藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

2017年の春夏、メンズはリュック一色!? ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

恒例の春夏メンズコレクション!
やはり印象に残ったのは、フューチャー感漂う
アウトドア&スポーツのPRADA

そのPRADAを筆頭に2017SSシーズンはよりカジュアルで
高機能なウェア、それに未来を感じさせるスタイルが登場しているようです。

早速まとめたいところですが、その前に非常に多く登場したアイテム
形から素材、柄と様々なアプローチがあったリュック&バックパックをご紹介

PRADAは登山用にも見える、大きなバックパック
オーソドックスなキルティングなどの素材を用いたものは、色柄様々
一番の特徴はポーチや水筒、シューズまでぶら下げ、あらゆる状況に対応する
本格的なバックパックとして使用しようしていました

_ARC0712_ARC0753_ARC0052 PRADA (5)

また脱いだアウターを少し強引にねじ込んだスタイルも提案

_ARC0787

プラダ以外にも、ルイヴィトン、グッチにジバンシィ、フェラガモと主要ブランドからも
本格的なバックパックが登場

グッチとジバンシィはロゴが入ったシュラフ(寝袋)も完備
どのブランドも柄などは特徴を出しつつも、ディテールなどは本格派

1 (6) 1 (4)1 (2)11 (5)1 (3)

ちょっとデイリー使いは難しいバックパック以外にも
リュックサックも豊富で、あえてのフォーマル仕様ではなく
カジュアル感な物が主流、柄は迷彩が一歩リード?

2 (1) 2 (3)  2 (4) 2 (5)2 (2) 2

機能面よりデザイン!という方には、他素材を用いた
フューチャリスティックな物と
プリントやパッチワークでカスタムした、ポップなものがおススメ!

_LUC4584 _LUC4873 _MAC1884 _MAC2041

本当に今期のバックパックとリュックサックは、デザインから様々な面で豊富!
2017SSのバッグの主役間違いなし!

CATEGORY : BLOG

リゾートなのにダークなフラワー? ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

早くも4回目のリゾートコレクションのまとめですが、
連日良いコレクションが発表されて、どうしてもお伝えしたいのです!

あまり焦点を当てていなかった、リゾートの定番である
「フラワープリント」

今年は1617年秋冬の名残か、タイトル通りダークなフラワーが
多く登場しています。

地のカラーはブラックで、パープルやブルーなどの少し毒っ気のある
配色となっています。

アイテムとしてはやはりドレスが主流ですが、
ダークイメージにぴったりな、レースや
大胆なジップ使い、ベルトアクセントなど一癖あるものが特徴です。

0 (1) 0 (3)0 (2)  0 (4) 0 (5)

また、フラワーの使い方として他素材とのミックスが豊富になっています!
MSGMのTシャツを基本とした、カジュアル×フェミニンをミックスしたドレスは
新鮮かつ、取り入れやすいアイテムになりそうです
ゴツメのスニーカーブーツも個性的

1 (1)1 (9)1 (2)

コーチ1949やクリストファーケーンもフラワー+別素材を取り入れています、
偶然かこちらもゴツメやベルト付きのスニーカーをチョイス

1 (3)1 (4)1 (5)

またフラワーとは別ですが、気になったのは
パターンの上にアニマルなどのポップなプリント

グッチでは猫や虎が今シーズンも登場しましたが、
パターンオンが気になりました。

フラワーだけではなく、ストライプやアニマルも一癖ある使い方が
2017リゾートのトレンドとなりそうです

3 (2)3 (3)3 (1)37-marc-jacobs-resort-17

CATEGORY : BLOG

リオでのクルーズコレクション!ルイ・ヴィトン ~uccieのつぶやき~

ルイ・ヴィトンがリオでクルーズコレクションを開催!
パリ以外の会場で行うのはプレシーズンならではですが、
オリンピックが予定されているリオで開催とは、さすがはルイ・ヴィトン!

その会場となった場所は、ブラジルが世界に誇る建築家
オスカー・ニーマイヤーが設計した会場「ニテロイ現代美術館」で行われました。

花をイメージしたというこのモダンな建物
どちらかと言うとUFOに見えます…現地でも「空飛ぶ円盤」と
呼ばれることが多いとか

9f9bdbd8d2cfcc717611ed30c9090d9c1 (4)

ブラジルにはオスカー・ニーマイヤーの建築物が多くあるので
もし、リオに行く予定の方は曲線的なデザインを目にしてみては?

View of the Cathedral building pointing southeast

1 (3) 1 (5)

さて、肝心のコレクションも少しニテロイ現代美術館したのか
はたまた、ゲスキエール得意のエッジの効いたフォルムなのか
曲線を意識したデザインが多々登場

1 (1) 1 (2) 1 (3)

間違いなく「ブラジル」を意識したと思われるのは
このサッカープリント、カラフルでポップな感じではなく
グレー地にブラックと、アート的な雰囲気があります

2 (1) 2 (2)

トレンドのストライプ柄も、大胆な配色で効果的に採用
グラフィカルなイメージが多く見られました

3 (2)3 (1)

ナイロンなどスポーツ素材を使用した、ビッグシルエットのアウターや
逆に体に沿ったラインのポケット付きジップトップスは
グラフィカルな切り替えを用いて、フューチャリスティックな雰囲気に

23A - コピー 24A 25A  39A

ベーシックなシルエットは少なく、独特なシルエットや着こなしが殆どを占め
会場同様に前衛的で近未来を感じさせるものが見られます

16A20A40A

モデルはニテロイ現代美術館のなが~いスロープをゆっくりと降りてきて
広場のランウェイから、建物と中々のロングラン

ですが普段の会場と違い、遠くからゆっくりとモデルが近付いてくる演出は
観客もワクワクするものだったと思いますね!

LouisVuitton-Cruise2017-Snapshot-Drone-Still001pngFINALFINAL1

 

 

CATEGORY : BLOG

トレンド宝庫な「N°21」のリゾート ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

前回に引き続きResortコレクション
N21が既に発表済みだったのですが、これがトレンドの宝庫!

夏らしいレインボーなストライプは、方向を変えたり
部分使いをしたりとランダムな使い方でよりグラフィカルな印象に

01-no-21-resort-17  04-no-21-resort-17

02-no-21-resort-17 05-no-21-resort-17

レース素材のアイテムも豊富で
カジュアルな印象になりがちなパジャマスーツはブラックで

06-no-21-resort-1707-no-21-resort-17

別のレースアイテムは、ベージュや柔らかいイエローにホワイトなどの
フェミニンカラーとブラックを合わせています

16-no-21-resort-1718-no-21-resort-1721-no-21-resort-17

スタイリングで見ても新鮮なものが多く、すごく気になったのは
柔らかな素材のオールインワン、それをウエストで巻く
ベルト位置が凄く低く、腰巻前提のアイテムでしょうか?

17-no-21-resort-17

その他にも大げさなドロップショルダーや

31-no-21-resort-1732-no-21-resort-1729-no-21-resort-17

コミカルなワッペン使い、デニム、スポーツテイストなどなど…
トレンドを全て網羅したような、コレクションとなっていました!
uccie的にはカワイイアイテム勢揃いという感じです^^

10-no-21-resort-1714-no-21-resort-1703-no-21-resort-1713-no-21-resort-17

CATEGORY : BLOG

待望の名古屋開催 FTF2017年春夏スタイリングセミナー

東京、大阪で年に2回開催しているFTFスタイリングセミナーを
いよいよ名古屋でも開催することになりました。
名古屋の皆様 ご無沙汰しています。
お待たせ致しました。

念願叶って名古屋での開催が2017春夏トレンドより始まります。

 

 

2017年春夏は、装飾の流れを汲みながら、
オリエンタルなエスニックへの流れと
マスキュリンな方向性が登場しています。

そして無視できないスポーツの広がりは新たなアプローチがたくさん生まれ
ファッションの突破口になっています。

カラーチャート付き、イラストなど豊富な資料で、
全方面からの完成度の高いトレンド解説を行います。

皆様とお目にかかれることを楽しみに、心よりお待ちしております

【2017年春夏FTFセミナー 名古屋会場詳細】

6月24日(金) 13:30-15:30 ※1部のみ
ナディアパーク セミナールーム2
受付開始 13:00
※2部及びザ・ウール・ラボ素材プレゼンテーションは名古屋会場では開催されません。

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク デザインセンタービル6F
HP : ナディアパーク

お申込みはこちらのフォームからお願いいたします。
名古屋お申込みフォーム

CATEGORY : BLOG

リゾートシーズンはリニアパターンからスタート!~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

夏を感じさせる暑さが急に訪れましたが、2017年Resortコレクションも
続々と発表されています。

現在、リゾートコレクションを発表しているのはChanelを始め
Bottega VenetaやOscar de la Renta
Sonia by Sonia Rykiel にRochas など
第1弾として、その中からピックアップ

先日開催した2017年春夏FTFセミナーのテーマの一つにもあった
ストライプ、ボーダーを中心としたリニアパターン

ボーダー×ストライプ、マルチカラーなど大胆な使い方
ベーシックな着こなしと共に、17年春夏をリードしそうなトレンド

05-rochas-resort-17      CHANEL_RES17_105213-Sonia-Rykiel-Resort-2017CHANEL_RES17_681

まだ10分の1も発表してない状態なので、時期尚早かもですが
優しい印象のパステルカラーコーデが個人的にお気に入りです

特にスカイブルーを中心とした、ブルーのバリエーションなどなど

Women-Cruise-2017_Look_2011-Sonia-Rykiel-Resort-2017  08-rochas-resort-17

今のところRochasが1番お気に入りですが、
その中でも、この清潔感のあるジャングルプリントでの
コーディネートが新鮮でした。
Tシャツ、スカートと個々のアイテムでみてもかわいいです

23-rochas-resort-1719-rochas-resort-17  21-rochas-resort-17

どのブランドにも見られるのが、レースのアイテム
レースの透け感を意識した、インナーを見せる着こなし
あとはさりげない部分使いと、用途が様々で重宝されそうです。

21-Sonia-Rykiel-Resort-2017  31-rochas-resort-17   00-Oscar-de-la-Renta-Resort-2017

 

CATEGORY : BLOG

アスレジャーのスポーツとオリエンタルにフォーカス

アスレジャー!!予想以上に早くきていますね。
エフォートレスの次はこれでしょうか?
楽しみなトレンドです。

来年はもっと薄く軽いラメ素材、またスポーツグラフィックでより
デザインされたスポーツがモードになりそうです。

7_リニアスポーツ1

リオデジャネイロのオリンピックも終わり、気分はラテンやトロピカルから
オリエンタルな雰囲気へ移行。

アジアンエスニックへの注目です。

マレーシア、中国、インド、韓国などの独特のカラフル感や刺繍等の繊細なハンドクラフトは
まさに今トレンドセッターにいるグッチのアレッサンドロ・ミケーレが目指すところ!

今回はマレーシアの混血文化が生み出したリッチなプラナカンにエスニック装飾の
インスピレーションを取りました。

17プラナカンデコ1

デリケートなカラフル配色と植物柄などのパターン オン パターンが特徴です。

他には、ぐんとマスキュリンに寄ってきたマスキュリン・フェミニンの流れを
パブリックスクールの制服にインスパイアされたダンディクラブ

エッジを効かせシャープさをプラスした新たなロマンティシズムの流れなど
2017年春夏のトレンドの見所が満載です。

 

小物雑貨も資料のボリュームアップで、こちらも市場動向から
小物雑貨のディテールまで情報満載です!

ぜひ、御来場下さいね!

 

また今季もウールマークカンパニーの2017年春夏トレンドの素材スワッチ
当日リクエスト頂ければ素材スワッチを無償でお届けします!

こちらは当日受付開始時刻の13時から17時まで開催しておりますので
是非この機会にご覧くださいませ!

リアルな情報と適確なトレンド分析と提案がいっぱいです。
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げています。

 

お席の数もかなり限られたものとなってきましたので、、
是非お早目にお申し込みくださいませ

お申込みはこちらから
http://f-fiori-cafe.com/?p=17342

 

CATEGORY : BLOG

秋冬はシャツバリエーション! -uccieのつぶやき-

お久しぶりです、uccieです。

fプロジェクトはセミナーシーズンの真っ最中
1617AWコレクションのセミナーが終了し、残すセミナーは
「2017年 春夏 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー」となりました。

こちら現在も受付中となっておりますので、お申込みお待ちしております!
http://f-fiori-cafe.com/?p=17342

 

さて、今回はuccie視点での1617AWコレクショントレンド!
uccieは、メンズ目線から「シャツ」に注目しました!

注目した理由としては…
ドリスヴァンノッテンのシャツ+パンツルックが非常に素敵で、
日に日に頭から離れなくなってしまいました(笑)

強調されたダークなアイメイクや七三で整えられたヘアスタイル
テーマの一つがヘルムートニュートンのスモーキング・ルックだったりと
このマスキュリンな雰囲気がたまりません!

8e944ebb
ヘルムートニュートン
スモーキング・ルック

 

 

 

 

 

 

 

トレンドの光沢も、強すぎず、タイのカラーやさりげない袖まくりなど
uccieは初めてレディスを着てみたい、と思ってしまいました

 

このドリスの影響もあってか、推したいのはシャツ+パンツのスタイリングです。
シンプルな着こなしな分、シャツのディテール、パンツのタイプで
大きく印象が変わり、幅広いスタイルが提案出来そうです。

ROCHAS 16AW press 0314 (6)Paul_Smith_FallWinter2016_look_35

FW16 NEW YORK FASHION WEEK

シャツだけに目を向けると、トレンドのチェックも見逃せません
チェック+装飾がポイントの予感

フリルやラッフルなどのディテールから、パールボタンやワッペンなど
フェミニン色を増していきましょう!

COACH New York Fashion Week Ready to Wear Fall Winter 16/17

ミラノのFAYで登場したウエスタン調も新鮮でした
今シーズンは本格的な刺繍にヨークの切り替え、スナップボタンなどが目立ちます
フリンジのディテールなんかも良いです

FAY

またコーチ1941のような、手の込んだパターンの切り替えものも多く、
こちらは差し色的なインナー使いとして重宝しそうです。

切り替えやワンポイント装飾などが本当に多いのですが、
ミュウミュウのデニムシャツもその一つ
フリルやワッペンなど、デニムシャツも一工夫+で雰囲気が変わります。

ご紹介したコレクションは秋冬ですが、実際はいよいよ暖かい時期となり、
シャツの着こなしが一番楽しいシーズン到来なので、
気に入ったルックがあれば、是非チャレンジチャレンジ♪

CATEGORY : BLOG

ネコノミクス 猫だけじゃないアニマルブーム

2010年代になって、空前の猫ブームに沸く日本ですが、
猫グッズや猫本、猫がらみのイベントなど
経済効果は2015年で2兆3千億を越えると試算されるなど
いったいどこまで続く猫ブーム??

と犬派の私は思いますが
あの肉球のほわほわに癒されている人は世界中にいるのですね!

2016年秋冬コレクションで一番印象的に、猫を打ちだしていたのはミラノのドルチェ&ガッバーナ

1 (1) 1 (2)

ステファノ・ガッバーナが大の猫好きで、よく飼い猫をインスタグラムに挙げているとか!
愛猫を描いたプリントやアップリケや刺繍がたくさん登場しました。
猫に王冠まで!

つぶらな瞳に見つめられると、、ステファノならずとも、心が溶ろけます

Dolce&Gabbana_201617aw_press (80)

2 (2) 2 (3)

何と天敵のネズミまで!

3

猫とネズミを一緒に描いたのはマーク・ジェイコブス。一見ゴスな雰囲気ですが
よく見るとユーモラスなアニメタッチです。
アレクシス・マビーユのイブニングドレスも猫が2匹!

4 (1) 4 (2)

ロエベは「張り子の猫」みたいに見えますがレザー製の猫。
ペンダント?としてアクセントになっています

5

猫以外にもステラ・マッカートニーの「スワン」や、フィロソフィーの「」などが目に付きました。
ステラは昨年のプレフォールからアニマルが増えましたね!

6 (1)PHILOSOPHY DI LORENZO SERAFINI Milan Fashion Week Fall Winter 2016

6 (2)Stella_McCartney_201617aw_press (36)

」が多いのは、自由に羽ばたいて好きなところへ行けるからでしょうか?

グッチの鳥はゴージャスなアップリケから肩から袖へと、身体を覆い
何とボンバージャケットのライナーにも鳥が描かれています。
アレッサンンドロは鳥好き?
ふくろうやオウムなど毎シーズン登場しているような、、?

FW16 LONDON FASHION WEEK7 (1)7 (2)

 

ドルチェ&ガッバーナでも、シンプルなドレスに鳥が羽ばたいています

8

ダークロマンティシズムの代表は、アレキサンダー・マックィーンに決まりです!

ロンドンのショーでは、黒いカーテンが張られていて、「美しい」と感動した記憶しか
残っていませんでしたが、黒い羽根の鳥に覆われた見事なイブニングドレスです。

9

猫と暮らす猫男子と言う言葉まで登場する昨今ですが、抱いて心地よく、その自由さに
うらやましい気持まで湧いてくる猫。

鳥も大きく羽ばたき、自由に空を飛び、ときには神話的な意味さえ持つアニマルです。
こんなフィギュアの服を着て、気持だけでも、その自由さをシェアしたいですね!

10 / 95« TOP...89101112...203040...LAST »