藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

フェンディ:ミラノコレクション第二の山場

ミラノコレクション第二の山場の日。ミラノ中を車で走り回る毎日、相変わらず強い雨にまいってしまう。肌寒い!
フェンディのコレクションはショールームで開催される。付近の小さな道路は駐車で車が通れないほど。隣の小さなカフェはショーを待つ人でいっぱい!急なフェンディ景気に湧いていた。
スペース好きなカール・ラガーフェルドが作ったのは。透明ビニールのチューブが床から壁面までとりまく未来感覚のステージ。ショーが始まるとチューブに液体が流れ始め、明るい色から、次第にダークな色に変化するという仕掛けだった。

CIMG2546.jpg
フィナーレに登場したカールとシルビア・フェンディ。カールはちょっと太った感じ?!

CIMG2548.jpg

CATEGORY : BLOG

Dスクエアード:いよいよコレクションも大詰め

朝9時から「Dスクエアード」というぶっ飛ばしぶりだ。
コレクション会場は朝から熱気むんむん!通路にもぎっしり人が立っている。暑い!
ダンとディーンの双子の兄弟は今シーズンガレージを舞台にショーをスタート。
なんと本物の車が走ってランウエイに登場してきたのにびっくり

CIMG2519.jpg

フィナーレはセクシーな水着のモデルの囲まれたダンとディーン。

CIMG2521.jpg

ミラノコレクション期間中に初めて旗艦店をミラノにオープン。デビューして15周年目だ。
コレクションの翌日にオープニングイベントがあったが、コレクションの真っ最中で参加できず。
CIMG2522.jpg

フィナーレ

CIMG2520.jpg

CATEGORY : BLOG

ロロピアーナの展示会

ラグジュアリーの王道を行くロロ・ピアーナは、いつ見てもこういう生活をしたいなと憧れるハイエンドなライフスタイルの提案がある。今シーズンは「ウインドメイト」と呼ばれるマイクロファイバーのスポーツウエアが、飾られていた

CIMG2523.jpg

その名の通り「贅沢なクルーズ(クルージングで休暇を楽しむ時の服)」ラインは、お嬢様ルックの定番マリンが登場した。品が良く女らしい。

CIMG2524.jpg

紺と白の清潔なマリン配色は、上流階級御用達の上品さが溢れる

CIMG2525.jpg
甘いコーラルピンクを品良くトレンドのカフタン風のチュニックに。スポーティなリゾートルック。

CIMG2527.jpg
ロロピアーナの展示会の最大の特徴は、ラグジュアリーなお花のアレンジ
さりげなく会場のあちこちに飾られているが、神経を払った器とアレンジが素敵だ

CIMG2528.jpg

トレンドカラーの白に合わせ、フラワーアレンジもさまざまな白い花を集めて。

CIMG2530.jpg

CIMG2532.jpg

バーミリオンとグリーンのフラワーアレンジ ナチュラルでありながら洗練されている

CIMG2531.jpg

ロロピアーナの展示会では、中庭にカフェが設けられ、見終わったらここでくつろぐ。展示会場に行く前に、すでにくつろぎモードでカフェやワインを楽しむ人も。

CIMG2536.jpg

CATEGORY : BLOG

ホーガン:今日も逃がせない展示会がずらり

「ホーガン」は、アメリカンコミックを思わせるアニメーションが会場いっぱいにディスプレイされている。
行動的で、たじろがない現代の強い女性をイメージしたものだそうだ。

CIMG2499.jpg

ホーガンの展示会場はどこを見てもアメリカンコミック。ポップでいるだけで楽しくなる

CIMG2500.jpg

ホーガン展示会のもう一つのお楽しみは美味しいお菓子。今回はジンジャーやチェリーなど果物や野菜を工夫したヘルシーで見た目も可愛いスィーツが並んだ。ギャルソン達は、黒いシャツとパンツ姿でスタイリッシュ。てきぱきしたプロフェッショナルな対応が気持ちよい

CIMG2497.jpg

新作は小学校の運動靴のようなバレリーナシューズ!?
パイソンだけど見た目はぐっとカジュアルだ。

CIMG2511.jpg

シルバーメタリックのバレーシューズに花の刺繍が可愛い!

CIMG2506.jpg

ホーガンの定番バッグとスニーカー
今シーズンはゴールドもシルバーもほどよい輝きでシックな感じだ

CIMG2501.jpg

こちらは、カラフルでユーモラスなバッグ

CIMG2503.jpg

スタイリスト用?でっかいバッグはエディターズバッグをはるかに超える大きさ。
現代女性はますます携帯する物が多くなるのか!? CIMG2504.jpg

CATEGORY : BLOG

トッズの展示会

トッズの展示会では、「フェイ」のジャケットを中心とするコレクションも発表された。人気のバレリーナシューズはオープントゥが初登場

CIMG2460.jpg

「フェイ」はニューヨークのデザイナー、デレク・ラムを起用した婦人服コレクション
今シーズンはトレンチやパーカスタイルなど、かっちりしたトップスが多く提案された

CIMG2438.jpg

リュックスなカジュアルを得意とするトッズだが、今シーズンはパイソンなどトレンドカラーのエキゾチックスキンが並んだ。

CIMG2444.jpg

2008年はミントカラーとアクリルホワイトのクールな材質をからめたストラップサンダルの提案が多い

CIMG2441.jpg

パイソン使いはクロコダイルと並んで春夏のトップトレンド
ナチュラルカラーよりも、ミントやアクアブルーなどクールカラーが付けられ新鮮

CIMG2442.jpg

デレク・ラムによるコレクションはジャケットとチュニックだけ。なめらかな薄いナッパ
素材で仕立てたトッズならではのチュニック。

CIMG2448.jpg

エディターズバッグは高級化をたどる。紙のように薄くしなやかなクロコダイル使い

CIMG2451.jpg

ショルダーにもハンドバッグにもなる大型バッグは、エディターズバッグの進化版。ワンポイントの大きなアウトポケットがポイント

CIMG2452.jpg

スポーティなショルダーはますます大きく、フラットなデザイン
多かったアウトポケットは。次第に控えめになってきた

CIMG2455.jpg

トートバッグは継続だが、縦長の方向へ。清潔で爽やかなミントグリーン系が2008年春の新色

CIMG2461.jpg

トッズならではのドライビングシューズにエナメルのフェミニンなデザインが登場
スカラップ風の甲部分がレース柄のよう。

CIMG2463.jpg

 CIMG2465.jpg

CATEGORY : BLOG

プラダのショー会場

プラダのコレクションはミラノのハイライトだ。
今シーズンのテーマは「ファンタジー」女性のイマジネーションを要約したものとミウチャ。いつものようにレム・コールハースのシンクタンクと組んだ会場のアートディレクションは目を見張るばかり!

CIMG2470.jpg

プラダのショー会場は、円形の座席が幾つも置かれるという作り。「プラダを着た悪魔」ことアメリカンヴォーグの編集長アナ・ゥイントゥース(右オレンジのプラダの新作セーターを着て、隣はチーフエディターグレース・コディントン、その隣はアンドレ・レオンタリン)

CIMG2468.jpg
プラダのショー会場グラフィックな花や妖精のイラストとペインティングに飾られた会場は、不思議の国、プラダのワンダーランドだ。脚立の上で見ている人たちはプラダブティックの販売の人たち

CIMG24701.jpg

感動と歓声に包まれて、圧巻のフィナーレ
観客はドーナッツ型のグリーンの座席で見ている

CIMG2472.jpg

CATEGORY : BLOG

エトロのコレクション

エスニックなカラーがずらりと並んだコレクションのフィナーレでは、ステージの背景がぐるりと回転し、2008年春夏ならではのカラーバリエーションを一瞬で見せてくれた

CIMG2474.jpg

CATEGORY : BLOG

バリー展示会

1851年に皮革のラグジュアリーブランドとしてスイスに創立されたバリー。
アパレルにも力を入れ始めている。今シーズンから、ニューヨークでシグネチャーラインを発表しているブライアン・アトウッドをクリエイティブディレクターに起用。本格的なレディスラインを展開した。リゾート感覚あふれる「ボヘミアン」ルックがテーマだ。

CIMG2476.jpg

バリーの展示会では、アーカイブからの復刻版が出された
今シーズンのハイライトの一つアールデコの配色とモチーフが気になる。

CIMG2486.jpg

黒とピンクを基調にしたアールデコ配色のサンダル

CIMG2484.jpg

CATEGORY : BLOG

ジル・サンダー 展示会

いよいよコレクションは山場。雨の中コレクションと展示会を強行する。一日に平均11本のショーと4本の展示会を廻る。
初日に素晴らしいコレクションを見せ絶賛されたジル・サンダー。
ショールームはキャステロ(お城)が見えるミラノの中心地にある。

CIMG24951.jpg

今シーズンを象徴するエレクトリックなカラーをヒールに使ったハイヒールにびっくり!

CIMG2493.jpg

91 / 92« TOP...102030...8889909192