藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

英国調コンサバティブが気になる!

ミュウミュウの大きなヨーク切り替えのブラウスのインスピレーションが若い頃
ダイアナ元妃が、愛用していたプリンセスタイプのブラウス、、!
というところから調べていたらやっぱり、たくさん出てきました。


2015年秋冬は、やっぱり英国、ロンドンが舞台です
一つは英国のダイアナ元妃が若い頃着ていた(多分70~80年代)
黒やグレーのジャケットにベルベットが付いたジャケットや、チェックのドレス。

英国上流の子女を思わせる伝統的な着こなしは、そのままフェイブルガール、ポップなカラフル感や強調されたデザインでミュウミュウが提案しています。

伝統的なガンクラブやグレンチェックを基本にしながら
大きいスケールに、またカラフルにモダンにバージョンアップ!が基本です。

着こなしも、ニーハイブーツを合わせたりとカジュアルなセクシーさの演出
トラッドに今の若々しさを演出します。

基本的なトラッドドレス等も、素材がテキスチャー感のあるコーティングを施されたりと モダンな解釈を通して、鮮度アップ!

ニットのトリミングや金ボタン使いでクラッシックと見せながら、
実はジップで開閉など 手の込んだニュークラッシックです

トラッドと言えばこの秋に気になるのが金ボタン使い!

ピーコート、オフィサーコート、ダッフルコートなど ユニフォーム
(ロンドンのパブリックスクール イートン高)から取られた
かっちりコートも魅力的です。

かと思えば、やっぱり惹かれるオピュレントなスィンギングロンドン!

映画「パフォーマンス」にアイディアをとったと言うだけに トリー・バーチの
コレクションには 主人公のミック・ジャガーが着ている衣装が
そのまま登場してびっくり! ペンダントまで一緒です。

70年代のヒロインはミックの奥様だったビアンカ・ジャガーの
ロマンティックなファッションがぴったり!

グッチの若いロマンティシズムや、フィロソフィのフリルやリボンの
愛らしい 装飾感がずばりはまります

こうやって考えると、この秋冬のファッショントレンドは、発祥はロンドン

そしてグッドガールオピュレントデコと言うのが
リアルトレンドとして迫ってきます

詳しくは21日に開催されるホットトレンドエクステンションで解説いたします。
お楽しみに!

CATEGORY : BLOG

赤いリップで女子力アップ Celine MSGM

2015秋冬コレクションを見ていたら、ちょっとした異変を感じました。

これまでファッションの基本であったナチュラル、オーガニック、
エフォートレスなどの 心地よいリラックス感から、
少しずつ「サイエンス」「ラボ」などという キーワードとともに、
アンチナチュラルの気配が 若いブランドを中心に発信されているのです。

とは言え、まだまだナチュラルは全ての基本ですし、
エフォートレスは多分21世紀の衣服の底流として、根付いて行くと思います。

メイクで応用するとすれば、ナチュラルを基本にアクセントを
一箇所付けて行くと言うことでしょうか?

今回はヌーディなフェイスに赤いリップのワンポイント! 女っぷりが見事にアップしています ピンクではなく「レッド」と言うのがレトロな女らしさを漂わせます。

ミラノの若手ではダントツの注目株MSGM! ヌードメイクに、
赤いリップをつけるだけで、服に負けないカラフルさを感じさせます

クリエイティブディレクターのマッシモ・ジョルジェッティは、
プッチのディレクターも兼任するのでしょうか?? 噂が気になるところです

ヘアもメイクもナチュラルで無造作。マットな赤いリップがアクセントです

エンポリオ・アルマーニは、くしゃっとした少女っぽいヘアに 下唇だけにグロスを塗って、艶っぽさを!

強さを押し出すアクネも今季は赤い唇で女っぽさをプラス

青いシャドウも、赤いリップもつけメイクを盛ったのはセリーヌです! これまで継続してきたナチュラル感から、完全に脱皮したポストナチュラル

赤いリップと同時に強いラインとシャドウが復活しているのも、今季の特徴。

例えばエレガントなシャネルも、ラインとスモーキーなシャドウで 「目力」アップ! ブルジョア風と表されていましたが、アイラインが強くても、上品さがあって素敵!

クリスチャン・ディオールもミニマルなイメージながら目力マックスです

ルイ・ヴィトンは、アイラインを下に引いて、すっぴん風のメイクのワンポイントにしています コンセプトの通り、未来へと踏み出す、志しを持った女性像なのでしょう!

CATEGORY : BLOG

ISETAN ようこそアニヤ・ハインドマーチ!

アニヤ・ハインドマーチは、ロンドンコレクションの
フィナーレを飾る人気デザイナー!

3月18日(水)~24日(火)伊勢丹新宿本館1階=ザ・ステージ
アニヤ・ハインドマーチの『Sticker Shop』がオープン中です。

まずはアニヤ・ハインドマーチの秋冬コレクションからご紹介いたします

ロンドン最終日の朝9時半という辛い時間帯ながら、
全員わくわくしながら集合するコレクション。

なぜなら、いつも「バッグ」の枠を越えた、その世界観のプレゼンテーションは
ファッションショーの域をも超え、エンターテイメント性に満ちて
いつも私達を驚かせてくれるからです。

2015年秋冬コレクションは「DIVERSION(迂回路)」というテーマで、
朝の通勤渋滞に巻き込まれで,遅刻しないかとひやひやしながら
コレクションに駆け込んできた私達にぴったりのテーマ!

高速道路に見立てたステージ

「GO」「STOP」など 交通標識などをポップに用い、

最後には
道路作業員のオレンジ色のリフレクター付き作業服を着た男声合唱団が
登場するというスペクタクル

今回伊勢丹で開催されているポップアップショップは
2015春夏のコレクションと、いまやアニヤのシグネチャーとも言える存在
ステッカーを大きく打ち出したポップアップショップになっています。

ポップアップショップの名前もSTICKER SHOP
案内状もこんなに可愛かった!

開店前の記者発表でした。
全体が取れなかったけれど、アニヤの「パーソナライズ」のユーモラスでポップな愛らしさはこれだけでも伝わります。

開催されたばっかりの秋冬のコレクションにも、
ステッカーを貼り付けたキュートなバッグがたくさん出ていました。

このステッカーはポップアップショップのメインに飾られています
ユーモラスで知性に満ちて可愛くて、全部欲しい!,,♡

レザー製でしっかりした作りです。

特に「KAWAII」「良いね」(FBの良いね?それとも
クレージーケンバンドの「イイーネ!」)は日本限定 
ポップアップショップ先行発売のマストゲットものです!

お財布や携帯、バッグなどに張って,カスタマイズするのが楽しそうですね

ステッカーをデザインしたバッグに、
鉛筆型のクラッチを付けたダブルバッグはアニヤらしさが満載!
私が密かに狙っているものです

大きなタッセルがアクセントのクラッチもマニア垂涎の的!

2015春夏のバッグも一堂に見られ、
アニヤ・ハインドマーチの世界に浸りながら
ゆっくりお買い物が楽しめます
夢中になってしまいそう!

伊勢丹の大西社長も、売り場でアニヤさんの
説明を熱心に聞いていらっしゃるところをパチリ!

記者発表の時にも学生時代にッステッカーをあれこれ張って
パーソナライズ」して楽しんだお話しをしていらっしゃいました。
ブロンド美人です

CATEGORY : BLOG

CHANEL ブラッセリー ガブリエル

シャネルの招待状が着いたとき、予感はしていました。
ギャルソンのイラストに、「シャネルがブラッスリーガブリエルにご招待します」
と書いてありましたから!

どうなるんだろう?わくわく期待が高まります

いつものグランパレに足を踏み入れると、赤いテントが張られた
「ブラッスリーガブリエル」が開店していました。

外にはカフェテーブルが並べられ、テントにはシャネルマーク
エプロン姿のギャルソンが出迎えてくれます

フロントローのセレブリティ席には赤いソファにテーブルセッティング。

中央に作られたバーカウンターにはシャンペンからカフェから
カフェメニューがずらり!
卯で卵にクロワッサン、パン ォショコラにオレンジジュース
朝ご飯がしっかりいただけます

メニューブックのようにさり気なく、プレスリリースが店内に置かれています

白いお皿にCCマークが描かれるお洒落なスピリッツ♡

こんなに立派なマホガニー仕上げのカウンターを背景に
記念写真を撮る人が続出 気持判ります〜!

全長240メートルのグランパレの床がこんなにカフェのような
モザイク模様に敷き詰められ
その細かい心配りに、ため息が出ます。

ショーの前というのに思いっきりくつろぐ人も多く
本物のカフェにいるような心地よさ。

ちなみに私はカフェクレームをいただきました
豆をひいて、キチンとエスプレッソマシンで入れてくれ
本当に美味しかったです!
ファッションウィーク中ずっとやっていれば良いのに(心の声)

そしてショースタート!

今季のシャネルは、バランスが軽快で、膝上丈を中心に
ツィードからブラウスにスカート、コートの組合せと

いう王道コーディネートが何とも若々しく新鮮!

ショーの後半はモデルさんもカフェに立ち寄り、お喋りに興じます。

モデルさんが和んでいるとそっとカールが一人で登場し
そっと消えました。

なので、恒例のモデルパレードはなく、モデルはカフェに残されて
観客の激写の的になってしまいました。

もちろん私も激写!

アイシャドーがきいています

最後にカールが自ら撮影した今季の代表的なルックを御紹介します

CATEGORY : BLOG

アシンメトリーがポイント!?uccieのつぶやき

こんにちは uccieです!

本日でパリコレクションもクライマックス
現地ではショーに展示会と縦横無尽に駆け巡り
息つく暇もない状態とのこと…

本日は代理で、uccieがお送りいたします!

トレンドも少しずつ出始めた今シーズンですが、
uccieの目に留まったのは、アシンメトリー

特に様々なパターンが登場していますが、
歪んで見えるというか、変化のあるグラフィック感が印象的です

服もパターンに合わせたようなアシンメトリーですね

はっきりと分かるアシンメトリーデザインも豊富
これは多く登場したわけではないんですが、ワンショルダー的な
デザインが気になりました


さて、fプロジェクトでは着々と
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー2015-16秋冬4都市コレクション」の
準備が進行中です!

uccie的なトレンドはピックアップされるかはわかりませんが、
今回も解説とビジュアルのトレンドブックも、より充実した内容になります!

お席も余裕がなくなりつつありますので、お申込はお早目に
詳細はこちらから↓

「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー2015-16秋冬4都市コレクション」

またこれまでのコレクションレポートを見逃した方は
下記リンクから要チェック!

現地の写真を交えつつ、充実のレポートです!

リアルな未来は、最高にクール LOEWE

マンマ万歳!ドルチェ&ガッバーナ

PRADA砂糖菓子のように甘く女らしく!

BURBBERYはボヘミアンガール

大人っぽい英国式パンツルック

カーキとネイビー@MARKUS

 

CATEGORY : BLOG

リアルな未来は、最高にクール LOEWE

デビューショーの時から、ステージとなったモダン建築の
ユネスコが今回も会場でした。

樹木に囲まれた名建築として有名なユネスコは、朝の澄んだ空気の中で、
冴え冴えと聳え立ています。

朝9時半からのショーは、まだ肌寒く、会場にはそれぞれのお席にLOEWEの毛布が置かれていて、コンクリートのシートの冷たさが身に染みる時間には本当に嬉しい心遣いでした。

身体をくるむ人あり、ひざ掛けにする人あり、私は椅子にひいて見ました。
もちろん「お持ち帰りください」、、、嬉しいけれどもうスーツケースがいっぱい!どうしよう、、。


コレクションは前回に引き続き大人っぽい粋な感覚のフューチャリズム。
今回のテーマは「リアルさのあるフューチャリズム」
未来的な感覚は、冷たい輝き素材で表現されました。

ラメやエナメル加工、リキッド感のあるコーティングなど
光沢素材が、ナチュラル素材に合わされ、異素材のコントラストのある
組み合わせが圧倒的に増加しています.

アイテムで目についたのがパンツスタイル。
ストレートワイドのゆったりのストレートラインです。

今年はレギンスタイプかこのストレートワイドが圧倒的の多くなっています。

今季は膝丈ドレスにパンツを合わせるチュニックドレスの着こなしが増加。
こんなにたっぷりとした、ジャージーのティアードドレスにもパンツ。
またゆったりしたシルエットが多いのは、ニットのプリーツ非常に増えているから。



ニットが横ニットからジャージーまでとても多くて一見布帛のようですが
展示会で見るとニットでびっくり!

このボーダーは、ロングベストから、ジャケットまで
様々なアイテムに用いられました

ミニスカートも一部登場しましたがこれもフューチャリスティックな幾何学柄。
60年代風のベルトが必ず合わせられます

キーホルダーやバッグなど小物も大充実
「サイエンスウーマン」のキーワードも出ていましたが
秋冬なのに、こんなにスィートなドラジェカラーの新作小物がいっぱいです。

CATEGORY : BLOG

マンマ万歳!ドルチェ&ガッバーナ

いつも会場が素敵なお花で飾られたり、樹木が生い茂ったり、
会場に足を踏み入れた時から、胸がわくわくする
ドルチェ&ガッバーナのコレクション。

今回は幕が開いたら飛び切りの趣向が凝らされていました。
何と赤ちゃんや幼い子供を連れたマンマがずらりずらりと並んでいます。

モデルさんも赤ちゃんを抱っこしたりと
ハッピームードが会場内に溢れます。

イタリアの人気女優も妊娠6ヶ月で登場。大きな拍手が!

お母さんへ捧げる、またドルチェ&ガッバーナが愛する
真紅のバラの花が3Dの刺繍からプリントのアップリケまで、
クチュールのテクニックで施されました。

白赤、黒赤、ターコイズに赤 くっきり、はっきり可愛らしい配色。
バックもコントラストカラーでカラフル感満載!

大きな花束を入れたトートバッグがゴージャスなドレスやクロコダイルに、
カジュアルさを添えます。

いつもティアラが登場するドルチェ&ガッバーナですが
今回はジュエリーのヘッドセット

迫力がすごい!ファーのイヤーマフやキラキラの
クリスタル使いまで、バリエーション豊か。
日本には、購入されるお客様がいらっしゃるそうです。
クラブなんかでつけていると、パーティクイーンになれそうですね

コレクションのテーマ「マンマ万歳」は、家族の中心であり、
母であり妻であるマンマに象徴される、家族愛が基本になっています。
今回のプリントは、それを映し出すように
何度ステファノやドメニコが子供時代に描いた絵
ドメニコの姉ドラが子供時代に描いた絵、
弟の子供達などが描いた絵などが、モチーフになっています。

柄は全部で4種類。


これがそれぞれ大きくプリントされて、
タウンドレスからイブニングまで用いられました。
ほんわか可愛いムードが漂います

招待状も、プリントと同じく4種類ありました。

会場ではそれぞれのスカーフを全員にプレゼント。
幸せムード漂うショーを見ながら
観客席もニコニコしていたコレクションでした。

ちなみに私は、ドメニ・ドルチェが子供時代に描いた柄のスカーフでした。

大切にしま~す ♡

CATEGORY : BLOG

PRADA砂糖菓子のように甘く女らしく!

プラダのコレクションの魅力は、会場設定から始まっています。

今回は、「宮殿のようなイメージで奥行を出したかった」という事で、天井高も、
間口も、奥に行くに従って少しずつ小さくなるという、遠近法を使った造り。
それぞれの部屋は、砂糖菓子のようなドラジェカラーで作られています。

そこに、ガレージのようなメタルが張られ、宮殿とは言いながら、
未来都市的な雰囲気の中で、コレクションが開かれました。

今回のテーマは「女性の甘さ、女らしさを表現しながら、
フェイクとリアルを対比させる」というもの。

女らしさへのこだわりは、わかりやすく
例えば、二の腕の遥か上まで長いグローブのコーディネート。

カラーも服と同じドラジェカラーで、トータルカラーやカマイユ配色で、
上品な雰囲気です

リボン、刺繍、3Dアップリケなどクラフトワークも多く、フェミニティの表現は、
決して難解ではなく、わかりやすいクラッシックな技法が多く使われています。

プリントは「モレキュールプリント」
粒子のような不思議な粒々感が立体的に散りばめられます。

女らしさも、40年代から50年代のレトロな雰囲気がベースになっているので
ブローチや髪飾りなど古典的な女性の装飾品が多く登場しました。

シルエットは構築的なスリムシルエットで、
ダブルジャージーのネオプレーンを中心に張りのあるシャープなライン。
特にパンツは「レギンス」のような細身が特徴です。

レザーも今回は特に多いのですが
カラフルなオーストリッチが、ドラジェカラーから
ピーコックグリーンやレッドまで登場。

アイテムもバッグや靴などの小物、雑貨だけではなく、
ジャンパースカートやコートまで幅広く登場しました。

いつも感動的なプラダのコレクションですが、会場や音楽も含めて、
完成度の高い素晴らしいパフォーマンスを堪能しました。

CATEGORY : BLOG

BURBBERYはボヘミアンガール

バーバリープローサムは、いつもケンジントンパークに
特設テントを立てて、ロンドンコレクションで最も
ダイナミックなショーを見せます。

今回はいつものウイメンズコレクションの場所ではなく
メンズで使う広々と芝生が広がる、公園らしい場所でのコレクションでした。

いつものことですが、キャメロン首相夫人のサマンサや
ケイト・モスを始め、ロンドン中のセレブリティが大集合!
客席の景色も美しい!

私が大ファンのジェレミー・ヒックスもフロントローの常連です。

コレクションのテーマは「パッチワーク、パターン。ペイント」
英国伝統のダーラムキルトのペーズリーやフラワーモチーフから
インスパイアされた、クラフト感覚にあふれたボヘミアン調のミディ丈ドレスを
中心に登場。ミディ丈のドレス!新鮮ですね。

ブランドアイコンであるトレンチコートにも
カラフルなモチーフが融合しました

特筆すべきは、一年前に登場して話題を呼んだポンチョスタイル。
今回は、スェードやブランケットに長いフリンジをつけて、ボヘミアンテーストに
生まれ変わりました

ショーの間にバックでソウルフルに歌っていたのは
英国のシンガーソングライターのクレア・マグワイヤ。
キャロル。キングやアニマルズ、ビートルズなど60年代の
名曲をカバーして、ちょっと泣き節が入り、いかにもクリストファー好み!!

フィナーレには雪のようにシルバー箔がキラキラ降り注ぎ、
いつもの事ではありますが、ちょっとうるうる、、?

20 / 96« TOP...10...1819202122...304050...LAST »