藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

J・W・アンダーソン ボリューム、直線、ぼかし染め、相反するものが一体に

本当に病院の待合室のような心落ち着くヒーリンググリーンの壁に囲まれた
細長いランウエイが並列に幾重にも立ち並びます。

1

こんなランウエイは初めて!

柔らかにドレープを刻むアイボリーとバニライエローのソフトなドレスからスタート。
足元はほとんどレースアップブーツでした。

2-1 2

肘下からカフスにかけてののドレープが、存在感を放ちます。
アイボリーのドレスはドレープがアシンメトリーに柔らかな表情を出しています。

白黒の大きなハンカチーフ上のスカートが風を孕んで!

33-1

本当にリネンのハンカチをつなげたようなアシンメトリーなドレスも

4

尾錠や、キルティング、タッキングで独特のボリューム感を演出した服は
J・W・アンダーソンの真骨頂です。

5 5-2 5-3

今回は、美しいぼかし染めが合わされました。

6

アートっぽいペインティング調や黒でグラフィックな縁取りも強さを感じさせます。

7 7-2 7-3 7-4

ニットが特別なボリュームを造形しています!

分厚いニットのチュニックセーターやランダムなヒダスカート。
でも不思議と重さを感じさせません。

8 8-2 8-3

ぼかし染めのドレスはハンカチーフヘムとカラーブロックのバランスがなんともエレガント!
エスニックな素材をモダンに扱っています。
ドットもぼかし染めのテクニックでニュアンスがあります。

9 9-2 9-3 9-4

バッグがたくさん提案されましたが、あまりの完成度の高さにロエベ効果を感じます
さりげなくも洗練されたコレクションでした

10 10-2

会場を出る時も、バックステージに押し寄せるスージー・メンキスをはじめ
多数のジャーナリストやゲストに阻まれ出るのが一苦労でした。

CATEGORY : BLOG

HOUSE OF HOLLANDのキュートなチェック・スポーツ

今回のハウス オブ ホランドの会場はトップショップが後援するスペシャルな場所。
リバプールストリートに昔からある、「オールド スフィタル マーケット」市場の一角にあります。

通常営業していますから、周りは、普通のマーケットが立ち並び、
物珍しそうにコレクションをちらほら見る人が多くロンドンの下町らしい雰囲気が漂います。

1-1

会場に入るとトップショップ後援だけに、ヘルシーなスナックがたくさん!
お昼抜きには嬉しいもてなしです。

2

浄水器のBARITAのハンディタイプまで配られて、このシーズンには嬉しいプレゼントです。

3

コレクションは春夏らしいギンガムチェックのフリルからスタート
赤白から、黒、パープル、オレンジなどカラフルなギンバムチェックが、
様々なサイズで組み合わされ、フリルやラッフルで爽やかな甘さが新鮮です。

4-1 4-2

そこに刺繍やスカーフ使いが加わって、トレンドの装飾性もブランドにぴったりのほどよさ!
ブーツもギンガムでで、リボン結び、どこまでも、節度のある可愛らしさ!

まさにリアルな装飾トレンドのお手本です。

5-1

エスニックな花柄も登場。クロッシェタイプの手編みレースでトリミングされ、カジュアルなタッチ。
6-1 6-2

スポーツウエアとコーディネートされるのも、今期の特徴!肩を落としてきて
ヒップ周りにボリュームを置いて、ストリートな着こなしできます。

だか名前から見ると、よくわかな来けれど、バックや横から見ると、新鮮なシルエットに見えます。

7-1 7-2

 

スポーツメッシュも大活躍!刺繍を施したり、ロマンティックなこなしで、スポーティさより、
レースの継続といった感じ。

8-1 8-2 8-3

パンツはジャイアントなベルボトムが登場。あまりにも裾広がりなので、
裾にスリット入りもありました。

9

大きなスパングル付きのイブニングは艶消しなので、派手すぎず、
これもまたリアルな感じが伝わってきました

10

ベルボトム!!カッコ良い!
11-1 11

フィナーレはモデルさん全員が、様々なメッセージつきのビッグTシャツでパレード
ロゴティーシャツは、、あまり理屈っぽくなく、このくらいが可愛いとお思います。
12

 

CATEGORY : BLOG

マーカス・ルプファーはロマンティック✖️スポーツ!

街に出ると、ランニングスタイルから、トレンチにマフラー、ダウンコートまで様々!
年齢別というよりも、多民族国家のギャップを感じます。

1 1-2

今日はまずマーカス・ルプファーの展示会からスタート。
いつものテームズ川を望む素敵な会場かなと思っていたら
意外や意外、下町を通って行く(多民族を感じました)ところにある会場は素敵な場所でした。

入り口には、漢方薬のような色んなハーブが並べてあり、それを蒸留したジンがベースの
飲み物も用意されていました。養命酒的なものなのでしょうね!

マーカス・ルプファーのコレクションには、いつも体に良さそうなものが並んでいます
うーん 味見したいところをぐっと我慢して、可愛い坪庭のように?設えられたステージの方へ。

2-1 2-2

ところどころに色んな小さなガーデンがあって、会場もいつもの自然な雰囲気が漂います。
モデルさんが着るのは、ロマンティックなレースやシアー素材に、プリントなどを施した

3-1

ナイロンのパーカや、スカジャン!
ロマンティックで可愛い!

4-1

スポーティなパーカには、うさぎや猫(ブームはまだ続く??)のプリントが甘さたっぷり!

5-1

フリルや花柄など、いかにも今年らしいラブリーでコントラストの効いた配色も!

6-1 6-2 6-3 6-4

コントラストが効いているのは配色だけではなく、素材もスポーティなアイテムに
シアーなレースやメッシュなどが合わされ
ガーリッシュでリアリティのある着こなしが魅力的です。

そこに、チェーンのアクセントが「強さを」をプラスします。

7-1 7-2

ディテールは、世界中を席巻している刺繍、アップリケなどが花柄でいっぱいに!
ステッカー感覚です。
透けているのに、アップリケ!新しい感覚です。

8-1 8-2

他にも、モードなリアルクローズがいっぱい。私は次のショーに遅れそうだったので
滞在時間は20分ほどでしたが、みんなゆっくり、
のんびり飲み物を楽しみながら、ゆったりとプレゼンンテーションを見ていました。

 

それが、本当の姿なのかもしれません。
後ろ髪を引かれるようにして、次の会場へ向かいました
ホテルに帰って頂いた唇が描かれたトートバッグを開けてみたら、スナックや飲み物に混じって

9-1

な、なんと、今の私のお気に入り!
タングルティーザーの携帯版が入っているではありませんか!!!
私も、ゴールドを愛用していて、持参しています。髪に艶が出てGOODなブラシです。

10-1
ロンドンで新しいものを買おうかと思っていたところでした。
ゴールドの唇マーク!嬉しい!

 

CATEGORY : BLOG

インビテーションロンドン編

いつものホテルに着くと、「お帰りなさい!」と言われるようになりました。

なんだか嬉しい!「良いお部屋を用意しておいたから」と言われ、お部屋に着くと
大きな窓から前にある「ヴィクトリア&アルバートミュージアム」が
窓いっぱいに見えて緑がいっぱいで、ロンドンに来たって実感がします

1

こんなお部屋があったのね!!とスーツケースを開け、
山積みになった招待状の整理し始めました。

まだ全部来ているわけではないけれど、ロンドンの特徴は招待状がなんだか大きい。
アニヤ・ハインドマーチは、いつもの素敵なショッピンングバッグ

2 21 22

中に入っているのは、いつものステッカーではなく、グリーンレザーのブレスレットでした。
マルベリーは小包を開けると、さらにボックスが中にはグリーンレザーの素敵なメモ帳が!
グリーンがトレンドカラーできていますね

31 3-33

シャーロットオリンピアは可愛い!バナナがテーマらしい。
このバナナちゃん瞳がリアルでまつ毛着き 可愛い!

4-2 4-4

J.W.アンダーソンも早々についてて嬉しいな。いつもギリギリだったから。

5-1

あと多いのは今季のロンドンは光り物のパッケージがやたら目に付きます。

6-1

光りすぎて読めない〜

7-1

インビテーションの話ができるのも、今日くらいまででしょうか!
コレクションに入ってしまうと、明日の用意するだけで精一杯になってしまいます

またロンドン便りしますね!

CATEGORY : BLOG

2017-18秋冬FTFセミナーの資料完成!

お待たせしました!

2017ー18秋冬FTFセミナーの資料が完成しました。

今季は、バラエティに富んだトレンドが
それぞれにキャラクターを強く訴求するのが特徴です。

特にインフルエンサーになるのが
KINKY COUTURE とSWEET GRAPHIC

甘く女らしい優しさが全体を通して流れるシーズンになりそうです。

表紙

キンキークチュール1 のコピー

Kinky Couture( キンキー クチュール)

スウィートグラフィック1 のコピー

Sweet Graphic( スウィート グラフィック)

「2017-18年秋冬 FTF ファッショントレンド フォーキャストセミナー」ですが
明後日9/8を控え、お席も残りわずかとなっております!

お申込みをご検討中の方は、是非お早目にお申込みくださいませ
お申込み・詳細はこちらから!

CATEGORY : BLOG

ホワイトトップス旋風 ~uccieのつぶやき

こんにちはuccieです

梅雨も明け、最も暑いと予想される夏がやってまいりました!

少しでも爽やかで、涼しげな服で過ごしたい…
そう思うとやはり外せないのは「白」!

実は先日まで発表されていたリゾートコレクションには
ホワイトトップスの旋風が巻き起こっていま

やはり白といえば、最もシンプルながら必ず重宝するTシャツ型
袖の長さもお好み、裾もインしたり、大きめだったり

違いを見せるなら、少し立体的な素材や加工がおすすめ

1 (5)1 (4)1 (6)

続いてビッグトップス型が印象的で、多く登場しています
袖が大きく広がったものが多く、丈や身幅も大胆なサイズで

どちらかといえば、ハリのあるパリッとしたコットンで
シルエットを作り出すのがポイントのようです

2 (5)2 (6)2 (1)  22 (3)

真夏は厳しめですが、リゾートシーズンには是非ホワイトニットも
メッシュやタートルネックとパターンも様々!

3 (2)22-phillip-lim-resort-173 (1)  3 (3)

 

CATEGORY : BLOG

フューチャーリゾート、多文化MIXのMIUMIU ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです
今回は少し戻って、リゾートコレクションの最後に発表されたmiumiuから

Pradaのメンズコレクションでも、アウトドア、バックパックを用いた新しい旅人スタイル
さて、同じデザイナーであるmiumiuについても、印象に残るリゾートコレクションとなっています

まず最初はこちらもアウトドア、ですがパステルカラーにmiumiuらしいプリント
防災頭巾のようなフードに装飾ハット、シューズや光沢のボトムなど
言い表せれないフィーチャー感

1 (1) 1 (2)

90年代のようなポップでストリートなスタイルも
バケットハットにビッグなシルエット、ポージングもどこかストリート感?

3 (1) 3

アウトドア、スポーツと来ましたが、もちろんリゾートらしいドレススタイルも
どのルックもそうですが、ほぼ全ルック着用のバケットハットを始め
アクセサリー、シューズ、バッグとどれも装飾性、デコ感が高いですね!

2 (2)6 (1)

まだまだ、マドラスチェックのコーディネートや
ボクシングパンツ、レインボーなサンダル、ソックスにリボンを合わせたり
スペース柄のリュック、リゾートスタイルにうってつけなビッグなトート…

ホントに様々なアイテムや文化が入り混じって、書ききれません!

403-miu-miu-resort-2017  5

これだけ多くの色、パターン、装飾と重ねても、ダサさが無いのは
フューチャーな素材感や、色の統一感など巧みなスタイリングであると思います。

個人的にはシューズ周りのデコ感と、バケットハットの理由が結構気になりました。
毎シーズン楽しみですが、PRADAとMIUMIUは是非注目したいですね。

CATEGORY : BLOG

スポーツ×エキゾチック 脱フレッシュ感  ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。
前回のリュック・バックパックで紹介した通り、2017年春夏のメンズは
スポーツ、アウトドアなどアクティブなアイテムがトレンド

ところが、フレッシュな明るさや活発さよりも
パープルやグリーンなどを中心としたエキゾチックな柄が多く見られます。

フードのついた、パーカーやアノラック
形はシンプル、でも印象に残るエキゾチックパターンが今シーズンのスポーツ

1 (3)1 (2)1 (1)   1 (4)

花柄やグラフィックパターンも好相性でバリエーション豊富
アノラックごとパンツinする着こなしも少数派ながら登場しています

1-5 (2)1-5 (1)

スポーツらしいカラーラインナップは、ライトブルーなど
カラーブロックやラインアクセントは定番で人気

ラインはジップに沿ったり、アームに沿ってものなど
はっきりとしたアクセントで用いたい

3 (1) 3 (3)3 (4)3 (2)

パーカーとアノラックはショート丈ですっきりとした印象ですが、
ロングのレインコート、それも裾広がりのボリュームタイプもオススメ!

こちらは柄よりもはっきりとしたカラーで春夏らしく!

2 (1) 2 (2) 22 (3)

CATEGORY : BLOG

2017年の春夏、メンズはリュック一色!? ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

恒例の春夏メンズコレクション!
やはり印象に残ったのは、フューチャー感漂う
アウトドア&スポーツのPRADA

そのPRADAを筆頭に2017SSシーズンはよりカジュアルで
高機能なウェア、それに未来を感じさせるスタイルが登場しているようです。

早速まとめたいところですが、その前に非常に多く登場したアイテム
形から素材、柄と様々なアプローチがあったリュック&バックパックをご紹介

PRADAは登山用にも見える、大きなバックパック
オーソドックスなキルティングなどの素材を用いたものは、色柄様々
一番の特徴はポーチや水筒、シューズまでぶら下げ、あらゆる状況に対応する
本格的なバックパックとして使用しようしていました

_ARC0712_ARC0753_ARC0052 PRADA (5)

また脱いだアウターを少し強引にねじ込んだスタイルも提案

_ARC0787

プラダ以外にも、ルイヴィトン、グッチにジバンシィ、フェラガモと主要ブランドからも
本格的なバックパックが登場

グッチとジバンシィはロゴが入ったシュラフ(寝袋)も完備
どのブランドも柄などは特徴を出しつつも、ディテールなどは本格派

1 (6) 1 (4)1 (2)11 (5)1 (3)

ちょっとデイリー使いは難しいバックパック以外にも
リュックサックも豊富で、あえてのフォーマル仕様ではなく
カジュアル感な物が主流、柄は迷彩が一歩リード?

2 (1) 2 (3)  2 (4) 2 (5)2 (2) 2

機能面よりデザイン!という方には、他素材を用いた
フューチャリスティックな物と
プリントやパッチワークでカスタムした、ポップなものがおススメ!

_LUC4584 _LUC4873 _MAC1884 _MAC2041

本当に今期のバックパックとリュックサックは、デザインから様々な面で豊富!
2017SSのバッグの主役間違いなし!

10 / 96« TOP...89101112...203040...LAST »