藤岡篤子BLOG
CATEGORY : BLOG

Richard Quinnを知っていますか?

ロンドンコレクションの初日に見かけた風船のように膨らんだ、
ビッグシルエットのフローラルプリントのドレス。

着ていたのはロールスロイスでコレクションを回るリッチブロガーのスージー・バブルでした。

「あの服は一体??」と唖然とする私に、ロンドン在住の友人が
「リチャード クインよ。コレクションを始めたばっかりの若手よ」と教えてくれました。

ダークでシュールな配色とモチーフ、巨大といっても良い大きさ。あまりの強烈な印象に
リチャード クインの名前はしっかりと脳裏に刻み込まれました。
スージーの写真を撮らなかったのは痛恨です。

代わりに例えばコレクションからこんな写真を。

1small

ロンドンといえばリバティや、キャス・キッドソンなど小綺麗で可愛い花柄という
先入観を見事に打ち砕き、ダークでシュールなフローラルの世界を確立しています

今年の2月のコレクションは第一回「英国デザインクイーンエリザベスⅡアワード」を受賞。

H&Mリバティ社とのコラボも成功を収め、急激に知名度を挙げている若干28歳の
コスチュームデザイナーであり、テキスタイルデザイナーでもあります。

今季は、黒のマスクで覆ったオープニングでしたが
シュールで大柄の作風はブレません

日本で大人気となるかどうかは、バレンシャガ のビッグシルエットと同じように
一部のファッション好きの人達だけになるかもしれませんが
影響力の大きさは、計り知れないものがあります。

2019年春夏のコレクションより

Richard Quinn Summer 2019 ParisPictures by Lena KnappovaTo Wear Spring Summer 2019 ParisParis Fashion Week Richard Quinn Summer 2019 ParisPictures by Lena KnappovaTo Wear Spring Summer 2019 ParisParis Fashion Week Richard Quinn Summer 2019 ParisPictures by Lena KnappovaTo Wear Spring Summer 2019 ParisParis Fashion Week Richard Quinn Summer 2019 Paris Pictures by Lena Knappova To Wear Spring Summer 2019 Paris Paris Fashion Week

その後、ロンドンからミラノ、パリへと移りましたが、ダークカラーに大柄のフローラル、
黒をアクセントにしたフローラル、大柄のぼかしなど
リチャード クインの流れを思わせるフローラルが今シーズンは主役になりました。

それぞれのデザイナーが自分の持ち味で、素敵なダークフローラルを演出していました。

sacai
黒地の大柄から白地の花柄、そして小花柄をパッチワーク感覚で

3small

MSGMはシュールなぼかし柄の転写プリントが登場

f

クリスチャン ・ワイナンツは、爽やかに黒のアクセントにしたフローラルをパッチワークプリント

4-2small

ブルマリンは全部暖色系でまとめた大花柄のぼかしが、すごく可愛かった

5small

真打はドリスヴァンノッテンのブルーやグリーンのぼかし柄

クリーンなぼかし感が、ドリスらしい洗練を見せています
今季最高のフローラルでした。

Dries Van NotenDries Van Noten

花柄もシーズンによって変化してゆきます
春夏なのにちょっとダークサイドを感じさせるのは、若いブランドの特徴かもしれません。

 

【お申込受付中】
いよいよ10日後開催
藤岡篤子 ファッション・トレンド速報セミナー2019春夏4都市コレクション

お申込、詳細はこちらから
http://f-fiori-cafe.com/?p=21818

CATEGORY : BLOG

待ちに待った新生バーバリー❤

リカルド ティッシによる新生バーバリーのお披露目コレクションが、
中心部から離れた古いビルを会場に開催されました。
1歩足を踏み入れると、漆黒の世界。

burberry 0919 (1)

足元もよく見えない会場で席まで案内して頂きました。
なんとソファ席!が2列だけ。

burberry 0919 (2) burberry 0919 (3)

席の上には何やら素敵なポーチが置いてあります。

burberry 0919 (4) burberry 0919 (5)

バーバリーの新しいロゴをプリントしたスカーフでした。
私が好きなトラッド柄です

tuikatuika2

リニューアル中のリージェントストリートのお店も、新しいロゴで覆われています。
同じロゴのスカーフです。

burberry 0919 (6) burberry 0919 (7) burberry 0919 (8)

暗闇の中で待つことしばし、なんと屋根が動きだし、
暗闇からあっという間に、ロンドンの初秋の青空が天井に全開です。

そして日本の襖や障子を思わせる仕切り、カーテンなどが一斉に登場し、
広い会場を仕切ります。

そしてショースタート。
オープニングはバーバリーへのリスペクトに溢れたトレンチコートでした。

burberry 0919 (9) burberry 0919 (10) burberry 0919 (11) burberry 0919 (12) burberry 0919 (13) burberry 0919 (14)

そしてロゴプリントが様々にアレンジされて、ブラウスやスカートに大活躍。
アニマルもぐっと品よく、ドレッシーな品格を纏って。

burberry 0919 (15) burberry 0919 (16) burberry 0919 (17) burberry 0919 (18)

コートも赤が若々しくてとびきり可愛い

burberry 0919 (19) burberry 0919 (20)

赤と黒は今回のテーマでもあります

burberry 0919 (21) burberry 0919 (22) burberry 0919 (23) burberry 0919 (24) burberry 0919 (25)

着やすそうで、エレガント。
新たなバーバリーには、これから大きな未来が開いているようです。

burberry 0919 (26) burberry 0919 (27) burberry 0919 (28) burberry 0919 (29) burberry 0919 (30) burberry 0919 (31)

フィナーレはシックな黒のイブニングドレスで洗練された大人の雰囲気が漂います。

burberry 0919 (32) burberry 0919 (33) burberry 0919 (34) burberry 0919 (35)

全部で134ルックのメガトンコレクション。
90年代に大活躍したステラ テナントから、リカルドのミューズであるマリアカルラまで登場、
懐かしの顔ぶれが並んだ、コレクションでもありました。

ロンドン最大の話題のコレクションを見て、なんとも充実感に満ちた1日が終わりました。
もちろんこのあとも、幾つかショーがありましたが、もう心は満足でいっぱいでした。

CATEGORY : BLOG

「ゴープコア」ってなに? 2019-20秋冬の主役

ゴープコア」という言葉がささやかれ出したのは、2018年春夏のロンドンの
メンズコレクションでマーティン・ローズが発表したコレクションが話題を呼んだのがきっかけです。

ニューヨーク誌のWEBマガジン「The Cult」でも紹介され、
ノームコアに続き、機能性をふんだんに取り入れたアウトドアスタイル
GOAP COREのブームが来ると予測しています。

すでに日本でも、ちょっとお洒落な男性の通勤着にスーツの上にパーカやウインドブレーカーを
着て、リュックを背負い、足元はスニーカーという人を多く見かけます。

アウトドアに用いるアイテムをタウンウエアにミックスする着こなしが、
当たり前の光景になってきました。
最近はメンズのハイファッションのルイヴィトンやヴァージル・アブローなどから提案されているLuxury Street(通称ラグスト)が、メンズを席巻し、ジェンダーレスの流れに乗って、レディスにも、大きな影響を与えています。

5k

高機能素材のレインコートやファイヤーマンジャケット、ウエストポーチも、
ダウンもゴープコアの流れでレディスにも続々登場してきています。

1d

1

ファイヤーマンジャケットも大活躍

1a
1c

ダウンは高機能ながら、デザイン性の高いファッション感覚が強いものが
デザイナーからも、モンクレールなどの専業ブランドからも
バリエーション豊かなニューダウンが登場しています。

この数年立て続けに「sacai」を初め、レディスでも、「North Face」や「Patagonia」など
アウトドアブランドとのとのコラボが増加しているのも、その兆しを反映しているからでしょう

sacaiとNorthFace  フロッキープリントのフェミニンドレスに
ビッグなGORP Coreの組み合わせ!

2a

HYKEは、高機能素材を使いながら、ウルトラミニ丈のパーカをシャツドレスに合わせて

2b

さて、このゴープコアですが、メンズとは相性は抜群ですが
レディスで取り入れる時は、アウトドアのハードさを生かしたアイテムと、
フェミニンなマキシスカートやプリントのドレスなど、

コントラストを効かせたハード&ソフトのミックスが大切です。

またダウンも進化して、ウール先染めやボディフィットのジャケットや、スカートなど、アイテム、
デザインのバラエティが増加してきました。

スリップドレスにMA-1のミニダウン。丸いシルエットが可愛い

3a

ダウンにコサージュ使いでダークな装飾性
フレアースカートも薄くダウンが!

3b

60年代風ミニも、ダウンで新鮮に蘇る

3c

ベロア、サテンなどエレガント素材も多く出ていますが
ウールの伝統チェックもパッチワーク使いなど
これまでなかったクラフト感が!

3d

ツィードの華やかさとダウンのダブルジャケットで
女らしさも、プロテクト力も抜群

3e

パーカもデコなフローラルパターンで、ハードさより、女っぽさが引き立ちます

3f

またオリジナルアイテムのハード感はそのままに、バランスを変化させたレイヤードを前提にしたアイテムや雑貨、小物も増加しています

プリントなどのダウンストール可愛い!!

新鮮アイテムで欲しくなります。

4 4a

4c4e

4f4d    4j 4k

レディスは、あくまでもレイヤードを基本に

パーツアイテムでジェンダーレスな「ゴープコア」をフェミニンに取り入れるのが、
新鮮な女らしさを作るポイントになるようです。

5c
5 5a

 

来週9/4、9/6、9/7開催の【2019-20秋冬FTFセミナー】では
「ゴープコア」についても解説予定、気になる方は是非ご参加ください
http://f-fiori-cafe.com/?p=21568

CATEGORY : BLOG

Ligtning 藤岡篤子のコレクション名品 「ポケットの中の博物館」

思えば6月の中旬に取材されていました、、すっかり忘れていましたが
急な依頼だったので慌てて、わかりやすいものをかき集め
これで本当に良いものだろうかと悩みながら撮影していただきました。

Lightning (1)

男性がターゲットの雑誌「Ligthning」に「ポケットの中の博物館」という
グラビア連載ページがあります。

ここに女性として初登場するという光栄な機会をいただきました。

ここには毎回BMWのバイク300台とか自転車何百台、高級時計を何百個収集など、
メンズの大好物のコレクターが登場しそれを披露するという内容になっています。

Lightning (2)

そこにファッションの招待状やショーで渡される様々なものが
可愛らしくて、刺激的なので
ついつい、取っておいてしまう断捨離できない性格なので

災い転じて福???となっているのかどうかわかりませんが
とにかくカオスのように事務所には所蔵しているのです。

Lightning (3)

エルメスの透明のケリーバッグなど美術館アイテムになったものも持っています。
デザイナーの渾身のアーティストとのコラボ招待状など
あ〜素敵すぎて捨てられません。

Lightning (4)

そういうものの一部をご紹介いたしました
もし機会がございましたら
ぜひ手にとってご覧くださいませ

Lightning (5)

CATEGORY : BLOG

サマーウールと新鮮ハイブリッド FACETASM×WOOLMARK ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです
FACETASMの2019年春夏
18/19秋冬から「THE WOOLMARK COMPANY」をパートナーとして発表した
2シーズン目のコレクションとなりました。

テーマ”togetter”
今回のウールコレクションは、価値あるもの同士の組み合わせで
新しい価値を表現。2019春夏で注目のハイブリッドが提案されていました。

サマーウールは肌ざわり、風通しが気持ちよくて、とても軽やか
ハイブリッドを中心としたレイヤードしたアイテムも、かさばらずスッキリとした印象batch_DSC_2082 batch_DSC_2089

短く折り畳まれたトレンチコートは、レインボーのジップで調節が可能
素材を組み合わるだけじゃなく、来期欠かせない2wayの着こなしも提案されていました。

DSC_2084

Gジャンやフーディのベーシックアイテムも、ハイブリッド仕様

batch_DSC_2085 batch_DSC_2088

レイヤードの提案も新しくて、異なる素材とアイテムを部分的にドッキング

テーラードとファンシーなライダースはそれぞれのジップでつなげると
アシンメトリーな着こなしに早変わり!

batch_DSC_2101batch_DSC_2100

ウール以外には艶のあるトランスペアレントなチュールを重ねてみたり
ただのレイヤードではなく、ジップで自由に調整可能なのが新鮮

batch_DSC_2108
batch_DSC_2111batch_DSC_2112

カラフルなニットレースを駆使したアイテムも充実していたのですが、イチオシはスカート

カラーで区切って作るシルエットは、パンツに見えるユニークなものも
バックスタイルも変化をつけて、大きく緩ませてポケットを見せたりと新鮮

batch_DSC_2138 batch_DSC_2139 batch_DSC_2140 batch_DSC_2141

旬のトラックジャージも気になりました、配色もベーシックですが、
ラッフルやプリーツ切り替えを駆使してフェミニンに変身!

DSC_2096  batch_DSC_2094batch_DSC_2095DSC_2098batch_DSC_2099

WOOLMARKとのコラボに旬のドッキングや2wayの新解釈と
メンズに続き、レディスも大充実のFACETASM
今後も大注目!

CATEGORY : BLOG

エキゾチックムードに“ひとひねり” TOGA PULLA 2019SS ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです

2019春夏シーズン展示会は第3弾 「TOGA PULLA」をご紹介します!
今シーズンもTOGA PULLAらしいウェスタンやエスニックなどの、エキゾチックな雰囲気に
ビニール素材やメッシュなどの部分使いを効果的に魅せるアイテムなどが充実

ボルドーやピンク、エネルギッシュなオレンジ
グリーンのバリエーション、さらにベージュ、カーキなどの自然な色と
エキゾチックムードなカラーパレット

褪せ感の風合いが好みなボルドーは軽いサマーウール

DSC06755

部分切りかえや、後ろ裾は大きくビニール素材での切り替えで
トランスペアレントな着こなし

DSC06725 DSC06727

19年春夏で多く見られる、生地を内側に畳んだディテール
ベルトで調節して変化を楽しめる、いわゆる2way仕様!

DSC06717 DSC06719DSC06718

メッシュを用いたアイテムは、スポーツテイストを感じさせない素材感
身頃をあえて短くして、メッシュの裏地を見せるテクニック
キュッ肩で結んで、フェミニンなワンポイントディテールなどでバランスをとる感覚

DSC06704DSC06703

マルチカラーニットはエキゾチックな配色で展開

DSC06757DSC06779

バックスタイルの変化はやっぱりトレンドなのか
上記のコートやリブニットやメッシュ、レースなどの様々な色、素材を使ったニットカーディガン

DSC06773 DSC06774

uccie的に一番良いなと思たのは、プリーツスカートのバリエーション
ただプリーツ仕様というわけではなく、部分的に透けていたり
トレンチ要素をドッキングしたりと、ひとひねりの効いたデザインが楽しめそうです。

DSC06738 DSC06750DSC06749

トップスとドッキングしたタイプのプリーツスカート、大胆なサイドはリボン使い
使用されていたグリーンもロイヤルブルーもイチオシカラー!

TOGAPULLA-2019ss-013-thumb-1616x2400-904395DSC06810DSC06811

随所に見られたスラッシュ加工、縁取りのカラーリングも施され
こちらもエキゾチックを感じるデザインとなっていました。

TOGAPULLA-2019ss-030-DSC06758DSC06761

スタッズと合わせたシューズはカラーバリエーションも豊富

DSC06803 DSC06802

全体を見ても一貫したエキゾチックムード漂わせつつ、そこに色々なテクニックのデザインを加え
より取り入れやすいアイテムに仕上げていると感じました。

TOGAといえば、7/27にTOGA×Barbourのコラボアイテムも発売されるようです
バブアー得意のオイルド系アイテムに、TOGAのエスニック要素が加わって、魅力的な1着!
完売しそうな気もするので…お早目にチェックですね!
TOGA Barbour

CATEGORY : BLOG

ハイブリッドでの新しいバックスタイル MIHARAYASUHIRO 2019SS Pre Collection ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

2019ss Pre Collection展示会の連載 第2弾
MIHARAYASUHIRO 2019 SS pre Collection 展示会のご紹介

これまでのアーカイブにフォーカスした、2019春夏メンズコレクション
そのテーマ同様にショー内でも登場したレディスも、
これまでの得意とする、ハイブリッドの作り、ギミックがたくさん見られました。

全アイテム通してみても、バックスタイルの変化が様々見られました。

身頃が大きくカットされ短く、逆に長かったり、
一部を大きく膨らませてレイヤード、裏地の見せ方
前身頃のデザインをあえてバックに
そしてハイブリッドな素材の組み合せ
ジャケットのセットアップも、ダブルにメタルボタン、大きなピークドラペル
裏地とのレイヤード風のバックスタイルに、スカートはスカーフのアレンジと
特徴的なデザインが、二つ三つと登場しています。

1 (13) 1 (14)

3 (6)

ミハラ (2)

ビッグシルエットのGジャンは、襟と大きな後ろ身頃をカット
レイヤードを楽しむ仕様に

1 (1)1 (2)ミハラ (1)

ベーシックなニット類も、後ろ身頃に前襟やボタンが

1 (3)1 (4)1 (5)1 (6)

今回主役とも言えるスカーフとの組み合わせは様々
前はベーシックなTシャツ、ニットの丈なのに、バックスタイルに
ロング丈のスカーフを合わせたワンピ、ハイブリッド

1 (8)1 (11)1 (12)

他にもチェック柄とレイヤードしたスカート
ベルトを調整することで、身頃がめくれる2way仕様と
1つのアイテムで、複数の表情があるアイテムが登場していました!

1 (9)1 (10)

ギミックは凝っているものの、春夏らしい素材感、カラーにパターンを効果的にミックスして、
日常で着やすいアイテムとなっていました。
【スカーフ】
2019年春夏のトレンド筆頭とも言えるスカーフ使いは
やはりハイブリッド感がポイントになりそうです。
広げたり、結んだりすることで印象がガラリと変わります。

2 (1)    3 (3)  3 (5)

最後にスニーカーもご紹介!やっぱりミハラヤスヒロのシューズは楽しいものばかり
今回はどこかで見た事あるようなデザインを、敢えてドッキングしたもの

本当に色々なスニーカーが合わさったようなデザインで、分かる人は
ついニヤリとしてしまう、ユーモアたっぷりの一足

DSC06515  DSC06522
DSC06572

 

CATEGORY : BLOG

テーマは「シーズンレス」3つのポイントに注目! sacaiの2019 pre spring ~uccieのつぶやき~

こんにちは、uccieです。

今回から2019春夏プレコレクション展示会についてご紹介します。
トップバッターはsacai、メンズコレクションに登場した、レディス2019pre springは
3つのポイントを軸に、代名詞のハイブリッドで構成されていました。

まず、お伝えしなければならないテーマが「フリーフォーム」
季節の境界線を無くした、シーズンレスの提案が多く見られました!

その象徴として登場した「Spring/Winter」のプリントはとてもユーモラス

DSC06963 DSC06964

シーズンフリーを印象付けた一番のポイントは「PENDLETON」とのコラボレーション
DSC06858DSC07060

ペンドルトンといえば、ネイティブアメリカン調の温かみのあるブランケット、
冬のパターンや素材のイメージです。

ですが、sacaiでは伝統的な柄を春夏らしい色味も混ぜつつに
軽やかな素材、軽快なプリーツ、そしてハイブリッドな切り替えで、
様々なアイテムに登場していました。

キーディテールにもなっていた、部分スカーフ使い

DSC07046

バックスタイルに用いられた、ペンドルトン柄とプリーツ

DSC07053 DSC07052

ボトムスも総柄、部分使い、そしてプリーツ仕様とバリエーションが本当に豊富

DSC07056DSC07044 DSC07058

キャップを始めとした、ベーシックな小物にも用いられています。
スタイリングの主役になりそうな、ペンドルトン柄は取り入れたいアイテムNo1

DSC06836 DSC06844 DSC06827

続いて挙げたいポイントは、「スカーフ」
着こなしのポイントになる柄、そして春夏に持ってこいの肌触り素材感は
2019年春夏のトレンドです。

その中でも目に付いたのは使い方は、ポイント使い
ベーシックなニット、カットソーのボディや袖に用いる事で、より印象的に
結んだり、ほどいたりすることで、2way使いも楽しめます。

DSC06984  DSC06983

MA1はやワイドパンツと定番なアイテムにも登場

DSC06996DSC06994

ポイント3つ目は、2019年春夏全体でも復活の予感「デニム」
sacaiではビンテージ調のウォッシュデニムを、ハイブリッドで再構築
他にはないデニムアイテムとなっていました。

DSC06998

MA1やテーラードジャケットとのドッキング
一見難しそうなアイテムですが、どれも合わせやすいシルエット
DSC07010 DSC07012 DSC07015

2DSC07035

デニムとスカーフもMIX、ヴィンテージな雰囲気がグッド

DSC07006

今回は3つのポイントにまとめましたが、
世界的タトゥーアーティスト「Dr. Woo」の実際の体に彫られたタトゥー柄刺繍

DSC06932

バックスタイル、ジップアップを用いた部分プリーツなど
語り尽せない程、見所満載でした!

10月には2019年春夏コレクションも控えていていますので、見逃せません!

DSC06885 DSC06884
DSC06879DSC06873

 

CATEGORY : BLOG

2019春夏メンズは白のトータルコーデ!

こんにちは、uccieです。

瞬く間にトレンドとなったラグジュアリーストリートのなどを始め
レディスのトレンドを語るには見逃せなくなった、メンズコレクション!

白のトータルコーディネート
主役は白!フォーマル、アウトドア、ストリートのあらゆるスタイル
コートにトップス、パンツからシューズに至るまでアイテム全て白となっています。

ヴァージル・アブローが就任して最初のLouis Vuittonでも、
ファーストルックから、なんと17ルックも登場!
フォーマルから得意のストリート感溢れるウェア、そしてバッグ類まで、全て白のルック

1 (10) 1 (12)

キムジョーンズのDior Hommeも白地とストライプなどを組み合せ、爽やかに

1 (3)

ストリート的なシルエットとアイテムも白で新鮮な雰囲気に

1 (7) 1 (6)

コート、ジャケットのレイヤードスタイルも軽やかな印象ですね
あとは、スニーカーの着用率が高く、ブームは継続中

1 (5) 1 (8)

その他にもレディスに影響を与える、重要なメンズトレンドは登場しています。
来週開催の7月3日(火)の2019春夏セミナーで、少しご紹介いたします。

セミナーはほぼ満席となっておりますので、ご興味のある方は是非お早目にお申込ください
http://f-fiori-cafe.com/?p=21181

1 / 9612345...102030...LAST »