藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

Lovely & Cute なショートパンツ BEST

2015年春夏も、ショートパンツ人気は継続し
これまでのスポーティなパンツより、バラエティが広がってきました。

特に若いブランドでは、昨年のスポーツ一辺倒から完全に脱し
逆に可愛くて驚くほどエレガントな素材使い等が目立ちます

イブニングドレスに使いうような素材で、とびっきり短くてキュートな
ショートパンツが提案されているのです。

まずレッドバレンティノ
可愛らしさでは、随一ですが、今季はこんなフローラルレース
立体的に散りばめられたレースのショーツ。
トップスは、何と薄いスウエットにボウを付けてブラウス風に見せています

トップスの水玉が強烈なので、見えにくいのですが
ミニフレアーのショーツは、可愛くフレアーに波打ちながら
はと目のアクセントでレース風に見せています。
ミニ+フレアー+はと目小悪魔的可愛らしです

次にブルーガールコレクションでは70年代的なロックフェスのムード満載!
よく見るとエレガント素材にストリート的着こなしテクニックを入れて
女子の紅涙を絞るほど可愛くて、コーディネートも抜群に新鮮です。

アールデコ調にスパンコールを使ったトップスにあわせたショーツは
英国調チェックにラメを入れた不思議な色調でカジュアル感を演出

ブルゾンはカモフラージュ風の花柄という
着こなしのアイディアは、今季最高のミックス感です。

同じブルーガールでも、こちらはピンクのレース使いのショーツ
キャミソールもレースで甘さ100倍なのに、カモフラージュのシャツを着て
ティドロップサングラス、エンジニアードブーツで、
がっつりストリート系に
演出されています

今シーズンは、ショートパンツに通常は用いられないエレガントかつ
ドレッシーなレースや刺繍などが使用されているのが特徴です。

クロエでは70年代調のスエード使いメタルリングを合わせた
シンプルなタイプと

レースをハンカチーフへムに2枚使いしたミニのギャザースカートに見える
ラブリーなショーツや、同じくレースでキュロット風にに仕立てたもの

トライバルな雰囲気を出したクラフトショーツでは
半身がレース、その上に更にレースやアップリケを施した
装飾的なタイプも登場

Jクルーでも、もう少しカジュアルにアップリケで
トライバル風に仕上げたタイプが!

ニットもアイレットレース風でラブリーなタッチ

レースでも大きなメッシュ風は結構トレンドのようで
あちこちで提案されています

プロエンザ スクーラーの大きなメッシュバミューダ

イザベル・マランもぴたぴたのシルエットでメッシュ風のパンツがセクシー

セットアップでもショーツを合わせたスーツが増えています

ステラマッカートニーは御得意のエフォートレスタイプで
ニットのショーツセットアップ。
ボトムはなんとニットという着やすい素材に加えてプリーツ加工という
どこまでエフォートレス?というカジュアルさです

コットンも登場。ステラはショーツの丈がやや長めです

最後にグッチ!今シーズンは可愛くてリアルクローズ、
おまけに70年代の香りも漂い

ウルトラ短いショーツも違和感なく、キモノ素材のギャザーキュロットも
抜群に可愛くて欲しくなるものが、展示会にはずらりと並んでいました

今季は大人も思いっきりショーツでドレスアップですね

今回ご紹介したショートパンツも、今週13日(木)に開催する「HOT TREND EXTENSION SEMINAR 2015年春夏・ホットトレンドエクステンション」にて、
より詳しくご紹介いたします!
受付は現在もしておりますので、お申込お待ちしております。

HOT TREND EXTENSION SEMINAR 2015年春夏・ホットトレンドエクステンション

CATEGORY : BLOG

来春のアウターはスタジャン vs ジャケット!? uccieのつぶやき

こんにちは uccieです

寒いです。でも冬はいいですね、なぜなら
寒いと言ったらアウターの季節!

なので春夏のuccieが注目するアウターを紹介!

勢い充分なスタジャンと復活した感のあるジャケット
皆さんが注目されるのはどちらでしょうか!?

まず、スタジャンは一層フェミニンで華やかに

花柄デコラティブ推しで、メンズ感を一掃

女性の為のスタジャン!という印象が、
男目線からすると特別感があって、可愛さ倍増
カラーも白などで柔らかな印象です

打って変わって、インパクト大な光沢素材+柄
従来のもっさりした素材ではなく、テロテロっとしたナイロンなども
多くなりましたが、来シーズンは 光って いただきまショー

スタイリングも柄×柄やスポーツ×エスニックと大胆
光るスタジャン…メンズでも出してくれー!

エネルギッシュなスタジャンですが、対抗するのは
クリーンなジャケットスタイル!

ホワイトのジャケットはスタイリングもクリーンな印象
より、ディテールやシルエットが楽しめそうです

来シーズンのトレンドのロングな帯ベルトもディテールで

 

ネイビーのいわゆる王道なジャケットは
どうぞお好きに合わせてちょうだい!
と、言わんばかりの様々なパンツスタイルが登場

細身のデニムにワイドなドローストリングパンツ…
いや、もう何を合わせても問題無いです

ちなみに→のドリスはベストですが、よりリラックスな印象です

最近のコレクションは春夏や秋冬が混在するような印象ですが、
今回紹介したスタジャンとジャケットはより春夏らしさを
楽しめるアイテムになりそうです!

え…?どっちか選ぶことが出来ない?
じゃあ、このポールスミスを推薦させていただきます…!

今回紹介したスタジャンとジャケットは、11/13(木)に開催する
HOT TREND EXTENTION SEMINER 2015年春夏 
にて、解説予定です!
お日にちが迫っておりますので、お申込はお早目に!

http://f-fiori-cafe.com/?p=13159

CATEGORY : BLOG

70年代ファッションってエキサイティング!

70年代とその前の時代との大きな違いは何だと思いますか?
それはラグジュアリーブランドと結びついたファッションアイコン
不在と言うことです

50年代はジヴァンシーとオードリー・ヘップバーン
60年代はカトリーヌ・ドヌーヴとイブ・サンローラン

と言うように、スターブランドには、ミューズ的アイコンがいて
ラグジュアリーブランドと車の両輪のように、
時代を象徴する存在になっていたのです。

ですが70年代は、ファッションがぐっとドレスダウンしていった時代です
ミニスカートサイケデリックの流行を引きずりながら

KENZOのペザント20年代ルックの流行がフラワーチルドレン、
ジーンズ、エスニックと混じり合い、
よりカジュアルに、より個性的になっていった時代です。

平和の象徴は「花」であり、自由の象徴は「ジーンズ」であり、正統派の美しさより
キッチュな「悪趣味って悪いことなの?」と当時のVOGUE誌が特集を組むほど
柄と柄の組合せが増加、同時に新たなエレガンスが生まれ、ゆったりしたブラウスや
ソフトなマキシスカート等、フェミニンな方向へと向かっていった時代でもあります

そのカジュアルさと自由で個性的な雰囲気を体現した70年代のミューズ
ジェーン・バーキン

今でこそ、エルメスのバーキンなんて、ラグジュアリーの代名詞になっていますが
もとはと言えば、当時ジェーンが愛用していた籠バッグがインスピレーション。

ノーブランドの女神です!

このブラウスと緩いワイドパンツの組合せは
なんだかクロエのコレクションを思わせる新しさです。

ハンカチーフヘムのゆったりブラウスに柔らかい素材で仕立てられた
スーパーワイドパンツ。

自由な時代にファッションリーダーであったジェーンは
こんな可愛い白いピンタックとフリルのブラウスにデニムパンツ、
厚底のサンダルを合わせて
さり気ないけれど、まさに70年代そのもの!

そういえば2015春夏コレクションでも、ゆったりした白いブラウスが
パンツと一緒にコーディネートされてすっごく可愛かった!

まるで、当時ローリングストーンズのミックが
コンサートで着ていたようなふんわりブラウス

ミックの方がもっとひらひらだったかも!

ロマンティックで少しエスニック クラフトの要素も
70年代ルックには欠かせませんが

白のクロッシェレースのドレスも当時のトレンド!

大きな編み地もカジュアルで、ジェーンや当時その美貌にもかかわらず、
独身主義を貫いたジャクリーン・ビセットもクロッシェドレスでお洒落を!

エスニックな柄やカフタンブラウス、水玉や花柄の柄同士の組合せも70年代の特徴
サンローランの当時のルックです

ダークな地に大きな花柄! 
サンローランもセリーヌも柄行きは完全に70年代のアーカイブ
インスピレーションですね。

70年代「ある愛の歌」でスターダムに駆け上ったアリ・マックグローも
ファッションリーダーの1人

センターパーツの黒髪にエスニックなカフタンブラウス
太いベルトを締めてパッチワークのドレス等、サブカルチャーの匂いがぷんぷんする
その意味では、正統派70年代ルックです。一体どこの服を着ているんでしょうか?

ヘアスタイルは、まさにアリ・マックグロウのような
ナチュラルロングが主流だったのですが
こんなウィッグをツィッギーがかぶっているのでギョギョ!

なんと、マーク・ジェイコブスのコレクションのおかっぱウイッグと同じ!
マークは70年代の映画「チューインガムを嚙む女の子」から
アイディアをとったと言っていたけれど、
まさかこんな70年代繋がりがあろうとは??

ナチュラルVSウィッグ?!は70年代を表してる?!

そして驚きのメイク!
これは偶然の一致だとしか思えませんが、もし、ニコラ・ジェスキェールが
時計仕掛けのオレンジ」を見てこのメイクをやったとすれば、

す、すごい70年代のサブカルチャーの代表作を
さり気なくコレクションに取り入れたって事ですね!

このアイメイクは、全員に施されていたのではなく、一部のモデルさんだけだったから
ひょっとして主人公15才のアレックスを投影していたのかも、、?!

70年代は、後半「アニーホール」ルックなどが流行し「華麗なるギャッツビー」の
影響もあって、少しずつトラッドの雰囲気が強くなりますが、
そこで注目されるのが、ラルフ・ローレンです

でも2015春夏に関しては、60年代から流れてきたフラワーチルドレン
ジーンズの自由でガーリッシュな70年代前半ぐらいまでが、
最も注目すべき時期に当たるのではないでしょうか?

本当にお洒落の宝庫ですね!LOVE 70年代!

CATEGORY : BLOG

やはりストライプ・ボーダーは目白押し!uccieの予想答え合わせ編

こんにちは、uccieです

まず今週の21日(火)、22日(水)に
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 2015春夏4都市コレクション」
東京会場、大阪会場を開催致しました。

両会場共に多くのご参加、誠にありがとうございました。

残す31日(金)ですが、13:00の回は満員御礼となっております。
誠にありがとうございます。

17:00の回も残りのお席僅かとなっていますが、お申込を受け付けております!
どうぞよろしくお願いいたします。

 

というわけで、ひとまず2015年春夏のトレンドが出揃った感じですが、
軸になるのは、本命70年台でしょうか?
はたまた前回ご紹介したジャポニズムのような特徴的なスタイル?

いやいや、忘れちゃいけないのがボーダー・ストライプ

実はuccie、今年の5月にストライプがさらに来る!と
勝手に大胆予想していたわけなんですが…
↓↓↓
夏も冬もストライプの予感 uccieのつぶやき

2015SSコレクションも終了したので答え合わせも兼ねて!
今シーズンのボーダー・ストライプを確認していきたいと思います!

 

まず5月に予想したのはアート×ストライプ
というテーマでした。

その中のまず一つ目がダニエル・ビュランのカラーストライプ

今シーズンではビーチテントなどに使われる、カバナストライプとして登場!
セットアップやトップス、ドレスに使用されて、
明るくてフレッシュなカラー使い!

ポールスミスのセットアップは上下で向きが違う合わせ
アースカラーのストライプも新鮮です

後は、偶然かと思いますがシャツには光沢使いを合わせてみたりと
このカラーストライプ、使い方は変幻自在のようです。

続いてはフランク・ステラの独特な色使い

取り上げた作品がエスニック調のカラーでしたが、
フランク・ステラ風(?)ストライプはやはりエスニック
落ち着いたアースカラーやトーンの低い組み合せに注目です

最後に紹介していたのはゲルハルト・リヒター
やはりこのストライプは何度見ても吸い込まれそう

リヒター風ストライプはちょっと見られませんでしたが
トミーヒルフィガーの細さの強弱や色使いは少し近い…かな?

…さて、答え合わせは如何だったでしょうか?合格点なら嬉しい限りです
それにしても、今シーズンのボーダーの豊富さは見逃せないところ

そんなボーダーでも要注目なのが、マルチボーダー

70年台のような多色使いで、春夏らしいカラフル感
ネオンカラーやダークカラーと色使いも豊富で新鮮なボーダー!

マルチボーダーなどのトレンドは、冒頭でもお伝えした
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 2015春夏4都市コレクション」
にて、より詳しくご紹介いたします!

31日17:00でお席も僅かとなっておりますので、お申込はお早目にお願いいたします!

 

CATEGORY : BLOG

SS15の新ジャポニズム旋風!?~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

嵐が連続して襲ってくるという、秋の滑り出しですが、
2015年春夏トレンドセミナーへの準備は着々と進行中!

いくつものトレンドを紹介したいところですが、
uccieは ”ジャポニズム”が気になります!

もちろん日本人にとって、取り上げやすいテーマですが
今回はより新しいジャポニズムが展開。 進化したジャポニズムをピックアップ!

まずは皆さんも印象に残っていると思われる 「カルヴェン」!!

まさかのカタカナ+フォントに SNS上でも当時このルックが飛び交っていました、
コレクションやファッションをあまり見ない友人からも
「おもしろいけど、こういうのが流行なの?」 …(´-`).。oO(俺が知りたいよ…)

…といった声が多数ありと、かなりの存在感!
フォントの元ネタはベム??70年台??それとも他に…

こんなチャレンジをしてくるとは…ギョームアンリどんどんおもしろく…!
って思っていましたが、なんとCARVENでは今回が見納めに…

「カルヴェン」のロゴ以外にも和柄を採用
浮世絵モチーフなどをワンポイントで取り入れて
ソフトなオリエンタルで意外と取り入れやすそうです

実はこの感じ、少し前に取り上げた”RAF SIMONS”の15年春夏にも登場してます。
来るのか?浮世絵&レトロカタカナ旋風!?…

ジャポニズムはサンローランにも登場!
氷梅や菊の紅白プリントに迷彩柄という
エディ発、新ジャポニズムスタイル

様々な和柄テイストをパッチワークしたのはグッチ
ドレスも着物風ディテールで本格的ジャポニズム
でも足元はスエードブーツで締め

春夏シーズンはやっぱりパターンが楽しいシーズンです!
今回ご紹介したジャポニズムはほんの一角
様々なデザイナーが、それぞれの日本アレンジを見せてくれるので
非常に新鮮に感じられました。

それと同時にギョームアンリの退任は少し残念(メンズ的な意味でも)

ジャポニズム・パターンを含めた、2015年春夏のトレンドは
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー・2015春夏4都市コレクション」
にて、徹底的にご紹介予定ですので、ご期待ください!

多くのお申込をいただいて、10月31日(金)13:00の部 が満員御礼となっておりますので
他のお時間のお申込はお早目にお願いいたします。

CATEGORY : BLOG

新生ロエベ J・W・アンダーソン

コレクションの当日がJ(ジョナサン)・W・アンダーソンの
30才の誕生日だったという事です。

ファッション界のアンダー30アレキサンダー・ワンだけと思っていた私は、
ちょっとビックリ!

若手だとされていたラフ・シモンズがすでに40才代後半ですものね
更に次世代が育ってきても不思議はありません

30才のアレックスや、ジョナサンからカール・ラガフェルド(81才)、
ジョルジョ・アルマーニ(80才)まで幅広い年齢層の、
それぞれが、独特の個性でキャラクターを確立しているというのが
ファッションをよりエキサイティングに、奥深い物にしていると思います。

なのに、ゴルチエのように62才でプレタポルテ引退する人もいて
ファッション業界って、本当に自由な感じがします。

さて、話題のジョナサンですが、ロンドンのシグネチャーコレクションとは
一線を画した、素晴らしく洗練された大人のコレクションを見せました。

テーマは「本当のラグジュアリーを知る女性

ショーの舞台に選ばれたのは、名建築で有名なユネスコイサム・ノグチの庭園です
安藤忠雄のメディテーションルームを背景に
朝一番の清々しい空気に包まれた開放感溢れるコレクションでした。

上質で着心地が良く、リラックスしたロエベにぴったりのコレクションは
ロエベならではのとろけるようなスェード、レザー
リネン、コットンを合わせたナチュラルな素材感が特徴でした。

まずファーストルックは、黒のコラムラインのシンプルなドレスに
胸元にひらひらのリボン飾り!と思いきや

スェードのカラーサンプルのような端切れを無造作に重ねたアクセント

バッグにも注目!スペインの扇子のようなデザインです
他にもバッグは豊作!新作がたくさん出ています。

ドローストリングのフリンジをアクセントに!
ポケットに大きく布をたたんで捻ったようなディテールでボリュームを付けたり
ニットと麻のマキシスカートを、さらりとテキスチャーコントラストで見せたり
素材を扱いなれた、30才とは思えない手練れぶりです!

最も印象的だったのはロエベらしいスェードとレザーの表裏をひらひらと
打ち寄せる波のようアシンメトリーに扱ったデザインのトップスやドレスで
かなり多く登場したので、ジョナサンのお気に入りの逸品なのではと推測しました!

シャープなスポーツグラフィックのカラーコントラストも
若々しくて素敵でした。

柔道着の帯のようなステッチの入ったベルトの大きな結び目がアクセントです。

私のお気に入りはこのティーシャツ!ボタニカルな風景画にバンビ
いたりするのですが、なんとなく可愛い!
レザーパンツに合わせるなんてスタイリッシュです。

屋外と屋内を使用したコレクションでしたので
モデルが近くから遠くまでよく見えます。

コンクリートの打ちっ放しとオーガニックな服が素敵なコントラストです。

30才の誕生日を迎えたジョナスは、ジーンズにコンバースオールスターでした
若者ですね!

CATEGORY : BLOG

トレンドセミナー10月31日(金)13:00の部 満員御礼ありがとうございました

日頃から格別のお引き立ていただきありがとうございます。fプロジェクトより
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー2015春夏4都市コレクション」
のお知らせをお伝えいたします。

・10月31日(金)13:00〜16:30(1回目)の部の満員御礼について

10月31日(金)13:00〜16:30(1回目)※明治安田生命ホール
上記のお時間がおかげさまで本日、満席となりました。
沢山のお申込みありがとうございました。

その他のお時間は現在も受付ておりますので、お早目にお申込くださいませ。

・セミナーの終了時間変更について

セミナーの終了時刻が変更となりましたのでお知らせ致します。
急な変更となり、誠に申し訳ございません。

10/21(火) 会場 : メルパルクホール 
❶ 13:00〜16:30

10/31(金) 会場 : 新宿明治安田生命ホール
❷ 13:00〜16:30(1回目)
❸ 17:00〜20:30(2回目)

大阪会場
10/22(水) 会場 : サンケイホールブリーゼ
❺ 13:00〜16:30

 

CATEGORY : BLOG

sacai 軽快なロマンティックスポーツ

今回は会場が変わり、オデオンの薬科大学に。

まず最初に登場してきたのは、白地にブルーのスカーフプリントに、
カーキのコットンのミリタリー調のフラップポケット
ディテールに合わせたドレス。

ロマンティックな雰囲気がぴりっと
ユニフォーム感覚で引き締まります

今回はユニフォームのディテールがフェミニンなアイテムに組み合わされて
エッジの効いたデザインが多くなりました。
エポーレットネックベルト、ナポレオンカラーにボタンなど
ハードなディテールが合わされます
カラーも、カーキ、ネイビーなどユニフォームカラーが中心

そんなユニフォーム感覚に気を取られていると、
こんなチロリアンテープを使ったペザント調も登場!

本領を発揮するのは、やはり素材ミックス
コットンカーキとレース、ボーダーニットとレースの組み合わせなど
ベーシックなものとロマンティックな素材が合わされ、
ふんわりしたガーリッシュな雰囲気が!お得意のラインですね

次に登場したのはタータンチェックのレース
ブラックウォッチのタータンをレースにするなんて発想がすごい!
とても可愛かったです

最後はマキシドレスが登場しましたが
小花とミリタリーの組み合わせだったり
プリーツ加工で、ソフトなシルエットになったり!

再びカーキとネイビーのユニフォームドレスが登場。
やっぱりこれがテーマなんですね。

メンズストライプもブランドのアイコン素材なのですが、
フィナーレはメンズストライプのレースアップやネイビーとのブロッキングで
フェミニンなイブニングを提案しています。

あ~パリも後一日です。
ルイヴィトンにミュウミュウ、エルメス、本当に楽しみです!

CATEGORY : BLOG

ディオールは、白、小花、ロマンティック

ディオールのコレクションは、これまでルイヴィトンがテントを張っていた、
ルーブルの中庭に、な、なんと鏡張りのテントを張って
廻りのルーブル宮を映し出すという、素晴らしいアイディアで、
まず息をのませました。

鏡張りなので、モダンな趣向にクラッシックな建造物がゆがんで映り込み
迷宮に迷い込んだような不思議な感覚に包まれます。

なかはいくつかのサロンに分かれています
まずトップに登場してきたのは、「」!
パリに入ってからは、このオプティカルな白のオープニングがとても目立ちます。

全身白のこーディーネート!パンツスーツから
シャツドレスまで、力強く、清潔感とシャープさがあふれる白。

中盤から白にアイボリーやペールなスカイブルーが加わり、デリケートなニュアンスのあるペザント風の小花柄のプリントや刺繍が加わってゆきます。
70年代のペザントルックを思わせるファンタジーな雰囲気です。

風をはらむように揺れる透ける素材はロマンティックで、
夢見るガーデンガールのよう!

ムッシュのニュールックを思わせる大きく膨らんだバッスルスカートも登場し、フィット&フレアーのシルエットを強調しています。
ディオールの伝統はどんなモダンな解釈にもしのばせてあります。

フィナーレは、イブニングドレスではなく、ラフ・シモンズが大好きな
カラフルメタリックサテンロングベストを着た、
白いTシャツと黒のバミューダパンツのカジュアルだけど
最高にスノビッシュな大人のカクテルルック!

スタイリッシュなエンディングでした
展示会はまだですけれど

正確な情報は、またその時に!

今回はアナ・ウインターをあちこちで見つけました
プラダだけではなく、ルイ・ヴィトンをよく着ているのが
なんとなくアナらしいというか、らしくないというか、、!

まあどちらもよく似合っていましたが!
一生懸命お仕事をしている感が伝わってきました。

20 / 92« TOP...10...1819202122...304050...LAST »