藤岡篤子BLOG
CATEGORY : RECOMMENDED

薔薇の秘密 セクレ・ド・ローズ発表

薔薇の香りにこだわるパルフアン・ロジーヌ・パリからは
黒い薔薇をイメージした
セグレ・ド・ローズ(薔薇の秘密)」が発表されました。

ミステリアスな大人の女性を思わせる香りは,
ちょっと物憂く官能的惑わせ,
魅了するような神秘的な香りは、
リコリス、ブラックプラム,そしてクミン、サフランが
調合され、華やかさに動物的なエロティシズムが香りたちます。

パッケージも箱を開けると黒い薄紙にくるまれたボトルは
黒いキャップにピンクのアクセントがついた黒いフリンジが付けられ,
危険な香りも漂います。

秘密の小箱に忍ばせておきたい,とっておきの大人の香りです。

71.jpg

CATEGORY : RECOMMENDED

今週の香り

暑いので一日原稿を書いていると,頭がボーっとなる時があります
そんな時、私はこれをシュッとひと吹きしてリフレッシュします

クラランスの「オード ジャルダン」はフレグランスでありながら
直接膚にたっぷりつけ,アロマの効果とスキンケアの効果があるものです

グレープフルーツレモンの爽やかな植物の10種のエッセンシャルオイル
気分を爽やかに揚げてくれるフレグランス効果

スキンケア効果として
ジェモセラピー」と呼ばれるハーブ医療の一種に用いられる
植物の芽
が3種使われています

膚の潤い柔らかさなども、同時に感じられる「オードジャルダン」は
私のPCの側にいつも置いてあり、真夏の気付け薬?として
もうなくてはならないものです

12.jpg

CATEGORY : RECOMMENDED

今週のアート

新宿ニコンサロンで開催されている

山脇敏次さんの「fishs in the pond」(7月13日~26日)

世田谷の小さな池で撮影されたと言うことですが

目の前に広がるのは,池や魚たちの姿を通した無限の時間と世界の連なりです

壮絶ささえ漂う美しさに思わず引き込まれてしまいます

BGMもうっとりです

131.jpg

CATEGORY : RECOMMENDED

シャネルは氷の世界でコレクション!

いつものグランパレはなぜか、舞台は白い壁で閉ざされたまま。
するすると白い壁が上がると、現れたのはなんと
巨大な本物の雪と氷で作られた真っ白の世界!
さすがシャネル!またもややってくれました

CIMG9763.jpg

素敵なニットのスーツファーブーツがたくさん登場しましたが
まず、オープニングのぬいぐるみのようなファーにくるまれた
男女のモデル、最後は溶けだした氷に裾をぬらしながら、
引きずるようなマキシコートがメンズもレディスも登場しました。 

CIMG9751.jpg

フィナーレではカール・ラガーフェルドも氷の山から登場し、
大喝采を浴びていました

CIMG9769.jpg

CATEGORY : RECOMMENDED

LINKS LONDON

ある日届いた可愛い小さな小包。
中を明けると可愛いピンクの刻印のある小箱、なかにはピンクのアイシングに「SWEETIE」と書かれたクッキーが。う~ん 美味しそう!

CIMG8879.jpg

今回のリンクス オブ ロンドンはブランドを象徴するスゥィーティのシリーズの展示会

「スウィーティ」と言うだけに展示会場はカラフルなお菓子がずらり、蓋の上や缶のそばに新作がディスプレイされています。
会場のインテリアも赤いお花ストライプ椅子英国ホテルの雰囲気です

CIMG8886.jpg

今シーズンはチャンク(ころんとした)なブレスレット状時計やブレスレットに、リンクスの必須アイテムチャーム」を付けたアイディアがとても可愛いくてみんなの関心も「え~っコレ唇?!」と小さいけれど一つ一つ手の込んだ作りに歓声が上がります。
まるでエルザ・スキャパレリのような真っ赤な唇からテディベア
カクテルティンカーベル、意表を突いたモチーフがそれぞれに本当に可愛い!

CIMG8890.jpg
CIMG8897.jpg

Save The Children」に貢献するためのハンドストラップはカラフルな紐にチャンキーなミニリングを通したデザイン、
今チャリティグッズは色んなところが出しているけれど、基本はデザインセンスが良くないと身につけたくありませんから!これは喜んでチャリティしたくなる気分です

CIMG8896.jpg

説明してくれた広報のKさんの手首の時計ブレスレットの組み合わせも可愛かったので思わずぱちり。

CIMG8894.jpg

このグレード感センスの良さでほとんどの商品が10万円以下の価格というのは嬉しい限りです

モデルさんが付けているのは、今回で三回目にになるリンクス オブ ロンドンのクチュールライン。よく見るとトロンボーンフレンチホーンサックスなどの沢山の金管楽器、その間をバイオリンが埋めるという存在感のある製のネックピースです

リンクスを象徴するチャーム繋げたアイディアのようです

CIMG8880.jpg

お土産は英国調のクラッシックなボックスに入った
チャリティのハンドストラップでした嬉しい!

CIMG8905.jpg

CATEGORY : RECOMMENDED

Pierre Ledent(ピエール・ルドン)

ベルギー本店がこの4月にブリュッセルグランドオープンする「ピエール ルドン」は毎年1月下旬からホワイトデーだけ日本で展開されるとびきりの限定チョコ。

pl2.jpg

pl3.jpg「自分らしく、あなたにも自分らしくあり続けて欲しい」というメッセージを送ってきたショコラティエのピエール・ルドン

ベルギーの古都リエージュの三代にわたるパティスリーブランジェリーの家に生まれ、小さい頃から家業の手伝い、修行を得て、世界各国のコンクール最年少での数々の受賞をして故郷にショコラ工房を開業しました。

カカオそのものの味、香りと様々なテーストのマリアージュがベルギーの伝統技術で甦りました。

シャトーシリーズオレンジボックスを開けると三段お重のようにチョコボックスが重ねられています。

CIMG8920.jpg

一段目は愛の気持ちを伝えるようにハート型のビターやミルクのショコラ
二段目はヘーゼルナッツのプラリネ、アプリコットガナッシュが入ったバラエティショコラ
三段目は大理石のように美しいマーブル状にナッツやカシス、クアントローが入った大人わいが詰まっています

CIMG8921.jpg

見た目も誘惑的ですが、食べると誘惑されたくなる?ぐらりと来る美味しさがぎゅっと詰まっています。バレンタインには、こんなレア物をプレゼントして、盛り上がってみては?

pl1.jpg

入手できるのも限られているので、HP(www.pierreledent.jp)をチェックしてみて下さい

CATEGORY : RECOMMENDED

シャネルの春バッグ

春らしくストローやリボンテープのバッグが注目されていますが
何と言っても女心を鷲掴みするのはシャネル。

この春夏の代表作を見てみましょう。

ストローにカラフルなシャツストライプトリミング、大きなチェーンもシャネルのシグネチャーである黒の革テープと同時にシャツストライプも編み込まれています。

Photo158.jpg

大きなアップリケカスタマイズしたような素朴さで可愛い。
大きなシャネルのチャームが目印です。
黒の花のバージョンもあります。

たすき掛けする長めのストラップが付いた大きなショルダーバッグはストローにヌメ革のトリミングでカジュアルに。

この春のシャネルはリリアン布テープ使いが服でも目立ちましたがかごバッグも太めの布テープで編まれています。
持ち手と縁取りには金ラメ入りの細いテープとプリントのオーガンジーを巻いたモノ。
赤と黒の大きな花が可愛いだけではない大人っぽさを感じさせます。

Photo159.jpg

伝統のシャネルバッグもリリアンで、白、黒、甘いピンクでシンプルに編まれた今シーズンの代表作。

Photo173.jpg

ニットのシャネルバッグ。シルバーチェーンのトリミングとロゴの留め具、シルバーのラメの編み込みで、ゆるく可愛く、夏のリゾートで持ちたい気分です。

Photo163.jpg

色んなシャネルバッグがでましたが、雑材使いでナチュラルな雰囲気が打ち出されています。
麻のジャカードバッグにカラフルなオーガンジーテープのトリミングやお花のアップリケは今シーズンの定番と言って良いでしょう。

Photo165.jpg


Photo166.jpg切りっぱなしの柔らかいシフォンテープで編んだバッグはカジュアルなのにアールデコ調の留め金が付いてパーティ仕様です

夏らしい籠バッグもシャネルだとこんなにデザインに凝っていてひと味違います。
籐素材で、大きなケーブル編み、ロゴチャームは白黒で正統派のシャネルの雰囲気を誇張してユーモラスです。持ち手は黒のサテンリボンをチェーンに通して。
シンプルに見えながら、どこまでもシャネルらしさが溢れています

Photo169.jpg

やっぱり、一つは欲しい!毎シーズンそう思わせるシャネルって凄い!
でもコレクション時期にまだ店頭に残っているかどうか心配です。

CATEGORY : RECOMMENDED

ディオール ニューロック(Dior New Lock)

今週はニュース大盛です

このところバッグに力を注いでいるディオールが発表した
ディオール ニューロック(Dior New Lock)
のウエブサイトが立ち上がりました

都会的クールな印象のニューアイコンバッグにふさわしく
ピーター・リンドバーグとダリウス・コンジ監修のショートフィルム集です

フランスの女優ノラ・アルネゼデールが「ディオール ニュー ロック」を手に
パリの街中を歩き回る姿が描き出されています

ディオールと一緒にパリお散歩する気分で見て下さい
http://www.diorcouture.com/newlock

diornewlock2.jpg

2 / 212