藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

華麗なシクラメンヴァイオレット HERNO 2018-19秋冬 ~uccieのつぶやき~

今年の秋冬、絶対に見逃せないダウンアイテム
その中でも注目度の高いダウンを取り扱うブランドの一つ
HERNOの秋冬物をチェックしてきました。

【HERNO 201819秋冬】
ジャクリーン・ケネディからインスパイアされた、フェミニンでミニマルな今シーズン
Aライン、ビッグシルエット、コクーンや包み込まれるようなキモノシルエットが展開

カラーの中心になるのは、ニュートラルでフェミニンな印象を受けるナチュラルカラーたち
DSC_1667

今期は特に素材バリエーションが豊富で
パッと目を引いたのは、上品な光沢のシャイニー素材
きめ細やかな加工の表情変化はとても綺麗、主役のアイテムに

DSC_1653DSC_1655

DSC_1672

ウール、モヘヤ素材のコート類も豊富なバリエーション
特にヘリンボーンやハウンドトゥースのパターン使いはブリティッシュテイストを感じます。

DSC_1644DSC_1645    DSC_1697DSC_1671

ニット類で気になったのは、フェミニンな立ち襟や編みの切り替え
ファーディテールなど細部にこだわりが

DSC_1658 DSC_1661

HERNO発祥の地となるイタリア北部レーザを象徴するという、
グリーンとシクラメンヴァイオレットがキーカラー

DSC_1675DSC_1690

最もエレガンスな印象を受けたのが、シクラメンヴァイオレットのアイテム
素材によって印象が変わるんですが、どれも秋冬の街並みにとても映えそうな
華やかな発色でした。

DSC_1676

DSC_1681
DSC_1683

インパクトがあったのは、モヘアをさいてボリューム感を出し
なんとスプレーでカラーリング!

DSC_1677DSC_1647 DSC_1678

上質でエレガンスな本質はそのままながら、
トレンドを取り入れたアイテムは、今期注目のダウンはもちろん、
ウールコートやニットも見逃せないものばかりでした!
モダンな会場にポツンとサムズアップしていた、レトロなヒーロー(?)
詳細を聞き逃し、正体がわからぬまま…彼は一体何者だったのだろう…

DSC_1743

CATEGORY : BLOG

ラグジュアリーと自然の融合 Ermenegildo Zegnaの2018-19秋冬

こんにちは、uccieです。

今回はイタリアメンズを代表する、ラグジュアリーブランドの
Ermenegildo Zegnaの2018-19秋冬をご紹介!

2016年にアレッサンドロ・サルトリが就任してから
上品なファブリックを用いた、フォーマルと機能性を融合させ
魅力的なワードローブを生み出しています。

1

まずは、ランウェイで発表された「Ermenegildo Zegna Couture」

シングルとダブルの中間として提案された「ワン 1/2ブレスデット」は
柔軟なコーデュロイ、洗練されたカラーリングでのスタイリング

ルック
2 (1)

太く立体的で、手触りや表情の変化は他では見られないなコーデュロイ2 (2)

ランウェイでは雪の中を歩いたように、アウトドアや自然もテーマの一つ
足元にはマウンテンブーツ、またブランド全体を通してパンツには
アジャスターで調整出来るテーパード

ラグジュアリーな素材と機能性がマッチ

3 (1) 3 (2)

ショールックで気になったのは、ダブルノットのタイ

ルック2

このダブルノットに合わせて首回りが大きく作られていて
インナーとのレイヤードも楽しめる仕様に

4

ニット類も豊富その中でも、テーマの一つ、「オアジゼニア(ゼニアのオアシス)」を
イメージしたジャカードニットは、自然のトーンを用いた色彩が魅力

6 (1) 6 (2)

「オアジゼニア」
※ゼニアのウール工場上方に広がるビエラアルプスの山麓にある、
約100平方キロメートルの敷地面積を持つ自然保護地区

HKaABXK0 wfaCBTox
そして今回より、ゼニアクチュールの手工芸のシンボル「XXX」が
ロゴとして幅広く使用されていて、新たなアイコンとなりそうです。

刺繍のキャップや
5 (1)

ビッグなグラフィティ

5 (2)

そしてレザーの襟元にも刻印され、ワンポイントアクセントになっています。

5 (3)

続いて、Z ZEGNA(ジー ゼニア)ラインでも、オアジ・ゼニア自然公園から
より機能性溢れる、マウンテニアリング、トレッキングなスタイルが登場

オアジ・ゼニア自然公園をオマージュした、カラーパレットが目を引きます。
非常に軽いダウンや、ボリューミーなニットで展開
8

特にニットはTECHMERINO(テックメリノ)を用いた、着心地、防寒と共に抜群

ちなみにuccieのイチオシはイエローとグリーンのカラーブロッキング、
そしてフードが付いた、厚手のこのケーブルニット!

日本の暖かい冬なら、ベストを合わせるだけでもOKな暖かさ

9 (2)

テックメリノのロゴもポップな印象でかわいい

 

9 (1)

レディスでも見られた目指し帽は遊び心満載の一品
ただ実用的かは…ちょっと…とのことでした(笑)
でも軽くて暖かくて、真冬のアウトドアに最適でしょう!

 

 

 

 

9 (3)

見る物全てが上質かつ、機能性、ストーリーがあって、
実際に触れるのがとても楽しいコレクションでした。

ラグジュアリー、フォーマル、スポーツ、アウトドアに自然が
融合したゼニア、今後も見逃せません。

 

 

CATEGORY : BLOG

2018-19年秋冬のトレンドをチェック!

こんにちは、fプロジェクトです。
こちらでは2018-19秋冬のトレンドを、随時更新!

定期連載でニュートレンド、アイテムからファッショングッズまで、
チェックしておきたい2018-19秋冬をお送りします。

【FILAがFENDIに大変身】8/9更新

スコットランド出身アーティスト、ヘイ・ライリーによる
デザインのパロディロゴをFendiが採用

今期のバッグはポップなロゴがかわいい

PRADAはオランダ出身の著名建築家 Rem Koolhaas (レム・コールハース) 率いる
建築事務所OMAがデザイン

Prada Miuccia inherited the company in 1978 by which time sales were up to U.S. $450,000. With Bertelli alongside her as business manager, Miuccia was allowed time to implement her creativity in the company's designs.[4] She would go on to incorporate her ideas into the house of Prada that would change it.[4] She released her first set of backpacks and totes in 1979. They were made out of a tough military spec black nylon that her grandfather had used as coverings for steamer trunks. Initial success was not instant, as they were hard to sell due to the lack of advertising and high-prices, but the lines would go on to become her first commercial hit. Next, Miuccia and Bertelli sought out wholesale accounts for the bags in upscale department stores and boutiques worldwide. In 1983, Prada opened a second boutique in the centre of the Galleria Vittorio Emanuele in Milan's shopping heart, on the site of the previous historic "London House" emporium run by Felice Bellini from 1870 to the 1960s, reminiscent to the original shop, but with a sleek and modern contrast to it. The next big release was a nylon tote. That same year, the house of Prada began expansion across continental Europe by opening locations in prominent shopping districts within Florence, Paris, Madrid, and New York City. A shoe line was also released in 1984. In 1985 Miuccia released the "classic Prada handbag" that became an overnight sensation. Although practical and sturdy, its sleek lines and craftsmanship had a luxury that has become the Prada signature. In 1987 Miuccia and Bertelli married. Prada launched its women's ready-to-wear collection in 1989, and the designs came to be known for their dropped waistlines and narrow belts. Prada's popularity increased when the fashion world took notice of its clean lines, opulent fabrics, and basic colors. The logo for the label was not as obvious a design element as those on bags from other prominent luxury brands such as Louis Vuitton. It tried to market *** Local Caption *** Prada Milan Fashion week FW18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

【2018-19年秋冬トレンド ニュートレンド編①】

「STREET VIBE」

ストリート文化全盛期の熱気を直送!
カラフル&プレイフルなユースモード

ヒップホップやグランジなど80~90年代ストリートカルチャーを想起させる
若々しいスタイルに注目。懐古的なトレンドだが、ミレニアル世代にアピールしそう。

Dolce & Gabbana 201819aw press (64) MiuMiu_SW009

【2018-19年秋冬トレンド ニュートレンド編②】

気になる2018-19年秋冬のトレンド第2弾は…
「AMERICAN FOLKORE」

キーワードは「アメリカーナ」
ロマンティックな気分を素朴に表現

『大草原の小さな家』からナバホ族まで、アメリカ西部開拓時代をフィーチャー
継続するクラフトの潮流と融合し、素朴さと洗練が共存する装飾的なスタイルに仕上がっている。
甘すぎないロマンティックさが魅力だ。

sacai 201819aw press (21) Dsquared 31

【2018-19年秋冬トレンド ニュートレンド編③】

2018-19年秋冬でもスポーツの勢いは変わらず

「SPORT SENSATION」

アヴァンギャルドなダウン登場
スポーツウェアはモードの実験室に

スポーツウェアのファッション化が止まらない。
中でもダウンのバリエーションが広がっている。

MONCLER GRENOBLE 201819aw press Presentation (12) sacai 201819aw press (1)

 

【2018-19年秋冬トレンド カラー編①】

2018-19年秋冬のカラートレンドをチェック
「TOFFEE BROWN」
ブラウンが復活!配色と素材遣いで正統派の秋冬色を新鮮に

MiuMiu_SW026 Loewe_SW090 MAX MARA 201819aw press (22)ETRO 201819aw press (39) Fendi_SW (92)

【2018-19年秋冬トレンド カラー編②】

落ち着きと華やかさを備えた、大人のフェミニンカラー
「PURPLE GLAMOUR」
マチュアな美しさが際立つパープルのバリエーションです。

AGNONA_FALL WINTER 18 (24) MiuMiu_SW006Altuzarra_SW046 Anna_Sui_SW093Stella McCartney 201819aw press (36)
【2018-19年秋冬トレンド アイテム編①】

秋冬のアウターは正統派チェスター
毛足のある素材、ビッグシルエット
アウター・オン・アウターなどでトレンド感を表現

N21_SW (44) Rochas SW (3)Calvin_Klein_SW (2)

【2018-19年秋冬トレンド アイテム編②】

大復活を遂げた、テーラードジャケット
メンズライクなパンツを合わせたスーツで提案。
ウエストシェイプの細見をジャストサイズできれいに着こなす。

Dries Van Noten a Belgian fashion designer and an eponymous fashion brand. In 2005, the New York Times described him as "one of fashion's most cerebral designers".[1] His style is said to be "eccentric", and fell out of favor during the long period of minimalistic fashion in the early 1990s, only to make a comeback towards the mid-2000s,[1][2] culminating with Van Noten's winning of the International Award of the Council of Fashion Designers of America in 2008. That same year, he dressed actress Cate Blanchett for the Academy Awards, and has continued to dress her for other red carpet events since then. Paris fashion week 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG *** Local Caption *** Steve Wood © Copyright Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG Steve Wood © Copyright

【2018-19年秋冬トレンド ディテール編①】
スポーツテイストのフード全盛
ごつめなビッグなフード、ぴったり頭に沿うタイプと
様々なバリエーションで登場

MAISON MARGIELA SW (86) Les_Copains_D_SW107Sportmax 201819aw press (26)

【2018-19年秋冬トレンド ディテール編② プリーツ】
揺れる部分使いのプリーツ!
チェスターコートの背面が動くに連れて、
優雅なカーブを描くフェミニンな表情を提案したのはFENDI

Fendi_SW (31)

部分使いで、意外な揺れる効果を
フレアスカートにはめこまれたプリーツは、不規則な揺れ感が楽しい。

Dries Van Noten 201819aw press (37)

【イージーパンツにタックイン MSGM】
2018-19秋冬トレンド連載 ディテール編③ シンチウエスト

ゴムやドローストリング使いで、ウエストコンフォートが主役
光沢素材のイージーパンツに用いたのはMSGM
タックインして、トレンドの着こなしに

MSGM_SW004

CARVENはボタンとベルトできっちり締めたデザイン

Carven Carven is a couture house set up in Paris in 1944, by Carmen de Tommaso, who named the house after a contraction of her own first and his aunt's surname, Boyriven. Carmen de Tommaso dressed young women who were fed up of the fashions of the time from her apartment on the Rond-Point des Champs-Elysées. The green and white striped Ma Griffe dress was a key piece in the first collection, and saw such success that in 1946 the designer decided to name her first perfume after it. Paris FW 18 Steve Wood © Copyright Loft 1 Building 7 Shepherdess Walk Buildings 15/25 Underwood Street London N1 7LG

【秋色だけど、春のよう!ゴールデンイエロー】
2018-19秋冬トレンド連載 カラー編②

明るく軽快なイエローはアクセントカラーに

サニーからカナリア、サフラン、マスタード、
バーントオレンジとはっきりとした色味が主流。
ストリートやスポーツにはベストカラー

これまでご紹介した2018-19秋冬トレンドはこちら
http://f-fiori-cafe.com/?p=21040

UNDERCOVER_B_SW (81)DRIES VAN NOTEN SW (182) Bottega Veneta 201819aw press (1)

CATEGORY : BLOG

アウターの重ねで作る新鮮カジュアル

80年代とも異なる全体が大きいシルエット!はいまやバレンシアガ(というかヴェトモン)の
専売特許風にもなっていますが(笑)

1 (3)

そういえばカルバン クラインもでっかい!
しかも毛皮のアンダーに安全服!! 一体何をプロテクトしたいのか??
バラクラバまで身につけて、防御体制万全

2

今シーズン、あっ!新しいなと思うのは、そこまでボリュームを出さなくても
長いアウターの上に短いアウターを重ねる、
例えばバーバリーのように、シープスキンのバイカーズの下に
ぶっかり厚手のボアのパーカを重ねてみたり。

どちらもボリューム素材でNewなシルエット!

3

こちらもテーストはぐっとエレガントですが、シープスキンのブルゾンの上に
メランジニットのケープを重ねた着こなしが新鮮

4

あるいは薄手のコートやブルゾンのを重ねて作る、
普通よりちょっとだけ大きさを強調したシルエット
でもスカーフプリントの重ねなのでインパクト大のグッチ

5

シンプルに薄手のコートを重ねて、カラーとレングスで変化を楽しむものはメンズにも!

6

コートの重ねは今シーズンのキールックと言ってよく
様々なテキスタイルや柄ゆきで、レイヤーされています。

暖かウール素材を重ねた、ロシャス、軽やかにホルスタイン柄をレイヤーした
N゜21。どちらも同じアレッサンドロ デラクアのボリューム違いのデザインです。

7 (1) 7 (2)

基本的には、異なるテキスタイルを重ねるのが
コントラストとボリュームを演出するポイントなので
ボアやシャギーは主役級の大活躍

特にボアは昨年の秋から大流行の兆し
3月のコレクションでも、ボアのコート着ている人が目立ちました

8d8 8b 8c

それからパーツでボリューム演出するのは大人のアスレジャーにか欠かせないので
こんなミニでショートなダウンやボアのアイテムも活躍しそうです。

9 9a 9b

新しいボリュームが作り出す、2018-19年秋冬の大人のビッグシルエットは
リアルに楽しめそうです。

CATEGORY : BLOG

フーリガンマフラー 2018年AWの主役

80年代ブームに乗ってロゴブームが大復活しています。

スカーフプリントやトップスを中心にタイポグラフィが様々にデザインされ、
花柄に変わる新たなモチーフとして台頭しています。

その中でもストリート感覚の若々しいスタイリングに欠かせないのが
フーリガンマフラー

 

MSGMを始め、若いブランドはこぞって提案しています

ブランド名を書いたり、MSGMはミラノで老舗のバールやお菓子屋さんの名前を入れていて

ミラノLOVEの人には泣けてくるほど可愛い!

1 1a1b

サッカーの贔屓チームのロゴを大きく入れたマフラーと似ているので
フーリガン(熱狂的なサーッカーファン)マフラーと呼ばれていますが
カラフルでグラフィカルな感じがなんともカジュアルで今のスタイリングには欠かせません

 

フーリガンマフラーはスポーツカジュアルに近いのですが、今季はスポーティなものから
エレガントなデザインや巻き方までスカーフがいっぱい!!

スカーフなしに新しいスタイリングは無し!!と言い切っても良いほど!
無地ではなくスカーフにも柄があり、長い間登場しなかったスクエアタイプのスカーフが
復活しているのが最大のポイントです。

例えばこんな風にブルゾンの上から、ワンピースドレスの上から
ゆるりとさりげなく巻きます

2 2a 2c

ロングマフラーではなくスクエアスカーフというところが80年代的です。

ゴールドのチェーンと合わせてカラフルにまさに80年代ルック!3a 3b

クラス感のあるこんな同系色の縫取りのあるスカーフをワンポイントに

4 4a

スパンコール使いを、ボーイスカウト風に

5

ロングタイプをこんなチェックのドレスにカジュアルに垂らして

6

それにしてもネック周り!!本当に何かしていないと寂しくなりそう
シャネルもスヌードたくさん出していますし、

7 7a

ミュウミュウもティペットとスカーフの2段構え!!
これはカッコ良〜い!! きっと真似する人続出!

MIU MIU press (15) MIU MIU press (27)

ネックだけでは物足りず、目出し帽をかぶって大判スカーフを
手に持つというコーディネートも増えています。

9 9a

 

スカーフは小さなスクエアタイプから大判タイプまで
2018年秋冬のスタイリングにかかせない

女性のBest Friendsになりそうです。

CATEGORY : BLOG

2018-19秋冬トレンドセミナー初日のご報告とトレンドブックのご紹介

こんにちは、fプロジェクト運営事務局です。

先日3月28日(水)に初日講演を迎えた
「藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー 2018-19秋冬4都市コレクション」ですが、
たくさんのご参加をいただき、大盛況の中終了することが出来ました。

20180328_124742_7R34762 20180328_130153_7R34797 20180328_130417_7R34805

29日の大阪、30日の名古屋につきましても、たくさんのご参加誠にありがとうございました。

講演につきましては、今週4/6(金)の東京会場での2回を残すのみとなりました。
こちらは13時からの回、17時10分からの回と2回を予定しております。
お申込もまだ受付中なので、皆様のご参加お待ちしております。

今回は会場配布のトレンドブックをご紹介させていただきます。
秋冬シーズンですが、今年は色鮮やかにレインボーな表紙となっております。
とても目を引くデザインとなりました、是非細部までご覧になってください。

3 (2)

花のランウェイ、ニュートレンド、カラー、キーアイテム、ディテール、ファブリック、パターン
ファッショングッズと構成されたブックはどのページも試行錯誤を重ねた
完成度の高い1冊となっております。

X2jxcubv

3 (1)

是非、会場でお手元にとってご覧になってください。

最終日4/6(金)の詳細
1回目:13:00-16:30
2回目:17:10-20:40
PART1のみ 2回目 17:10-18:50
※3/28とは異なる会場となります。
会場 : よみうり大手町ホール
東京都千代田区大手町1-7-1

お申込はこちら、セミナー詳細から
http://f-fiori-cafe.com/?p=20381

 

CATEGORY : BLOG

2018年秋冬ファッションの決めてはスカーフプリント

実は昨年の秋からすごく気になっていて、昨年9月に開催した
FTF(ファッショントレンドフォーキャストセミナー)2019春夏では大きく提案していたのですが
予想以上に早い展開で、2018年秋冬から本格的にファッションシーンの牽引役になりそうです

この秋冬は、モチーフが多くて、80年代調、60年代調のインスピレーション源が
派手に目につくのですが、同時に、コンサバティブというより、品の良いブルジョアシックが実は背景に流れていて、これが最も大きなファッションに影響を与えるものではないかと思っています

詳細は時間がないのでここでは省きますが

よろしければコレクショントレンドセミナーでご覧くださいませ

 

色々刺激的なビッグルックのダウンや

1 1a

80年代のゴージャス✖️スポーツ

2 2a

ストリートから英国調のチェック、そのバイアス使いなどまで、様々なチェックの登場

33g 3h 3a

メランジやオルテガ柄のバルキーニット

4 4a

 

と今季は、柄使いやボリューム感が大きなトレンド要素になっています。

その中で気になるのがスカーフ柄なのです
70〜80〜90年代の初期まで、エルメス、セリーヌのニュートラ調から始まり

ジャンニ・ヴェルサーチの華麗な柄まで
姿を変えながらスカーフプリントは長く愛されて着ました。

このスカーフ柄の上品なヨーロッパ調、トラッド感覚、普遍性が
この激動するトレンドの中でブルジョア感覚の「コアモチーフ」としても、登場しているのです。

バーバリーからグッチ、MSGMまで、幅広いブランドの個性によって再解釈され
エレガントにもストリート感にも、アレンジされ、魅力的な主役素材になっています。

伝統的なアーカイブプリントをパッチワーク風にあしらったり

5 5a 5b 5c 5d

若々しくグラフィック感覚を入れながら21世紀風にアップデートしたり
MSGMはフィナーレが全てスカーフプリントでした!!

6 6a 6b

こんな可愛いバッグももスカーフ柄で仕立てられています。

7

2018年秋冬はスポーツ、80年代が全盛期を迎えていますが
その底流にブルジョアシックのエレガントでフェミニンな要素がしっかり流れています。

目立つことなく存在感を輝かせるブルジョアシックの王道が
まさに台頭して来ているといえるでしょう!!

CATEGORY : BLOG

2018-19秋冬トレンド ダウンはビッグボリュームはグラフィカル ※3/21更新

こんにちはfプロジェクトです。
2018-19秋冬のトレンドをこちらで少しずつ更新していきます。

現地取材中の藤岡篤子からの最新情報も可能な限り更新予定です。
fプロジェクトの公式Facebookページ
藤岡篤子のインスタグラム
なども、是非チェックしてみてください!

【受付中:2018-19年秋冬トレンドセミナー】
いよいよ開催まで残り1週間となりました!お申込はお早目に
http://f-fiori-cafe.com/?p=20381

 

3/21 ダウンはビッグボリュームはグラフィカル
いよいよトレンドも大詰めです。
来週に迫った、2018-19年秋冬トレンドセミナーにも是非お越し下さい

今シーズン見逃せないのは、ダウンやキルティング!

8つのラインを発表した「モンクレール ジーニアス」も見逃せないニュースの一つでした。Moncler-Genius_Atmosphere_16MONCLER_201819aw_press_set-up (3)

メンズとしては「Moncler Fragment Hiroshi Fujiwara」は見逃せない!
ストリートテイストに何より大胆なロゴが魅力的

MONCLER_fragment_201819press (21) MONCLER_fragment_201819press (2)

ボリュームがあり、レインボーやパステルなどのグラフィカルなダウンが登場
レインボーが印象的なバーバリーのダウンもビッグボリューム

Burberry_SW081

パステルなグラフィックはエミリオ・プッチ

EMILIO_PUCCI_B_SW244EMILIO_PUCCI_B_SW075

キルティングの小物やブラトップなど、パディッド素材が勢揃い

EMILIO_PUCCI_B_SW063

スポーツ、アスレジャーが台頭する中、ダウン素材には要注目!

 

3/2
ミラノまでをまとめると、カラフルとロゴが満載!
前回はブラックとビジューでシックな雰囲気でまとめましたが、
やはり今シーズンは色がキーかも?

カラフルな切り替えしと、ロゴのレイアウトがポイントに
Dolce & Gabbana 201819aw press (64) Dolce & Gabbana 201819aw press Detail (74)

フラワー、ビジュー、コミックプリント、レインボーと様々な組み合わせが

MARY KATRANTZOU_SW001 CLP (85) N21_D_SW014MSGM_clp_SW041 Burberry_D_SW003

ロゴ使いはビッグロゴストールなども登場

MSGM_clp_SW056House_of_Holland_SW (42)

 

2/22
ロンドンではバーバリーのレインボーで華やかなショーが印象的でした!→先日のバーバリー
花柄にグラフィックなどが多く登場した明るい印象のロンドンですが、
今回は敢えて、ブラックを使い、ビジューが印象的なChristopher Kaneなどに着目

カラフルなビジュー刺繍をちりばめたニットドレスや
ファスナー部分、ブーツやグローブにも装飾されていました。

Kane_SW059 Kane clp RF18 0188Kane clp RF18 0163 Kane clp RF18 0160

襟元やカットしたディテールに沿って装飾されていたPreenや

PREEN_SW030PREEN_SW050

レースと合わせたSimone Rochaなど、ブラック×ビジューが多く登場していました。

Simone_Rocha_SW0004

CATEGORY : BLOG

2018年に注目すべき80年代とは?

2018秋冬はフェミニズムへの態度が半世紀ぶりに
問われてきたシーズンであることは間違い無く
女性の「強さ」への解釈が様々な角度から試みられました。

その中で注目されたのが80年代、世の中全体に勢いがあり、
女性の大きな肩は、時代の象徴でもありました。

NYコレクションのマーク・ジェイコブスのテーマ「Extreme(極端)」は、驚くほど
その80年代をデフォルメしたものでした。

大きくパッドが入った肩、ツータック入りのハイウエストのスカート、誇張されたようなリボン結び。その上メイクやヘアはディスコクィーンのような赤やブルーに染めたテクノカットでした。
日本ではYMOの全盛期!

今54歳のマーク・ジェイコブスこそ青春期を80年代に過ごし、華やかだった80年代のニューヨークをよく知るデザイナーですが、やはり、今振り返ると「Extreme]と名付けるしかないほど、過剰さが当たり前だった時代。ここまでの誇張はシンボルとして大切にいたしましょう。

同世代ではトム・フォードが80年代をテーマにしています。

大迫力のカラーアニマル&ファー!
スポーティにはまとめていますが、アメリカの80年代当時テレビの人気番組だった。
ダラス」や「ダイナスティ」の絢爛豪華なヒロインたちを思い出します。

ミュウミュウの大きな肩のショートコートと花柄ドレスの組み合わせは
60年代の匂いもミックスされています。

可愛いですね〜
これはレトロな優しさと強い肩とのコントラストが、切ない女らしさを漂わせていて、
胸キュンの組み合わせです。

では現実的にどんな80年代のインフルエンスが
実際私たちのファッションに入ってきそうでしょうか?

3

アルベルタ・フレッティも同世代ですね

肩の強調はボディを綺麗に見せますし、ツータックのテーパードパンツ
ミレニアル世代には受けそうな気がします。

シルエットが新鮮ですし、アスレジャー的なイージーさもあります。
パープルにシルバーのチェックって、、すごい
ブーツも光ってる!

4

ドルチェ&ガッバーナも同世代

ミニスカートもホットアイテムだけど、さり気なく着ているトレーナーは、なかなか80年代的!
金糸、銀糸のアーカンサスの刺繍に彩られ、ワッペンでカスタマイズしたカジュアルな
ストリート系とは一線を画しています。

トレーナーでもゴージャスさがポイントになります。

5a

ワンピースドレスではボディコン、ミニ、大きい肩の三点が揃えば立派なエイティーズ

サンローランのクチュール仕立てのビーズ刺繍ドレスや、イザベル・マランのメタリックな輝きは、お立ち台に立ったら、周りが引くほどゴージャスですが
レストランドレスとしては、最高のお嬢様ドレスです。

ディテールが技巧的でシンプルすぎないのも重要です。
キラキラ、ギラギラと眩しい女らしさは80年代ルックの条件

6

完全復活のアニマル柄ですが、今季はフィギュアではなく、レオパードやゼブラなどが
様々な素材につけられ、編まれ、起毛されマルチな表情を楽しめます。

マックスマーラは、着やすいブラウンからトープカラーで全身アニマル柄にも
関わらず、穏やかな品の良さを漂わせています。

少しコンサバにトータルカラーでまとめると、80年代調の過剰さが薄まって
着こなし易くなるのではないでしょうか?

MSGMのような、大胆なグラフィカルなカラフルアニマルも
スカーフプリントっぽくて新鮮です。若々しく着るならこっちですね
それにしても80年代ルックの提案は、青春時代を過ごしたデザイナーからばっかり。
MSGMのマッシモ・ジョルジェッティだけはまだ子供だったころかな?

80年代を通過した人と、知らなかった人、それぞれの80年代の解釈が面白いですね。

これから少しずつまとめたトレンドから不定期にご報告しますね。

2 / 9612345...102030...LAST »