパンツ以外にドレスにも使用され始めました

アームから背中を通した、服の動きで表情を変えそうな
新しい使い方も登場しています。

12-Milly-Resort-185 (2)

Valentinoはワイドなライン使いを中心に全体的にスポーツムード
メインカラーの鮮やかなグリーンにビーチサンダルと
リゾート×クリーン×スポーツと軽快なコレクション

4 (2)985

鮮やかなグリーンのニットはRed Valentino
トップス、シューズがスポーティで、スカートがフェミニン
このスタイリングも今シーズンの特徴となっています。

3 (1)3 (2)

STELLA McCARTNEYはアシンメトリーなシルエットを
より強調するようなユニークなテクニック
スポーツ以外にも、一部だけズルッとビッグサイズのアイテムも今シーズン多くなっています

5 (4)5 (3)

取り入れやすく、軽快なスポーツムードに様変わりするラインアクセント!
今後も重宝していきそうです!

次回は2018春夏のメンズをピックアップ、お楽しみに!

CATEGORY : uccieのつぶやき

クリーンなワークスタイル増加中!Resort18 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです!

今日はそろそろ出揃ったResort 2018についてです。
年々ルック数も増加して、力を入れてくるブランドが増えた印象です。

既にご紹介した、ルイ・ヴィトンは滋賀のミホ・ミュージアムで開催され
ディオールはLAの自然保護区、シャネルやプラダも早い時期にショーを開催するなど
活発でトレンド的にも見逃せないシーズンとなっています。

まだ未発表のブランドもありそうですが、まとめてみました。
急増した感があったのは、クリーンなワークスタイル

 

フラップポケットが特徴なワークシャツ、サファリシャツを中心に
歩行しやすいワイドなボトム、そしてクリーンで清潔感のあるソフトカラー、
ワークのベーシックカラーのカーキ、ベージュでまとめています

493A8677 25-see-by-chloe-resort-201806-sonia-rykiel-resort-2018

より清潔感のある、オールホワイトのワークスタイル

07-michael-kors-resort-18 12-Derek-Lam-Resort-18 14-bottega-veneta-cruise-18

トータルでクリーンな印象を維持しつつ、レースやワッペンで捻りを加えるのも素敵です。

27-Chloe-Resort-1811-dsquared-resort-18

コートも圧倒的にトレンチ率が高く、昨年からの継続ですね!
デザインは様々なところに変化をつけて若々しく。
そしてこちらも、クリーンな雰囲気を残しつつシンプルに着こなしています。

493A774822-fendi-resort-201801-altuzarra-resort-spring-201809-joseph-resort-18

前シーズンからのワーク・ユニフォームの流れがさらに浸透している感があります。
今回のResortでもフラワーや民族柄、カントリースタイルなども多く見られますが、
その中でも凛とした雰囲気のこのワークスタイルに注目したいと思います。

CATEGORY : uccieのつぶやき

欠かせないカラー、ブルーのおさらい ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

突然ですが、最近全く新しいブルーがクレヨンとして発売されるのはご存知ですか?

遡る事2009年、米オレゴン州立大学研究室のオーブンで化学物質を加熱していた際、
偶然発見されたものだそうです。

新たな青い色素が作られたのは、1802年にフランス人化学者のルイ・ジャック・テナール
がコバルトブルーを発見して以来

それがこの「YInMnブルー」※名前募集中らしいです
馴染みの深いブルーなので、既視感あるような、でも凄く新鮮なブルーのような
今まで見た事がないという点から、神秘的にも感じます。

1024px-YInMn_Blue_-_cropped

ファッションの分野において、このブルーが登場する…というのはまだ先ですが
200年の時を経て新しい色が増えるというのは、新たな可能性を感じワクワクします。

ブルーは全世界でも最も好まれる色なので、トレンドにおいて最重要なカラーの一つ
もし今後も新色が増えると、ファッション界にも影響出てきそうです!

今回発見されたYInMnブルーは暗めのブルーですが、今シーズンのブルーも
ミッドナイトやネイビーなどの大人ブルーが主流でした。
折角なので、今年のブルーを振り返りたいと思います。

今年の春夏のブルーは DEEP BLUE
コバルトやユニフォームブルー、ターコイズなどくっきりと鮮やかな青が主流で
ミッドナイトなどのダーク系は黒と合わせた同系色風の配色に注目するなど、大人なトーンに

間もなくシーズンとなる秋冬のブルーは、BLACKISH BLUE
スマートなダークブルーをブラック代わりに活用
春夏から引き続きミッドナイトが登場し、大人ムードが継続中

目を引く鮮やかなターコイズでのヘアリーアイテムはuccieイチオシ!

 

CATEGORY : uccieのつぶやき

イレギュラーストライプで新鮮に ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

現在FTFセミナーの資料を鋭意制作中
その中でも気になったのは、様々な表情を見せるストライプ
18年春夏にも欠かせないトレンドとなりそう…!

ストライプと言っても、正攻法なものではなく
服を絞ったり、膨らませたりすることによって、ストライプ自体に変化を
持たせる、前回の記事でもご紹介した「ボリュームコントロール」を用いての
ストライプが非常に大事になります。

1

シンプルなストライプも、服の変形によってグラフィカルな印象に

0a182aeed5b6a90cab6f0ab00f6e6d4e

部分的にボリュームを持たせ、シルエットに合わせた
ストライプの向きや太さを変えるテクニックも

ddd9f36096f71e596b9ecb93299cee6d

sportmax 2017ss press (10)MULBERRY 16

広がるシルエットに合わせて、幅を広げていく
より広がりを強調する視覚効果

CHLOE Chlo・is a French fashion house founded in 1952 by Gaby Aghion. Aghion later joined forces with Jacques Lenoir in 1953, formally managing the business side of the brand, allowing Aghion to purely pursue the creative growth of Chlo・ Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** CHLOE Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LGMSGM 2017ss Press (11)

スタイリングは少し変わったランバンのメンズから
ピッチの異なるストライプシャツをレイヤード、そしてタックイン!

LANVIN_2017SS_Men_s_Collection_runway_gallery-17

_LUC6503

春夏には欠かせないストライプ!マンネリにならない変化が必要です
18年春夏はシルエットやディテールなどのボリュームに合わせて
グラフィカルなストライプを提案していきましょう!

CATEGORY : uccieのつぶやき

じわりと増える、自由なスペース・ポップ ~uccieのつぶやき~

例年の秋冬よりも、グラフィックやポップなイメージが多かった
2017-18秋冬コレクション

僕はその中でも、ずばり「宇宙」を感じることが出来るような
宇宙をイメージしたものが気になりました!

今シーズン代表的なのは、テーマも「宇宙への旅」だったDOLCE & GABBANA
宇宙飛行士や惑星、ロケットをポップテイストなイラストで展開

また、デザイナーの好きなバラや、リアルな動物のイラストも交えて、
シュールで不思議な空間を描いています。

D&G 66 Dolce&Gabbana_women's fashion show FW17-18_Runway images (27)

イラスト以外にも、スパンコールや装飾などで星の輝きを
またデザイナーが宇宙飛行士になった姿はかわいらしく
キーホルダーやバッグなどに、わかりやすいアイコンとして登場

DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** DOLCE E GABBANA Milan Fashion Week FW17/18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

インビテーションもめちゃくちゃかわいいんです!

Dolce & Gabbana2Dolce & Gabbana3

宇宙空間を漂うような、飛行士のパターンはCHANEL
よく見ると1着1着デザインが違います、じっくりと見てみたいところ
もしかしたら、CHANELの宇宙服が発売されるのも近い未来あり得るかも!?

会場にはご存知のように、大迫力の巨大なCHANELロケット!
こちらも後日発売予定でしょうか?(笑)

DSC05749

天の川を思い出させるような、銀河や流れ星を描いたのはCHLOEのラストルック
クレア・ワイト・ケラーのラストシーズン、ラストルックなので
どのような想いを乗せたイラストなのか気になるところ。

GUCCIはちょっとシュールなUFO
まるでキャトルシュミレーションの現場のような、UFOの不気味さが
ミステリアスなGUCCIの雰囲気とマッチ

その他にも宇宙船のデザイン画イラストや、銀河団のようなプリントと
デザイナーによって様々な宇宙モチーフが増えています

Kane RF17 1206

キラキラと輝く星、銀河をイメージした輝く装飾や
UFOなどのシュール、ミステリアスな雰囲気のもの
また、誰もが知っている白くて丸いフォルムの宇宙服は、どこか愛くるしさがあるものや
逆に宇宙を漂う怖さを表現することも出来るようです

宇宙のイメージはそれぞれ解釈が違うと思います。
まだまだ解明されていない点も多くあります。

それ故にデザイナーが自由に表現が出来る、今後注目したいテーマだと思います。

CATEGORY : uccieのつぶやき

キラリと光るバックステージ LONDON編 ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

コレクション現地では、目の回るような過密スケジュール…

今日は代打でuccieがコレクションの様子をお届け!
バックステージならではのディテールの写真を交えながらお伝えします。

毎シーズンかわいいモデルやディテールが盛りだくさんのバックステージショット!

J.W ANDERSON London Fashion Week FW17/18 Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** J.W ANDERSON London Fashion Week FW17/18 Steve Wood ゥ Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

今回はロンドンコレクションから、キラリと光る装飾、素材ディテール!
ビジューやスパンコールで幻想的な雰囲気はMary Katrantzou

シューズにもびっしりとビジューの輝きが!

J.W Andersonはメタリックを部分使い
メタリックな素材の自然な重さで作られるドレープが特徴です

キルティングの光沢を、パッチワークで用いたのはPeter Pilotto
目の錯覚が起きそうな不規則な刺繍も施されています。

この刺繍ですが、Peter Pilottoの多くのルックに使われています。
ただ、これを写真で見ると錯視ですかね…非常に目にキます…(笑)

キラリと光るのはアクセサリーも!
芸術品のような不思議な形状、J.W.アンダーソンの球体ブレスレットは
どこからインスピレーションを得たのか?調べていくのが楽しみです

今回はロンドンから3ブランド!
多数のパターンや装飾を用いた、アート的なコレクションが印象的でした!

1 / 1312345...10...LAST »