藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

ファリエロ サルティのレセプション by uccie

こんにちは uccieです
ファリエロ サルティと八木通商のレセプションパーティに出席させていただきました!

Faliero Sarti (ファリエロ サルティ)と言えば説明不要のイタリアのテキスタイルメーカです。
もちろんストールブランドとして名前を聞くことが多いのではないでしょうか
自分も最初に覚えたストールブランドはファリエロ サルティでした

レセプションはイタリア大使館で行われました。
会場に入ると、色とりどりのストールがお出迎えです!

美しい発色もですが、一目で伝わる繊細な生地、柔らかさが魅力的です。
巻くと立体感のあるドレープが印象的ですが、無造作に飾るだけでも存在感あります

少し入ったところにも、ストールがいっぱいのオブジェがありました
こちらはぐるぐると回転していて、柔らかなストールがひらひらと靡いてます

無地のイメージが強かったんですが、鮮やかな発色のプリントも多数あるんですね
蝶やポップなメッセージなど、バラエティに富んだラインナップ!

レースディテールが施されたものは、じっくり止まったところで見たかった…笑

調印式とスピーチでは日本駐箚イタリア大使 ドメニコ・ジョルジ氏と
代表取締役社長 八木雄三氏 白いスーツが眩しいです。

クリエイティブディレクターのモニカ サルティ氏もスピーチもあり、和やかな雰囲気でした。

uccieはイタリア大使館も初めてだったりと、かなり緊張していましたが…
スピーチの雰囲気も和やかで、とても素敵なレセプションパーティでした。

また、レセプションの他にも翌日に仙台に旅立ってしまい、
ドメニコ・ジョルジ氏が名残惜しそうに話していた「支倉常長の肖像」も見ることが出来たり

始めてイタリアの大使館の庭の美しさに感動したり、実は色々楽しんでました…笑

最後におみやげですが、ドットのチーフ!肌触り最高です!

CATEGORY : BLOG

ドリス・ヴァン・ノッテン 絶品のゴールドとラッフル

前シーズン、国宝級の建造物オテル・ド・ビルでコレクションを開催した時
入場制限をしてしまい、招待状を持ってる人も、締めだされていました
その反省か、今回はセーヌ川のほとりにある大きな会場でのコレクションです。

みんなゆったりと座れ、遥か彼方からゆらゆらと現れるモデルに
何だかデビュー当時のドリスを思いだしてしまいました。
 

大きな会場の客席の向かい側には、きらきらと輝くゴールドが
日本の屏風のように
壁面を覆っています。

ファーストルックは白のドレスにゴールドの大きなラッフルがついた服!!!!

前回までの「フラワー」に代わって今回「ラッフル」が服を彩ります。
モダンな白の膝丈ドレスにのサイドとバックが大きなゴールドラッフルで縁取りされています

そのあとも得意のオーバーサイズのゆったりしたコートやトップスが続き
ドリスが大好きな
エスニックモチーフのボーダーやビーズフリンジのディテールが

トップスのヘムのあちこちに施されています。

まだ展示会に行っていないのですが
きっとそれぞれ意味のある装飾だと思います。 

早く聞きた~い!!

 

このところ継続している「フローラル」は黒地のサテンにロココ調の大きな花柄が描かれ
またジャカードも同じ柄でたくさん提案されています。

トップスが花、ボトムがジャカードという組み合わせが基本になっています
トップスを締めるのは「帯締め」のような細いベルト


お花柄は大きい簡潔なものか3Dのコサージュ
黒のニットにも大きなラッフルが横切り、先シーズンのオーストリッチを思わせる迫力です。

赤黒、ペールオークルに黒と黒はアクセントカラー
「3D」というキーワードは、ミラノでもたくさん出ていました。

モダンロマンス」と大きく見出しが躍ったドリス・ヴァン・ノッテンのコレクションは
もう観客の心をわしづかみです。

フィナーレには金箔が施された長いランウェをバックにモデルがずらりと並び
ギターのソロ演奏をバックに、ゆっくりと全てを見せてくれました。

これに続くニナ・リッチ、ランヴァンでも「白」と「キラキラ」が驚くほど多く
パリはパリ!!!!!!!という独特な感じです。

CATEGORY : BLOG

プラダ 壁画運動 ディエゴの世界

プラダのコレクションは、いつも新鮮な驚きと圧倒的な刺激を与えてくれます
今回はいつもの会場に入ると、壁面に描かれた大きな顔が出迎えてくれました。

メキシコの画家ディエゴ・リヴェラ(フリーダ・カーロの夫としても有名ですが、
メキシコを代表する画家)にインスピレーションを得た今回のコレクションでは

6人の画家とコラボ
した壁に描かれたに「顔」が主役です。

メキシコ風アニメの主人公風オリエンタルタッチなどバラエティに富んだ
顔ぶれが服にも登場しました。

カラフルな配色に大きく描かれた顔が迫ってくるドレス!
迫力満点!

着るというより、コレクションピースとして
飾っておきたいほど、アーティスティック


春夏にも関わらず、ミンクのコートもたくさんカラフルに提案されました
レッグウエア
もカラフル

中に着ているジャージーのセーターにはスポーツラインがアクセントに使われ
基本のコーディネートはリアルクローズです。

スプリングコートにジャンパードレスに膝丈スカート、
今回は重ね着がコーディネートのキーワードです。

そこにカラフルなバッグ、レッグウエア、シューズが組み合わされ
とてつもない、重層的なハーモニーが生み出されます

とびきり美味しいご飯を食べて、
心も体も満足なそんな満ち足りた気分になったコレクションでした。

CATEGORY : BLOG

バーバリープローサム「英国のバラ」はピンク色

ケンジントン公園に建てられた大きなテント
バーバリープローサムのテントに演出ではなく本当に雨が降りました。

バーバリープローサムのコレクションは、規模の大きさでも
ロンドンファッションウィーク随一ですが、セレブリティの華やかさでも群を抜いています。

今回もぐっと痩せて若返ったサマンサ・キャメロン(彼女はウイリアムとケイトの結婚式でも
バーバリーを着ていました)、はオレンジのフレアースカートをはいてモダンなコー ディネート。

ケイト・モスの元恋人のミュージシャンのジェレミー・ヒギンスや、
ワンダイレクションのハリー・スタイルズ

ハリーと22歳の年の差を乗り越え熱愛中のシエナ・ミラーなどが
フロントローいずらりと並んで、華やかな雰囲気が漂います。

ヘラルドトリビューンのご意見番スージー・メンキスなど
コレクションに必要な顔ぶれがずらりと揃いだすのも
バーバリープローサムだからです

バーバリーのショーでは、お客さまもコレクションピースを着こなしていて
客席を見ているだけでも、楽しさ倍増です。

コレクションは「英国のバラ
ちょうど街中にシエナ・ミラー主演の「ダイアナ」が封切られていて
タイミング的にも、諸説ありますがジャストな感じです。

「ジェントル」「テンダー」「ロマンティック」をキーワードに
女らしさ満開の、ピンクやコーラルカラー、ややオーバーサイズ気味の
リラックスした着こなしがステージを彩りました。

 

CATEGORY : BLOG

マーカス・ルプファーと90年代のMTV

マーカスの2014年春夏のテーマは「90年初頭のMTV世代」にアイディアを取った
ノスタルジックで遊び心に溢れたものでした。

ティーンエイジャーの女の子のお部屋を舞台に、思い思いの花柄の服に身を包んだ女の子がPCをいじったり、ベッドに寝転んでくすくす内緒話をしたり、ギターを弾いたりしている見ているだけで、可愛くてほほえましくなるような演出でした




服は基本的には花柄
モノトーンからカラフルな花柄まで、主役は「ダリア
写真の転写を用いて、コラージュしたり、大きくパネル柄に使ったりとさまざまですが

白を基調とした配色は清潔感があって、どれをとってもまさにこの春のトレンド満載 

大きなレースのパネルドレスもあって、シンプルだけど華やかさが漂います

マーカスらしいユーモラスなイラストが描かれたニットやジャージーもアクセントのように飾られていました! 可愛い!!

プレゼンテーションは、ついつい見入ってしまい、時間がたつのを忘れてしまいます
次のJWアンダーソンに急がねば!!!

 

CATEGORY : BLOG

トップショップが後援 ソフィアの世界

ロンドンコレクションで、いつも注目されるのは、次世代の新人です
トップショップの後援があれば輝かしい未来が約束されたも同然!!
だからトップショップからの招待状は是非ものが多いので、見逃がせません

今回はセントマーティンの卒業時から、
注目を集めていた
ソフィアウェブスターSOPHIA WEBSTERがバックアップされています。

リージェント大学の庭園にテントを張って、
その中に夢のような幻想的な世界が繰り広げられました

ソフィアはシューズ&バッグのデザイナーです
アプローチから、花かごの中に靴が飾られ、蝶と花に彩られた夢の世界への入り口でした。

 




リージェント大学

ライブの歌声が流れる中、メリーゴーランドのようにステージを廻りながら、
思い切りアニメチックな三つ編み
モデルさんが身に着けたメッセージバッグや
アイディアいっぱいの靴をわくわく、デザイナーもコレクションとは違う
世界観を創造することができ、本当に価値のある時間でした。


それにしてもソフィア・ウェブスターの才能おそるべし!
自由に創造させたトップショップも懐が深いですね

CATEGORY : BLOG

チャーミングな英国娘オーラ・カイリー

オーラ・カイリーのプレゼンテーションは小さなギャラリーで開催されました。
場所が狭いので入れ替え制。

突然 町の中に行列ができるので、何人もの道行く人から
「これは何の行列なの?」と聞かれました。

すぐそばにホームレスのための炊き出しがあって、
見るからにそういう人がたくさんいる場所でもありますが

こちらは並んでる人たちが、あまりにも洒落男と洒落女なので違う意味で、
興味深々のようです。

狭い階段を上がると、もう人がいっぱいやっと上にある
オーラ・カイリー
SS14」が見えるだけ!

ステージは見えませんが、すぐそばを通るモデルはばっちりです。


ショー終了後にやっとステージが見えました。春の野原でスケッチしていたようですね。
オーラの清楚で可愛いモチーフにぴったりのシチュエーションです。


今回は、ナローなシルエットを主役にブラウスにミニスカート少女ぽいドレスなど、
オーラの個性を飛び切り生かしたシンプルでクリーンなコレクションでした。

ほとんどが巻き髪にベレー帽のなつかしのお嬢様スタイル コンサバな雰囲気に
ラブリー清潔感のある服がぴったりです。

オーラのコレクションは、ロンドンでも大人気ですが日本人も大好き!!
清潔感があって、着られる年齢層も広いし、 今季はベレー帽に巻き髪の
お嬢様スタイルなので好感度はいっそう高し!

オーラ・カイリ―では素敵なギフトア渡されました。
オーラ・カイリ―のトートバッグの中には香水(あったんですね!!)や iPhoneケースが!
早速使っている人がいたので激写

CATEGORY : BLOG

メンズスナップ ロンドン編

ショー会場の外では、お洒落なメンズがパパラッチに写してよ!
と、言わんばかりにたむろしています。

クリストファーもその一人。
彼のボウタイを締めたメンズと一緒にかなり目立っていました

女性より男性のほうが圧倒的にお洒落なのがロンドンファッションの特徴!
オーラ・カイリーのプレゼンテーションで見かけたこのカップルはメンズの勝ち!!

メタリックなカラフルな幾何学柄プリントのオーバーサイズティーシャツを着ていますが、細みのパンツになんといっても、清潔感のある 七三?のヘアスタイルがキモです

赤いジャケットにバーバリチェックのコーディネート  大胆だけどよく似合っています

スカーフもメンズで大流行

CATEGORY : BLOG

まだまだ続くCheckブームは新境地に!?uccieのつぶやき

こんにちは uccie です…暑さがカムバックしてきました。勘弁してください
また秋冬の試着を躊躇ってしまいます!

秋冬が並び始めた店頭ではチェックが目立ちます
近年のコレクションを見ても、レディスとメンズ共に多く見ます

特に今シーズンの秋冬ではギンガムチェックなどが多い模様
やはり13AWのPRADAが影響しているのでしょうか…

メンズはフリルシャツの着こなしが特徴的です
このインナーの主張が激しい着方は、個人的に大好きです。

14SSメンズは花柄やトロピカルがメインの柄でしたが、
最近の傾向から変化なくチェックも多数発表されてました
ここでは少し新しいタイプや着こなしをピックアップ

3.1 Phillip Lim はチュニックとドローストリングのハーフパンツ
大きめのブロックチェックで寝間着のような着こなしがかわいいです。
同じ柄ですが、パンツは若干ブルーで色違いで変化を出してます。
チェック柄は同じでも、配色を変えた上下を合わせる着こなしはおもしろそうです

Junya Watanabe のハイキングスタイルでもチェックが主役
シャツとバッグ、そこにワークベストと異なるチェックもベースの色で爽やかに
レイヤードする時はトーンを合わせた方がまとまりますね

チェックシャツはちょっと間違えるとオタク風と言われたり、実は難しいアイテム
野暮ったくならない、新鮮なスタイリングも大事になりそう

Vivienne Westwood はチェックの本場らしく、新鮮なスタイリング
格子の大きさもトーンもはっきりと違うチェックで合わせています。
使用しているカラーもバッグ、サンダルにアクセサリーを足すとカラフル

激しいチェック使いも、小物でさらに盛り上げれば…!バランスがよくなるかも

落ち着いたところでは、Ami Alexandre Mattiussi のようなウインドペンがキテマス
ゆったりと見えがちなウインドペンのジャケットは細めのラインがよさそうです
イエローでカジュアル感を出して、力が入り過ぎないのも重要
パープルのタイやパンツ丈など、凄く参考になったジャケットスタイル

ちょっと番外編ですが、チェックシャツが一番似合うデザイナー(と思う)
Carven のギョーム・アンリ

チェックシャツのタックインでしかもピンク!なのにスタイリッシュ!
uccieは青山にお店が出来たこともあり、Carvenはお気に入りですが
ギョーム・アンリ自身の着こなしを一番参考にしてます

Carvenは来シーズンもチェックシャツが目白押しですが、
Pradaのフリルシャツとチェックシャツ選びが悩ましいところです(笑)